ishidas - 2009/05

ishidasについて

2009年05月29日(Fri)▲ページの先頭へ
★発売&入荷「ブレイリオ:メモリアルコードバン・二つ折りパスケース」「コードバン:ボックス型小銭入れ」
6〜7年前から使っていた「キプリス:ヴェローナレザー・ボックス型小銭入れ付き二つ折り財布」が、いつもジーンズの尻ポケットに入れ酷使していたため、二年前位からアチコチソッチと、縁返し部分が擦り切れたばかりか、無くなってしまってた部分も生じ、相当酷くなってきていたんです。

長期間を使い過ぎるほどに使い続けてきて、凸凹したり擦り切れていたりというコンディションでありながら、表革の光沢や革のヤレ具合などが、なんとも言われぬ良い感じになってきていて、手放せなくなってしまっていました。周りからは「ボロボロ」とか「紺屋の白袴」とか言われていましたが(汗)

この「キプリス:ヴェローナレザー・ボックス型小銭入れ付き二つ折り財布」は、一、二年前だったかに生産終了になってしまったことも、長く使い続けてきた理由となっていますが、ボックス型小銭入れの縁部分というか、財布を立てて置いた時に底になる部分が、完全に擦り切れ今にも小銭がこぼれそうになってきたため、ようやく使用を継続するのをあきらめました(泣)


そして今「ブレイリオ:イングリッシュブライドルレザー縦型小銭入れ付き二つ折り財布」レッドを使い始めています。ブレイリオでは、生産終了となった商品で、当店でもレッド以外は完売してしまっておりますが(汗)

ブライドルレザーのブルームによる白さもなくなり、いい光沢を出してきて、今後が凄く楽しみになっています、ワクワク

二つ折り財布以外では、違う皮革の長財布をも使っていますが、それには急用の時のための少量のお札とクレジットカードを入れ、いつも持ち歩く「デビッド&スコッティ」の薄マチショルダーか、他のバッグの中が定位置となっています。


今後、例えば二つ折り財布であっても、一つのブランドの一つ、二つの商品を使うのではなく、数個の商品を使い分けて、いろいろなブランド、いろいろなレザーを同時に愉しんでいこうかな、、、とも思っております。

日替わりで使うような感じになるため、中味をいちいち移さなければならなくなりますが、、、



★【素敵快適ドットコム:発売&入荷情報】
▼「ブレイリオ:メモリアルコードバン・二つ折りパスケース」全3色:発売
http://www.sutekikaiteki.com/brelio/passcase/br4210.html


 拘る心に響くコードバンの新鮮な感性が表現された「ブレイリオ:メモリアルコードバン・二つ折りパスケース」は、表側にはプレミアムダメージジーンズの醸し出す雰囲気にも似ているかのようなマット風の落ち着いた控えめな光沢を持ちながら、内側の粋な遊び心が、思わず周りの視線を惹きつけ、大人の余裕を感じさせてくれます。

厳選された最上質のコードバンの中でもメモリアルコードバンシリーズは、初代五十嵐源二朗氏から受け継がれた革職人一族の三代目であり、最も秀でた技術と創造性を兼ね備えた日本でも有数の革職人と称される井戸辰夫氏によって手がけられ、染めの工程の中でアルコールなどの薬剤を一切使用せず、コードバンの染めの中でも最も難しいとされる、本来持つ性質(よく馴染み、よく油を吸収する)を最も生かすエメリコ仕上げによる水染め技術を、長年培われた職人の技術と感性によって完成させています。

染めの特性により生じる染めムラを、一つの味わいとしてお楽しみください。

手触りの良いソフト感が上質という名の心地良さを感じさせてくれる「ブレイリオ:メモリアルコードバン・二つ折りパスケース」は、生活に潤いを与えてくれる大切なエッセンスとなり、いつもの時間を愉しむ心に応えてくれることでしょう。



▼「ブレイリオ:コードバン・ボックス型小銭入れ」ワイン:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/brelio/coincase/br4305.html


 頻繁に開けたり締めたりするボックス型小銭入れだからこそコーナーが補強され、さらに堅牢さが増している「ブレイリオ:コードバン・ボックス型小銭入れ」は、堅牢とともに美しい光沢が、より上質な品を醸し出しています。

ブレイリオでは、コードバンの中でも最上質の原皮のみを厳選し、コードバンの持つ透明美を最大限に生かすために、水染めといわれる非常に繊細な染め技法を更に進化させた「ブレイリオ独自の染色技術」により仕上げられ、本物の持つ美しさを表現しています。

熟練した職人により一針一針丹精を込めて創り上げられる「ブレイリオ:コードバン・ボックス型小銭入れ」は、持つものを魅力の虜にしてしまいます。



6月21日父の日:「ありがとう・・・を逸品に込めて」
素敵快適ドットコムまるごと父の日ギフト逸品ワールド
▼ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中


2009年05月28日(Thu)▲ページの先頭へ
◆龍泉洞珈琲と桜島どりのかつサンドと、メルキュールホテル銀座東京のクロワッサン
美味しいと評判の、メルキュールホテル銀座東京のレストランのクロワッサンだが、私はまだ食べたことがなく、いつか食べてみたいと思い続け恋焦がれているのだが、つい朝の気だるさが気楽さを好み、近くのコンビニで、朝食代わりになるものを前夜に買っておくか、当日朝に買出してしまいます。

21日朝も、エーエム・ピーエムとの合併が流れてしまったローソンのコンビニ業態の一つナチュラルローソンで、いろいろ目移りしたあげく量的に少ないものをってんで「桜島どりのかつサンド」なるものを、初めて知る初めて見た龍泉洞珈琲(無糖)という缶コーヒーと一緒に買ってきて、部屋で朝食と相成りました。



「桜島どりのかつサンド」は、思いのほか美味しく、朝からほっこりとした気持ちにならせてくれました。

そして、毎朝一年中アイスコーヒーを飲んでいる私は、普段缶コーヒーを飲まず、何年振りかで飲んだ缶コーヒーが龍泉洞珈琲(無糖)というのは、なんか嬉しかったですね。缶コーヒー(アイス)としては美味しかったですから。

なんでも龍泉洞とは、岩手県の岩泉町にある鍾乳洞の名称であり、第三地底湖に湧き出る直前の地下水脈から採水され、昔から日本一おいしい水として親しまれている水を使用して作られた缶コーヒーは、缶コーヒーの味くらべにおいて日本一の称号を得ているそうです。

また、昔から日本一おいしい水として親しまれている龍泉洞の水は、国際食品オリンピックであるモンドセレクション世界大会において、最高位賞である“世界最高品質賞”を受賞しているそうで、今まで全然知らずにいて、何気で買った飲んだコーヒーが、そんな凄い奴とは、、、と、なんか、ささやかな贅沢気分になれた21日の朝でした(^ ^ゞ



▼MEMO
・メルキュールホテル銀座東京:
http://www.mercureginza.com/
・龍泉洞珈琲:http://www.ryusendo-water.co.jp/


◆マセラティかジャガーか、それとも・・・・・
一生懸命、頭をねじりん棒のように捻じ切れるほど絞っても、今、銀座の駐車場に入ろうとしている青い車の車種名がわからないんですぅ〜



初め見たときは、コーンズ・アンド・カンパニーが日本総輸入代理店となっているマセラティのクーペだろうなとも思ったんですが、フロントグリルに付けられている筈の「マセラティ三兄弟の結束を表すネプチューンの持つ三叉の銛・トライデント」が見当たらないし、その部分がナンバープレートで覆われてしまっている。

ボンネットのエンブレムもボヤケて不明だし、だいたいマセラティのクルマのボンネットにエンブレムが付けられたのがあったっけ?と勉強不足かも、、と思ったり。

そんでジャガーのクーペかなとも思ったのですが、良く似てはいるけどドコかが違うような感じもあるしぃ〜

どのような車種にしても、一型、二型古いタイプなのかなぁ〜とも

それとも、国産なのかなぁ〜とも思ってみたり(汗)


たまたま、このクルマは駐車場に入ろうとしているから別だけど、銀座の中央通りでは、夕方頃からプライベート展示会を開いているのを、今だによく見かけますよ(笑)

フェラーリとかランボルギーニとかポルシェとかエリーゼとかとかのピカピカに磨かれた、俗にスーパーカーと呼ばれるクルマを路肩に停め、おめかしファッションで「これオレのクルマだよ」と自慢げ的に通行人にそれとなくアピールしているような・・・当然、ほとんどが都内のナンバーではなく、東京都近郊の地名のナンバーですけどね(笑)

そのようなのが目に入るたびに、私の好みじゃないけどいいクルマに乗っている人達に「ガンバッテくださいね」と心の中で・・・・・ナニを頑張ってと言っているのか、心の中で言っている私にもわかりませんが(アセ)


2009年05月27日(Wed)▲ページの先頭へ
◆いつものメルキュールホテル銀座東京では、スーペリアツインになった
東京での仕事を一段落させ、チェックイン時刻14時より一時間ばかし早く着いたメルキュールホテル銀座東京は、今まで何回もこのブログに書いているお気に入りホテルです。一時期は、一年に5〜6回くらい宿泊したこともあり(多分)、10回目の時には、ホテルから食事券をいただいたりもした。

が、ここ数年出張自体も少なくなり、一年に一度くらいしか利用出来ないでいる。これで、興味ある他のホテルをチョイスしたり、クマコのところに泊まってしまえば、宿泊機会は、今までよりもっと少なくなってしまうだろう。

同じ建物内にあるタワー型駐車場が、メルキュールホテル銀座東京の契約駐車場ではあるが、今まで一泊1,500円だったものが2,000円になっていた。係員によると、今年の1月から高くなったという。



今回、21.5平米の広さのスーペリアシングルを予約出来たが、結果的に、四階のスーペリアツインになった。今までも、スーペリアダブルやスーペリアクイーンの部屋を用意していただいたこともあるが、広さ的にはそんなに変わらないものと思える。





メルキュールホテル銀座東京においては、高層階も低層階も窓からの景色は変わらない。どの階の部屋からも見えるのは、愛想の無いJRAの場外馬券売り場の大きな建物だけです、アハハ



結構、タクシー運転手なんかでもメルキュールホテル銀座東京の場所を知らない場合が多いので、その場合は、JRA銀座の場外馬券場といえば、ほとんど正確に着きます。

室内での高速インターネット接続料金は、以前までなら一泊500円だったのが無料になっていました。私にとって、500円高くなった駐車場料金と絡めれば、トントンというかイッテコイというか同じ出費ということになります。

名古屋で、顧客満足度が高いというダイワロイネットホテルに宿泊した時、思わず「メルキュールの部屋の雰囲気に似ているなぁ」と思ってしまいましたが、、、。


二重ガラスによる部屋の静けさや、部屋のカードキーが無いとエレベーターで客室階へいけないセキュリティ、そして2階にあるインフォメーションを通らなくても出入りでき、ホテルスタッフと顔を合わすことが無いので、あの「いってらっしゃいませ」とか「お帰りなさい」とか、行動を監視されているような挨拶がない気楽さ、、、やっぱ、これからも東京では、メルキュールホテル銀座東京に宿泊するでしょうねぇ。


ただ、今まで土日に宿泊したことがないのでわからないが、JRAの場外馬券場やメルキュールホテル銀座東京の周辺の喧騒は、どんな風になるんだろう?メチャメチャ騒がしいのだろうか?一度、経験してみるかな、、、とも

ちなみに、私は、競馬競輪マージャンなどなどの賭け事はしないし、酒も弱い、オモロナイ人間ですぅ(^ ^ゞ



▼MEMO
・メルキュールホテル銀座東京:
http://www.mercureginza.com/


◆ここは寒ブリの氷見に練馬ナンバーの個人タクシーが
「あれれ、ココはドコ?まだ東京を走っているのかな?」

つい、ミステリっぽく錯覚しボケまくりそうになったのは、5月24日、能登半島へ向かうため、富山県高岡市内の国道8号線から国道160号線に入り、寒ブリで有名な氷見方向へ向かう海老坂辺りでだった。

オープンにしたベンツSLK350(六代目1444)の前を、レクサスの前身セルシオのタクシーが走っているのは、何の不思議もない。



が、タクシーの行灯は「個人」タクシーになっている。富山には、個人タクシーがあるかないかもわからないほど珍しく、今まで出会ったことがない。それだけでも、不思議

ナンバーを見る。


「おぉおおおーーー、練馬ナンバーだぁっ」


東京から富山県までタクシーに乗ってきたお客さんってスッゴイなっと、いくら高速がETC休日特別割引で「どこまで行っても1000円」だ(営業車もだよね?)といったって、タクシー代だけでも凄い金額になるやろ

昔々、大森から両国あたりまでタクシーに乗ったときだって、長距離割引が利いていたいたと思うが、確か10,000円を超えていたように記憶してるもん

「どんなお客さんがのっているんだろう?」と、下世話な野次馬根性が顔を出し、練馬ナンバーのタクシーに並び追い越しざま、チョイ拝見(笑)

後部座席には誰も乗っていないようだった。

そして、助手席には年配の女性が乗っていた。この人がお客さんなら、後部座席に座っているだろ。


下衆の勘繰りは続く

ひょっとしたら、タクシー稼業は休みにして、奥さんか、はたまたそれ以外の女性と一緒に、商売道具のタクシーで、富山までというか氷見の美味しい魚料理を食べにドライブとシャレこまれたのかしらん、、、と思えるシチュエーションだった。

六代目1444のバックミラーには、楽しそうに談笑する二人がいた。

もう少し観察したかったが、練馬ナンバーのタクシーは海老坂辺りから国道160号線を外れ、氷見市街にはいっていった。

やっぱり、氷見の美味しい魚料理なんだ

と勝手に決め付けた

十津川警部の出番はなくなった(笑)


2009年05月26日(Tue)▲ページの先頭へ
◆結局、ビビッてしまったホテル宿泊当日予約「yoyaQ.com」
平日はほとんど毎日、ホテル宿泊予約サイトの一つ「yoyaQ.com」から、メッチャ安くなっている当日予約の宿泊プランのメールが、私の携帯に届く。一流ホテルの宿泊料金が、60%、70%オフなんてザラなんです。

そして、ホテル宿泊予約サイト「yoyaQ.com」は、価格コムの子会社だったはずです。

もし私が東京都内や近郊に住んでいたなら、週一〜月二の割ですぐに当日予約し駆けつけて、安くノンビリ気分転換、リラクゼーションを図るだろうが、ここは富山なので、すぐに駆けつけることが出来ないため、今までyoyaQ.comを利用出来ずにいる、残念だ。東京人が羨ましくなってくる時でもあります。


んで、先日20日、21日の東京へ出張予定が入った時、20日に宿泊のホテルを事前に予約しないで東京へ行き、yoyaQ.comからの携帯メールで案内される宿泊ホテルで決めようか、、、と、賭けてみようかと思った。

賭けというのは、yoyaQ.comから案内される格安料金の当日予約ホテルは、東京に限らず横浜や大阪の場合もあり、20日に案内されるホテルが、東京地区とは限らないからです。

東京地区じゃなかった場合や一人は不可の場合などは、通常宿泊で定宿などを当日ドタンバ予約をすればいいし、最悪、クマコに迷惑を掛けてしまうが、クマコのマンションに泊まればいいとタカをくくっていた。


が、18日頃になって、yoyaQ.comからの携帯メールの配信時間が主に16時過ぎだということに、ようやく気付いた。主要な仕事を終えた後、配信される時間まで「どうやって過ごそう」と思いあぐねてしまった。せめて、お昼過ぎというか通常のチェックイン時刻くらいまでに配信してくれれば、、、と無いものねだりをしてしまう。

電車で行っているのなら、まだ時間の潰しようが出来るかもしれないが、この場合、クルマ付きだと身動きが取れにくくなってしまう。他の仕事をこなそうにも駐車場が、、となったり、伊勢丹とか東急ハンズ渋谷とかで買い物がてら、駐車場を渡ろうか?とか、クマコは、その時間まだ大学にいて部屋に入れないかもしれない、、とか、、、とにかく、いつもの配信時間に気付いてから、賭けはヤバイかな?と思えてきた。


結局、コノ小心者は、「最悪、野宿かも〜・・・仕事だっちゅーのにぃ」にビビッてしまって20日当日宿泊の賭けが出来なくなり、18日に定宿であるメルキュールホテル銀座東京に宿泊予約を入れてしまっていた。

メルキュールホテル銀座東京と同じ建物に、ホテルの契約駐車場があり、タワー型駐車場のため、事前に利用する旨をホテルに連絡しておくシステムなので、電話で「クルマは、、、」と車種名を伝えようとすると、電話に出られたホテルマンから「いつものボルボでよろしいですか?」と先手を打たれた(笑)

「いえ、今回はベンツSLK350で行きます。ボルボ旧V70より幅は少しばかり広いが、長さは短く高さは低く、軽いので大丈夫ですよね」と伝え、大丈夫なことを確認した。


そして20日当日、yoyaQ.comから17時過ぎに届いた携帯メールには、
-----------------------------------------
▼本日の限定最安値(として関東地区では、、、)
・ヨコハマ・グランド・インターコンチネンタルホテル:スペシャルプライス10,000円(1〜2人利用)
・コートヤード・バイ・マリオット東京銀座ホテル(東銀座):9,800円(1人利用)
-----------------------------------------
の二件が案内されていた。

上のヨコハマ・インコチには、一度宿泊したことがあり、今はどうなっているか知らないが、滝もあるメッチャ広いロビーに驚かされたものである。が、横浜では、今回の仕事には遠すぎるのでパス。

下のマリオットですが、錦糸町のマリオットなら何回か宿泊していますが、「えっ、マリオットは銀座にもあったっけ?」程度の知識しかありません。どこかのホテルを買収したか運営委託を受けたのかも知れないが、多分、最近のことでは、、、と思えてしまう(ちがうかなぁ〜)

そして、銀座なら多少高くても、定宿のメルキュールホテル銀座東京のほうが、勝手知ったるなんとか・・・で、、、


結果論でしかないが、メールが届いた時間も踏まえ、先日の東京出張の宿泊ホテルの賭けをしなくて良かったと思ってしまうのは、遊びゴコロが足りなさ過ぎの保守的ですかねぇ(汗)


でも、いつかは賭けてみたい気持ちは十分に持っています(^ ^ゞ 
持っているだけじゃダメだよ、実行しなきゃ、、、って感じですが、その時は、ホテルもクマコの部屋もみんなダメという最悪パターンを考え車中泊も有りってことで、ボルボ旧V70(四代目1444)で行ったほうがヨサゲかもぉ〜



▼MEMO
・yoyaQ.com:
http://yoyaq.com/


◆飛騨牛ステーキ丼を関サービスエリアで
東海北陸自動車道を利用して名古屋へ行った際に、昼食を「関サービスエリア(上り)」で食べた。ちょいと迷ったあと「飛騨牛ステーキ丼」に決めた。



目の前に置かれた飛騨牛ステーキ丼のご飯の上のステーキは、ショーケースのステーキより小さく見えた。多少の差くらいなら、鈍感なアッシには気付きはしないんだが。クマヨメも「ちょっと小さいね」とショーケースと比べていたようだ。

価格と比べて「こんなもんじゃねぇの」かもしれないが、人間やっぱ価格よりショーケースのサンプルと比べてしまう、アハハ。

味としては、ソースが良いように感じたが、「本体の肉質が、飛騨牛としては今一かなぁ〜」と、私は思ってしまった。「丼の肉は、価格からしてこんなもんだよ」と言われるかもしれないが、「それなら、飛騨牛と名乗らずに、ただステーキ丼としたほうが、、、」とも思った。


ちなみにレシートには、時々、この北陸でも、ナガシマスパーランドなどのレジャー施設などのテレビコマーシャルを流しているナガシマリゾートというか長島観光開発株式会社が運営するレストランだそうだ。

ナガシマスパーランドは、まだ行ったことがなく、一度行ってみたいと思っているところでもあった。


▼MEMO
・ナガシマリゾート:
http://www.nagashima-onsen.co.jp/


2009年05月25日(Mon)▲ページの先頭へ
★追加発売「グレンロイヤル:ブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」ネイビー
使いこなせていないからかもしれないが、カーナビがしてくれるガイドには、いつも戸惑っています。

昨日24日も、奥能登・白米(しらよね)の千枚田を観ることをメインにして、総持寺がある門前町の249号線から海岸道路に抜け、間垣を観、西保海岸を通り輪島に出て、再び249号線に戻り白米の千枚田を観てきました。

そして、そのまま249号線を、どんどん奥能登に進み曽々木海岸、垂水の滝で足を滑らせ、もう少しで転びそうになりながら写真を撮り、珠洲市へ行き、能登のシンボルとして有名な「見附島」(別名:軍艦島)でウミウシ?やカニと戯れ(、、、ていたか?)、恋路海岸の奇岩に呆れ、途中追いついた前を走る赤いクルマ(車種は覚えていない)が多分、見附島で言葉を交わした四人組だと判断し、その後を付いていくが、途中多分シートベルトの取締りで、その赤い車は停められてしまったのを横目に、ひたすら249号線を走り、帰路に着いた。


その間、ベンツSLK350(六代目1444)のカーナビは、何処へ行っても高速に乗せようとしてくる。能登の高速は、多分「能登有料道路」のことだと思うが、拒否し続けていても乗せようとしてくる。

そして、最後は「田鶴浜IC」から乗せようとしてくる。田鶴浜ICから七尾、そして氷見までの区間は、まだ建設中のはずで、田鶴浜ICで乗せて戻らせて能登有料道路「金沢」へ向かわせ、小杉ICがある北陸自動車道に乗せようとしているのか?

小杉まで帰るのには、現在のところ一般道である「七尾→氷見→小杉」が一番早いと思っている私にとって、有料道路なんか使うと全然遠回りのコースになってしまう。

これは、まだおぼろげながらも知っている地域だからいいが、全然知らない地域だと、カーナビがガイドする通りに走ってしまい、お金も時間も大損になってしまうだろう。

そして、ボルボ旧V70(四代目1444)に付けているカーナビもベンツSLK350の純正カーナビも、同じパナソニック製だが、なんで、ベンツSLK350のカーナビの方が使い勝手が凄く悪いのだろう。特に、施設名などの文字入力のやりにくいことったらっ!電話番号を入力しても「該当する登録がありません」という表示がすぐに出てくるし。

ベンツSLK350の純正カーナビは、施設名などの文字入力のやりにくさや電話番号入力のヒットの確率はあきらめたほうが良さそうで、まだ住所入力のほうが、仕事をしてくれる感じがある。

まだボルボ旧V70に付けているカーナビ「ストラーダ」のほうが、どのような入力方法であろうと、ベンツSLK350のカーナビよりも、マシな仕事をしてくれるようだ。

そんなことから、カーナビで入手できない情報を、携帯電話の助手席ナビなどで必要な情報を入手し、それをカーナビにインプットしてやるという方法も最近はよくやっています。


また、自分がいる地域が全体の中の何処にいるのかなどが、カーナビでは把握しにくく、カーナビのガイドをどのように判断していいのか?わからなくなってしまうことも多い。

そのようなことから、カーナビがあることで尚更、書籍タイプの道路地図も必要かと今までも思っていたが、切に感じさせられた昨日の能登半島ドライブだった。今週中にでも本屋さんへ、最新版の全国道路地図を買ってこようと決断している(決断、、、という程の事でもないか)



★【素敵快適ドットコム:発売情報】
▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」ネイビー:カラー追加発売
http://www.sutekikaiteki.com/glenroyal/gr5789.html


 IDカードリーダーがどの位置にあっても、リールが伸縮するので、カードを首から提げたままIDカードリーダーを利用できる「グレンロイヤル:ブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」のリール部分にも、アザミを模ったロゴマークやグレンロイヤルの英字が刻印されたブライドルレザーが使用されています。

ネックストラップの長さも調節でき、また、IDカードケースを使用しないときには取り外し、リールストラップに携帯電話やデジタルカメラなどを取り付けたりして、便利にご使用になれます。

使い込むほどに風合いが増す最高級ブライドルレザーの表面のブルームを柔らかい布でブラッシュする至福な時間。すぐに、もとのGLENROYAL(グレンロイヤル)の美しい艶と輝きが戻ります。

自分自身を証明するIDカード。だから、自分を入れるIDケースには自分らしさにこだわる心が選ぶ「グレンロイヤル:ブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」は、オフィスなどで、さらに差をつけることができる小粋なアイテムとなっています。



6月21日父の日:「ありがとう・・・を逸品に込めて」
素敵快適ドットコムまるごと父の日ギフト逸品ワールド
▼ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中


2009年05月23日(Sat)▲ページの先頭へ
◆コエドブルワリー「伽羅-Kyara-」と、アサヒビール「熟撰」と
黒に白抜き文字で「ヨーロッパ二大食品品評会・iTQi&モンドセレクション・二ツ星・金賞・ダブル受賞」と、書かれた丸いシールが貼られたコエド「伽羅-Kyara-」というビールを、定宿メルキュールホテル銀座東京の近くのナチュラルローソンで買ってきました。

私にとって初めて遭遇し美味しそうに感じるビールは、つい買ってしまいます。それで、今まで「口に合わねぇ、好みじゃねぇ」と何度も失敗したことか(汗)

江戸時代の街並みが残され、小江戸と呼ばれている埼玉県川越市に本社を置くコエドブルワリーの製品だそうです。今、ブーム、淘汰を経て各地に定着した地ビールというところだと思います。


ホテルの部屋に帰って、グラスにコエド「伽羅-Kyara-」を注ぐ。



赤みが買った深い黄褐色、伽羅色のビールと缶の側面に書いてある通りのカラーで、いかにも濃厚そう。こんなビールは、ジャズでも聴きながら、ゆっくり時間と一緒に味わいながら飲むものかと思うが、心の余裕をあまり持ち合わせていないせいか、結局、味わいよりも喉越しスッキリ感を求めてしまう私にとって、やっぱ濃いな、、、と。

地ビールとして有名な銀河高原ビールや、富山県にも、代表的な温泉地「宇奈月温泉」の近くで作られている地ビール「宇奈月ビール」がありますが、各地の地ビールというものは、私にとって、味が重く感じられてしまいます。

私にとって、味わいよりも飲み慣れたビールというかアサヒの熟撰やスーパードライのようなスッキリビールがやはり一番いいのかな、、、と再確認をしたが、コンビニなどの棚に、ビールの新製品があると、どうしても試し飲みをしたくなってしまいますぅ〜

そして人間我が儘なもので、私好みのスッキリビールのなかで味わいを求めているという矛盾を全然感じていなかったり(汗)


そういえば、アサヒスーパードライと同等に好きなアサヒビールの「熟撰」は、もう無くなっていくのかなぁ〜という現象が起きています。

以前だったら、コンビニだろうがドコだろうが、ほとんどの店頭に並べられて販売されていたものだが、最近、棚に並べているお店がどんどん無くなっているそうなんです。買出し担当のクマヨメが、言っていました。私も、コンビニを利用した際には、必ずビールの棚で「熟撰」を探してみるのですが、やはり無くなっているところが多くなっています。

で、運良く棚で見つけたときには、「大人買い」というか買占めの行動に走っています、走らせています(笑)


でもねぇ、16日、17日と東京に住むクマコのところへ行ったとき、マンション近くの酒類も扱うスーパーでは、一本も熟撰が無かったので「アサヒビールの熟撰は、生産終了になるんですかぁ?」と聞いてみましたら、スーパーのオッチャンは、


「熟撰ってナニ?アサヒのプレミアムビール?・・・・・知らねぇなぁ〜」


だって(号泣)


▼MEMO
・コエドブルワリー:
http://www.coedobrewery.com/


◆コンビニ戦争?ナチュラルローソンとエーエム・ピーエム(am/pm)の・・・
何気ない銀座の朝の風景に見えるかもしれないが、このような面で野次馬的な私にとって、面白い風景に感じた。察しの良い方なら、どういうことかもうお解かりのことだと思うが、、、

今回の20日、21日の東京出張にあたり、結果的に(意味深でしょ、、、笑)、久し振りに定宿としているメルキュールホテル銀座東京に泊まることにした。

そのメルキュールホテル銀座の近くのコンビニが、以前はどのような名前だったか覚えていないが、今はナチュラルローソンとなり、スッキリした感じになっている。



その隣辺りに、首都圏を中心に展開しているコンビニ「エーエム・ピーエム(am/pm)」があることが、私にとって面白い風景に見えたのである。


「エーエム・ピーエム(am/pm)」を運営するエーエム・ピーエム・ジャパンは、焼き肉店「牛角」を展開するレックス・ホールディングスの子会社であったが、最近まで、エーエム・ピーエムの全株式をローソンに売却することで合意していた。当然、それが完了したら、ローソンはエーエム・ピーエムと合併する計画だった。

確かおぼろげな記憶では、エーエム・ピーエムの赤字分200億円込みで、一株1円で買収だったような気がするが、どれだけ株が発行されているのかは知らないが、買収額は145億円とのことだった。


が、ローソンによるその買収計画は、つい先日、白紙撤回となってしまった。


その原因は、エーエム・ピーエム(am/pm)の商標権を持つ米社から「買収後もエーエム・ピーエムの名称を使用するように、、、」という条件が出され、それをローソンが飲まなかったからである。

商標権を持つ米社としては、日本での商標を維持することによるロイヤリティ収入を確保したかったようだが、ローソンとしては、コンビニ業態の変換を含めて買収後の戦略に足枷を嵌められたようなものであり、拒否は当然かとも思える。


もし合併していたら、この写真に写っている銀座一丁目のエーエム・ピーエムはどうなっていたのだろうか?

ナチュラルローソンがあるからと、閉店になっていたのか?

それとも、ナチュラルローソンとすみ分けて、普通のローソンか、低価格(確か100円単位、、、)ローソンか、生鮮ローソンなど、いろいろなコンビニ業態を開発しているローソンの一つになっていたのであろうか?

合併が白紙になり、ローソンは「再び交渉の席に着く可能性につくことはないだろう」と明言しているので、エーエム・ピーエムは、とにかくローソンのライバル店として生きていかなければならなくなっている。


このナチュラルローソンやエーエム・ピーエムを含め、銀座一丁目、銀座二丁目辺りというかメルキュールホテル銀座東京の周りには、コンビニの激戦地と思える程、各チェーンのコンビニが多い。

コンビニ運営会社は大変だろうが、ホテルに宿泊するものにとって、大変便利でありがたい存在となっています(^ ^ゞ


※このブログは、私の思い込みで書いておりますので、多少誤差が生じている場合がございます(汗)


2009年05月22日(Fri)▲ページの先頭へ
★入荷「グレンロイヤル:ブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」バーガンディ
20日の出張時、いつものように関越自動車道を練馬ICまで行かずに大泉ジャンクションから外環に乗り、美女木ジャンクションで首都高に出た。

定宿のメルキュールホテル銀座までなら、首都高速5号池袋線を竹橋ジャンクションから江戸橋、京橋方向へ行っていたのだが、チェックインの時間の関係もあり、今回ホテルへ行く前に取引先へ行くことにしたので、三宅坂ジャンクション方向に向かった。

取引先は青山にあり、最寄のランプは、東名高速に通じる首都高速3号渋谷線の高樹町ランプだが、昔の私の仕事のステージであった原宿・表参道をクルマで通りたくなってしまったので、三宅坂ジャンクションを右に折れ、中央高速に通じる首都高速4号新宿線へ行った。

首都高速4号新宿線では、ランプを降りてから新宿あたりを通りたいということで、ランプの名前は失念したが「新宿へは、ここで降りる」とかいう表示のランプで降りた。初台ランプあたりかなぁ〜?

そのコースを通ると、外苑からJR原宿駅の傍を通り、表参道から青山通りに抜けることができる。テレビなどで、表参道が映し出されると、いつもソコを車で通りたくなってくる自分がいて、以前にも、ボルボ旧V70(四代目1444)で何回か通っているが、メルセデスベンツSLK350(六代目1444)で通るのは初めてとなった。

オープンにしているから、なおのこと気持ちが良い。360度オール表参道だ(笑)


クルマを横付けにした取引先で仕事を済ませ、一般道を銀座へ向かい、メルキュールホテル銀座へチェックインした後、チョコチョコとした仕事をしたり、チョイと顔を出したりクマコのマンションに寄ったりした。

帰路につく21日だが、環八などの一般道を走るのが好きじゃないためできるだけ高速でということで、いつもなら銀座から首都高に乗り、江戸橋から竹橋、首都高5号池袋線と逆コースを通るようにしているのだが、今回何ヶ所か寄るところがあり、珍しく関越自動車道の始点である練馬ICから乗って帰ってくることになった。


ちなみに、平日だから当然、「どこまで行っても1000円」という土日曜などのETC休日特別割引は適用されず、行きは、どのような割引が適用されたのか6000円くらいだったようだが、帰りの練馬から小杉までは、なんの割引もなかったようで、まともに8700円が表示されていた。

なんの割引も適用されなかったとはいえ、ETCマイレージに登録しているので、支払った金額に応じてポイントが加算されるので、後日、支払金額の16%分の割引が適用されるようになるから、まっいっか気分



★【素敵快適ドットコム:入荷情報】
▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」バーガンディ:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/glenroyal/gr5789.html


 IDカードリーダーがどの位置にあっても、リールが伸縮するので、カードを首から提げたままIDカードリーダーを利用できる「グレンロイヤル:ブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」のリール部分にも、アザミを模ったロゴマークやグレンロイヤルの英字が刻印されたブライドルレザーが使用されています。

ネックストラップの長さも調節でき、また、IDカードケースを使用しないときには取り外し、リールストラップに携帯電話やデジタルカメラなどを取り付けたりして、便利にご使用になれます。

使い込むほどに風合いが増す最高級ブライドルレザーの表面のブルームを柔らかい布でブラッシュする至福な時間。すぐに、もとのGLENROYAL(グレンロイヤル)の美しい艶と輝きが戻ります。

自分自身を証明するIDカード。だから、自分を入れるIDケースには自分らしさにこだわる心が選ぶ「グレンロイヤル:ブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」は、オフィスなどで、さらに差をつけることができる小粋なアイテムとなっています。



6月21日父の日:「ありがとう・・・を逸品に込めて」
素敵快適ドットコムまるごと父の日ギフト逸品ワールド
▼ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中


2009年05月21日(Thu)▲ページの先頭へ
◆ちょいとそこまで、今月二度目の東京もメルセデスベンツSLK350で
先ほど、東京出張から帰ってきました。

はい、もちろん出張用車メルセデスベンツSLK350(六代目1444)を使い、お天気が良かったから、全ての行程をバリオルーフをオープンにして、思いっきりオープンエアを楽しんできました。

オープンでの走行は、スピードが速くなると当然風を巻き込んでしまうので、サイドの窓ガラスを上げて走ると、音はそれなりに五月蝿いものの、結構スピードを出せるもんですねぇ、、、

結構出して、まだ限界まで試すことが出来なかったですが、どれくらいまで大丈夫なのかなぁ〜?

北陸自動車道にしたって上信越自動車道にしたって、道路が悪くて、スピードが出てれば出てるほど「硬い突き上げ」があり、新品タイヤとはいえバーストすんじゃねぇかと、ドキッとしますもん。いつか道路事情のいいところで試して、、、、、(アハハ、そんなん試さなくて良い)という声が聞こえてきそうです。


とにかく出張の手段をクルマにし、ボルボ旧V70(四代目1444)の時もそのように感じていたんですが、メルセデスベンツSLK350(六代目1444)にすると、より仕事という感じから離れてしまい、遊んでいるように思えてきてしまいますぅ〜(アセ)

クマコのところは、ちょいとだけ立ち寄っただけで、クマコのところに泊まらず、定宿のメルキュールホテル銀座東京で泊まったりして、仕事、仕事で東京へ来たんですぅ〜(笑)


先日の16日(土)、17日(日)に、東京に住むクマコのところへ行くのが決まっていたとき、今回の取引先の担当者に

「東京にいるのが決まっている16日(土)、17日(日)のどちらかで対応していただければ、改めて出直してこなくていいんだけど、、、」と、我が儘を言ってみたんですが、

「すみません、16日(土)、17日(日)は、会社は休みなんでぇ〜。休ませてくださいよ〜」

と、すげなく断られました。

そりゃ、そうだよね、アハハ

そんで、今回改めて、東京へ出直したわけです。私にとって、ロングドライブの回数が増えれば増えるほど嬉しさが倍増しますので、十分愉しんできました。


ちょいと焼けたようで、顔が火照った感じになっていますねぇ


2009年05月19日(Tue)▲ページの先頭へ
◆蕎麦「仲佐」の出し巻きと下呂温泉の足湯、そして新型プリウス


久し振りというか二年余振りに下呂温泉にある蕎麦「仲佐」で、粗挽き手挽きざるをいただいたのは、2008年9月だったか。前回は確か2006年にきていて、二度目となった。変わらぬ美味しさだが、これも変わらぬ量で、やはり多少、量的に物足りなさを感じた(^ ^;



そして、一品として「出し巻き」も注文したが、ふわふわ口の中でとろけてしまうかのような美味しさだった。





次回に下呂温泉を通ったり立ち寄ったりする機会があれば、仲佐の冷やしかけそばを食べてみようと目論んだ。

以前、銀座の蕎麦屋「流石」で、堪らなく美味しい「冷やしかけそば」をいただいてから、ざるや盛り以外の蕎麦の美味しい食し方として、「冷やしかけそば」に一目もニ目を置くほど虜になっている。


今回は、蕎麦もそうだが、時間もあることだしってんで、下呂温泉というところを散策してみました。



日帰り温泉「白鷺の湯」の前を、ブラリブラリと通る







何ヶ所かに足湯が設けられているのを歩き回ってみたり、商魂逞しい「さるぼぼ七福神社」に感心したり、いくつかの土産物屋さんを素見したりしながら、ぶらりぶらり・・・・・



河川敷の露天、野天風呂をみて、さすが温泉の街だなと改めて感じさせられたり、、


のんびりぶらりぶらり、ゆっくり時間が流れていく下呂温泉にいた。


そして、本日2009年5月19日に戻って、ニュースでは、昨日18日に発売されたトヨタのハイブリッドカー「新型プリウス」が、それまでの予約だけで8万台を突破し、今注文しても、納車は五ヶ月待ちになるという空前のヒットとなったことが流されていた。


▼MEMO
・白鷺の湯:
http://www.gero.jp/museum/sirasagi.html


2009年05月18日(Mon)▲ページの先頭へ
◆しゃぶしゃぶ・すき焼き・日本料理の「木曽路」と、ハイブリッドカー「新型プリウス」
約二ヶ月振りの家族水入らず、、というかクマコの東京生活?一人暮らし?をチェック(笑)しに、16日(土)、17日(日)と、クマヨメと一緒にクマコの部屋に押しかけました。

本当ならゴールデンウィークの時に押しかける予定だったのですが、認知症のバァーハンのショートステイがゴールデンウィーク中に取れず、15日〜18日の三泊四日の予約が取れた今回に延ばしたわけです。

そして普段、つましいというか節約している生活振りをクマヨメの携帯に毎日のように「こんなお弁当を作ったよ」とか、自分で作った夕食を写メをしてきているというのを聞いていたので「こいつ、美味しいもの、肉っぽいものを食べる機会が少ないというか避けているだろう。栄養を付けさせてやろう」という優しい親心に、本音の「自分が食べたいだけ(笑)」を包んで「すき焼き」で検索した。

「ドコソコのスーパーは、何円何々が安い。ここのスーパーはアレがこの地域で一番安い」などなど、何十年も生きてきたオバチャンのように言うクマコをみて(オマエはオードリーの春日か(笑)。節約も大事だが、もっと十代らしく、、、)と思ったりもした。

とにかく、普段の節約のご褒美?に「こうやって東京へ来たときには美味しいものを食べさせてやるさ」と思わざるを得なくなってくる(笑)


「すき焼き」を食べさせるお店は、クマコが住む近辺では何軒かヒットしたが、その内の一つに、大きなチェーン店だから、ファミレス気分かな、、という恐れもあったが「しっかりしてそう」ということと、クマコのマンションから多少距離があっても、とにかく歩いていけるところ、、、ということで、しゃぶしゃぶ・日本料理「木曽路」で、夕食を食べることにした。

しゃぶしゃぶ・日本料理の木曽路の近くに駐車場に2004年以前のメルセデスベンツSLK230が停めてあり、年式やモデルが違うとはいえ同じ車種なので嬉しくなった。そういえば、高速を走っていても、メルセデスベンツSLKをほとんど見かけないが、この辺りでは、メルセデスベンツSLKを良く見かける。3月の月末にきたときも二台見かけたし、16日(土)には三台見かけている。都会だぁ〜(爆)

しゃぶしゃぶ・日本料理の木曽路は、ファミレス気分のインテリアや接客ではなく、肩肘張らないが本格的な日本料理店だったのでホッとした。

(自分が食べたい)のを「クマコに栄養を、、、」という言葉に隠して、奮発して「和牛特選霜降肉」のすき焼きを三人前注文する。



私達のテーブル担当の感じが良い女性スタッフが、すき焼きを作り始めた。

「おっ、自分達でやらなくていいのかな。楽なことは楽だけど、自分たちのペースもあるしぃ、、、、、ある意味複雑ぅ〜」と内心思っていたら、ワインのティスティングみたいに、各々の最初の一枚を美味しく仕上げ、各々の溶き卵に入れてくれたのだった。



う〜〜〜〜〜ん、柔らかくて、めちゃくちゃ美味しい、、、
脳ミソがとろけるかと思うくらいに、肉の甘みが口中に拡がっていくぅ〜〜〜



その、それぞれ一枚のあとは「自分たちでしてくださいね」という感じで、暗黙のうちに作り手はクマヨメにタッチされた(笑)


通りの向こうはトヨタの販売店のようだが、ショールームに青いシートが敷いてあり、そのうちに白い車がバックでユックリと入ってきた。多くの社員が見守っている。





「なにが起こるのかな?」と、

美味しい肉を頬張りながら、見続けていたら、その白い車に、先ほどまで敷いてあった青いシートが掛けられた。



「あっ、そうかっ。まもなく販売されるというハイブリッドカー「新型プリウス」なんだ、、、と、ようやく気付いた。

ハイブリッドカー「プリウス」をフルモデルチェンジし、今俄然人気のホンダのハイブリッドカー「インサイト」を強く意識した価格設定になっているという。

その展示作業の様子を写真に撮っていると、テストコースなどで、スクープを狙って暗躍する産業スパイのような気持ちにもなった(笑)


担当女性スタッフから「ご飯は、白いご飯にするか十八穀米」かを聞かれ、迷わず十八穀米を選ぶ。自宅で食べているのは、十六穀米だから、二つ負けてしまった(笑)。美味しいすき焼きに、ビールも進む、進む



そして、締めにきしめんをいただき、デザートのアイスクリームの冷たさがさっぱりさせてくれる。



家族水入らずは、美味しさを満喫し、クマコのマンションまでほろよい気分で歩いて帰った。


ちなみに、新型プリウスは、本日18日発売開始された。


▼MEMO
・しゃぶしゃぶ・日本料理「木曽路」:
 http://www.kisoji.co.jp/kisoji/index.html


2009年05月15日(Fri)▲ページの先頭へ
★続・入荷「グレンロイヤル:ブライドルレザー・ラウンドジップ二つ折り財布」ブラック
とりあえず、モーニングのオフィシャルサイトの今号の掲載作品に、「ピアノの森」のタイトルがあるかどうかをチェックしていた昨日14日。

「あった」、、、が、まだ安心はできない(アセ、アセ)

昨日は本屋へ行くほどでもないと思っていたので、仕事が終わった後、本屋さんへ行く途中のオートバックス前のコンビニで、現物のモーニングの巻末のインデックスに「ピアノの森」の活字を探す。

「あった」、、、が、まだ安心はできない(アセ)

アセが一つ減った程度だ。


なぜなら、何週間前だったか、ネットで掲載確認をし、たまたまクマヨメに「買ってきてくれ」と依頼した時、クマヨメは現物の巻末に「ピアノの森」の文字を見つけたが、、、

「なんか怪しい」と、野生の直感っというか、それで「ピアノの森」が掲載されているというページを見ると、、、

その一ページを使って、恥ずかしげもなく「無責任な言い訳たらたら満載」の休載のお詫びというかお知らせだったので、買わなかったという。

もし私だったら、巻末を確認しただけで買い、ページを追っていって掲載されていないので「騙された」と思ってしまっただろう。クマヨメの野生の直感は、こんな時だけ遺憾なく発揮されるようだ、ス、スゴイッ


で昨日14日は、ピアノの森の掲載ページで「本当に掲載されている」のを確認して、買った。

買ったモーニングを、普通なら東京にいるクマコに他のものと一緒に送ってやるのだが、たまたま近々に東京へ行く機会があるので、持っていってやることにしています。

昨晩、一応モーニングに目を通してみたが、やはり私好みの漫画が少なく、三分の二は飛ばしていただけなので、これでクマコが、ピアノの森のフアンでなかったら購入していないでしょう。


なんでクマコがピアノの森のフアンになったのか?というと、

クマコが熱烈フアンとなっている宇多田ヒカルのインタビュー記事かテレビか何かで、宇多田ヒカルがピアノの森という漫画のフアンだということを知り、クマコも読んでみたら嵌まったということなんです、アハハ

で、前にも書きましたが、オッサン漫画週刊誌を大学一年生女子が買うのはいただけない絵なんで、オッサンそのものである私が買って、、、、、という親バカの構図となっています(苦笑)

クマコに「買ったよー」と携帯メールをしたら、そのお礼とともに、アルバイトの塾講師の教習が始まったばかりのはずだが「一日目から授業を持たされた」と返事がきた(笑)


今度ピアノの森が掲載されるのは、いつだろう?

一応、連載開始当初は毎週掲載、途中から隔週掲載だったからしいが、あまり守られてなく、あるときなんか一年位、や、それ以上だったか休載した前歴もあるからなぁ〜



★【素敵快適ドットコム:入荷情報】
▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー・ラウンドジップ二つ折り財布」ブラック:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/glenroyal/gr5229.html


 グレンロイヤルの刻印がなされたレザータグが付いたファスナーの取っ手をつまみ、スライドさせる所作がキマル「グレンロイヤル:ブライドルレザー・ラウンドジップ二つ折り財布」に施されたコントラストステッチがカジュアルの愉しさを演出しています。

気持ちコンパクトに創られているからヒップポケットにも収まりやすく、また、ファスナー小銭入れには約4.8cm幅の片マチが施され、小銭が見やすく出し入れもし易くなっています。

使い込むほどに風合いが増す最高級ブライドルレザーの表面のブルームを柔らかい布でブラッシュする至福な時間。すぐに、もとのGLENROYAL(グレンロイヤル)の美しい艶と輝きが戻ります。

スコットランドの頑固な気質と長い伝統を強く伝える職人の誇りをかけて一品一品手作りされたこだわりの「グレンロイヤル:ブライドルレザー・ラウンドジップ二つ折り財布」は、時間を愉しむ心を満たす逸品です。



6月21日父の日:「ありがとう・・・を逸品に込めて」
素敵快適ドットコムまるごと父の日ギフト逸品ワールド
▼ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中


2009年05月14日(Thu)▲ページの先頭へ
★入荷「グレンロイヤル:ブライドルレザー小銭入れ付き二つ折り財布」アップルグリーン、「カメラストラップ」
あっ、そういえば、先日、先月に購入したユーズド・メルセデスベンツSLK350(六代目1444)の自動車保険を契約した時に、、、

プジョー206XT(五代目1444)もボルボ旧V70(四代目1444)も同じ会社の自動車保険と契約していますので、当然六代目1444も同じ自動車保険会社に。

で、少しでも安くなるように、メルセデスベンツSLK350の自動車保険を新規にはしないで、プジョー206XTの自動車保険から契約車両の変更をし、プジョー206XTの自動車保険を新規に契約いたしました。そのほうが、総合的に安くなるようなことを、担当者が言っておられたので、、、。

んで、自動車保険の契約内容の中で、限定ではなく「一般車両保険」というのがありますね。自損事故とか当て逃げされた時とか、なんだかんだ、とにかく自分で自分の車を直さなくてはならなくなった時の保険ですが、、、

四年落ち・走行距離約19,100kmで購入したメルセデスベンツSLK350(六代目1444)の車両評価額というのかな?その高いこと。370万円〜510万円くらいですって(@_@)

ユーザーが中古車販売会社に車種名を指定して、販売会社が見つけてきた車を購入すれば「通常の店頭展示価格より安くなるらしい」とは聞いてはいるが、十万、二十万ならまだ理解できるが、数十万も安くなるわけないじゃんと思っている私、

「四年前のクルマがそんなに高いわけないじゃん。どんなに高くても〜450万円くらいなもんだよ。あまり高い相場なんで、購入価格を言いにくいよぉ〜〜〜(汗)、とにかく購入価格は350万円以下だよ。不良タイヤを全部新品にした費用も含めて、、、」

のグダグダ言葉を、

「これが自動車保険でのこの車の相場ですから、、、」

と一蹴されてしまった、アハハ


少しでも安くしたい私は、

「んでさ、なんで全損の場合の価格で保険料金が決まるの?少しおかしくね?全損の場合の価格をそのままに、免責金額を上げると保険料が安くなるのは、そりゃわかるけどさ。そんなのより、全損の価格を捨てちまって、修理金額の上限を決めて、それで保険料が決まるってのは、、、」

「すみません。現在は、まだそのようなシステムの保険はありません」

仕方なく、今まで通りのシステムの保険で契約しましたが、先ほど担当者に提案した「修理金額の上限を決めて、それで保険料が決まる」システムも選択肢に入れてくれると、私は、修理金額の上限を、六代目1444の場合は、50万〜100万くらいまでしか設定しないと思うから、保険料は全然安くなるだろうなぁ〜

えっ、全損した場合はどうするのかって?

全損した場合は、運転している私もどうにかなっちまっているのは確実なんで、それ以降、車を運転できるかどうかも怪しくなってくるんで、だから、全損した場合を考えなくてもいいのでは、、、と。全損の場合だけを基に保険料が決まるのは、少しおかしいのでは、、、と、私に都合よく思ってしまいますぅ〜
<


★【素敵快適ドットコム:入荷情報】
▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー小銭入れ付き二つ折り財布」アップルグリーン:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/glenroyal/gr4128.html


 ライフスタイルを確立しているものにとって、真面目顔の財布ばかりでは満足できないはず。そこで、最高級のブライドルレザー素材を使用し、豊富なカラーバリエーションで楽しいカジュアルフィーリングを創りだし、大人の色気を醸し出す「グレンロイヤル:ブライドルレザー小銭入れ付き二つ折り財布」です。コンパクトで軽め、使いやすく、耐久性も兼ね備えています。

ブライドルレザーの柔軟さと強度を保つために、牛脂及びワックスを十分に染みこませてあり、レザーに含まれるワックスが表面に浮き出てきて白い粉を吹いたようになる場合があります。この白い粉が浮き出る事が最高グレードのブライドル・レザーの証であり、プロの鑑定家の品質判断の重要な基準ともなっています。

オン・オフの切り替え上手の充実した時間を過ごす必須アイテム「グレンロイヤル:ブライドルレザー小銭入れ付き二つ折り財布」は、新鮮な印象を焼き付けてくれます。



▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー・カメラストラップ」ブラック:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/glenroyal/gr5793.html


 さりげないシンプルさの中にもブライドルレザーの色気を醸し出している「グレンロイヤル:ブライドルレザー・カメラストラップ」は、大事なカメラとの、被写体との会話を楽しくつくり上げてくれるかのようです。

また、携帯電話のストラップや、財布などと同色で揃えられるのも、一つ上のお洒落となることでしょう。

使い込むほどに風合いが増す最高級ブライドルレザーの表面のブルームを柔らかい布でブラッシュする至福な時間。すぐに、もとのGLENROYAL(グレンロイヤル)の美しい艶と輝きが戻ります。

なにげない小物にも拘る心が選ぶ「グレンロイヤル:ブライドルレザー・カメラストラップ」は、遊び心を大切にし、時間に捉われずに自分時間を愉しむためのアクセントとなるアイテムです。



6月21日父の日:「ありがとう・・・を逸品に込めて」
素敵快適ドットコムまるごと父の日ギフト逸品ワールド
▼ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中


2009年05月13日(Wed)▲ページの先頭へ
★入荷「ブレイリオ:メモリアルコードバン小銭入れ付き二つ折り財布」チェリー、「マネークリップ」チェリー、ブラック
雨上がりの朝、ワックスがそれなりに効いたルーフに雨が残っているので、メルセデスベンツSLK350(六代目1444)を、クーペのままにして富山大学付属病院へ内科の定期健診にいってきました。二、三ヶ月振りとなります。

いつもなら6、7本の採血と診察だけですが、半年に一回位の割で、超音波によるエコー検査かCT検査があり、その結果は異常なし。でも、今だに「超音波によるエコー検査=胎児」と、つい思ってしまうのは、なんでだろ?もちろん、アッシにはその影もありませんが(爆)

それに「超音波によるエコー検査=胎児」ったって、今年大学生になったクマコん時だから、20年前位のイメージなんでしょうねぇ(汗)


内科の診察でも、薬で抑え付けているからか全然数値が安定して良くなっていて、投薬を中止する時期までの話もでました。ヘタに投薬を中止すると、そのリバウンドで、グーンと数値が上がってしまうこともあるらしいということは、私も経験しています(汗)

もっとも私の場合は、「グーン」というほど酷いのではなく高値安定というところまでのものでしたから、一日一錠空腹時の投薬を再開するだけで今まできていますが、、、

診察表の数値が小さくなっていて、その下に「ケンシュツセズ」なんて書いてあるので、思わず「ほんとかいっ?」と心の中で口走ってしまいました。なんかそんな風に書いてあると、やはり信じられないですねぇ〜。べ、べつに病人になりたかぁないですが。

担当医が申し訳なさそうに「高い薬だけど、大事をとってもう2ヶ月くらい薬を続けてみましょう。その結果で中止するかどうか、、、」と言ってくれるので「どうぞどうぞ、いつまででも、、、(笑)」と愛想良く応えている私がいました、アハ


帰りの空が晴れているのとボディに雨滴などが残っていないのを確認して、ルーフを開けて走ってきました。少しばかり寒かったですが、キッモチイイーーーッ・・・・・っていったって、富山大学付属病院から会社まで、ほんの短い距離なので、、、、、



束の間のオープンってところですぅ



★【素敵快適ドットコム:入荷情報】
▼「ブレイリオ:メモリアルコードバン・小銭入れ付き二つ折り財布」チェリー:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/brelio/shortwallet/br4031.html


 クラシックでありながらも現代的な、いつまでも変わらぬ価値観を持つ「ブレイリオ:メモリアルコードバン・小銭入れ付き二つ折り財布」には、コードバンの新鮮な感性に心躍らせる遊び心が粋にデザインされています。

厳選された最上質のコードバンの中でもメモリアルコードバンシリーズは、初代五十嵐源二朗氏から受け継がれた革職人一族の三代目であり、最も秀でた技術と創造性を兼ね備えた日本でも有数の革職人と称される井戸辰夫氏によって手がけられ、染めの工程の中でアルコールなどの薬剤を一切使用せず、コードバンの染めの中でも最も難しいとされる、本来持つ性質(よく馴染み、よく油を吸収する)を最も生かすエメリコ仕上げによる水染め技術を、長年培われた職人の技術と感性によって完成させています。

染めの特性により生じる染めムラを、一つの味わいとしてお楽しみください。

熟練した職人により一針一針丹精を込めて創り上げられた見事な縫製「ブレイリオ:メモリアルコードバン・小銭入れ付き二つ折り財布」は、その上質のなかに気品と優美さを堪能させてくれることでしょう。



▼「ブレイリオ:メモリアルコードバン・マネークリップ」チェリー、ブラック:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/brelio/moneyclip/br4034.html


 時間に捉われずに自分時間を愉しめる心を惹き付ける「ブレイリオ:メモリアルコードバン・マネークリップ」は、表側にはプレミアムダメージジーンズの醸し出す雰囲気にも似ているかのようなマット風の落ち着いた控えめな光沢を持ちながら、内側の粋な遊び心が、思わず周りの視線を惹きつけ、新鮮な感性を躍らせるシーンを演出してくれます。

染めの特性により生じる染めムラを、一つの味わいとしてお楽しみください。

また、井戸辰夫氏の秀でた技術の代名詞ともなっているコバ塗り(エッジ加工)の美しさは他に類を見ません。ただ時間をかけるだけでなく、下処理から塗りのバランスまでの細かな心遣いは、商品の完成度の高さに色濃く表れています。

手触りの良いソフト感が大人のゆとりを感じさせてくれる「ブレイリオ:メモリアルコードバン・マネークリップ」は、思わず時を忘れるような豊かな時間に深みと彩りを添えてくれるとともに、愉しむ心に応えてくれることでしょう。



6月21日父の日:「ありがとう・・・を逸品に込めて」
素敵快適ドットコムまるごと父の日ギフト逸品ワールド
▼ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中


2009年05月12日(Tue)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:コードバン&ベジタブル名刺入れ」ネイビー、「ディアスキン・パスケース付き名刺入れ」グリーン
「えぇーーっ、こんなにふん反り返って運転していたのか、、、」と、ボルボ旧V70(四代目1444)に、何日振りかに乗って感じた。深いソファーのようになんかふわふわした感じでもあり、落ち着かない気持ちにすらなってきたので、シートの背もたれを少し起こした(汗)

メルセデスベンツSLK350(六代目1444)のシートは、ボルボ旧V70のシートに比べ、薄くて堅めになっている。そしてマニュアルに書いてあるベストポジションは、背と足を直角くらいになるように、、、となっているし、そのようにしていると、確かに、運転がし易い感じもある。

が、やはりボルボ旧V70などに比べ、疲れやすいかな、、、と感じるが、インターネットでの口コミや掲示板などに記されているほど疲れるとも思わない。

ロングドライブはちょっと・・・と書いている人も少なくなく、ロングドライブが多い私にとって、購入する前は、少しばかりビビッていたが、実際に運転席に座って運転してみると、鈍感なのか「十分ロングドライブできるじゃん。皆が言うほど悪くないじゃん」と、ニコニコ顔。

「疲れやすい。疲れる」と感じている人は、ライトウェイトといえどスポーツカーに、筋違いとも言えそうなサルーンのような乗り心地を求めておられるのかな、、、とも感じた。


それとよく言われているのが、ラゲッジスペースの小ささ。二人で乗ると、荷物を置くところがなく、助手席の人に荷物を抱えていてもらわなければならなくなるということだが、このタイプのクルマに乗るとき、乗る使用目的?に、そんなに荷物が必要なのかなぁ、、、と思っている。なんか「求めすぎでは、、、」とさえ。

私の場合、一人で乗る時も二人で乗るときにしても、スーツケースなどがあるときはトランクに入れ、身の回りに置いておかなくてはいけないものは、小さ目の薄マチショルダーに入れて、それを運転席と助手席の間の背もたれ部分に置いている。もっとも、そこにも小さなポケットが設けられているところだけど、その前に。

だから、私にとって、荷物を置くにしても、今のところ何の不都合も感じていない。

確かに、トランクスペースも小さい。やはり折りたたんだルーフを、トランク内に仕舞っておくスペースが必要になるためで、オープンにする気持ちがなければ、ルーフを仕舞うスペースの分だけトランク内が広くなる。

でも、トランク内にルーフを仕舞っていても、機内持ち込みサイズ位の「ゼロハリバートンZRP-Zヨコ」なら、二個くらい入るようなような気もしている。あいにくまだ入れてみたことはないが、、、

とにかく、疲れやすさやラゲッジスペースの小ささなどは、感じ方などに当然個人差はあるだろうが、世間のメルセデスベンツSLK350オーナーが言われるほど酷くはなく、私にとって、ボルボ旧V70ほどではないが「思ったよりいいじゃん、これがこのクルマの乗り心地だぁ〜い」とさえ感じ、愉しいカーライフを送らせてもらっている、ありがたい



★【素敵快適ドットコム:入荷情報】
▼「キプリス:コードバン&ベジタブル名刺入れ」ネイビー:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/cardcase/C5820.html


 名刺入れから名刺を取り出す時、一番見られているのは、目に付くのは、「名刺入れ」であり、それが、第一印象が決まる大きな要素となるということは衆知の事実ですね。もう、この時からプレゼンテーションが始っています。

機能的にも、名刺入れの他に、内側にポケットが三箇所、外側にポケットが一箇所と大変使いやすく、本物を求める心に響くもの創り続ける職人魂による丁寧な縫製により、さらに高級感を引き立てられ、大人にふさわしい贅沢な仕上がりとなっています。

落ち着いた美しさと洗練、、、「一生愛せる本物を・・・」の頑なな基本理念に基づくこだわりから創りだされる「キプリス:コードバン&ベジタブル名刺入れ」は、持つものの人格をあらわすに相応しい逸品です。



▼「キプリス:ディアスキン・パスケース付き名刺入れ」グリーン:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/cardcase/C2220.html


 名刺入れとパスケースの機能を併せ持つ「キプリス:ディアスキン・パスケース付き名刺入れ」は、名刺の出し入れをするときには、パスケースが隠れてしまうという気の利いた仕様になっています。

衣料品や高級手袋にも使用されるほど、きめが細かくしなやか、そして強靭な「ディアスキン」とは鹿革のことで、この製品に使用されている鹿革は、数ある皮革材料の中でも肉厚で柔らかくシットリとした特徴を持っています。

ディアスキンの柔らかなぬくもりと風合いは、使い込めば込むほどに味の出る、そして、持つほどに手になじむ感覚は、気持まで和ませてくれる「キプリス:ディアスキン・パスケース付き名刺入れ」です。



6月21日父の日:「ありがとう・・・を逸品に込めて」
素敵快適ドットコムまるごと父の日ギフト逸品ワールド
▼ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中


2009年05月11日(Mon)▲ページの先頭へ
◆洗車バケツとインバータとメルセデスベンツSLK350のミニチュアカー
「ど、どこかへっ」虫がウズウズして堪えきれなくなった、メッチャいいお天気の10日日曜日。

来週からは、バタ、バタ、バタしているのに、
いいお天気の今日10日、出かける用事が見つからない、アセ、アセ、アセ

富山の山ン中の蕎麦屋さんへ行こうか?
福井県東尋坊の美味しい蕎麦屋「小六庵」へ行こうか?

、、、と思い巡らすアッシに、

「今日、お昼を家で食べるのなら冷やし中華。お昼を外で食べるなら、夕食が冷やし中華だよ」

と、暑さで発作が起きたのか?数年振り?かで家ン中を掃除し始めたクマヨメから、容赦ない言葉が浴びせられた。

「あっ、クマヨメのツンツル、ツンツル鏡面のように輝く小さな小さな脳ミソに、まだ掃除という言葉があったんだぁ」

と驚き桃の木、目パチクリしつつ

「お昼に外で蕎麦を食べたら、夕食は冷やし中華かぁ」

と、お昼に蕎麦ってぇものを中止せざるを得なくなったアッシは

「さて、どうしよう、何処行こう」

と振り出しに戻らされてしまった、アハハ


結局、お昼は自宅で冷やし中華を食べ、一眠り後、オープンエア中毒を納得させるために、ユーズド・メルセデスベンツSLK350(六代目1444)をオープンにし、とにかく富山市内を徘徊するためにエンジンを掛ける。

日差しは強いが、少しエアコンを入れてやれば丁度良い具合だ。

まず雑貨も豊富な大型家具店で、形が良さげでコンパクトな四角いバケツを買う。狭いトランクに積み込んでおく洗車バケツにするつもりだが、本来食器などのためのものかもしれない。

ポケットティッシュカバーというかケースを探すが、私的にお洒落と思えるものがない。メルセデスベンツSLK350(六代目1444)には、ティッシュボックスを置くスペースがないため、ポケットティッシュをコンソールボックスに入れておこうという算段だが、、、。

やはり、東急ハンズで買ったほうが、、、と思えてきてしまう。多分今月には、何回か東京方面に行く機会ができると思うので、その時にでもするか、、、と。


そして、スーパーオートバックスへ、インバータの買出しにいく。インバータとは、直流電力を交流電力に変換してくれる装置だ。

ボルボ旧V70(四代目1444)にも付けていて、携帯やノートパソコンの充電に重宝しているが、ボルボ旧V70に付けているのは、少し大きい。そして、シガーライターからではなく、バッテリに直接繋いで使用する、もっと大きいインバータも持ってはいるが、それはキャンプなど用に使用するつもりだが現在何年も未使用(汗)

メルセデスベンツSLK350(六代目1444)には、スマートでカッコイイものを、、とカードサイズのインバータを購入し、レジまで行くと、近くにあったミニチュアカーの中にメルセデスベンツSLKも。、、、即、買いました。

自宅に帰って、カードサイズのインバータをシガーライター部分に差し込んでみる。一応入って、通電ランプも付く。が、メルセデスベンツSLK350(六代目1444)のシガーライターソケットが浅いのとインバータの差し込む部分が長いので、すぐに抜けてきやすく使い物にならない。

ボルボ旧V70(四代目1444)でも抜けてきやすいんで、クマヨメが乗るプジョー206XTプレミアム(五代目1444)ではどうか?と試してみる。やはり、頼りないが、他の二台よりは使えそうでもあるので、買ってきたインバータを五代目1444にプレゼント。

やはり六代目1444にもインバータが必要だと思っているので、思い出したときにでも純正がないか?ヤナセにでも聞いてみようかと考えています。


んで、同時に買ってきたメルセデスベンツSLKのミニチュアカーは、やはり楽しい。だいたい私は、自分がというより自分ン家にある車のグッズを集めるのが好きだ。四代目や五代目のミニチュアカーも持っているし、キーホルダーなんぞも、いくつか

ボルボ旧V70(四代目1444)なんぞは、11年前の発売当時の雑誌広告すらフレームに入れて飾っていたりもする。



買ってきたメルセデスベンツSLKのミニチュアカーは、KiNSMART社製、1/32の縮尺のようで、全長12.8cmくらいだ。バリオルーフは開かなくてクーペスタイルのままだ。左右のドアは開く。そして、後に引いて手を離すと、前方に動き出す。つまりチョロQタイプの、プルバック式だ。動かしていると、メッチャ愉しくなってくる。

リアのエンブレム部分をよくよく見てみると、SLK350のシールが貼ってある。嬉しさが、弾けたっ。



メルセデスベンツSLK350(六代目1444)との違いは、ミニチュアカーが左ハンドルと内装がベージュになっているところ位しかない。和ましてくれる。

これで、もっと小さい1/48位のSLK350のラジコンがあれば、嵌まってしまうだろうなぁ〜と確信しています(^ ^ゞ




探そう(爆)


2009年05月09日(Sat)▲ページの先頭へ
◆漆器と温泉の山中温泉、鶴仙峡遊歩道、無限庵で木彫管弦人形と昭和初期の雛人形を
ドライブがてら訪ねた漆器と温泉で有名な山中温泉で、ほんの少し仕事っぽいことを済ませた後、お天気もいいし、この際、山中温泉という街にじっくり浸ろうと思ったのは、もう大分前の3月15日だった。。とはいっても、温泉に浸ってる時間はなさそうだったので、街の空気に浸ろうという魂胆だ。早く言えば観光客となる(笑)

メインストリートの駐車場にボルボ旧v70(四代目1444)を停め、街並みを歩き土産物店などを素見した後、散策で人気の鶴仙峡遊歩道を「こおろぎ橋」側から入った。峡谷沿いを歩くなんて、今日みたいな良いお天気には、もってこいの環境だ。

こおろぎ橋からすぐのところにあった無限庵の案内看板に導かれるように、無限庵の前に立った。





無限庵は、石川県指定文化財であり加賀藩最高の武家書院ということであり、古い田舎風の建物だが、厳かな雰囲気を醸し出している。内心「こういうところで蕎麦を食べるのも悪くないな」と一瞬思ってしまった、ナハハ



そして、無限庵の常設展示物である「尾形光琳の扇、九谷焼、加賀蒔絵の漆器等の古美術品」などを拝観している時「開運! なんでも鑑定団」が、頭の隅っこをかすめていった。



そして特別展として「奈良時代・木彫管弦人形と昭和初期の雛人形」が展示されており、しばらく魅入ってしまっていた。





ふと我に戻り(そんなオーバーな表現を、、、)、一通り館内を見学させていただいた後、庭に出て茶室がある渓流に下り、その清清しさに大きな深呼吸をした。






▼MEMO
・無限庵:
http://www.mugenan.com/


◆良い子ぶりっこボルボ旧V70・2.5Tの点検・修理、そして退院
会員となっているボルボ乗りというかボルボフアン、ボルボ好きの集まりである全国クラブ「VOLVOLVO!!」(ボルボルボ)の第二回全国オフが、4月25日、26日の二日間、八ヶ岳の小海リゾートシティ・リエックスで開催されるのを控え、私のボルボ旧V70(四代目1444)を、点検修理のため4月18日にディーラーへ入院させたことは、4月21日のブログで書かせていただきました。

そのため「VOLVOLVO!!」(ボルボルボ)の全国オフは、メルセデスベンツSLK350(六代目1444)で参加し、結局、ボルボ旧V70(四代目1444)の退院は、「VOLVOLVO!!」(ボルボルボ)の全国オフの帰りの26日に退院させ引き取ってきました。



▼で、その点検、修理の結果です。

・水温計が正常に作動しない

 正常に作動しないのに気付いたのは、3月20日頃。いくら走行していても、一目盛りくらいしか上がらなかったり、一旦、通常温度まで指したとしても、走行中なのに下がっていったり、時間を掛けてゆっくりと上がったり下がったり、、、している。

水温計及びセンサーの故障のため、共に交換となった


・ラムダマーク(エンジン異常警告灯)が点灯
 3月28日から点灯し続けているが、東京往復など高速走行も含めて、走行に異常はみられない

エンジンとかに異常は無く、水温計及びセンサーが故障したために「エンジン異常警告灯」が点灯したとのこと。その水温計及びセンサーの交換に伴い、当然、点灯はしなくなっている。


・リアワイパーのゴムが千切れたので、取替え希望

はい、交換していただきました。


・タイヤ交換
 スタッドレスから夏タイヤへ

空気圧(前:2.2、後:2.1)の調整も含めて、脱着交換し、ようやく冬から夏になりました。


・オイル漏れ点検
 以前、かすかなオイル漏れに気付いたので、なにかのついでに診てもらった時「全然、酷くないんで様子をみましょう」といわれた箇所からだと思う。自分的に見て、その頃と今とでは、症状が進行していないようにも感じた。

上記症状は、あまり進行していないとのことで「まだ、このまま様子を見てみましょう」ということになった。


・カラカラ音が大きくなっている
 エンジンを掛けながら停止中などに、顕著に症状は現れる。走行時は、走っているのでわからない。素人判断でしかないが、何かのカバーのボルトなどが緩んでいるのかな?と思う

いろいろ点検したが、カラカラ音そのものが発生しないので、原因はわからないという。
 原因どころか、古いディーゼルのようなカラカラ音そのものを確認できなかったという。退院の際にも、カラカラ音を発生させようとして、何回もエンジンを掛けたり切ったりしてみたが、どういうわけかスコブル健康でご機嫌、日本全国ハレーーー的なエンジン音で、どこからもカラカラ音が発生しない。

コチトラは、良い子ぶってるボルボ旧V70(四代目1444)の様子に狐につままれたような気分だ。カラカラ音で持ち込んだ前回も、同じように良い子ぶって「原因不明・音も無し」で、スゴスゴ帰ってきた経緯がある。

激しい咳をしている小さな子供が、医者の前では、一つの咳もしないで熱も無く病人でなくなってしまうのと似ているものを感じてしまった。ボルボ旧V70(四代目1444)に「痛い注射はしないし、薬も飲まなくてもいいから」と言い聞かせても、カラカラ音は発生しなかったので、結局「様子見」ということで退院となった。

そして退院し、会社に着きエンジンを切った時に、小さくカラカラ音が発生した(笑)


それから今まで、アウトドア的遊びをすることも無く、長距離は、メルセデスベンツSLK350(六代目1444)で行ったりしているので、あまり乗ってやる機会が無くなっていて、カラカラ音を確認できない日々が続いています。


今日9日夕方にでも、推理の買出しがてら本屋さんまで乗ろうと思っていますので、カラカラ音はどうなることやら、アハハ


2009年05月08日(Fri)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:マグリア・小銭入れ付き二つ折り財布」ブラック、「キプリス:コードバン・ベルト」ワイン
気だるい休みボケちゃう休み疲れが、まだ残っているというか、取れにくくなっている(笑)ような今日8日ですが、もし、もしデスヨ、ゴールデンウィーク休暇が四日間だけでなく、巷に聞く16日間だったら、、、と考えてしまうと、ドエリャー恐ろしくなっちゃいます(汗)

16日間まるごとドライブ旅行に行くという肝っ玉やカイショもなく、少なくとも三分の一くらいは、自宅でゴロゴロ巣篭もり毎日、残り数日間は、ボルボ旧V70(四代目1444)に、小川テントやコールマンなどなどのプチ家出セットを積み込んで、県内の何でもない場所でオートキャンプでグダーとしているかも、、、というところに収まってしまうかも知れないですねぇ。

だいたい一週間も休みがあるってことを思っただけで、頭の中は「どうしよう、どう過ごそう」状態ですもん。あくせくマインドがココロとカラダを支配しています(汗)


そんな折、骨肉の争いになるかと注視していたVW(フォルクスワーゲン)とポルシェが、一転合併するというニュースが、少しばかり驚かさせてくれました。

そして、トヨタ自動車が、レクサスブランドで4シーターのオープンカーを昨日7日から発売というニュースに、同じオープンエア仲間としてパチ、パチ、パチと拍手もんです

国内では、ホンダS2000やトヨタのMR-Sなど、スポーツカーの製造中止が続いている、クルマが売れない時期に「ナゼ」と思われる人も多いかと思いますが、こんな時期とかそういうことにあまり影響されない部分に、オープンエアの世界が、底堅い人気が存在すると思っていますぅ


今回発売となった「レクサスIS250C」は、2005年までトヨタ・アルテッツァとして販売されていたシリーズをレクサスブランドにし、それに4人乗りのオープンを加えたということですね。

レクサスには、2005年までトヨタ・ソアラをレクサスブランドにしたレクサスSC430も、確か四人乗り。

レクサスシリーズにも、2シーターオープンがあってもいいと思うのは、私だけでしょうか。

いつも四人フルに乗車してるのはアメリカングラフティみたいで楽しいだろうけど、そんな時は少なく、少なくとも後席を空けて走ってる場合がほとんどで、それに、乗員が増えればそれだけ「オープンにしよ」とした時に「イヤ」と言う「なら乗ってくるな」と言いたいのが出やすくなると思っています。

そんななら、四人乗りより二人乗りのほうが、面白さが倍加すると思っていますんで。もっとも、私の場合は、二人乗りというのは一人で乗るもんだ、助手席は「ちょいとした小道具置き(別名:荷物置き)」とも思っていますが、、、、、今のところ、一人より二人で乗る機会の方が多くなっています(汗)


ちなみに、北陸のオンラインショップ運営者仲間に、レクサスのシャコタンに乗っているレクサスフアンがいるんですが、そいつも「レクサスのオープンを買わないかなぁ〜」とオープンエア仲間に引きずり込みたくなってしまいますねぇ。



★【素敵快適ドットコム・入荷情報】
▼「キプリス:マグリア・小銭入れ付き二つ折り財布」ブラック:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/zakka/wallet/cypris/W8951.html


 約1.8cm幅のオイルの効いたレザーを市松模様(メッシュ)に編みこむことにより、ハードなイメージを演出している「キプリス:マグリア小銭入れ付き二つ折り財布」は、札入れや小銭入れの内張りに、細めのヘリンボーン柄の生地を使用し、生地の色は、オレンジとチョコの財布にはライトブラウン、ネイビーとブラックの財布にはネイビーの組み合わせになっていて、さらにお洒落度をアップしています。

カードホルダー部分には、メモホルダー(チケットホルダー)が設けられていたり、小銭入れ部分は二つに分けられていて、それぞれに最大約5.0cm幅と最大約3.0cm幅のマチが付けられており、使い勝手がさらに向上しています。

素材に北米のステアーを使用し、日本国内にて天然のなめしによって生み出されています。柔らかく、耐久性があり、時間が経つにつれて、その手触りも見た目も磨かれていきます。使うほどに増す独特の味わい「キプリス:マグリア小銭入れ付き二つ折り財布」をお楽しみください



▼「キプリス:コードバン・ベルト」ワイン:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/belt/BE0923.html


 シンプルなデザインが好感度の高い控えめリッチを醸し出す「キプリス:コードバンベルト」は、カラーも五色が揃い、着ける人の個性を引き立ててくれ、上質なお洒落を演出してくれます。

繊維が非常に緻密であるため、牛革の2倍の強靭さを備えるオイルシェルコードバンは、馬の尻の部分を何ヶ月も時間をかけ、伝統的ななめし方法によりなめされたとても貴重な革です。そして裏側には、自然の樹木から抽出したベジタブルタンニンによってなめされた牛革を使用しています。

ベルトにも気配りする大人の余裕、洗練された大人の心に響く「キプリス:コードバンベルト」は、スーツファッションを、際立たせてくれるばかりか、さらにエレガントに彩り、本物だけが持つ優越を感じさせてくれます。



5月10日 「母の日ギフト&プレゼントセレクション
▼ギフト&プレゼント包装無料サービス・実施中
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/allladies.html


2009年05月07日(Thu)▲ページの先頭へ
◆ポートラム・養老天命反転地・手羽先きしめん山ちゃん・ひつまぶし・あつた蓬莱軒本店・メルセデスベンツSLK350などでのGW休暇
おかげ様で、四日間のゴールデンウィーク休暇をいただくことができました。ありがとうございます。

四日間のゴールデンウィーク休暇は、だいたい5月2日にお伝えしていましたような感じで

3日(日)は、町内の班のバーベキュー大会で、久し振りにお昼にビールを飲んでいました。ほんま、どんな理由でクルマに乗ることが生じるかも知れないってことで、最近というかココ数年、お昼からビールを飲むってことはしていなかったものですから、なんか新鮮な感じだったですね(^ ^ゞ

4日(月)は、いつもならホームレスちゅうかオートキャンプちゅうか車中泊仲間が、2日もしくは3日あたりから、どこか近辺でグダグダ集まって食べたり飲んだりして過ごして居る筈なんで、4日だけでもアッシ的にディーキャンプっぽく合流する予定でいましたが「今年のGW中のキャンプは取り止めにした」と一報が。

なんでも、車中泊仲間の一人で調理担当(笑)のマイクロバスホームレスが、昨年だったか一昨年辺りから、どういうわけか?どこかの神社の神主を引き受けたということで、GW中に行事があり、車中泊大会に参加できなくなった、、、というのが、今年のGW中のキャンプは取り止めにした一つの理由となりました。

そして、今まで富山市の繁華街というかど真ん中にビルを持ち、職住同じで住んでいたキャンプ仲間が、全く段差のない低床車両で都市交通・路面電車のモデルとして全国的に有名になった富山市のライトレールというかポートラムの終点・岩瀬町に住居を移してまだ一週間余りしか経っていないので、その住宅の見学会ということになりました、アハハ。他の元ホテルマンファミリーは、昨日から泊まっていたようですが。

んで、みんなで昼食は、ホストの手配で、岩瀬町にある完全予約制とかいう隠れ家的レストランでミニコースなんぞを。「へぇ〜、富山の田舎にもこんなお洒落なレストランができたんだ」とか「こんな田舎で大丈夫か」などなど思ってしまいました。


5日、6日は、名古屋三昧になりました。

5日に富山から名古屋へ行くって「わざわざ渋滞に巻き込まれに行くようなもんだ」と思いましたが、東海北陸自動車道がそれほど混んでいなくてラッキー。直接、名古屋へ行かず、前々から一度は行きたかった養老町の養老公園内にある「養老天命反転地」へ。

その途中で「養老の滝」への道案内を発見。良かったですよ。

養老天命反転地では、摩訶不思議な世界に魅了され、大垣ICから名古屋へは、やはり渋滞に巻き込まれましたが、ある程度予想をしていたため苦痛にもならず。名古屋駅前のホテルについて、少しばかりの休憩後、とにかく東急ホテル裏の手羽先の「山ちゃん本店」へ。

数年前にも山ちゃん本店で手羽先を食べたことがあり、今回二度目。

手羽先のほかにも「きしめん」や地ビール・赤味噌ラガー(発泡酒)などを、、、。

台湾小吃・六福のにゅうめんも食べたかったのですが、基本的に、日、祝日が定休日となっているようなので、営業確認をしないであきらめました。


そして翌日6日は、やっぱ名古屋城でしょ、、、と見学し、やっぱ「ひつまぶし」でしょ、、、と、ひつまぶし発祥となったといわれ登録商標権利者でもある「あつた蓬莱軒本店」で一時間余り待った後、ようやくアリツケマシタ。今まで富山で一度いただいていますが、ひつまぶしの味の深みが違い、とても美味しかったですねぇ。

ひつまぶしをいただいている間に雨が強くなったこともあり熱田神宮は次回に回して、名古屋三昧の二日間は終焉を迎えました。


ちなみに、メルセデスベンツSLK350(六代目1444)のカーナビでは、まだ東海北陸自動車道は繋がっていなかった。また、名古屋市内に入るのに、名神の一宮インターチェンジで降ろされ、名古屋高速を認識していなかった。

ヤナセで現在販売している最新版とかいうのは、2007年12月までの情報を収録している2008年版らしいので、六代目1444に入っているのは、最新版かもしれないが、、、、、、どうなんだろ?


そして、高速道路料金は「ETC休日割引」で、基本的にどこまで行っても1000円ですが、現在、私のETCマイレージポイントは、8000円分の還元中の筈なんで、何回か乗り降りはしていますが、すべてタダ、無料になっている筈です、エヘヘ


2009年05月02日(Sat)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:コードバン・ベルト」チャ、ブラック:「キプリス:ブライドルレザー・ベルト」ブラック
先日、八ヶ岳の小海リゾートシティ「リエックス」で開催された、ボルボ乗りのクラブ「VOLVOLVO」(ボルボルボ)の第二回全国オフに参加してきました。第一回は、確か五年前に同じホテルで開催されています。

4月25日は、あいにくの雨になり、参加者全員でのディナーの後、四階の「星空のラウンジ:エトワール」で飲み放題(^ ^)。

このエトワールは、お天気が良い夜は屋根が開き、瞬く星を見ながら飲めるんですが、、、、とにかく熱望して屋根をゴーっ開けてもらったところ、霧雨が入ってきたので、またゴーっという音とともに締められました、アハハ。

そのとき、同席していた人は「このゴールデンウィークは、十六連休だ」と、凄いことを話しておられたので、「帰ったら、会社ある?」と聞いてみましたら「大丈夫っ」の返事。このご時世、余程しっかりした会社なんでしょう(笑)


で、素敵快適ドットコムは、下記のように四連休をいただきます。

----------------

◆ゴールデンウィーク休業日のお知らせ◆

2009年5月3日(日)、4日(月)、5日(火)、6日(水)の四日間を、
誠に勝手ながら休業日とさせていただきます。

オンラインのショップ自体は運営しておりますので、この期間もご注
文やお問合せはお受けしておりますが、スタッフによる受注確認メー
ルの送信や、お問合せ等へのご返答、ご注文商品の発送は、2009年5月
7日(木)以降に順次対応させていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

----------------

上記、四連休をどう過ごすか?が問題なのですが、、、
・3日(日):町内の班のバーベキュー大会と決まってしまっています
・4日(月):ホームレス、、、ちゃう、2日または3日から、どこか近いところでオートキャンプというか、車中泊大会をしている筈の連中に、多分ディキャンプというか日帰りで合流するかも。
・5日、6日:どこかへ行くかと思いますが、泊まりにするかどうかも含めて、はっきりとした予定はありません(泣)

本来なら、二泊三日くらいで、東京にいるクマコの部屋に押しかける予定だったのが、バァーハンのショートステイの確保が出来ず、のんびりダラダラグダグダのゴールデンウィークとなりそうです。



★【素敵快適ドットコム:入荷情報】
「キプリス:コードバン・ベルト」チャ、ブラック:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/belt/BE0923.html


 シンプルなデザインが好感度の高い控えめリッチを醸し出す「キプリス:コードバンベルト」は、カラーも五色が揃い、着ける人の個性を引き立ててくれ、上質なお洒落を演出してくれます。

「使い込むほどに増してくるコードバン独特の艶と張りのある堅さ」と、「厚さを持つ牛革の弾力性のある堅さ」の絶妙なコンビネーションが、上質なボリューム感を産み出しています。

ベルトにも気配りする大人の余裕、洗練された大人の心に響く「キプリス:コードバンベルト」は、スーツファッションを、際立たせてくれるばかりか、さらにエレガントに彩り、本物だけが持つ優越を感じさせてくれます。



▼「キプリス:ブライドルレザー・ベルト」ブラック:入荷
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/belt/BE0925.html


 イギリスで馬具素材用として開発されたブライドルレザーを使用した「キプリス:ブライドルレザーベルト」の皮革は、長期間ロウに漬け込み、革の繊維組織に多量のロウを浸透させて耐久性のある強靭な皮革につくられています。

使い込むほどに風合いが増すブライドルレザーに含まれるロウ(ワックス)が表面に浮き出てきて白い粉を吹いたようになります(ブルームといいます)。その白く浮き出しているロウ(ワックス)を、柔らかい布でブラッシングすることにより、この革本来の持つ美しい艶と輝きが戻ります。

感性を和ませるお気に入りファッションに包まれる至福な時間を、より上質にしてくれる「キプリス:ブライドルレザーベルト」です。



5月10日 「母の日ギフト&プレゼントセレクション
▼ギフト&プレゼント包装無料サービス・実施中
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/allladies.html


2009年05月01日(Fri)▲ページの先頭へ
★発売「グレンロイヤル:ブライドルレザー・メモパッドカバーM(ロディアNo.13対応サイズ)」全6色
手抜きをしたウィルスバスター2009のお陰で焦りまくりました。パニック寸前ってぇところでした。

トレンドマイクロのウィルスバスター2009が、いつものように「予約検索」を開始したのはお昼頃でしたが、お昼休みなので、食事とか休憩とかでパソコンの前を離れて、13時過ぎにパソコンの前に戻ってきて、モニターを見てビックリ、ヒャックリッ!!!

ウィルスバスター2009の検索画面が異常をきたしています。何処かの誰かみたいに、仕事をしている振りだけをしています。

「検索中」と表示し、進行状況が青いバーで表示されるのですが、枠だけが表示され青いバーが表示されなく真っ白にっ!

そして「検索の種類」では、まともに予約検索と表示されていますが、その下の「検索対象」の項目には、次々と検索中のファイルが表示されて変化していくのですが、そこも「真っ白」状態。ブランクのまま

その下の「検索済み」の項目では、検索したファイル数がどんどん表示されていくのですが、これも「真っ白」状態。頭真っ白ツンツルテン

その下の「経過時間」では、いつもなら一時間余りで検索終了となりますが、1時間40分、2時間を過ぎても検索終了とならずに、どんどん時間だけが経過していきます(これで人間なら、残業代稼ぎか?と思うかも、、、笑)

「こいつ、検索している振りして何にもしないで、時間だけを稼いでいるな」と、中止させようとするのですが、検索画面の中止ボタンは薄い色になっていて押すことが出来なくなってしまっています。押せるのは「バックグランドで、、、」のボタンのみで、今回何の役にも立ちません、アセ、アセ

これなら「パソコン自体を再起動したろか」とも思って、終了ボタンを押しても「検索中です。その後で終了」と表示されるだけで、パソコン自体も終了させることもできません。

障害を残したまま、強制終了とかコンセントを抜き電源そのものを供給できなくするという荒業を使うのも考えものなので、トレンドマイクロへ電話で聞くっしかない、、とサイトを開き、シリアル番号などを入力して表示された「問い合わせ電話番号」に電話をした。

問い合わせ電話で順番待ちは覚悟していたが、その音声ガイダンスのイラツクことっ。

「只今、大変混みあっております。順番にお繋ぎいたしますので、もうしばらくお待ちください」が繰り返されるのなら、まだ我慢できるが、、、

「こんなサービスもあります、あんなサービスもあります(サービスの説明が、、、)。そのサービスは、一件いくらの料金で、どこそこの会社との契約になります。また別のサービスの電話番号は、、、、」などなどと、いろいろな説明が延々と続き、つい「おい、繋ぐ気があるんかいっ」「これを聞き終わらないと、繋いでくれないのか」などと、急いている私は、突っ込んでしまいたくなっても相手は自動音声。サービスの長い説明を、二、三回繰り返し聞かされた後、ようやく呼び出し音が鳴りホッ、生き返りました(汗)

担当者から指示された手順通りに行って、ようやく「ウィルスバスター2009の仕事してる振り状態」は解決されました。

今後、同じような障害が起き、この手順通りにやっても解決できない場合は、あらためて電話をしてくれという言葉が、チョイ恐ろしく感じてもいますが、、、



★【素敵快適ドットコム:発売情報】
▼「グレンロイヤル:ライドルレザー・メモパッドカバーM(ロディアNo.13対応サイズ)」全6色:発売
http://www.sutekikaiteki.com/glenroyal/gr3742.html


 ジャーナリストなどのプロフェッショナルに使い勝手の良いタテ開きの「グレンロイヤル:ブライドルレザー・メモパッドカバーM」には、グレンロイヤルとプリントされた木軸ボールペンと、世界の定番メモパッドRHODIA(ロディア)No13が付属品として標準装備されています。

使い込むほどに風合いが増す最高級ブライドルレザーの表面のブルームを柔らかい布でブラッシュする至福な時間。すぐに、もとのGLENROYAL(グレンロイヤル)の美しい艶と輝きが戻ります。また、裏側は加工をしていないため多少ザラザラ感のある素朴な感じで仕上げられています。

アイディアを逃さないためや、メモを取る機会の多い営業職やバイヤーさんなど、あらゆるところで使い倒し、チャンスを活かすために機動性を発揮するメモパッドを保護する「グレンロイヤル:ブライドルレザー・メモパッドカバーM」は、メモパッドカバーにこだわる心の余裕が、大きなチャンスを引き寄せるツールとなります。

新しいうちは開きやすいため、ご使用にならない時は、リングゴムなどでフラップを閉じているのも一つのお洒落になるかと思います。また、付属のボールペンの軸の色は、お選びいただけませんので、よろしくお願いいたします。



5月10日 「母の日ギフト&プレゼントセレクション
▼ギフト&プレゼント包装無料サービス・実施中
http://www.sutekikaiteki.com/fashion/allladies.html


   





カレンダ
2009年5月
         
           

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (139)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (20)
6月 (17)
7月 (15)
8月 (5)

アクセスカウンタ
今日:518
昨日:5,148
累計:8,322,992