ishidas - 2008/05

ishidasについて

2008年05月31日(Sat)▲ページの先頭へ
★9色で発売「グレンロイヤル:ブライドルレザー・ラゲッジタグ」
三味線のお師匠さんの名前かなぁ〜?

京都・祇園の舞妓さん?芸妓さん?の名前やったかなぁ〜?(笑)

昨日、ヤフートピックスで「鶴丸」という文字を見て、日本航空の数年前までのマークの呼称だとは、すぐに思いつかなかった。

記事を読み「鶴丸」が無くなるのっ?というより「えっ、日本航空のマークが無くなんのっ」と思い、もったいないという気持ちになった。

日本航空が国際線に力を入れはじめた1959年に鶴丸が導入され、日本エアシステムとの経営統合により2002年から、太陽をイメージした今のマークになったとのことである。

飛行機の機体のマークは、一挙に塗り替えるのではなく、定期的な整備時期に合わせて順次塗り替えていくため、今月30日が、鶴丸のマークが入った日本航空の最後の国際線のフライトとなり、帰り次第塗り替えるのであろう。全機種が、鶴丸から太陽になるのに6年を要したことになる。

そして、国内線の最後は今日31日だそうだ。

「もったいないっ」と思うのは、あんなに良いデザインが今後使われないことに対してである。日本航空さんが使わないんなら、なんらかの形で私が使いたいくらいである(笑) 少なくとも、埋もれさせないで欲しいと願ってしまう。

ちなみに、鶴丸のマークデザインは家紋の「鶴の丸」が由来らしい。


富山と日本航空はあまり縁が無い。
富山空港は全日空で占められ、数年前に一日二本くらいという形ばかりの参入をした(県から参入をさせられた?)日本航空だったが、現在撤退している。

私にとって飛行機は、フライト時間は短いが空港までのアクセス時間や搭乗待ち時間が長く、それらを合計するとJRとそんなに変わらなくなってしまうので、飛行機よりJRが好きだし、JRよりメッチャ車が好きである、ナハハ



どの交通機関でも、旅行に楽しい彩りを添えてくれるアイテム〜♪
▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー・ラゲッジタグ」を10色揃えて、、、現在、ケリーグリーンが未入荷なので、9色揃えて本日発売です。
http://www.sutekikaiteki.com/glenroyal/gr5462.html


 グレンロイヤルのマークが入ったネームカードに、お名前や電話番号などを記入しはじめた時から、いつもの旅が、より楽しく高鳴るワクワク気分をもたらし、小物にも拘り、時間を愉しむ豊かな心とともに、一つ一つのストーリーに、楽しさと彩りを添えてくれることでしょう。


2008年05月30日(Fri)▲ページの先頭へ
◆使えねぇ〜、ガクッ
出てきましたっ、見つかりましたっ

百人乗っても大丈夫の自宅の物置の中を数回、リビングのアチコチ数回、二階の収納スペースを一回、会社の百人乗っても大丈夫を数回、今は使っていない手作りデスク周りを二回、、、などなど、私の視線の先は、毎日毎日ソレばっかりを探し続けていました。

こんなに真剣になれる自分って凄いっ・・・・・なんて思うわけないじゃん。探し続ける自分が情けねぇっ

それより、一代目1444(三菱デリカ:スペースギア2800Dターボ)を手放した時に、うっかり乗せたまま業者に渡してしまったかと紗江、思う始末。


「アッタヨォー」


、、、と、ここ数年冬眠しなくなったダンボール山を片付けていたクマヨメが一階から吼えたっ。

一階に降りると、見覚えのあるプラスチックケースが埃まみれになって置いてあった。プチ家出用品つーかアウトドア、ディキャンプ、オートキャンプをやっていた頃のツールボックスだ。・・・まさかねぇ、こんなところにねぇ


・フォークやスプーンも付いたビクトリノックス風(笑)の十徳ナイフというかマルチツール
 探していた一番の目的がコレだったのだが、先日東急ハンズ渋谷店で、同じようなものをみた時、「使うかなぁ?やっぱ割り箸が一番便利じゃね」ってことで購入しなかったんで、コレが今さら出てきてもアタシャ、心変わりをしちまっているようなんで、多分使用しないと思う。ツールボックスには入れておくけど(^ ^)

・ペンチやマイナスドライバーを中心とした十徳タイプのツール
 使用するかどうかわからないが、一応、今後もボックスに入れておこう

・名刺サイズのソニーのラジオ
 今でも使用できるかどうかわからないが、やはりソニーで手回し発電、充電できるラジオを持っているので、これからの車徘徊には、名刺サイズのは、多分使用しないかも。使えるかどうかもわかんないしぃ。

・バーナー:大小2〜3個
 キャンプ用のガス・カートリッジを使用するタイプだが、基本的に料理はしない、しても、レトルト程度でお湯を沸かすだけ〜だから、普通に家庭で使っているカセットコンロの方が火力が強そうなんで、出てきたバーナーは使用しないと思う。

・コッヘルセット
 バーナーと同じ理由なので、レトルトが入る大きさではないので使用しないと思う。普通の片手鍋、寸胴を使うかも。

・ランタン:大小3〜4個
 まずガスタイプなどは面倒になってきたんで使用しないで、電池タイプが使用できれば、今後も使用する蚊と。

、、、他、ラッパのマークの正露丸も含めてナンダカンダ入っていたけど、マグカップが無かったなぁ。結局、確実に使えるのは、これらが入っていた大き目のプラスチックケースだけかと(汗)

正体見たり枯れ尾花ってか

今まで、あれだけ真剣に探していたのは何だったんだいっ???(苦笑)


で、今日はいいお天気だけど、今週末つか明日は雨になるようなことをいっているし・・・プチ家出、車徘徊、、、、、、、どうすべぇ
----------------------------


◆【素敵快適ドットコム:入荷情報】
▼「ブレイリオ:オイルバッファロー・ウォレットポーチ付きWジップシステム手帳バイブル・15mm」ブラウン、ワイン:29日入荷
http://www.sutekikaiteki.com/brelio/systemnote/bible/br0538.html


●今日か明日「グレンロイヤル:ブライドルレザー」新アイテム発売予定
●父の日プレゼント、ギフト包装無料サービス実施中


2008年05月29日(Thu)▲ページの先頭へ
◆ネジカエルがウィリー?
 東尋坊のお土産物屋さんを冷やかして歩くと、楽器演奏やウィリー他いろいろやらかしている軍団が目に入った。

 それらは、ボルトやナット、ネジ、ワッシャーなどの部品をくっつけて作られたネジのオブジェというかネジアートだった。

 以前、確か北海道だったか何処かでネジのオブジェで地域起こしをしているということを聞いたことがあり、そこで作られたものかと思い、そのお土産物屋さんで聞いてみたが、ハッキリした応えは返って来なかった。

 「まっ、作ったところは何処でもイイか」気分で、一番元気そうにカエルがウィリーをしているのを買った。安かったが、頭の中では「東尋坊のお土産物屋さんでネジのオブジェ?なぜ?」と結びつかない組み合わせがリフレインしていた(笑)



 結構大きなもので、高さが20cmくらいはあるだろうか?今、リビングでウィリーをやりっ放しデス。

 アッ、画像を見ていて気付いたのですが後輪がないんですねぇ、現物を見てても気が付かなかった(笑)


 ちなみにウィリーとは、バイクの前輪を上げ後輪だけで走行したりターンをしたりするもので、昔々、今では中型になるのかな?バイクの免許取立ての頃、友人が上手かったのを思い出します。


アタシャ?


そんなの・・・・・


 前輪を持ち上げた時の勢いで、そのまま一回転してひっくり返るイメージしか持てないので、持ち上がらないまま?持ち上げる度胸がなかったチキンハートでごぜぇますだ、ハァーーー(汗)

 先日のブログに書きましたように、そのバイク免許を更新しなかったんで失効し、普通免許に付いてくるゼロハンしか乗れなくなってますが。

 更新してれば、普通免許を取得した時からバイクの排気量青天井制限無しに乗れるようになったのですが(当時では)

 もっとも、ハーレーのようなデカイバイクを倒した時は、バイクを起こす力も無いし、起こすコツも知らず、、、バイクに乗るという気持ちにもならなくなってしまっているテイタラクな有様ですが、ナハハ(引きつり笑)
---------------


【予告】
明日、または明後日、「グレンロイヤル:ブライドルレザー」新アイテムを発売予定です。


2008年05月28日(Wed)▲ページの先頭へ
★入荷っ「キプリス:ナチュラルコードバン・カード&パスケース」
 キョ、今日だったのですね。レッドソックスの松坂とマリナーズのイチローとの対決は・・・。一日、勘違い?ズレていたようですね。

この対決は、不思議な気持ちになってしまいます。

松坂には連勝記録を伸ばして欲しい、、、と同時に、イチローの活躍で連敗中のマリナーズに勝利を、、、と、どちらにも勝って欲しいと有り得ないことを考えてしまいますぅ〜。

その対決ですが、イチローが松坂から二安打を放ち、今さっきマリナーズが九回の裏に一点を加え4−3で、レッドソックスに勝ち、連敗から脱出したようです。

そ、そして松坂投手ですが、5回にマウンドに上がったことは上がったようですが、マウンドでの投球練習中に異常が発生し、そのまま降板したそうです。

たいしたことが無いことを祈るだけです。



◆【入荷速報】
▼「キプリス:ナチュラルコードバン・カード&パスケース」入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/passcase/P5930.html


 毎日使うものだからこそ、頑丈で、持つ者のライフスタイル、アイデンティを表してくれ、時を重ねる毎に、かけがえのない小道具となってくれる「キプリス:ナチュラルコードバン・カード&パスケース」は、パス(定期券)が2枚、カードが2枚、ポケットが4ヶ所の仕様を持つため、クレジットカードなどのプラスチックカードなら8枚の収納が可能です。

 この「キプリス:オイルシェルコードバン・ナチュラルコレクション」シリーズで使用しているコードバン素材は、コードバンの持っている自然な風合いを最大限に生かし、なめし後にオイルを加え、「無染色」のままグレージング(艶出し)加工を施したものです。

 なお、皮革の厚さや硬さ、ガッシリとした縫製、ボリューム感などから、使い始めは、カードなどの出し入れがしにくいかもしれませんが、使い込むほどに馴染み、こなれてスムーズになってきます。

 と共に、ナチュラルからアメ色への変化をも含め、共有する「時」と共に変化していく「ナチュラルコレクション」シリーズの「キプリス:ナチュラルコードバン・カード&パスケース」は、あなたのライフスタイルを充実させ、あなたの時間を物語ってくれる至福の逸品です。

 当店在庫が残り少なくなったので、以前よりメーカーに予約注文をしていたのですが、なかなか入荷せず、当店在庫も無くなった先日「品切れ表示」をしましたら、数日後に入荷いたしました。


2008年05月27日(Tue)▲ページの先頭へ
★三色発売「キプリス:グアント・小銭入れ付き二つ折り財布」
 てっきり日本時間・今日かと思っていた大リーグ:レッドソックスの松坂の登板ですが、さっき大リーグ情報をチラ見してきたらピッチャーは「コローン」とか。ゲームは、日本時間11時過ぎから始まるようですが。

 松坂は、多分現地時間22日に登板しているんで、次回登板は26日(日本時間27日)だと思ってて、今日はマリナーズが相手だから、イチローとの面白い対決があるかも、、、と、勝手に楽しみにしていたんですが、残念デス。

 もっとも、仕事中なんでテレビも見れなく、インターネットで時々チェックする程度なんですが、、、、、。


 で、メジャーリーグの選手にも使用されているという一級グローブレザー・シリーズの二つ折り財布の発売です↓


◆【素敵快適どっとこむ:新着速報】
▼「キプリス:グアント・小銭入れ付き二つ折り財布」三色:発売
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/wallet/cypris/cp1661.html


 手にした時に感じるグローブレザーの存在感、そして、しっとり感が馴染んでくる「キプリス:グアント・小銭入れ付き二つ折り財布」の素材には、メジャーリーグなどの有名選手用グローブに使われている程の特別に厳選された一級グローブレザーが使われています。

 大量のオイルを加えて鞣されているため、手触りの良いソフト感があるのが特徴で、塗料や顔料は一切使用せず染料のみで染色された自然の風合いを活かした素材です。

 素材の持つマット感がクールさも醸し出し、使い込むほどに、よりいっそう増す「味わい」をお楽しみいただけ、そして、落ち着いたカジュアル感をも醸し出しています。

 マチ幅が広めのササマチ小銭入れ、カード入れ、ポケットなどのスタンダードな仕様が、変わらぬ価値観を表す「キプリス:グアント・小銭入れ付き二つ折り財布」は、長年使い続ける過程で魅せる素材感と独特の表情に、愛着が幾重にも重なっていくことでしょう。

「チョコ、ネイビー、ブラック」三色で発売です。



★素敵快適ドットコムでは、現在「父の日プレゼント、ギフト包装無料サービス」を開催中です。是非、ご利用くださいっ!


2008年05月26日(Mon)▲ページの先頭へ
◆首都高で間違う
 携帯電話に充電をしながら、関越自動車道三芳PAを出る。カーナビのパナソニック・ストラーダは、関越自動車道終点の練馬方向へ行かそうとガイドするが、環八を走るより首都高を走っているほうが好きなんで無視をし、外環に出て美女木ジャンクションから池袋5号線(高速5号池袋線)を銀座方向に向かう。

 頭の中に「いつものつもりで、最後まで銀座方向に行っちゃ完全に遠回りになるからダメだぞ。右側に分岐して高速3号渋谷線へ」というフレーズが流れていて、何処かの分岐点付近で全然動いていないような渋滞に出くわしたので、右側に分岐しているほとんど車が走っていないガラガラ方向へ行く。都内では、あまりカーナビを信用していないしぃ。

 右側に分岐したガラガラ方向へ走って間もなく案内板に新宿とか中央高速という文字が見られるようになり、「アチャー、一本早く分岐してしまった。道を間違ったゾイ。ここは、高速4号新宿線だ。分岐して行く予定だった高速3号渋谷線じゃないゾエ」」ということに気付いたんで、一番近い首都高のランプで降りようとするが、トンネルが長く出口がなかなか見つからなかった。

 ようやく新宿だったか初台だったか幡ヶ谷だったか覚えていないが、ランプ(出口)を見つけて一般道路に出て、山手通り(だと思う)を走り、初台を通り富ヶ谷を左折していくと、シルバーの大屋根の一端が目に入った。

 それが国立代々木競技場であり、ボルボ旧V70(四代目1444)が今、走っているのが代々木公園であるということが理解できた。

神宮橋に出た。
すぐ左側にある山手線・原宿駅は、影になっているのか車からはよく見えない。

表参道を青山通りに向かって走る。

 昔々、東京に住み神宮前のアトリエで働いて(修行?)いた頃、免許を持っていなかったが「免許を取得したら表参道を走ってみたい」と思っていたことが蘇ってきた、アハハ。

 蔦がからまり趣があった同潤会アパートを取り壊した後に建てられた表参道ヒルズの前を通り過ぎ、青山通りを右折し渋谷方向へ向かってまもなく左折し、首都高高樹町ランプ方向へ行き目的地に着く。


 高樹町という地名を聞くたびに、初めて上京してすぐ南青山に住んでいたことを思い出し「昔は、霞町といっていたのにな」と、年寄りの決まり文句の独り言が出る(笑)

 もちろん当時は、自動車免許は持っているはずもなく、そればかりか、更新のために田舎へ帰らなかったので持っていたオートバイ免許を失効させてしまっていた。その時、失効させずに更新していれば、今頃ハーレー(ダビットソン)くぁ〜?(爆)


 首都高を間違わずに高速3号渋谷線を走ってきたら、この高樹町ランプで降りればよかったのではあるが、後から考えると「新宿・中央高速方向との分岐店付近で、あれだけ首都高C1霞ヶ関方面が渋滞しているんなら、今、私が通ってきた一般道コースも有りかもね」と思えてきた(笑)

 今まで、東京へ車できてもすぐにホテルの駐車場に入れてしまって電車などで移動していたため道路勘は全然ないが、これからは車で都内を移動するのもオモロイかもね、、、という気持ちになった今月22日だった。
---------------


【予告】
 今日、明日あたり、「キプリス:小銭入れ付き二つ折り財布」の新アイテムを発売できると思います。


2008年05月24日(Sat)▲ページの先頭へ
★4色入荷「ブレイリオ:コードバン・システム手帳バイブルサイズ・10mm」
ピアノの森限定版が昨日23日発売され、その漫画のフアンでもあるクマコと大型書店へ買いに行きましたが入手できなかったのは、今日の午前中にアップした通りですが、本日、クマコの部活の練習試合が終わった後、クマヨメのアッシーで、射水市内の本屋さんを探しまくり、三軒目でようやく入手できたそうです。

その間の私は、当然仕事中なので、ビールを飲んでいるわけにはいきませんでした(笑)

その三軒目か四軒目で無かったら、アマゾンで買う予定でいたそうですが。
ちなみに、アマゾンでは「在庫あり」の表示になっていました。



◆【素敵快適ドットコム:入荷速報】
▼「ブレイリオ:コードバン・システム手帳バイブルサイズ・リング径10mm」ワイン、チョコ、ネイビー、ブラック:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/brelio/systemnote/bible/br0518.html

 閃いたアイデアをその場でメモや、メモを取る機会の多いプロフェッショナルに重宝されるのが、バッグの中にもスッキリ収まり、そして、いつでも取り出しやすい「ブレイリオ:コードバンシステム手帳バイブルサイズ(リング径10mm)」の持つ機動力です。

 コードバンの持つ透明感のある独特の艶と光沢が、一つ上の気品と風格を醸し出しながら、機能性と携帯性を兼ね備え、上質感とともにステータスやグレード感を物語っているブレイリオ:コードバンシステム手帳。

 熟練した職人により一針一針丹精を込めて創り上げられる「ブレイリオ:コードバン・システム手帳バイブルサイズ」(リング径:10mm)は、バイブルサイズ30mmやA5サイズと併用すれば、さらに能力を発揮いたします。

 品切れでご迷惑をおかけいたしておりました「ワイン、チョコ、ネイビー、ブラック」四色が本日入荷し、グリーン、レッドと合わせて6色、全色揃いましたっ。



★素敵快適ドットコムでは、現在「父の日プレゼント、ギフト包装無料サービス」を開催中です。是非、ご利用くださいっ!


★ピアノの森限定版。そして「ブレイリオ:コードバン2面単パスケース」入荷
「夕食の時、ビールを飲んだらダメだよっ!」

19時20分頃に学校から帰るなり、高三のクマコが言ってきた。

「ほひっ、何でやぁ〜。オレはビールだけが生き甲斐なんにぃ〜」

「夕食後、本屋さんへ行くのっ。乗せてって」

「学校帰りに寄れたやろ?」

「そんな時間なかった。小杉駅からの帰りに寄った本屋さんでは無かったし」

「あの本屋かぁ」

その本屋とは、自分にとって、品揃えが充分でないのと対応が悪かった時があり、ここ数年、十年近く?行っていない。

「何の本よ?」

「ピアノの森。23日発売で、今回CDが付いている限定版なの」

ピアノの森は、週刊漫画誌「モーニング」に隔週(原則)で掲載されている漫画で、隔週といいながら、理由なく掲載されていない週も多い漫画でもある(苦笑)

宇多田ヒカルが何かで、よく読む漫画の一つにピアノの森があるということを、熱烈なフアンでもあるクマコが耳にし、「どんな漫画だろ?」と読んでみたら、ピアノの森にハマってしまったのである。

単行本を揃え、そして、私が毎週木曜日「モーニング」を買って来たら、「今週は載っている?」と聞いてきて、そこだけ読んでいく。


夕食時、食卓につくと、これからビーチバレーで本屋へのアッシーが出来ないクマヨメが、私のグラスにサッサと冷茶を注いでいた。なんてこったいっ、泡なしかい(苦笑)

夕食後、女子バレー北京五輪世界最終予選を見ながらビールを飲みたい気持ちをかろうじて抑え、クマコを乗せて大型書店に行った。

23日発売CD付きの「ピアノの森限定版」は、その本屋にも無かったようだ。

雑誌の場合は、発売日の翌日がローカルでの発売日だけど、「単行本って、ローカルでもだいたい発売日当日に発売されるんじゃないかな?」と思いながらも

「週刊誌への掲載をよく休む作家だから、これもそれで遅れているんじゃないかい」

「そうかなぁ?明日も頑張ってみる」

そして今日24日、クマコは部活の練習試合が終わったあと、今日はクマヨメをアッシーにして本屋巡りをするんだろう(笑)

アタシャ、ビールを飲んでる(笑)

----------------

お知らせするのが遅れてしまいましたが、昨日23日の入荷情報です

★「ブレイリオ:コードバン・2面単パスケース」グリーン、ワイン、チョコ:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/brelio/passcase/br4203.html

6月15日、父の日のプレゼントには、「おとうさん、がんばって」の言葉を添えて、いつも持ち歩くパスケースに、ブレイリオ:コードバン・パスケースの素敵な逸品を・・・

現在、父の日プレゼント、ギフト包装無料サービス期間中です。


2008年05月23日(Fri)▲ページの先頭へ
◆間に合わなかった、ETC深夜割引
「料金は8,700円です」という非情なアナウンスをカーナビ・ストラーダから聞いて、「あぁ〜、ETC深夜割引に間に合わなかったのか」と残念に思った。ETC深夜割引に間に合えば、高速道路料金が、確か三割引きになるから、結構大きい。

昨日の朝2時半頃にトイレで目が覚めてから寝付けなくなったが「眠れなくとも、横になってるだけでもいい」と、ウツラウツラ的に横になっていた。結局、3時半頃になって「ダメだ。やっぱり寝付けないようだ」ってんで、「じゃ東京へ出発するか。眠くなったところで眠ればいいや」と。

準備して、そのまま出かければETC深夜割引に間に合ったと思うが、「出かける前に会社ですることがある」と、ほんの少しばかり仕事をし、北陸自動車道・小杉ICに入ったのが4時10分頃だった。

以前、5分位すぎていたけどETC通勤割引が適用されていたんで、「対象となる時間は何分遅れまでいいんだろう?15分位までならいいが」と、自分に都合良く考えた。

だってさ、ボルボ旧V70(四代目1444)で、ETCゲートを通った前後には長距離トラックだったから「このトラックはプロなんだ。だから10分遅れくらいでもETC深夜割引が適用されるってことを知っているんだろう」と、思ってしまったのもある、アハ。

この時間帯を走るのは、何年ぶりだろう?

前後はトラックばかりだ。
昔々、私も長距離トラック運転手を二年ばかりしたことがあるから、変に懐かしい感じも少しあった。

走行している台数そのものが少ないのと、トロトロ追越し車線を走る車がいないこともあり走りやすく、いつもより多めに早く走っていたように思う(ハッキリ書けない・・・笑)。ボルボ旧V70も10年8万キロを超えているけど、ますます調子が良くなっているようにも感じる。

途中、二ヶ所くらいのSAに寄り、関越自動車道の最後のPA(といっても、ローカルのSAより広い)・三芳PAに着いたのが7時過ぎだったか。

今日の所用は10時からなんで、、このまま行っても余分三兄弟・・・チャウ、都内では、余った時間の潰しようがないので、ここ三芳PAで、朝食に蕎麦を食べたり、売店をうろちょろしたり、ボルボ旧V70(四代目1444)のシートに横になったりして二時間弱を過ごした。

会社に電話するために携帯を開くと、携帯の画面が真っ黒。自宅で寝ている間に、バッテリが無くなったのだろう。四代目1444のエンジンをかけて携帯電話に充電を始めた。

------------------


★現在、「キプリス:二つ折り財布」の商品ページを制作中〜♪


2008年05月21日(Wed)▲ページの先頭へ
★最後の一通を出せないまま・・・
メールマガジンを出さなくなってから何年経つだろう?

このお洒落・逸品専門店「素敵快適ドットコム」を立ち上げた2004年3月は、当然知名度はゼロ。だから、一人でも多くの人々にこのサイトの存在を知って欲しいと、独自でプレゼント懸賞を開催し、メールマガジンのご購読者を集めた。

そして、もっとご購読者を増やそうと、登録料二万円、参加するたびに賞品と現金一万円を用意するという共同懸賞にも参加してメールアドレスを集めたりもした。この共同懸賞については、素敵快適ドットコムの取扱い商品の特性と照らし合わせて「一寸、違うかも知れない」と感じたこともあり、二回しか参加しないで止めてしまい、結局、高い授業料となった。

メールマガジンを月二回位の割りで約一年位、発行してきただろうか?

発行しているうちに、文章力の無さもあるが、「コードバンの好きな人に、ブライドルレザーの情報はいらないんじゃないのか?」「長財布を探している人に、名刺入れの情報ってのは・・・?」などなど、数量限定でもない(一部に限定商品があるが)、レアでもない定番商品という商品の性格もあると思うが、色々な面で発行を続けることに疑問に思えてきた。

かといって、メールマガジンにプライベートを書きすぎても、不快になられるだけというのはわかりきっていることだし。

そして、定番商品なら新発売商品や品切れ商品の入荷などの案内に特化するというのもメールマガジンの発行継続の一つの方法かもしれないが、それだけじゃ、いかにもつまらないし、それ以上に、発売や入荷が連日続いた時には、連日発行するというウザイ?スパムメールまがいなことにもなりかねない。

実際、仲間で毎日発行していたショップがあるんだけど、商品に感心があっても受け取る側的に毎日だとウザイだけで、本人に悪いけどゴミ箱直行にした記憶があるほどで、しょっちゅう発行には、私自身凄い抵抗がある。

それに、多くの仲間からメールマガジンなどが届くが、ここ数年私自身読む気持ちがなくなってしまっている。ことも踏まえて、メールマガジンは、読まれている時代なのだろうか、、、スパムが多い中、メールマガジンそのものが読まれる時は過ぎてしまっているのではないか、、、とさえ思えてきた。

そんなわけで、ご購読者が一万人近くになったメールマガジンだったが、記憶が定かではないが、2005年頃には発行しなくなっていた。が、「また考えが変わって出したくなるかも、、、」というかすかな気持ちがあったからか、メールマガジンの配信ASPとの契約は残しておいた。

でも、メールマガジンを発行しなくなっても、素敵快適ドットコムの新着情報は、その時々の情報が必要でない方にご迷惑をお掛けしない形で、トップページ以外でお伝えしたいっ、、、と、いつも思っていた。


月日が経ち、結局ブログが合っているのではないか、、と思われてきた。

それで、ブログで更新したネタが綺麗にメールマガジンに自動的に編集され、ウェブでも、メルマガでも、ご希望のスタイルで読めるというブログシステムを探したが、あいにく見つけられなかった。

ブログは、2006年3月から始めた。更新したネタがメールマガジンに自動的に編集されるシステムではないが、RSSで代用できるからいいか、、、という気持ちになっていた。

ブログは、素敵快適ドットコムの商材の特性や私の性格には合っているみたいで、今も続いている(笑)

送りつけているんじゃなくて、読みにきていただいているという甘えもあり、商品情報とともに、私の赤裸々情報(爆&激汗)も交え、お客様の意向に関係なく(すみません)愉しんでやらせてもらっている。こんなことは、購読の許諾を得ているとはいえ送りつけているメールマガジンでは出来ない。メールマガジンでやっちゃうと、購読解除の嵐になることは目に見えている(汗)

スパムメールが問題化し法規制されようとしている昨今、私の中でメールマガジンの時代は終わった。という考えになり、メールマガジンを発行する気持ちは完全になくなっていたが、メールマガジンの配信ASPとは、利用料だけを支払い、契約を続けてきた。

なぜなら、メールマガジンの最後の一通を発行したいと思っていたからである。

「ご愛読いただいたことへのご挨拶はもちろんだが、長い間休んだまま発行をやめることのお詫びや、今後の商品の新着情報はブログで」と案内したいと思い続けてきたが、結局、その最後のメールマガジンも発行しないまま、メールマガジンの配信ASPとの契約を打ち切った。最後の一通を発行することがなかなか出来ずに、一年以上経過してしまっていたからである。


そして今、誠に勝手ながら、メールマガジンのご購読者様、購読ご希望者様に、このブログでお詫びさせていただくことにした。

長期間の休刊の末、メールマガジンご購読者皆様に、ご挨拶ご案内もしないでメールマガジンを止めたことに、深く深くお詫びを申し上げます。

そして、今後ともよろしくお願い申し上げます。

※私の力量不足などを棚に上げ、定番商品の場合のメールマガジンの販売力に疑問符を持ち続けていますが、食べ物やレア物、限定物などの商材には、やはりメールマガジンが強い販売力を持っているものと考えています。メールマガジンそのものを否定しているものではありませんので、よろしくお願いいたします。


2008年05月20日(Tue)▲ページの先頭へ
◆日本海に沈む夕日と「ホテル日航金沢」
 金沢では、今まで繁華街香林坊の真ん中にあり、二次会、三次会からでも歩いて帰れるからということで、金沢エクセル東急に宿泊することが多かったが、今回、オフ会の会場がJR金沢駅前ということと、以前書いていましたように金沢駅前のホテルにも泊まってみたいという気持ちから「ホテル日航金沢」に予約していた。



仕事が案外長引いたこともあり、部屋にチェックインするのが予定より遅くなり、チェックイン後に行くつもりでいた金沢フォーラスでの買い物を取りやめた。

部屋に入って早速ノートパソコンをセッティング。高速インターネットは無料だし、気が利くことに、LANケーブルも、ライティングデスクの引き出しに用意されていた。

オフ会の時間には多少余裕がある。
窓からの海側の景色は良い。



はるか?下に見えるANAクラウンプラザホテル金沢やアパホテル金沢駅前、JR金沢駅の向こうに日本海の水平線が見え、いままで多かった雲が散り、形が見えるようになった夕日が刻一刻と尾を引きながら水平線に近づいていく。


<この後、雲がはれていきます>

窓際にテーブルと椅子をくっつけ、缶ビール片手にそのドキュメンタリーを見届けようとする、お湯もしたたらない風呂上りの私がいた。


ささやかな至福の時


まったりとゆっくりと夕日が落ちていく

水平線に、海に、夕日が完全に沈み、「ジュッ」という音がする(、、、て事ないか)まで見ていたかったが、いつの間にか集合時間間際になっていた。

慌てて、オフ会会場であるホテル日航金沢のご近所の居酒屋に急いだ。その居酒屋の入口を入ったところで、携帯が鳴った。

「時間だよ。来てないのイシさんだけだよ。今どこ?」

「ココっ」といいながら、オフ会会場の部屋に入る。
みんなの顔が揃っていた。

「水平線に沈む夕日を見ていたら、遅くなった」

と、言い訳すると

「ガラにもねぇ」

と、一言のもとに一蹴されてしまった先月4月某日だった。



▼MEMO
・ホテル日航金沢:
http://www.hnkanazawa.co.jp/


2008年05月19日(Mon)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:新コードバン&ベジタブル・ササマチ名刺入れ」
 氷見牛カレーが、ギャル曽根が選んだご当地レトルトカレーのジャンルで全国NO.1になったテレビ番組「ランキンの楽園」を、16日夜NHKのニュースの終わり頃に切り替えたから、途中から見ていました。

 この番組は、いつも見ているわけではなく、他に好みの番組が見当たらなかったのと、ギャル曽根が出演していると楽しそうだから、、と、チャンネルを合わせたわけですが、氷見牛カレーは、まさかまさかのNO.1になりましたねぇ。

 二、三年前の日曜日に、この氷見牛を食べに氷見市へ行ったことがあるんですが、氷見で一番有名な精肉店併設のレストランでは、午後の営業していない時間帯のため食べることが出来ず、JR氷見駅だったかの中にある観光案内所で聞いても「食べられるところは、ありませんねぇ」の返事だけで、フィッシャーマンズワーフ「海鮮館」にも無いのか、、、と思ったものです(泣)

 氷見牛カレーのメーカーの「柿里」のレストランは、氷見には無いから、本店がある砺波市(氷見からも小杉からも離れています)まで食べに行こうかとも、時々思ったりもするんですが、なかなか機会がつくれず、結局、未だに氷見牛は私の口に入らずデス(泣)

 この氷見牛カレーは、私のアルツが綺麗な霜降り状態に入っている記憶に間違いがなければ、普段の月2,500個位の販売量が、番組が放映された翌日一日で5,000個位の注文があり、しばらくは増産体制だそうです。

 今度、車中泊するときに氷見牛カレーを持っていってみようか、とも考えていますが、、、、、何処で買えるんだろ?(^ ^ゞ



◆【素敵快適ドットコム:入荷速報】
▼「キプリス:新コードバン&ベジタブル・ササマチ名刺入れ」ワイン:入荷

 大事な取引先やクライアントとの名刺交換の際に使うものだから選びたい、信頼感や誠実さを印象付ける「キプリス:新コードバン&ベジタブル・ササマチ名刺入れ」の持つ優美なカットが、上質さをも感じさせてくれます。

 表には、馬の尻の部分を何ヶ月も時間をかけ伝統的ななめし法を用いた大変希少価値のあるオイルシェルコードバン(馬革)と、そして内側には、フランス産のヌメ革(牛革)の持つ温かみを感じるベイジュとの絶妙なコンビネーション。

 落ち着いた美しさと洗練、そして風格を醸し出す「キプリス:新コードバン&ベジタブル・ササマチ名刺入れ」は、モルフォ社の「一生愛せる本物を・・・」の頑なな基本理念に基づくこだわりから創りだされた、秀逸なパートナーです。


2008年05月17日(Sat)▲ページの先頭へ
★折りたたみ小銭入れは、ブレイリオ:メモリアルコードバン:発売
 「ブレイリオ:メモリアルコードバン・折りたたみ小銭入れ」は、毎日のように使う小銭入れだからこそ、使って心地良く、何気なく手にした時にも美しさと、折り紙の知性を感じるフォルムから生まれる素材感と独特の表情に、豊かな大人のゆとりが表れているかのようです。

【素敵快適ドットコム】ブレイリオ:メモリアルコードバン・折りたたみ小銭入れ

 厳選された最上質のコードバンの中でもメモリアルコードバンシリーズは、初代五十嵐源二朗氏から受け継がれた革職人一族の三代目であり、最も秀でた技術と創造性を兼ね備えた日本でも有数の革職人と称される井戸辰夫氏によって手がけられ、染めの工程の中でアルコールなどの薬剤を一切使用せず、コードバンの染めの中でも最も難しいとされる、本来持つ性質(よく馴染み、よく油を吸収する)を最も生かすエメリコ仕上げによる水染め技術を、長年培われた職人の技術と感性によって完成させています。染めの特性により生じる染めムラも、一つの味わいとしてお楽しみください。

 また、井戸辰夫氏の秀でた技術の代名詞ともなっているコバ塗り(エッジ加工)の美しさは他に類を見ません。ただ時間をかけるだけでなく、下処理から塗りのバランスまでの細かな心遣いは、商品の完成度の高さに色濃く表れています。

 小物にも自分らしさに拘る愉しみを見出し、人生をふくよかに謳歌する感性に応える「ブレイリオ:メモリアルコードバン・折りたたみ小銭入れ」は、いつもの時間に艶を与えてくれ、人生を愉しむ術を知る心にフィットしていくことでしょう。

「オレンジ×ベージュ」「チェリー×オレンジ」「ブラック×水色」三色揃えて発売です。


★ブレイリオ:コードバン二つ折り財布が、キプリス:マネークリップが、入荷
 魚津で蜃気楼が発生していそうな暑いくらいのいいお天気に、ほとんど揃った家出道具をボルボ旧V70(四代目1444)のラゲッジルームに積んで出かけたくなるんですが、今日、明日の予定はいまのところありません(泣)

衝動が起きるか?GWに行った魚津の海の駅でもう一回車中泊をして慣れてみようかとも、、、。どうなるやら・・・



◆【素敵快適ドットコム:入荷速報】
▼「ブレイリオ:コードバン・カード&小銭入れ付き二つ折り財布」ネイビー、ブラック:入荷

 コードバンの艶やかな光沢が「上質とは何か、、」を教えてくれるような「ブレイリオ:コードバン・カード&小銭入れ付き二つ折り財布」は、大人の余裕を感じさせてくれます。

 小銭の出し入れがし易い最大約5.5cmの広いマチが付いた横向きの小銭入れ、そして、「中ベラ」を施すことにより、カードの収納が8枚と大幅にアップさせています。なお、中ベラのカード段は、使い始めはキツク感じますが、使い込むほどに馴染んできてスムーズになっていきます。

 熟練した職人により一針一針丹精を込めて創り上げられる「ブレイリオ:コードバン・カード&小銭入れ付き二つ折り財布」は、抜群の耐久性を持ち、持つものと物語を創ってくれる逸品です。



▼「キプリス:新コードバン&ベジタブル・カード入れ付きマネークリップ」ワイン、ブラック:入荷

 カードを取り出しやすくしている優美なカーブを持つカード入れを備えた「キプリス:新コードバン&ベジタブル・カード入れ付きマネークリップ」は、ポケットをも備えマネークリップの機能を高めています。

 繊維が非常に緻密である為、牛革の2倍の強靭さを備えたコードバンの持つ独特の艶と、ヌメ革が持つ自然な風合いがうまく調和し、使い込むほどに、より一層増してくる「味わい」が、大人の感性を魅了することでしょう。

 本物を求める心に響く「キプリス:新コードバン&ベジタブル・カード入れ付きマネークリップ」は、さりげなくスマートに行動する人のための上質なアイテムとなっています。


2008年05月16日(Fri)▲ページの先頭へ
◆ETCオービスが始まるのか?
戦慄が走った。一昨日の新聞に掲載されていた本日発売の週刊誌の広告の見出しに釘付けになった。

「恐怖のETCオービス・スピード取締り計画が始まった!?」

の文字が目に飛び込んできたからだ。

この週刊誌は、日本版時代(ライセンス版)も含めて今まで買ったことがないが、今回のこの記事だけは見逃すことができないと感じた(笑)

、、というのは、北陸自動車道金沢東IC〜金沢西IC間に、「試験中」の文字とともに等間隔に並んだ確か茶色の柱が三本、多分、二、三ヶ月前位から高速道路脇に立てられており、その柱の上部にカメラ?計測器みたいなものが取り付けてある。

そこを通るたびに「なんだろう?スピード取締り機でなければいいが」といぶかしげに思いながらも、スピードを落とさずに通り過ぎていたものだが(笑)、この週刊誌の記事に載っているセンサーが、その正体のような気がした。

その設置されている三本の柱と、週刊誌のイラストも酷似しているし。

確かにETCは便利で、料金所で並んでいる車列を横目に、ノンストップで通過できるので気持ちがいい。マイレージポイントも付くし、利用の仕方で割引もある。

そのETCで、車速くらいは計れるだろうぐらいには思っていた。が、スピード取締りまで発展することまでには、考えが及んでなかった。

記事を読む。

▼ETCスピード取締りが可能になるとすれば、、
・警告看板ナシ
・レーダー探知機も効かない
・高速の出入り時刻から、その間のスピードを割り出せる
・出入り口だけでなく、SAやPAの出入り口にも設置されていたら、、

などなどの取締り方法が可能になるらしい。

ETCは、セットアップ時に取り付ける車の情報を組み込んでいるはずだから、特定しようとおもったら可能だと思う。

カード会社などから発行されているETCカードは決済用だから、走行中ETCから抜いていても、ETCはETC-IDの電波信号を発しているから、やはり特定されてしまうだろう。

結局、ETCスピード取締りが可能になった場合の対策は、

・ETCを外してしまう
・ETCを外さなくても、常時入っている電源を切れるようにする(これでも、ETC-IDの電波信号がでるのかな?、、、調べてみよう)
・ETCスピード取締り場所を、今のレーダーのように、インプットしGPSで検地できるようにする、、、ということも考えられるかもしれないが、ETCスピード取締りセンサーのコストが安いらしく、どこにでも設置できるらしいので、鳴りっ放しということにもなりかねないかも(苦笑)


でも、私には、素朴な疑念が生まれてきた。

「ほんとに、ETCスピード取締り、ETCオービスをやるのだろうか?」

なぜなら、このETCスピード取締りは、全車両を対象にしないで特定、つまりETCを取り付けている車両だけが対象になっているからだ。それが腑に落ちない。

だから、ETCが全車両強制取り付け(新車時に組み込まれてしまっている)にならない限り実施されないのでは、、、と、見え出してきて、なんかしら安堵してきた(汗)


ETCスピード取締りのことばかり考えている私にクマヨメは、、、

「法定速度を遵守してればいいじゃん」

と、何処かの教官のような理想的なことを言い放ってきた。

ここ十数年、五年に一度くらいの割りで高速道路でのスピード違反でキップを切られ、ゴールド免許から青のライン(それでも免許の更新期間はゴールドと同じ五年)になっている私だが、クマヨメのゴールド免許期間は、私がゴールド免許だった期間より短い(爆)


2008年05月15日(Thu)▲ページの先頭へ
◆ココまで来たら讃岐うどん「うどん本陣・山田家」
 徳島阿波踊りの帰りに回り道をして、ここまできたら讃岐うどんということで、県道36号線の岬めぐりの終点?ちかくに、お目当てのうどん本陣「山田家」があった。

 本来蕎麦派であり、富山県の氷見うどん以外は、ほとんどうどんを食べる気持ちにもならず食べていなかったが、ここは香川県、やはり讃岐うどんは食べておかねば、、、という気持ちになっていた。(私にとって美味しくいただけるうどんに、2007年、石川県金沢市「香むぎ」が加わりましたぁ)

 持っていったガイドブックには、いくつかの讃岐うどん店が紹介されていたが、セルフはあまり好きじゃないのでうどん本陣「山田家」に決めた。

 いくつかに分かれた駐車場にボルボ旧V70(四代目1444)を停め、むくり屋根の長屋門に向かう。

 入り口となっている大門にも人が溢れ、中庭には多くの順番待ちの人がいた。待つのが好きじゃないので一瞬帰ろうかとも思ったが、係りの人に聞くと10〜15分待ち位とのことで、「それくらいなら待てる」と順番待ちのシートに名前を書き込んだ。



 うどん本陣山田家は香川県の屋島付近の元庄屋で、15代続いている旧家。13代までは「源氏正宗」という銘柄の造り酒屋だったという。

 江戸時代から続く建物と庭園を活かした店舗は格式と風格があり、国の有形文化財に指定されている。

 待っている間、建物の外部や庭園を見学した。外で食べるのもオツなもんだな、、と思わされたが、日差しが強すぎて暑いのか誰も外で食べていなかった。

順番がくるとマイクで呼び出され、それぞれの建物に案内されるという按配だ。



 私が案内されたところは母屋であった。ビールには、源平屋島合戦のラベルが張られていた。テレビドラマでもやっているんだろうか?(←2005年当時)

 お目当ての「釜ぶっかけうどん(冷)」が運ばれてきた。薬味には「すだち」もあり、やはり四国にいるんだという実感がある。薬味のそれぞれを三分の二以上入れ、ダシをあとからぶっかけて食べた。「おいしい」。

 本来うどんが好きじゃなくても、このうどんなら箸がすすむ。うどんが三分の一位になったところで、残しておいた薬味とダシをぶっかけてたいらげた。

 おいしさを一人占めするのも後ろめたいからか、自宅に帰ってまた味わいたいからか(←前者は建前、やっぱ後者でしょ、、、笑)、おみやげに「釜ぶっかけうどんセット」四人前を買って店を出た。


※これは三年前のネタですが、毎年踊りにいっている(ここ二年位は、足のこともあり踊らず、見るアホウになってますぅ)徳島の阿波踊りの帰りに食べた讃岐うどんが美味しかったのを忘れられないところに、たまたま画像が出てきたので、多少リメイクして掲載いたしました。


▼MEMO
・うどん本陣・山田家:
http://www.yamada-ya.com/

-------------

▼【素敵快適速報】
 先日もチラッとお伝えいたしておりました、大人の可愛さ愉しさを持つ「ブレイリオ:小銭入れ」の販売ページの制作にとりかかっています。

販売開始は、17日頃までにはと思っていますっ。


2008年05月14日(Wed)▲ページの先頭へ
★無料始まる!そして「グレンロイヤル:ジップキーケース」ハバナ:入荷
早く、バナーデザインをしなきゃ・・・

早く、父の日プレゼント、ギフト包装無料サービスを始めなきゃ

、、、と、焦りまくりの日々を過ごしてきましたが、

本日午後、ようやくバナーデザインを仕上げ、「父の日プレゼント、ギフト包装無料サービス」を始めることが出来ました。

バナーデザインは、時間も無かったこともありますが(汗)悩んだ末「シンプルに、シンプルに」と、文字のみに。

でも、お父さんへの感謝の気持ちが凄く表されていると思いません?(←自画自賛、、、)

父の日プレゼント、ギフト包装無料サービス」は、本日より、2008年6月16日(月)までです。ご利用いただければ幸いです。


ちなみに、台湾の父の日は8月8日だということを、フリー百科事典「ウィキペディア」で知りました。なんでも、中国語の発音でもお父さんのことを「パパ」(見たことの無い漢字表記)というらしく、それを8月8日との語呂合わせということだそうです(笑)



◆【入荷情報】
▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー・ジップキーケース」ハバナ:入荷

 毎日使う大事なキーだからこそキーケースは、楽しくカラーで遊べる「グレンロイヤル:ブライドルレザー・ジップキーケース」は、全9色のバリエーションがあります。赤いキーケースの鍵は自動車関係、ブラックは事務所関係、オレンジは自分の部屋関係とカラー毎にわけて持つのも間違えなくていいかも。また、カラーキーケースなら、バッグの中でも見失うことはありません。

 素材となっているブライドルレザーの柔軟さと強度を保つために、牛脂及びワックスを十分に染みこませてあり、レザーに含まれるワックスが表面に浮き出てきて白い粉を吹いたようになる場合があります。この白い粉が浮き出る事が最高グレードのブライドル・レザーの証であり、プロの鑑定家の品質判断の重要な基準ともなっています。最高級ブライドルレザーの表面のブルームを柔らかい布でブラッシュする至福な時間。すぐに、GLENROYAL(グレンロイヤル)の美しい艶と輝きが戻ります。

 気が遠くなるほど大変な時間と手間のかかるスコットランドの伝統の技術、スコットランドの頑固な気質と長い伝統を強く伝える職人の誇りをかけて一品一品手作りされた「グレンロイヤル:ブライドルレザー・ジップキーケース」は、お気に入りを使う楽しさを感じさせてくれます。

品切れだった「ハバナ」が入荷してきました。


★おっ発売「キプリス:グアント・ササマチ名刺入れ」
ガソリンを今月はじめて入れたのは、この前の日曜日11日母の日でした。先月26日だったか27日に給油して以来です。

当然、暫定という言葉の持つ意味がわからなくなるほど密着してしまっているガソリン税が戻ってしまっているので、やはり高くなっていましたねぇ。ハイオクガソリンでリッター165円でした。

私は、セルフが好きじゃなくスタッフが給油してくれるスタンドを利用していますが、有人で165円なら、まだ安いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。周りのセルフの価格と同じ位ですもん。

会社から多少離れたスタンドですが、カードを発行している元売り系であることと、高速のインターに近くて便利なので、今その全国チェーンのスタンドを利用しています。



◆【素敵快適ドットコム新着速報】

▼「キプリス:グアント・ササマチ名刺入れ」三色:発売

 手にした時に感じるグローブレザーのしっとり感が馴染んでくる「キプリス:グアント・ササマチ名刺入れ」の素材には、メジャーリーグなどの有名選手用グローブに使われている程の特別に厳選させた一級グローブレザーが使われています。

大量のオイルを加えて鞣されているため、手触りの良いソフト感があるのが特徴で、塗料や顔料は一切使用せず染料のみで染色された自然の風合いを活かした素材です。

素材の持つマット感がクールさも醸し出し、使い込むほどに、よりいっそう増す「味わい」をお楽しみいただけ、そして自分らしさを映し出してくれるアイテムとなっていきます。

斜めにカットされたフラップ内側のカード入れや、キプリスの刻印が施されたカード入れの優美なカーブが、さりげないお洒落感を演出する「
キプリス:グアント・ササマチ名刺入れ」は、流行に左右されない大人の価値観が印象に残る名刺入れです。


2008年05月13日(Tue)▲ページの先頭へ
◆能登の魅力発信地・能登そば「夢一輪館」
能登半島の真ん中。幹線道路から脇道に入ると、そこは山間の狭い道路となり、今にも行き止まりかと思うような感じのところに佇む農家風の一軒家が、能登そばの「夢一輪館」だった。



ガラッと引き戸を開けると、ここは地場産センターかと思うくらいの賑やかさ?に包まれる。





それもその筈で、旧柳田村の村おこしとして特産品に定着したブルーベリーや、木工品、陶器、ワイン、豆腐、燻製などなど、能登の地場の魅力が販売されている。

お目当てのそばを注文する。
白く少しカタメのそばをダシにつけて口に入れる。はじめは、少しダシが薄いというかアッサリしているような感じを受けたが、すぐにそばの旨さが広がってきた。



自然水を使い手打ちされたそば
ダシは、能登で獲れた新鮮な飛び魚(アゴ)自家で煮干しにし、北海道利尻昆布や自家製の干椎茸などを組み合わせて作りだされており、一切添加物は使用していないとのこと。

雪囲い越しに日差しが差し込む縁側で食べるのも、なんかほっこりしてくる。

レジ傍に「畑のチーズ」と書かれたブロックがあり買って帰った。

畑のチーズとは、昔ながらの塩田で精製されたにがりを使用して作られた夢一輪館の自家製豆腐を燻製にしたもので、自宅に帰ってから、薄くスライスしてウィスキーのツマミにして食べた。

ほとんどチーズ気分だが、口の中で、もとが豆腐ということをほんのり感じることもできた。

-----------------


【お詫び】
本日13日までには発売できるとお伝えいたしておりました「キプリス:名刺入れ」は、明日14日に延びてしまいました。申し訳ありません。


2008年05月12日(Mon)▲ページの先頭へ
◆車徘徊ツール準備中
「家出の道具を買いに行ってた」

と、向かいの奥さんに「蕎麦を食べにいってきたの?」と聞かれて、そう応えたら、奥さんの隣にいた旦那さんが

「家出する時、オレにも声かけて」(爆)


GW中にした蜃気楼の街・魚津での車中泊で、焼けぼっくいに火がついたのか?車中泊をしたくなり、その基本的?な道具を買いにいっていたのだ。

私の焼けぼっくいとは、昔々一年中スキーをしていた頃、立山の山小屋やロッジを経営されていた故お父さん(実父ではなく、尊敬していた人)のところではなく、仲間なんかと他のスキー場などへ行った時など、スキーバム気取りで車中泊を繰り返していたものだった。もちろん、故お父さんのところだったら居候ネ。

んで、スキーをやれなく、、、やらなくなってからも、アウトドアでテントを張るのも面倒になってきた仲間が、だんだん車中泊に移行し、私も、娘の成長とともに一代目1444としてワンボックス「三菱デリカ・スペースギア2800ターボ」を購入し、車中泊を繰り返したものである。

三菱デリカ・スペースギア2800ターボの持病といわれるターボの焼付けやエアコンの故障などを発症し車検が迫っていた時に手放し、レガシーを経てボルボ旧V70(四代目1444)に至っているわけである。

ボルボ旧V70でディキャンプみたいのは時々だが、車中泊は数える程しかしていない。

その時の一回に、シェラフも何の用意もしていなくて車中泊をしなければならなくなったことがあり、その時の寝姿丸見えのトラウマか?それ以降、車中泊を避けていた。

が、シェラフなどを準備していったGW中の車中泊で、「たまには、いいかも」となってしまったのである、ナハ。


で、スーパースポーツ「ゼビオ」へ行ったが、アウトドア用品コーナーが狭くなっているようで、それほど充実していなかったように感じた。

そして、ゼビオで二点くらい買った後、まだ必要と思えるものはカーマで揃えた。

▼11日買ったもの
・コールマンのチェックの大きなブランケット風シート(敷布団代わり)
・ギンガムチェックのそば殻枕
・ウィンドウネット(車の窓用蚊帳?)
・保冷ポット
・LEDランタン(昨日、自宅ですぐに壊れたので吊り下げることが出来なくなったが)


▼持っていたもの
・アイスクリームも保存できるアイスボックス
・ソフトアイスボックスをいくつか
・ガスランタン(面倒になっているので、使うつもり無し)
・キャンドルランタン
・封筒型シェラフ×2(掛け布団ッス)
・リクライニングチェア
・デッキチェア
・テーブル
・ガーデンパラソル
・他モロモロ

※コッヘルとかバーナー、マグライトとか、アウトドア小物をそれなりに持っていたのだが、今所在不明で捜索中だがみつかりそうにもない(泣)

アウトドア、車中泊といっても、基本的に料理はしないで、飲んだり本を読んだりだけにするつもりでいますので、今週末から行けるかも(笑)

今ゆっくり行きたい、散策したいところは、美味しいお蕎麦やさん「せきざわ」がある長野県小布施町ドスゥ。


2008年05月10日(Sat)▲ページの先頭へ
★嬉っ入荷「コードバンのブレイリオ」から三点と新アイテム
たまりかねて、ストーブを点けちゃいました。
ほんま今日は寒い一日になっていますw。

軒にツララが出来てるんじゃないか、、と思わず、覗きにいきたくなるくらいなんです。あのゴールデンウィークの暑さの後だから、そこまで極端に感じてしまうんでしょうか(^ ^ゞ


そんな中、ブレイリオから、小さめの箱で入荷いたしましたヨ

その蓋を開けると、、、

下記の三点の入荷商品の他に、新しいアイテムが入っていてニコッ!

素敵快適ドットコムでは、まだ発売していない「小銭入れ」なのですが、そのデザインは、あまり見たことがない愉しい、、、愉しくなってしまうようなカワイイ〜デザインなのです。

その愉しいブレイリオの小銭入れは、今販売ページを制作中の「キプリス:名刺入れ」を来週12日、13日には販売開始してからとなりますが、来週一杯には販売開始できると思っていますっ。



■【本日の入荷速報】

▼「ブレイリオ:メモリアルコードバン・小銭入れ付き二つ折り財布」オレンジ:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/brelio/shortwallet/br4031.html


▼「ブレイリオ:コードバン・ステッチ・アウトポケット付き二つ折り財布」グリーン:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/brelio/shortwallet/br4024.html


▼「ブレイリオ:コードバン・2面単パスケース」ワイン:ごく少量入荷
http://www.sutekikaiteki.com/brelio/passcase/br4203.html


2008年05月09日(Fri)▲ページの先頭へ
★入荷っ「グレンロイヤルから三アイテム、キプリスから三アイテム」
商品が出来上がり次第一刻も早く入荷するように、メーカーや商社に品切れ商品の予約注文をいたしておりますが、品切れを続けていた商品が入荷してくると、やはり嬉しくなりますね。

穏やかないいお天気の9日の富山に、グレンロイヤルから三アイテム三カラー、キプリスのモルフォ社から三アイテム五カラー、入荷してきました、ワクワク

三(サァ〜ン)とかゴー(ワンッ)とかに、つい反応し・・・

明日あたり、ブレイリオからも入荷してくれればギガ?ギザ?(コレって、ショコタン語?)、チョー嬉しいんですが、、、(笑)


▼「キプリス:ナチュラルコードバン馬蹄型小銭入れ」少量入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/wallet/cypris/W5940.html

▼「キプリス:新コードバン&ベジタブル・馬蹄型小銭入れ」コーヒー、ワイン、ブラック:各少量入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/wallet/cypris/cp5616.html

▼「キプリス:オイルシェルコードバン&ベジタブル・キーケース」チョコ:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/key/K5850.html

---------

▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー・システム手帳バイブルサイズ・リング径25mm」ブラック:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/glenroyal/gr2472.html

▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー・小銭入れ付きマネークリップ」ハバナ:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/glenroyal/gr4129.html

▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー・名刺入れ」ハバナ:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/glenroyal/gr5204.html


※少量入荷と明記しているのは、当店の予約発注数量より少なく入荷した商品です。


2008年05月08日(Thu)▲ページの先頭へ
★感性発売「ブレイリオ:メモリアルコードバン・肉盛り名刺入れ」
サトバァーからクマヨメに、携帯メールの返信の仕方について電話がかかってきた。

サトバァーとは、クマヨメの実母であり、村に信号の無い山奥に住んでいて、最近、携帯を買ったばかりで面白いらしい。

携帯といっても糸電話ではなく、今時のドコモということだ、、、つーか、その地域は、糸電話だと、他の動物が糸を切っていくらしく(ん?)、またauだと圏外になってしまい、現在のところ、ドコモしかカバーしていないらしい。

クマヨメが、電話で説明している横で、

「そんなもん、便箋に書いて封筒に返信と書きゃいいのや。葉書でもエェで。返信相手の住所がわかんなきゃ、住所んとこに携帯電話番号を書いておきゃエエ」と、チャチャを入れている私がいた(笑)

そんな義母だが、最近デコメを送ってくるそうだ。

恐るべしっ、70代



▼「ブレイリオ:メモリアルコードバン・肉盛り名刺入れ」三色:本日発売

思わず視線を惹きつけ、相手に印象付けてしまう名刺入れだからこそ、自分の感性が活かされビジネスに限らずライフスタイルさえも相手に感じさせる「ブレイリオ:メモリアルコードバン・肉盛り名刺入れ」は、さりげない風格の中に、懐の深さと粋を醸し出しています。

【素敵快適ドットコム】ブレイリオ:メモリアルコードバン・肉盛り名刺入れ


 厳選された最上質のコードバンの中でもメモリアルコードバンシリーズは、初代五十嵐源二朗氏から受け継がれた革職人一族の三代目であり、最も秀でた技術と創造性を兼ね備えた日本でも有数の革職人と称される井戸辰夫氏によって手がけられ、染めの工程の中でアルコールなどの薬剤を一切使用せず、コードバンの染めの中でも最も難しいとされる、本来持つ性質(よく馴染み、よく油を吸収する)を最も生かすエメリコ仕上げによる水染め技術を、長年培われた職人の技術と感性によって完成させています。

 また、井戸辰夫氏の秀でた技術の代名詞ともなっているコバ塗り(エッジ加工)の美しさは他に類を見ません。ただ時間をかけるだけでなく、下処理から塗りのバランスまでの細かな心遣いは、商品の完成度の高さに色濃く表れています。

 実用性と洒脱さを兼ね備え、手触りの良いソフト感を持つ「ブレイリオ:メモリアルコードバン・肉盛り名刺入れ」は、自分なりの揺るぎない価値観の基に、ビジネススタイルやオフタイムをさらにエレガントに彩り、物語を紡ぎだすかのような名脇役となります。

「オレンジ、チェリー、ブラック」三色で発売です。


2008年05月07日(Wed)▲ページの先頭へ
◆すき焼き用飛騨牛を「丸明飛騨高山店精肉部」で
肉の焼き方もろくに知らない私が、奥飛騨温泉郷平湯温泉「ひらゆの森」のレストラン「もみの木」で、わけもわからず焼いたのに、やはり素材の良さに助けられ美味しさをたっぷり堪能できた飛騨牛を土産に持って帰ろうと、売店で探すが見当たらなかった。

売店のスタッフによると、この平湯温泉でも販売しているところがないらしく、高山まで出なくてはならないらしい。

高山までなら確か20数キロくらいだろうから、天気もいいし高山へ周ることにした。途中の山岳道路からの眺めは頗る良かったし気持ちイィーーー。途中、西部警察グッズを販売するドライブインがあったり、、、。



高山で飛騨牛を買うなら、やっぱ飛騨国分寺前の「丸明飛騨高山店」だと思っているので直行した。

丸明の飛騨牛レストランには、以前家族三人で食べに来たことがある。各々違ったメニューを注文して、血みどろの取り合い・・・チャウ、穏やかに取り分けて食べた記憶がある。



その丸明の精肉部門で「すきやき用」の飛騨牛を四人前買い、クマヨメに「今晩は、すき焼きの準備をするように」と携帯で連絡した。



私ン家には、鉄なき子のクマコがいるから、肉を食べる機会を多くつくらなければならない(笑)

なんてたって、一ヶ月ぶっ続けでみかんを食べた如く手先がまっ黄色になっていて、かかりつけ医から「よく、こんなんで生きてられるなぁ」と、鉄分不足を呆れ返られたくらいだ。

それ以降、南部鉄器を販売している仲間のオンラインショップ「ハードショップ・カナシチ」で購入した鉄瓶でお湯をわかしたり、かかりつけ医からの薬を飲んだりして、今はほとんど治ったようだが、やはり美味しい肉は、クマコをダシに自分が食べたいし(笑)

今晩のすき焼きは、生存競争の激しさを表すがごとく飛騨牛はすぐになくなった。食べる口からは、美味しいという言葉しか出てこない。

松坂牛をオンラインで販売していた仲間が、他の理由でオンラインショップを閉鎖し販売されなくなってから、松坂牛を口にする機会も少なくなり松坂牛の味を忘れかけてはいるが、その松坂牛より飛騨牛のほうが美味しいのでは?と思ったくらいだ。

これじゃ、松坂牛の名誉のためにも松坂牛を食べる機会を早めに持たなくちゃならないが、少なくとも今回をキッカケに、私が高山方面にドライブに行った際には、飛騨牛を買ってこなければならなくなってしまった。

今度は、ステーキ用の指定だってサ。

私の小遣いから諭吉さんが減っていくので、それ以降高山には近づかないように心がけているが、私の胃が勝手に近づこうとしているのも事実ですw

書いているうちに、

か、勝手にヨダレぐぁ〜〜〜ジュルッ


▼MEMO
・飛騨牛「丸明飛騨高山店」:
http://www.maruaki.net/
・奥飛騨温泉郷「ひらゆの森」:http://www.hirayunomori.co.jp/
・南部鉄瓶「ハードショップ・カナシチ」:http://www.kana7.com/
----------------

【予告】
「ブレイリオ:メモリアルコードバン肉盛り名刺入れ」を、8日、9日中に販売開始予定です。
================


◆2008年6月に発覚した「丸明による飛騨牛偽装問題」に関連して、2008年6月25日にも書いておりますのでご覧いただければ幸いです(こちら)


2008年05月06日(Tue)▲ページの先頭へ
◆回る赤色灯のサプライズ有り星空宴会
4日14時頃にCクラスの蜃気楼が発生したと、翌日の新聞で報道されていた。

このCクラスというのは、蜃気楼の見え方?鮮明度?により、A〜Eの五段階のランク付けがあるようで、前日3日には、Eランクだったようだ。Cランクは、最近では良いほうだとも聞いた。

クマコは部活。クマヨメは、クマコのアッシーなので、今夜のグダグダには参加できない。

アルコール類などの飲み物は、自宅の冷蔵庫からアイスボックスに入れ、そして自分が食べる分くらいの食料は現地・魚津市のスーパーで調達した。ノンアルコールも欲しいな、、、と自動販売機でコカコーラを買ったら、ドドドドドッという凄い音がして、コーラの他に、缶コーヒーが三本出てきた。最近のオマケ?には、多少警戒心も生じてしまう。

グダグダ会場である、蜃気楼を見るスポットである海の駅「蜃気楼」の駐車場には、沢山の県外ナンバーの車が停められていた。

私が一番早かったみたいで、とりあえず駐車場の停められている車の少ないところにボルボ旧V70(四代目1444)を停め、その横にリクライニングチェアをセットしてカーマガジンを読み始めていたら、富山から犬付きピアノ夫婦がやってきた。そうこうしてるうちに、地元魚津のホテルマン夫婦も来た。

宴会?グダグダ場所は、駐車場のモニュメントの傍に決定。各々の車を集合させ、テーブルなどのセッティングが終わり、早速宴会開始。

夜も更けた頃(時間は定かでない)、停めてる車も疎らになったこの広い駐車場で、けたたましい爆音でサーキットまがいのことをやりだした暴走族?が発生してまもなく、赤い回転灯を廻しながらミニパトが二台やってきて、いろいろ尋問して止めるようにいっているらしかった。近くに民家らしきところが無いはずなのに、やはり通報するものがいるんだな、、、と思った。

ミニパトがいなくなってしばらくしてから、再び暴走族?が、けたたましい爆音で走り出したら、今度はミニパトと普通車のパトカーの三台がやってきて、解散させていた。

ギャラリーがいてこそ走り回っても面白いだろうに、いないこの場所でやってて面白いんかな?と思えてきた。

静けさが戻り、サプライズを肴にグダグダ宴会は続いた(笑)

眠くなった者から、自分の車に戻っていく。私も最後くらいで四代目1444に戻り、封筒型シェラフのファスナーを全開にし、一枚は敷布団に、一枚は掛布団にして寝た。わりかし快適だ。が、外から丸見えが気になるんで、早めにフィルムを貼ろうと思った。


翌日5日、親戚の結婚式で4日夜参加出来なかったマイクロバス・ホームレス(笑)がやってきた。

昨日、事情を説明し「何処かに農薬が・・・」と脅したせいか?ドドドッ缶コーヒー三本には、誰も手をつけなかったので、あまり事情を知らないマイクロバス・ホームレスに薦めて飲み始めた頃、事情を説明し変化を注視する(笑)

事情を聞いたマイクロバス・ホームレスの身体が崩れ始めた、、、真似をしておどけるだけで変化は無いが、

「マイクロバス・ホームレスは鈍感だから、シアンが付いていても反応が現れるのは、やっぱ二、三時間後だろう。農薬程度なら、栄養にしちまうかも」ということになった。

「相手が悪かった」(笑)


それから一、二時間してマイクロバス・ホームレスの家族がやってきた。ジジ、ババ、ムスメ、小学二年生の子供と一年生?就学前?の子供の五人が揃い、そして我々五人。総勢十人のパーティだ。

海の駅で買ったばかりのカニやイカ、甘エビなどの魚介類を料理して食べる。料理人は、やっぱマイクロバス・ホームレス夫婦となる。美味しいからだ。あっ、甘エビは、刺身というか、頭をとって醤油をチョコッとつけて食べた。取った頭を集めて、味噌汁を作ってくれた。

時々雨がパラつくが、西の空は大降りしなさそうな表情をしていた。


そのうち16時頃、パラついてきた空をみると、一時的な雨になりそうでもなかったので「天気も悪くなったし、これで帰る」ことにした。犬付きピアノ夫婦も帰り支度を始めていた。

帰りの国道8号線は、多少混んでいた。やっぱ高速にすれば良かったかな、、、というのが頭をよぎった。渋滞の中、雨は本降りになってきた。

グダグダ宴会も疲れるようで、自宅に戻って19時頃には眠くなってしまった。

今日6日GW最終日、午後から近くのスーパー銭湯的温泉にでも行ってくるだけにしようかと思っている。


2008年05月04日(Sun)▲ページの先頭へ
◆ひねもすのたり魚津で車中泊
日差しのあたるところで横になり、二日に買ってきたビッグコミックオリジナルのページをめくる。テレビでは、松井が打ちイチローも打ち、そして走っている。時々うつらうつらしたりして。

昨日は3日土曜日。家の中をドタドタ歩き回っているバァーハンはディセンターなので、家の中は静かだ。落ち着ける。連休初日の始まりだ。

時々雀の鳴き声が聞こえてくる中、リビングでうたた寝したりしてると、時間がゆったり過ぎていく感じで、ありがたささえ感じられる。

15時近くになった。班のバーベキューが近くの公園で開かれる時間だ。真夏のように暑い日となったが、いつもより参加者が多く楽しくなった。

バーベキューの後は、スナックで二次会だ。どちらかというと、いつものコースみたいなもんだが、今年ははじめから組み込まれていた。


さて、今日も暑くなりそうだ、、、もう、なっている。

今夜は蜃気楼の街・魚津で、友人たちとアウトドアでグダグダと飲むことになっている。寝るのは、各々の車の中となっているが、ボルボ旧V70(四代目1444)の天井が低く過ごしにくいのと、窓ガラスにフィルムを貼っていないので中が丸見え状態だから、気恥ずかしい。

優雅な寝姿を見せてしまうのも気がすすまないのと寝つきにくいなどで、魚津市内にいくつかあるホテルをチェックしたが、空室は見つからなかった。皆が、車に寝に入った頃、ホテルの部屋に戻って寝ようか、、、という算段だった。

魚津市内のホテルは、ビジネス需要だと思い込んでいる私にとって、この連休中に部屋がみつからないというのが不思議で仕方がないので、友人のホテルマンに理由を聞いてみると「アジア系の観光客が多い」というようなことを言っていた。立山黒部アルペンルート観光に繋がっているのか?

ホテルマンの友人夫婦は、自宅は近いが、当然、車中泊。これで、数年いやもっと前だったら、各々がテントを張ったもんだが、いまやそれも面倒になったのか、車中泊ばかりとなっている。

マイクロバス・ホームレスは、親戚の結婚式があるとかで、今回は欠席。富山からの犬付きファミリーは、ワンボックスだからいいか。

そんなわけで、昼食を食べてから、デッキチェアやリクライニングチェア、アイスボックスなどを、ボルボ旧V70に積み込むことになる。ガーデンパラソルは、どうしようかな?


2008年05月02日(Fri)▲ページの先頭へ
◆美味さたっぷり「飛騨牛」を味わう
男女併せて13の露天風呂、男性だけなら確か6〜7ヶ所の露天風呂を奥飛騨温泉郷平湯温泉「ひらゆの森」で巡った後、やっぱここまで来たら飛騨牛を食べなきゃってんで、館内の一番奥にあるレストラン「もみの木」へ行った。



一応、自分に奮発して特上ロース定食の肉の量が多い(確か150gだったか)ほうを注文しようかと思ったが、メニューの他のページの、毎朝打っているという「手打ちそば」が目についたので、手打ち蕎麦と肉の量が少ない(確か100gだったか)ほうを注文した。

手打ち蕎麦が売り切れているということで、定食だけにし、肉の量が多いほうに変更してもらった(^ ^ゞ

女性スタッフがテーブルの下からカセットコンロを取り出した。

「ギョッ、ギョッ!!!焼かれたのが出てくるんじゃなくて、自分で焼くの?

「はい、そうですよ」

と、コッチの気も知らないで、事も無げに言い放ってくる。それもにこやかに。
そのにこやかさは、私にとって悪魔の微笑みにさえ見えてくる(汗)



私は、鍋にしろ焼肉にしろお好み焼きにしろ、自分でやらなきゃいけないってのが大の苦手である。食べごろがわからないのである。

グループで食べる場合には、誰か側にいる人が気を使って食べ頃を私の皿に入れてくれるから助かるけど、気を使ってくれる人がいない場合には、食べ頃がわからないのでほとんど食べることが出来なく、「いいかな」と箸を出そうとする頃には誰かに先に取られちまっている。そして、空腹のままとなっているひもじい私がいる。



「自分で焼くのが苦手なんで、焼いたので持ってきていただけますか」

と女性スタッフに言うと、調理場に聞きにいってきてくれたが「あいにく、出来ない」ということだったので、飛騨牛食べたさに清水ジャンプと、牛肉だから焼き方にレア〜ウェルダンまであるってことは、生焼きでもいいだろう、、、という居直りから、

「自分で焼きますから、時々教えてください」

ガスに点火される。まだ湯気が上がらないが、何時頃から焼き始めたらいいかわからないので、、女性スタッフを捕まえ教えてもらう。

「面倒な客だな」と、当然思われているだろう。
感じのよいスタッフに焼いてもらおうにも忙しそうだしぃ〜

鉄板の上に、飛騨牛を置く、、、この瞬間が、私が産まれてきて初めて一人で焼き物に挑戦した時となった(それが、なにか?)

スタッフが時々声をかけてくれる、アハ。
焼き上がったと思われる飛騨牛を、メニューに書いてあったように「わさびじょうゆ」に付けて口に入れる。わけのわかんない適当な奴が焼いた肉でも、飛騨牛だからか美味しさがビンビン伝わってくる、口の中で拡がる・・・至福っ



大きな窓?ガラス戸?の外の林には、四月だというのに、まだ沢山の雪が残っている。

これで焼き方が良ければ、もっと美味しく食べることができてる筈だという思いが、今でも付きまとっている(笑)。

そして、飛騨牛の美味しさを一人で味わう後ろめたさ(←かすかだけど)に、お土産に買って帰ろうかと思ってきた。

▼MEMO
・奥飛騨温泉郷「ひらゆの森」:
http://www.hirayunomori.co.jp/
※後日、「ひらゆの森」のオフィシャルサイト内のレストラン「もみの木」のメニューを見たら、私の食べたのが掲載されていなかった。多分、ネットに掲載されているメニューは古いのだろう。


2008年05月01日(Thu)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:ナチュラルコードバンが、長財布が、名刺入れが」
福井県・東尋坊の断崖から遙か下の海を覗き込んでいた時、携帯電話が鳴った。

「チョット待て・・・」

じゃなくて、、、高三のクマコからだった。

「トーサン、今ドコ?」

「東尋坊」

「あの自殺の名所のとこ?」

「ほい」

「だったら、迎えに来てぇ〜」

なんてこったいっ!

おいおい、今お昼過ぎ。部活が終わった頃だと思うが、お前のいるとこは富山だぜ。コッチは石川を飛び越えた福井県なんだ。クマコの距離感はどうなってんだいっ!(確かに、地理が苦手といってるけど、、汗)

福井から駆けつけるのを待っている間に、JR小杉駅ばかりでなく富山からだって歩いて帰って来れるべぇ


なんて奴でぇ〜、親の顔が見てみたい(爆)


クマコの声は続いた
「今夜、友達と外食して帰る頃、カァーサンはいないしぃ」

それを聞いてホッ、そーいうことだったんかい
「今じゃなく、夜ならエェーよ。その頃帰っているから」

自宅からJR小杉駅まで結構な距離なんで、通常はクマヨメがアッシーをやっているんだけど、クマヨメがビーチバレーにいっているソノ夜は、私がピンチヒッターとなったわけである。



★【本日入荷情報】キプリスのモルフォ社から入荷いたしました~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▼「キプリス:ナチュラルコードバン小銭入れ付き二つ折り財布」少量入荷

http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/wallet/cypris/W5910.html

▼「ノイ・インテレッセ:スクエア小銭入れ付き二つ折り財布」シルバー:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/wallet/cypris/W3821.html

▼「エスクール:ソフトアンティーク・ボックス型小銭入れ付き二つ折り財布」チョコ、ブラック:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/wallet/cypris/W0681.html

▼「キプリス:マグリア小銭入れ付きファスナー長財布」ネイビー:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/wallet/cypris/W8950.html

▼「キプリス:マグリア:Wファスナー・キーケース付き小銭入れ」オレンジ:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/wallet/cypris/W8955.html

▼「ノイ・インテレッセ:スクエア・Wササマチ名刺入れ」ブラック:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/cardcase/cp3822.html


◆ヌーディストクラブか(^ ^)奥飛騨温泉郷「ひらゆの森」
白ザル伝説発祥の地という奥飛騨温泉郷「平湯温泉」。
飛騨のマスコットの「さるぼぼ」は赤色がスタンダードだが、それと関係があるんだろうか?

昔だったら、富山から国道41号線を走り松本市へ抜ける際に、交通の難所と言われ、冬期間には通行止めになっていたあの安房峠。そして今は、安房トンネルが出来、通行止めというのがほとんど無くなった、その岐阜県側に奥飛騨温泉郷平湯温泉がある。

その時は、通るだけではなくゆっくり遊びにくる機会を持ちたいと思っていたが、結局今まで実現しないでいた。

今回は一泊ではなく、日帰りという慌ただしさ?だが、この平湯温泉に入りにきた。

はじめは、立ち寄り湯が可能な温泉旅館やホテルの温泉に入れてもらおうかとも思ったが、その施設の前までくると閑散とした感があり「これでは、反対に迷惑がられるかも」と、パブリックな「ひらゆの森」へ行った。



「ひらゆの森」は、宿泊施設もあるスーパー銭湯的な温泉施設であり、富山の新聞などに「十三の露天風呂を巡る・・・」とかなんとかのコピーで広告されていることがよくある。



館内は、廊下もトイレの上がり?も全て畳敷きになっていて足裏に気持ちが良かった。

当然、館内の大浴場の脱衣所も畳敷きになっていた。大浴場の湯船も広かった。

その大浴場から露天風呂に出れるようになっていた。

「十三の露天風呂」に期待したが、その数は男女併せてのものであり、男性側は確か6〜7ヵ所だった。

天気がいいので、まるでヌーディストクラブにでも迷い込んだごとく、多くの人が7ヵ所の露天風呂を渡り歩いている。私も全ての露天風呂に入ってきた(笑)。その傍らには、四月だというのに、まだ雪が残っていた。



敷地内に水車小屋やコテージなどがあり森林浴が出来、また散策コースが整備されてるひらゆの森は、運動不足の権化のようになっている私の身にとって、いいかも知れない(^ ^ゞ

▼MEMO
・奥飛騨温泉郷「ひらゆの森」:
http://www.hirayunomori.co.jp/


   





カレンダ
2008年5月
       

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (176)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (20)
6月 (17)
7月 (15)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (9)

アクセスカウンタ
今日:761
昨日:4,568
累計:8,609,072