ishidas - 2012/04

ishidasについて

2012年04月28日(Sat)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:シルキーキップ小銭入れ付き三つ折り財布」チョコと、天生湿原の森
「やっぱりダメだ」とワンセグを観るのを止めてしまった昨夜のテレビ番組です。人気シリーズと云われているらしいが、だいぶ以前にも観ようとして途中で耐え切れずに止めてしまった経緯があります。小説のほうでも、一冊読んでみただけで読む気がしなくなっています。

「いい加減な設定でも、テレビなら娯楽として許せるようになったかな」少しは大人になったかな?と、一応チャンネルを合わせてみたが「私は、真実を知りたいだけなんです」という決め台詞を持つルポライターというかジャーナリストの、その一言を聞いた途端に「やっぱりダメだ」となっちまってました。

相性が合わない理由として、自分の力じゃなく「兄貴の権力、威光をカサに着ている」というのが最大原因かと。


また、温泉旅館の女将や葬儀社関係とかいろいろな職業が探偵をしているドラマが多いけど、それはまぁ、私にとって娯楽として許せる範囲ではあるが、なんぼなんでもルポライターというかジャーナリストという職業が探偵ごっこをしちゃいけねぇやね。自分の力による取材なら別だけど。

それも、捜査中の事件の捜査状況を「兄貴の権力、威光をカサに着て」聞き出すってことは。警察とジャーナリスト、それも特定のジャーナリストとの癒着は、当然由々しき問題だし、こればかりは、フィクションにおいてもあってはならないものと考えてしまうアッシがトップだったら、その主人公の兄貴の警察キャリアを不祥事として糾弾し逮捕しちまうだろうし、私がジャーナリストだったら、その癒着をスクープしてしまうだろう(笑)


ワンセグを切った後、再び山と渓谷4月号を開くと「飛騨・天生湿原の森」がピックアップされていたので魅入る。

何年か前に、富山県八尾から国道472号を走り楢峠、二ツ屋峡谷、岐阜県河合から冬期通行止めになる国道360号に入って、天生峠(あもうとうげ)そして白川郷というコースをドライブした際に、山と渓谷で紹介されている天生湿原の入口まで行ったことがあるのを思い出していた。

山と渓谷4月号「飛騨・天生湿原の森」

山の中の広い駐車場から小高いところに運動会等で使われているようなテントがあり、そこで数人の人影が動いていたので興味を持ち近づいてみたところ、そのテントは、「飛騨・天生湿原の森」の入山届けなどを出したりガイドを依頼したりする(多分)詰所のようなところだった。

15時も過ぎているので、その時は天生湿原の森に入ることは遠慮はしたが、パンフレットだけは貰ってきていた。そして、いつか早起きして、天生湿原の森を散策してみたいと思ってもいたものです。


その思いを、山と渓谷4月号が多くの写真付きで蘇らせてくれた。

ミズバショウの群生、モウセンゴケ、カツラ門、そして籾糠山、、、、、それらをはじめいろいろな花をみながらゆっくり歩いてみたいという気持ちをさらに強くしてくれていた。籾糠山山頂も含めたコースタイムは約6時間というから、アッチコッチで止まりながら花を眺め写真を撮るグダグダ派の私に取っては7時間か。


「やっぱ、遅くとも8時までには入んなきゃいけないな」

もし寝坊したら、時間がある範囲で徘徊すればいいのだし、、、、、籾糠山山頂にはいけなくとも、ミズバショウの群生やカツラ門くらいは周れるだろうし・・・


よっしゃー、今度のゴールデンウィークの一日つか、それまでにクマコが東北でのボランティアで使った1〜1.5人用のアライ・テントを送ってくれれば、一泊もいいかも・・・と衝動的に思った。

が、冷静に戻り「国道360号の冬期通行止めが終わり開通するのは、確か5月の後半だっけ」と、あらためて調べてみると、やはりゴールデンウィークには、まだ天生峠は開通していないようだった。

6月上旬に開通したら、以前のコースとは反対に、白川郷から入ってみたいと思っています。以前と同じコースだと多少つまらないだろうし、途中に二つ三つある滝も見やすいかとも思いますので・・・・・


-------------------------

★【ストーンズ・スタイル:ゴールデンウィーク営業のご案内】
・4月28日(土)【半日営業】12時までのご注文は当日発送
・4月29日(祝・日):休業
・4月30日(月):休業

・5月01日(火)【営業】15時までのご注文は当日発送
・5月02日(水)【営業】15時までのご注文は当日発送

・5月03日(祝・木):休業
・5月04日(祝・金):休業
・5月05日(祝・土):休業
・5月06日(日):休業

・5月07日(月)より、通常営業
※当日発送可能商品は、当店在庫がある商品となります。
※ほとんどの商品の在庫があります。

-------------------------


★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「キプリス:シルキーキップ小銭入れ付き三つ折り財布」チョコ:入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1718.html
キプリス:シルキーキップ小銭入れ付き三つ折り財布


 三つ折り時の大きさは小銭入れ程度でコロッとしてコンパクトで持ちやすい「キプリス:シルキーキップ小銭入れ付き三つ折り財布」は、あなどれない機能を持っています。通常の札入れの他に、一番使用頻度の高いカードだけを入れておけるカード入れ、そしてパス入れ。

反対側には、最大幅約3.5cm強という幅広のマチがそれぞれついたWマチ小銭入れ。そしてキーチェーンに付けた大事な鍵を一方に入れればキーケースにもなってしまうという優れもの。気さくなお出かけに重宝する「キプリス:シルキーキップ小銭入れ付き三つ折り財布」です。

素材は、カーフのきめ細かさが残り、ある程度の厚みがあり丈夫。そして軽くて柔らかいキップという牛革の繊維組織にオイルをたっぷり染み込ませた、サラッとした手触り感が、まるでシルク素材に似ていることから、シルキーキップと呼ばれている美しい素材を使用した「キプリス:シルキーキップ小銭入れ付き三つ折り財布」です。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年04月27日(Fri)▲ページの先頭へ
★発売「グレンロイヤル:フルブライドルレザー・スモールウォレット(パース)」オックスフォードタン、ターコイズ、オーベルジーヌ、シガー
まさかスケートの・・・とまでは思わなかったが誉田哲也著「ヒトリシズカ」の文庫本を本屋で手に取ったとき「大人しい、、、というか警察小説に似合わないタイトル」のように感じた。

誉田哲也著「ヒトリシズカ」

 本書は、あなたに新しい興奮をもたらす。それは、第一章「闇一重」で幕を開ける。男が拳銃で撃たれて死亡する。犯人逮捕が間近となった矢先、司法解剖をした法医学者から連絡が入る。心臓に達していた銃弾は、一度止まってからまた動いたというのだ------。第二章「蛍蜘蛛」で驚愕、第四章「罪時雨」で唖然、最終章「独静加」で・・・・・・何を見る?
----------------

自宅でこの本を開いた時、少しばかり「しまったナ」と感じた。「ヒトリシズカ」は短編集だったからです。基本的に、私はどうしても筋が薄まりやすい短編集があまり好きじゃないんです。買った時の私の目には、作者名とタイトル、警察小説くらいしか目に入ってなかった(汗)

でも、姫川玲子シリーズ「シンメトリー」も短編集であり面白かったから「誉田哲也氏のなら外れないかも・・・」と読み始めた。


第一章「闇一重」は、やはり短編集ゆえかアッサリ事件が解決・・・「やっぱ、短編集か」と、やはり多少失望し、私から言えば設定にムリがあるように思えた。が、その第一章「闇一重」はプロローグでしかなく、章を重ねるごとに面白さが増していった。

主人公であるシズカのクールなキャラクターが冴えていた。が・・・・・・・・最後は、あっけない感じを受けたが、全体的には面白かった。

ヒトリシズカのタイトルは、シズカの育った環境とか生き様などから付けられたものと安易に思っていた。

山と渓谷4月号

ヒトリシズカを読み終え、警察小説や推理小説を読むのにかまけて、長い間、買ったままになっていた山と渓谷4月号を開いた。特集「ヒザと登山靴」で「そうなんだよねぇ」などとパラパラ読み進め、木原浩氏の「佐渡の花旅」の紀行文は「登山道に降りたつと、ヒトリシズカが受付をするように迎えてくれた。おくるみに包まれた赤ん坊のように小さい花が・・・・・」で始まっていて、ヒトリシズカは花の名前だということを知った。

山と渓谷4月号「佐渡の野花を訪ねて」より

んじゃ、誉田哲也著「ヒトリシズカ」の主人公・静加と花のヒトリシズカの共通点は・・・ということに興味を持ち、まずどんな花なのか(文庫本カバーの花ではよく雰囲気が伝わってこない)を見る。


ネットでヒトリシズカの写真を見る・・・・・「清楚」

で、花のヒトリシズカの名前の由来は、薄幸の美女の代名詞といわれる「静御前」の舞姿に見立ててつけられた名前とのこと。そして、花穂が1本であることから一人静ということだそうです。ちなみに、花穂が2本のフタリシズカという花もあるそうですが、ヒトリシズカとは似ていないらしい。

ヒトリシズカの花言葉には、「静謐(せいひつ)、隠された美、愛にこたえて」などがあるという。


ヒトリシズカは群生しているということで、これからの季節、里山徘徊でお目にかかれば、、、、と願っています。



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「グレンロイヤル:フルブライドルレザー・スモールウォレット(パース)」オックスフォードタン、ターコイズ、オーベルジーヌ、シガー:カラー追加発売
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/gr6188.html
グレンロイヤル:フルブライドルレザー・スモールウォレット(パース)


 折り紙を感じさせるかのような、断ち切りの一枚革でつくられたコンパクトなボディに、広いマチ幅の三室を持つ「グレンロイヤル:ブライドルレザー・スモールウォレット(パース)」は、畳んだお札やコイン、カードやキーなどを収納できるという、シンプルながら多機能と楽しさを併せ持っています。

ブライドルレザーの柔軟さと強度を保つために、牛脂及びワックスを十分に染みこませてあり、レザーに含まれるワックスが表面に浮き出てきて白い粉を吹いたようになる場合があります。この白い粉が浮き出る事が最高グレードのブライドル・レザーの証であり、プロの鑑定家の品質判断の重要な基準ともなっています。


▼フルブライドルレザーの特徴
 化学染料や顔料を一切含まない水性染料で染色されているため、最初は多少淡い色合いの見え方ですが、エイジングによってどんどん濃い色になっていきます。そのためブライドルレザーと比べて、エイジングがより楽しめます

----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年04月26日(Thu)▲ページの先頭へ
★入荷「ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳バイブルサイズ・リング径20mm」ワイン、チョコ、ブラックと、花言葉
神々しいくらいに光っている感じで、いつもよりはっきり見える立山連峰だが、呉羽山展望台へ駆けつけるかどうか迷っています。新商品などの画像処理などで忙しいってこともあるが、風が強い曇天曇り空、立山の上の空だけ雲が薄く明るくなっているとはいえ、頂上というか立山三山が雲に隠れていて見えないからです。


で、暑い日だった昨日の朝、出社前に手造り水漏れ池のヒメダカに餌をやりに猫額庭に出ると、あちこちに花が何種類か咲いていて「春なんだなぁ〜」と。で、主だった花の写真を撮って花言葉を調べて遊んでみようと・・・

もっとも、暗記が得意じゃない私は、花の名前もロクに知らず単に「綺麗だなぁ〜」とか「可愛いなぁ〜」という言葉だけなんで、花名はクマヨメに聞いています。

プリムラ


花の名前は「プリムラ」:花言葉は、永続する愛情、富貴、神秘な心、運命を開く、可憐、うぬぼれ・・・・・ご近所からの貰い物ということです

ムスカリ


「ムスカリ」:花言葉は、寛大なる愛、明るい未来、通じ合う心、失望、失意・・・・・どうして反対に近い意味の花言葉を併せ持っているのだろう?・・・何か云われ、伝説でもあるのだろうか?

ツルニチニチソウ


「ツルニチニチソウ」:幼なじみ、朋友・・・・・アチコチに伸びてエリアを広げています。

レンギョウ


「レンギョウ」:希望、かなえられた希望、豊かな希望、集中力・・・・・そうだったんだぁ。成長力が強く逞く拡がるんで、今までバッサバッサと枝を切っていたけど、こんな花言葉があるんだったら、ちょっとは切るのを抑えたほうがいいんかなぁ。でも、バッサバッサと枝を切っていたって「そんなの関係ない」と伸びてくるから、まっいっか

ハナカイドウ


「ハナカイドウ」:温和、美人の眠り、灼熱の恋、妖艶、友情、艶麗・・・・・まだ蕾が多いが、花が咲き散り始めると、手造り水漏れ池に落ちてくるんで、毎年アク取りをするように水面から取り除くという作業を繰り返しています(汗)


花々の花言葉を知ると、庭にも花言葉が溢れているようで楽しくなってきます。もっと広い庭ならサンベッドを常設して、花や花言葉に浸るんだが・・・・今じゃ、ガーデンパラソルも納戸に仕舞ったままになっています(汗)


★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳バイブルサイズ・リング径20mm」ワイン、チョコ、ブラック:入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br0502.html
ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳バイブルサイズ・リング径20mm


 コードバンの持つ透明感のある独特の艶と光沢が、一つ上の気品と風格を醸し出す「ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳」バイブルサイズ(リング径20mm)は、機能性と携帯性を兼ね備え、上質感とともにステータスやグレード感を物語っています。

「KING OF LEATHER」の称号を持つコードバンとは、馬皮の尻(腰)部のみの皮を指していて、超緻密な林立した繊維組織からなるところに特徴があるため、牛革の2倍の強靭さを持つと言われている世界最高の皮革の一つといわれています。

ブレイリオでは、コードバンの中でも最上質の原皮のみを厳選し、コードバンの持つ透明美を最大限に生かすために、水染めといわれる非常に繊細な染め技法を更に進化させた「ブレイリオ独自の染色技術」により仕上げられ、本物の持つ美しさを表現しています。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年04月24日(Tue)▲ページの先頭へ
◆利賀川左岸のミシン目の正体を探る
「あれは何だろう?」まだ雪深い2月中旬の利賀村に入り、毎年、利賀ファスティバルが開催される国道471号の上百瀬側から利賀川に向うように新楢尾トンネルを通り抜け、最初の信号を、利賀そばの郷に向う富山県道34号に入ってまもなくだった。

道路の雪壁の向こうに、利賀川の対岸(左岸)の雪面にミシン目が縦に入っているかのようなキレイな破線が見えたので、即、ボルボV70を路肩に停めた。

利賀川左岸のミシン目の正体をみるために即席展望台を作る

ミシン目の正体を探ろうと背伸びしてみるが、道路の雪壁が邪魔になって下のほうが見えないので、ボルボV70のリアに積んでいた長靴に履き替えスコップを持ち出し、即席の展望台を作った。


縦に入っているミシン目というか破線の下は、関が原か桶狭間の合戦直後の跡かと思ってしまうほど、夥しい数の足跡のようなものが一面に入り乱れていた。

もし、動物の足跡なら、どんな動物なのかを知りたくなり、通りかかった高齢運転者標識つまり枯葉マークを付けた軽四を停め、運転していたオジイサンに聞く。

利賀川左岸の夥しい数のイノシシの足跡

オジイサンはクルマから降りてこられ、対岸のキレイな景色をみた途端「あれは、イノシシの足跡だよ」と教えてくれた後、「雪の無い時には、身体を捻って田んぼの泥を背中など身体につけている」と、オジイサンも泥を付けているイノシシのように身体を捻る仕草をしながら教えてくれた。

カモシカかもという期待は裏切られたが、それにしても何十頭のイノシシが利賀川べりを駆け巡ったのだろう?「その駆け巡っているところを見てみたいもんだ」と、その凄まじさを想像しながら、オジイサンにお礼を言って再び走り出した。



※リニューアル中の「ぶらり北陸発」では、「富山県道34号利賀川左岸の雪面にミシン目が・・・」と題して、3枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_nanto_city/togagawa1202.html


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月23日(Mon)▲ページの先頭へ
★発売「タンピコ:キャンバス・ショルダーバッグ・S」全4色と、拭き取り不要鏡面仕上げ自動車用ワックス
花曇りの良いお天気になった土曜日、公休出勤の仕事を15時半頃で切り上げ、SLK350の洗車をした。洗車は今年初めてとなるかもしれない(汗)

まず、冬場は洗車をしない。水が冷たいとかそういうのじゃなく、洗車の水が、どこかの隙間に残りそれが凍ったら、大変なことになるような気がするし、、、そんな言い訳めいたこと以前に、雪などで道路がグチャグチャ状態の中を走れば、当然汚れる、洗っても直ぐに汚れてしまいます。

そんなんで、青空駐車なんでクルマに雪が積もり、その雪を落とすと、、、雪と一緒に汚れも落ちちゃうんです(笑)。だから、街を走ると、ルーフは綺麗だがボディのサイドだけに汚れを残したクルマが多いこと、多いこと、、、(苦笑)


洗車の後の水切りがてら、クロネコに土曜日出荷分を持っていく。基本的に、休業日となる土曜日はフレキシブルに動きたいので定時集荷を断っていて、そんな時に出社していれば、ターミナルに持ち込むことにしています。何処かへ行きたいって時に集荷を待ってなくて済むでしょ。


で、再び会社に戻り、拭き取り不要、鏡面仕上げとかいうワックスを掛け始める。このベンツSLK350に、自分でワックスを掛けたのは初めてです。だってさ、それまでコーティングしてあったんで、いつまでも、雨は細かい粒粒になっていましたんで、軽い洗車だけで済ませていました。

それがアータ、何年も経過しコーティングの効果がなくなっちまったのか、雨が降っても粒粒にならず、表面張力の欠片も無し、ベターとダレてしまっているんで、ワックスを掛けたろとなった次第です。


ワックスを掛けながら、傷だらけになってしまっているSLK350を改めて発見っ。アチコチ細かい傷がたくさん。前を走るクルマからの石跳ねというか飛び石によるものとみられる傷や、4WD以上に山道を走っているので、狭い道を覆うような草や枝で擦ったような傷、、、まっ、コンパウンドを掛けてもらえば、取れてしまうのがほとんどだとは思うけど、使っていると何かしら付いてくるキズだとエイジング気分の私がソコにいる。

ボディカラーがイリジュームシルバーなんで、ワックスが掛かっているのかどうかの判別がしにくい。ワックスを掛けたということだけで自己満足(笑)

雨を弾くワックスを掛けたばかりのベンツslk350のルーフ

で、昨日22日日曜日。遅めに起き「今日は、久し振りに滝を観にいきたいな。ドコ、イコカ」と山と渓谷社「日本の滝2・西日本編」や道路地図帳をリビングで広げていると、大きな窓ガラスをコツコツと連続的に叩いてくる音がし始めた。

見たら、雨粒だった。「はい、本日の滝見物はパス」と即座に決断し庭に出てみる。

雨を弾くワックスを掛けたばかりのベンツslk350のトランクフード


おぉーーー、SLK350のボディに細かい雨粒が万遍なく付いている。雨粒が音符のように弾んでいる。ワックス効果を確認できて楽しくなった♪


んじゃ、雨ン中をスキップのように走るんだってことで、前々から入ってみたいと思っていた温泉がある宇奈月温泉に向けて走り出しているSLK350がいた。



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「タンピコ:キャンバス・ショルダーバッグ・S」全4色:発売
http://www.style.stones.jp/tampico/tm5060.html
タンピコ:キャンバス・ショルダーバッグ・S


 ワンショルダーにも斜め掛けにもピッタリな「タンピコ:キャンバス・ショルダーバッグ・S」は、小さく見えても、携帯電話やシステム手帳、財布、ポーチもスッキリ収まり、意外と収納力がある頼もしくお洒落なショルダーバッグです。

バッグの中で見失いがちな携帯電話や定期券、免許証などは、出し入れがし易い内側のポケットに収納することも出来、また、キーホルダーなどを取り付けることが出来るループの存在も嬉しくなってしまいます。ループにリングを取り付ければ、さらに使いやすくなります。もちろん、バッグの口が開かないスナップボタン留めとなっています。

素材は、丈夫で軽めのキャンバス地に、長さが調節可能なショルダーストラップには牛革を、中底にはリサイクルレザーを使用し、デイリーユースの中で、颯爽としたお洒落感・フレンチカジュアルを創り上げ、使う楽しさを感じさせてくれます。

タンピコを楽しむ、タンピコで楽しむ


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年04月21日(Sat)▲ページの先頭へ
★入荷「ブレイリオ:コードバン専用オイルワックス」と、イタロ
イヨッホー、粋だねぇ、おっ洒落だねぇ〜♪

イタリアを代表するスポーツカー・フェラーリのイメージというと真っ赤。イメージカラーとフルでいわなくても、イメージまで言いかけただけで、真っ赤、と打てば響くように返ってくるほどに浸透しているカラーを、特急列車「イタロ」に取り入れたという。


その「イタロ」は、イタリアで28日に開業する民間高速鉄道NTV社の特急列車ということで、最高速度は300キロになるという。座席には、パソコンなどを利用できるようにコンセントも備えられているという。


「今時、そーだよねぇ」


私は、今こそクルマで日本国内を移動しているが、そうなる前は列車で移動していて、今は特急や新幹線にも備えられているとは思うが、グリーン車といえども、当時は座席にテレビはあってもコンセントが無かった。

ノートパソコンのバッテリ切れはなんとか我慢できたが、携帯電話のバッテリ切れに焦り「なんとかならないか」と車内を見渡し、結局、洗面所だったかのコンセントで充電をすることにした。とはいえ、それなりに使える程の充電には30分以上はかかり、その間、そこに立っているわけにもいかず席に戻るが、

やはり、ご親切な方が「落し物、忘れ物」扱いで車掌に届けないか?車掌へならいいけど、電車を下りてから届けようとポッケに入れてしまわないかと気が気じゃない。

通りかかった車掌に「洗面所のコンセントで充電していますので、傍を通るときには携帯がアルかナイかを見ていただけませんか」とまでお願いしていたという記憶があります・・・・・遠い遠い思い出となってしまいましたが、列車内のコンセントで、そんなことを思い出してしまいました。


イタロでは、無料の無線インターネットが利用できたりテレビも見れたり、映画鑑賞できる車両もあるというが、ついでに、

車体をフェラーリのイメージカラーにしたのなら、フェラーリの車内を模したシートもあれば面白いなと思った。目の前に、いくつかの計器がならび、スピードメーターにはイタロのスピードが表示され、カーナビ風のテレビのスイッチを切り替えると、いかにもフェラーリで走っているかのようなイタロの進行方向の景色が流れているというような・・・フェラーリ好きじゃなくとも、クルマ好きドライブ好きには堪らないだろうなとも、、、


さて、今日も花曇りの良いお天気

それまでに公休出勤の仕事を終え、午後から、SLK350の冬場の汚れを取ってやるかなぁ〜

けど、洗車を始めると、せっかくのお天気を崩してしまうかなぁ(苦笑)



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「ブレイリオ:コードバン専用オイルワックス」入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br9990-1.html
ブレイリオ:コードバン専用オイルワックス


 長く使用していると持ち主の歴史が刻まれ、美しい艶・味が出てくるのが革製品の醍醐味です。

 革は、水分や油分の吸収・発散を繰り返し呼吸しています。その油脂が蒸発してしまうと、かさつきや毛羽立ちが生じ、いずれは裂けてくる原因にもなる場合があります。長年使用し人生を共に生き愛着がある革製品を末永く使い、革製品の醍醐味を満喫するためには、革の栄養を補給する必要があり、そこで長い年月を要して開発されたのが「ブレイリオ:コードバン専用オイルワックス(長谷革屋)」です。

ブレイリオ:コードバン専用オイルワックスを作る長谷革屋とは、世界的に有名なコードバン染色会社レーデルオガワは、タンナーではなく染色業として一般には知られていますが、実は染色をするだけでなく、コードバンに再加脂し、しなやかなコシ、しっとりとした艶、そして深みのある色の水染めコードバンを生み出しています。そんなコードバン専門業者から、選りすぐりの職人達が集まっているのが、「長谷革屋」です。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月20日(Fri)▲ページの先頭へ
★発売「グレンロイヤル:ブライドルレザー・スモールウォレット(パース)」マリン
5年の刑期・・・ちゃう満期が明けた。思い起こせば・・・・・確か、軽い眩暈のようなものが気になり、ボルボで気が合っているかかりつけ医に行ったのが2007年4月上旬だった。「私の専門ではない」とのことで、神経内科の医院を紹介してもらった。

神経内科で頭部のレントゲンをかけ、結果、軽い眩暈は三半規管にくっついている小さな小さなゴミ(アカ?)みたいのが動くかなんかするのが原因じゃないか「全然、気にすることじゃない」ということで、様子見ということに落ち着いたのだが、レントゲン結果から「食道というか呼吸器官が、曲がっている。至急、総合病院で診てもらったほうが良い」ということで、町内の総合病院を紹介してくれた。


「根性が曲がっている」というのは良く言われる・・・・・言われてないって・・・・・。確かにフィルムでは、食道が蛇行する川のように曲がっていたが、それまで外見的にも良い男で・・・ちゃう全然変化はなく自覚症状もまったくなかったので、青天の霹靂だった。

町内の総合病院で詳しい検査をした結果は、喉の内部に大きな腫瘍があり、それが器官を曲げているということであり「こんな大きな腫瘍は、この病院では手に負えない」ということで、結局、富山大学病院を紹介してくれた。富山大学病院は、昔、尿管結石で約50日間入院していたところであり、勝手知ったるナントカで気安い。


富山大学病院では入院、即摘出手術となった。それまで何の自覚症状も無かった者にとって「ナニがナンだか」状態である。摘出された腫瘍は、悪性腫瘍つまり甲状腺癌ということになり、そして腫瘍は、この大学病院が創設されてから三番目の大きさとのことだった。一番を取れなかったのが悔しかった。約18日間の入院を終え4月下旬に退院した。

通常の癌は、月数や一年単位で診ていかなくちゃならないらしいが、甲状腺癌は、5年10年のスパンでみて良い程に大人しい癌とのことだった。つまり、癌らしくない癌ということだろう(苦笑)


それから、今までの五年間。何回ものCT検査、PET検査を繰り返し術後検査が行われたが「異常なし」。一度だけ「反対側に、小さな種が出来ているようだ」とも言われたことがあったが、それも雨散霧消となっていったのか、その後は何にも言われず。あきらめられたのかも知れない(笑)

そして、今年の1月だったかにもPET検査をし、昨日CT検査となった次第で、CT検査を終え診察室の廊下で診察の順番を、持参してきたBE-PAL(ビーパル)を読みながら待っていると「五年になりましたねぇ」と声を掛けられ、顔を上げると摘出手術の執刀医が傍に立っておられた。

三ヶ月に一回の診察では担当医なので、今まで執刀医にお会いする機会があまり無かった。


言葉を交わし執刀医が立ち去られた後、しばらくして担当医に診察してもらう順番になり診察室に入る。

「今日のCT検査も異常なし。丸五年の経過を見ても異常もみられないんで、今日で定期検査は終わり」という診察結果だった。刑期、、、満期が明け無罪放免となったわけだが、今まで三ヶ月に一回とはいえ、やっぱ通院は面倒臭かった。

昨日のように気持ちよく晴れていれば「SLK350でオープンエアを愉しめる」と大学病院までの短い距離でさえ愉しいのだが、晴れた日ばかりじゃなかった。そして、満期が明けたということは「まだまだ生き恥を晒せ」ってことかと覚悟をしなくちゃならない。


また、五年が経過したってことは、あらためて生命保険に入ることができるようになったものと思う。現在、既存症があっても加入できる生命保険が増えてきているので、甲状腺癌は終わったかもしれないが、この後も何が起きるかもしれないんで「もう一つくらい入っておくか」という気持ちになっています。

只今、検討中ぅ〜



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー・スモールウォレット(パース)」マリン:カラー追加発売
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/gr6188.html
グレンロイヤル:ブライドルレザー・スモールウォレット(パース)


 折り紙を感じさせるかのような、断ち切りの一枚革でつくられたコンパクトなボディに、広いマチ幅の三室を持つ「グレンロイヤル:ブライドルレザー・スモールウォレット(パース)」は、畳んだお札やコイン、カードやキーなどを収納できるという、シンプルながら多機能と楽しさを併せ持っています。

使い込むほどに風合いが増す最高級ブライドルレザーの表面のブルームを柔らかい布でブラッシュする至福な時間。すぐに、もとのGLENROYAL(グレンロイヤル)の美しい艶と輝きが戻ります。

スコットランドの国花“アザミ”をモチーフにしたビッグロゴの素押しが特徴の「グレンロイヤル:ブライドルレザー・スモールウォレット(パース)」は、普段使いをお洒落にグレードアップしてくれる、男性、女性を問わず、粋な遊びがわかる心にフィットする楽しいアイテムです。


●現在、グレンロイヤル製品は、ほとんどのアイテム、ほとんどのカラーが品切れとなっておりますが、今後、5月、6月〜に掛けて、続々新ブライドルレザーに切り替わっていく予定ですっ、ご期待くださいっ

----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月19日(Thu)▲ページの先頭へ
★入荷&発売「キプリス:シルキーキップ・長財布」チョコ、ブラック:入荷、「グレンロイヤル:リールストラップ付きIDカードケース」ボルドー:発売
ヤーな感じと重いものが堂場瞬一著「虚報」を読んだ後に残った。面白い小説を読んだ後の充実感やスッキリ感は無い。

ヤーな感じの要因は、主要な登場人物の一人に設定されたキャラからきていた。

堂場瞬一著「虚報」

 大学教授のサイトがきっかけで発生した「ビニール袋集団自殺」事件を、やり手キャップの市川と担当する社会部の新聞記者の長妻は、たびたび他社に出し抜かれ、追い詰められていくが、やがて独自の取材で起死回生のスクープを放つ・・・・・・。生き馬の目を抜く報道の最前線を活写した怒涛のエンターテインメント長編。
--------------

真面目だが未熟を自覚していない記者が、「たら、れば」で一流の記事が書けると思い込んでいて、自分に不都合な事があると、周りのせいにしたり逆恨みっぽい思考に走ってしまう傾向がある。・・・・・なんか、こんなキャラって、私的に好きじゃないんですよぉー、ヤーな気持ちになっていくんですぅ。

その上に、読者である鈍感な私でさえ気付くことに気付かず、結果的に二人の死を見てしまう。気付いていれば、その時だけでも、二人の死を止められたかもしれないのに・・・。止めることの善悪は別にして。

そのようなキャラを設定したのは、全編に流れている自殺という重いテーマを、より浮かびあがらせる手法かもしれないとも穿ったりするが、、、


大学教授は、自殺ではなく自死という言葉を使っているが、そのような言い換えが分るような気がしてくる。

でも、自殺って、自殺する本人に耐えられない辛いものがあるからだろうが、死ぬことでその辛さから逃れられると思うが、それにより周りに残された者が受けた傷や苦しさは一生背負っていかなければならないんだよね、親しければ親しいほど、その深さは計り知れないものと。


大学教授の思考も良く理解できるが、また、生きてる者の無意識の「苦しみたくない」などのエゴかもしれないが「周りの者の事を考えろ」というのも深く理解できる。この小説の中でも、互いの深い思いやりが産む悲しい現実が描かれていて、それを読んだとき思考が停止してしまっている私がいた。


自殺は是か非かとなると、やはり、それぞれの多様な価値観で判断できなくなってくるが、やはり、自分がそれを選ばざるを得ないんなら、少なくとも周りに迷惑をかけてしまっちゃいけない、残される人々の心を考えなくてはいけない、残される人々に重い十字架を背負わせてはいけない、、、と、私は思ってしまいます。

あっ、オレっ?
まだ責任を果たしていないし、slk350にも乗り足りないんでね(苦笑)

ヒヤシンス

で、そのヤーな感じと重いものを一掃するかのよう、可憐で爽やかなヒヤシンスがご近所の花壇に咲いていた。



★【ストーンズ・スタイル:入荷&発売情報】
▼「キプリス:シルキーキップ・ファスナー小銭入れ付き長財布」チョコ、ブラック:入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1701.html
キプリス:シルキーキップ・ファスナー小銭入れ付き長財布


 最大約3.0cm幅のマチがついた札入れだから、ちょっと多めにお札を入れられる「キプリス:シルキーキップ・ファスナー小銭入れ付き長財布」には、ファスナー小銭入れや、12枚ものカードを収納できるカード入れ、そして札入れと同じ幅の広いポケットが、内側に2ヶ所、表側背面に1ヶ所の合計3ヶ所あり、使い勝手の良さを誇っています。

素材は、カーフのきめ細かさが残り、ある程度の厚みがあり丈夫。そして軽くて柔らかいキップという牛革の繊維組織にオイルをたっぷり染み込ませた、サラッとした手触り感が、まるでシルク素材に似ていることから、シルキーキップと呼ばれている美しい素材を使用しています。



▼「グレンロイヤル:ブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」ボルドー:カラー追加発売
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/gr5789.html
グレンロイヤル:ブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース


 IDカードリーダーがどの位置にあっても、リールが伸縮するので、カードを首から提げたままIDカードリーダーを利用できる「グレンロイヤル:ブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」のリール部分にも、アザミを模ったロゴマークやグレンロイヤルの英字が刻印されたブライドルレザーが使用されています。

ネックストラップの長さも調節でき、また、IDカードケースを使用しないときには取り外し、リールストラップに携帯電話やデジタルカメラなどを取り付けたりして、便利にご使用になれます。


現在、グレンロイヤル製品は、ほとんどのアイテム、ほとんどのカラーが品切れとなっておりますが、この発売は、新ブライドルレザーへの変更後の第一弾となっています。他のアイテムも含めて、5月、6月〜に掛けて、続々切り替えていく予定でいますので、ご期待くださいっ

----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年04月18日(Wed)▲ページの先頭へ
◆雪原になっていた室牧ダム湖をみながらボルボV70は、国道472号を利賀村へ
落っこちたほっぺを元の位置に付け直して八尾町「蕎麦屋少兵衛」を出て、利賀村に向った。

八尾町から利賀村へは、富山県射水市と岐阜県郡上市とを結ぶ国道472号を通ることになりますが、室牧ダム湖畔道路は一車線のところも多く、特に冬場には、道路状況が悪く危なくなるので、あまり好まれない道路になってしまっている。


今年2月のドライブの足は、国道472号、国道471号の道路状況も分らないため、スタンダードで車高が低いSLK350ではなく、ボルボV70にしていた。何があるかわからないんで、リアに長靴とスコップなどを積んで・・・。

国道472号を八尾町からトンネルを過ぎてまもなくの場所から一車線の室牧ダム湖畔を走ることになります。湖畔道路というと、ロマンチックなイメージを持ってしまいますが、一旦運転を誤れば数メートル下のダム湖へ・・・となっちまいます(汗)


でも、今回のドライブで、2月のダム湖の湖面がどうなっているのかを楽しみにしてもいた。交通の邪魔にならないスペースにボルボV70を停め、長靴に履き替え、路肩が除雪した雪で山になっているところに上り、湖面を覗き込む。滑り落ちたら雪が積もった湖面となり、冷たそうだ。


室牧ダムの湖面は一面真っ白の雪原になっていた。

室牧ダムの水辺の雪


そーーーーーっと、そぅーーーーーっと、ふわぁ〜〜〜っと、浮かぶように歩けば、室牧ダムまでいけそう、、、、、、、


純白の中に、足跡を付けてみたい気持ちになっていく


再び、国道472号をゆっくりと走っていると、大きな目玉に睨まれた。思わず、笑い出しながらクルマを停めて、パシャパシャ。クマヨメは、テレビ番組「ナニコレ珍百景」に出そうかとも言っている(笑)

国道472号の大目玉

国道472号から国道471号になり、利賀村に入った。

利賀村の雪とボルボV70

2月の利賀村は、立山黒部アルペンルートの雪の大谷の如く、雪の大壁が出来ていた。地元の人の話に寄ると「これでも、融けて少なくなったほうだ」ということだった。



※リニューアル中の「ぶらり北陸発」では、「八尾町「蕎麦屋少兵衛」から室牧ダムそして利賀村へ」と題して、5枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_toyama_city/muromakidamu
1202.html


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月17日(Tue)▲ページの先頭へ
◆至高の美味しさ「蕎麦屋 少兵衛」の五菜そば、十割そばを手繰る
寒さ真っ最中の2月、越中八尾おわら風の盆で有名な八尾町は、雪が少なくなったとはいえ、平野部にいる私達からみて驚くほどの雪に埋もれていた。

昨年の11月に、八尾町郊外の手打ちそばカフェ「月のおと」から八尾町徘徊、そして「蕎麦屋 少兵衛」というコースを実行したが、手打ちそばカフェ「月のおと」で、濃い目のドレッシングのサラダそばを食した後に、蕎麦本来の味も味わいたい思いで「ざるそば」をも食し、お腹一杯状態。

腹ごなしがてらの八尾町徘徊後の15時ちょい前に越中八尾観光会館前の「蕎麦屋 少兵衛」に寄ったが、すでに時間的に遅く「売り切れ御免」で営業を終了していた。そのリベンジ?で、2月の「蕎麦屋 少兵衛」となったわけです。

八尾町「「蕎麦屋 少兵衛」

1階のガレージなのか倉庫なのか横の狭い階段を上がると「蕎麦屋 少兵衛」の入口になっており、その前は、雪に埋もれているがオープンテラスのようだった。

小綺麗な店内は、雪で八尾町へのアクセスが悪くなるからか、数えるほどのお客さんしかいなかったのと、気さくでアットホームな感じもあり、ゆっくり落ち着けた。窓辺には、「とやま土人形工房」で作られたものであろう、可愛く微笑ましくなってしまう「おわらを踊る土人形」が飾られていた。

八尾町「「蕎麦屋 少兵衛」の店内

クマヨメは、ホワイトボードに「当店いちおし!」と推奨されていた「八尾五菜そば」を注文した。二八そばに、すす竹、わらび、など地元八尾産の山菜を五種類以上トッピングされた冷たいぶっかけそばです。

クマヨメの目を盗んで、そばや山菜を味見する。甘みが口の中に広がり、「どうしてこんなに美味しい山菜になるのか」と訝ってしまうほど、今まで経験したことが無い美味しさだった。

八尾町「「蕎麦屋 少兵衛」の五菜そば

八尾五菜そばにトッピングされている「五菜」は、蕎麦つゆに一晩浸けてあるため、麺とのまとまりが良く、この美味しさを創り上げているとのことで、納得しながら唸ってしまった。


少兵衛の蕎麦は、喉越しが良い”二八”が基本らしいが、私は、やはり「十割そば」を注文して手繰る。ほのかに感じる蕎麦つゆの甘みが、硬くもなく蕎麦本来の味わいがある十割そばと良く絡み、これも絶品だった。

八尾町「「蕎麦屋 少兵衛」の十割そば

少兵衛のそば粉は完全挽きぐるみ(全粒粉)だという。ふるいを通さず石臼で挽いたままのものを3日間ほど保冷庫で保存してから使用していて、蕎麦は、よく三たて(挽きたて、打ちたて、茹でたて)が美味しいといわれてきたが、ここ数年は、温度や湿度を徹底して管理された一番良い状態で打たれた蕎麦が美味しいというのが定説になってきており、その美味しさを実感できた。

そして富山で、それも小杉(射水市)から程近い八尾で、こんなに美味しい蕎麦を食べられることが嬉しくなってしまった。今まで県内外の蕎麦を食べ歩いているが、その中でも、銀座や福井と並びトップランクになっていった。


ちなみに、蕎麦屋少兵衛は、土日祝イベント日のみ営業で蕎麦が無くなり次第終了となっていて、平日は、私も2〜3回日帰り入浴したことがある温泉施設「八尾ゆめの森 ゆうゆう館」の敷地内で「やつおそば大楽」を主宰し、蕎麦打ちを教えておられるという。

そういえば、先述の手打ちそばカフェ「月のおと」の女将も「やつおそば大楽」の卒業生だったように記憶しているし、「やつおそば大楽」で蕎麦打ちを習った女性が、何かの大会で全国の蕎麦打ち名人に選ばれたということが、ここ二ヶ月位の間のローカル新聞に載っていたこともあったように思う。

蕎麦屋少兵衛の蕎麦を思い出しただけでもヨダレがでるほど、「んまかったぁ〜」(美味かったぁ)



※リニューアル中の「ぶらり北陸発」では、「越中八尾おわら風の盆の八尾町「蕎麦屋少兵衛」で至高の蕎麦をいただく」と題して、9枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_toyama_city/shobei1202.html

----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月16日(Mon)▲ページの先頭へ
★カラー追加発売「キプリス:シルキーキップ・カードケース10」と、東野圭吾著「聖女の救済」
「おっ、ラッキーっ」。ん十年間、ビッグコミックオリジナルと共に欠かさず読んでいるビッグコミックの発売日10日に本屋へ行った。

ビッグコミックを確保し、その足で、BBQ特集をしている同日発売の「BE-PAL」5月号も確保。もっとも、BBQは町内のBBQ以外は、トントご無沙汰ですが。ビーパル5月号には、5月21日の金環日食を観るための日食観察眼鏡が付録になっているようだ。

もっとも、ここ富山県では金環日食は望むべくものではなく、見られたとしても部分日食であろうと思われるので、付録の日食観察眼鏡は不要の長物でしかないと(笑)もっとも、パッケージを開けていないので、日食観察眼鏡の形態は確認していないが、昔々、日食だったかの際に学校で作らされたボール紙にカラーの透明フイルムを貼ったものと大差ないものと思われて微笑ましくなってしまった。


ビッグコミックとBE-PALを手に持ち、文庫本を物色するために、いつものようにシマを周り始める。関心を惹くような目新しい文庫本が出てないように思われ、失望し始めていた。

が、そのシマの最終コーナーで、信じられないモノを発見っ。文庫本として発刊されたばかりの堂場瞬一著「虚報」と東野圭吾著「聖女の救済」だった、ラッキー。この二人の作家は、私の中で一定以上のレベルを保ち、読んで外れがない作家となっている。大学生のクマコは、堂場瞬一氏の文体があまり好きじゃないとは言ってはいるが。


東野圭吾著「聖女の救済」から読み始めた。

東野圭吾著「聖女の救済」

 資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。難航する捜査のさなか、草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが・・・・・・。驚愕のトリックで世界を揺るがせた、東野ミステリー屈指の傑作!
--------------

新参者から入った私は、今では文庫本化された東野圭吾氏の作品のほとんどを読んでいる。とはいえ、私が苦手だと思っている、魂が入れ替わったり(・・・と思う)心臓だけが腐ったり・・・などなどの、文庫本のカバーの裏表紙に書いてあるサワリで、ホラーっぽく感じたものは読むのを避けてはいるが。

この「ガリレオシリーズ」では、苦手だと思える「探偵ガリレオ」「予知夢」以外は読んでいる。


それにしても、東野圭吾著「聖女の救済」のトリックは凄いっ。犯人そのものよりもトリックを解明したガリレオこと湯川学よりも、そのトリックを考え出した東野圭吾氏の頭の中がいったいどうなっているのかに驚くっ。

書いた一言一言がネタバレに繋がりそうで、これ以上書いちゃダメだと思いますが、この東野圭吾氏の、、、ちゃう犯人の潜在的?な執念には恐ろしさを感じてしまった。

そして、今まで「苦手なジャンルかもぉ〜」と思って敬遠していた「探偵ガリレオ」「予知夢」を、苦手を面白さがカバーしてくれるかもってことで、読んでみようかなという気持ちになってきています。


ちなみに、その二冊を購入した翌日の11日の読売新聞では、堂場瞬一著「虚報」と東野圭吾著「聖女の救済」の二冊の広告が掲載されていて、内心「広告より先走った、広告に勝った」と、他愛も無いことでほくそえんだ(笑)



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「キプリス:シルキーキップ・カードケース10」ブルー:カラー追加発売
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1771.html
キプリス:シルキーキップ・カードケース10


 キャッシャーなどで、カードケースからカードをスマートに取り出すセンスに視線が・・・。「キプリス:シルキーキップ・カードケース10」は、カード入れ部分に配されたカラーコンビネーションのアクセントがさりげないこだわりを感じさせ、持つ者を引き立てる小道具です。

機能的には、大事なカード類を10枚収納でき、カード入れ裏のポケットには、緊急用などのお札やメモなどを入れておけるポケットが施されています。

素材は、カーフのきめ細かさが残り、ある程度の厚みがあり丈夫。そして軽くて柔らかいキップという牛革の繊維組織にオイルをたっぷり染み込ませた、サラッとした手触り感が、まるでシルク素材に似ていることから、シルキーキップと呼ばれている美しい素材を使用しています。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月14日(Sat)▲ページの先頭へ
★入荷「ブレイリオ:コードバン・ササマチ名刺入れ」ブラック、「ブレイリオ:コードバン・肉盛り名刺入れ」ネイビー
殺人が起きない小説を読んだのは何年振りのことかと思い出そうとするが、10冊程度の単行本や100冊、200冊は優に超える文庫本の中では、一冊二人として200〜400人以上の屍が転がっているだけなので、定かに思い起こせない(苦笑)


黒木亮著「ザ・コストカッター」を読んだ。カラ売り屋とファンド資本主義の対決である。つまり経済小説であり、その手の本のページを捲る気になったのは、丁々発止のスリリングな展開を期待したからに他ならない。

黒木亮著「ザ・コストカッター」

 名うてのリストラ屋・蛭田明は、米系投資ファンドによって極東スポーツの社長として送り込まれ、過酷な大リストラを敢行。社員の首を次々と切る一方、短期間で株価をつり上げて私腹を肥やす。そのカラクリを見抜いたカラ売り屋「パンゲア」の北川靖が、ニューヨーク、ハーレムの子どもたちのあと押しを受け、全面対決を挑む。現代の資本市場を舞台に、強欲に踊る人々の栄華と末路を描いた問題作!
---------------
>※この「コストカッター」は、2009年7月に講談社から刊行された「リストラ屋」を加筆、改題し、文庫本化されたとのことです。
---------------

カラ売りという言葉は、今までに耳にしてきてはいるが、空売りそのものの仕組みはなんとなく理解できても、投資家とカラ売りの関係がよくわからないでいる。


株式のカラ売りの場合は、証券会社や投資家から借りてきた現物を市場で売却し、株価が下がったところで買い戻し、借りていた現物を返却し、売却価格と買い戻し価格の差額がカラ売り屋の利益となるということである。

だから、売却価格より買い戻し価格が下回った時には、カラ売り屋の利益となるが、株価が上昇し買い戻し価格が上回った時の差額は、カラ売り屋の大損となるということである。

そこまでは、なんとなくわかった。


でもさ、カラ売り屋が特定銘柄で動き始めたことを知った投資家は、そんな簡単にカラ売り屋に株を預けるかなぁ。カラ売り屋に任せず、成り行きをみながら投資家自身で売買を行えば、株価が下がった場合に大きな損失を出さずに損切りも行いやすいのでは・・・。また株価が上がった場合には、利益を最大限に投資家が得られるのではないかな、、、と、仕組みを知らないド素人は思ってしまった。

また、投資家がカラ売り屋に株を任せてしまった場合に、契約していると思われる一定期間が来るまでの間に株価が上がっても下がっても、身悶えをしながらも「今、売りたいから株を返してくれとは言えないんだろうなぁ。」とも。

そして、株価が下がってカラ売り屋から返して貰った株の株価は、下がった価格のものだろうから、カラ売り屋に株を任せただけで投資家が損をするということだろうか。

とにかく、カラ売り屋に株を預ける投資家のメリットがわからない。カラ売り屋と投資家の関係がわからない。お金に縁が薄く、報酬は労働の対価であり、マネーゲームという眼で見てしまう株が好きじゃないと思い続けている私には、その世界がサッパリわからない(汗)


そんな私であっても黒木亮著「ザ・コストカッター」は面白く読めましたし、驚かされました。

昔(だと思う)、現実に大企業の再建請負人としてマスコミを賑わし有名な二人だったかが実名で書かれているばかりか、その彼等の業績を称えるのではなく、実名で書かれた人々の再建手法は、中、長期的に見て失敗であったと書かれていた。

ある意味、その再建請負人について書かれた数行の現実評価を強調するために、この「ザ・コストカッター」が書き上げられたのか、この一冊があるのかなと穿ってしまい、リストラ屋・蛭田明と現実の再建請負人特にお二人とが被ってきたくらいです。


そして、この小説を読み進めながら「こんな所に一人二人で乗り込んで調査をしてると、通り魔などに見せかけた調査妨害や恫喝、殺されるゾ。リスクを考え、安全に帰れるような保険を掛けなくては・・・・・」と思ってしまっている推理小説や事件小説に被れ過ぎ、事件が起きることを危惧している私がいた(苦笑)

素人考えとして、読み手の意表を突くもう一つズシーンとくるインパクトがあってもいいのではないかな、、、とも思わされたが、面白かったことに変わりはなかった。



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「ブレイリオ:コードバン・ササマチ名刺入れ」ブラック:入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br4111.html
ブレイリオ:コードバン・ササマチ名刺入れ


 持つ人のセンスの良さと風格を感じさせてくれる「ブレイリオ:コードバン・ササマチ名刺入れ」を閉じた時に響く低い音は、プレミアムカーのドアの閉まる音にも通じているかのような上質感を持っています。

仕様的には、最大約1.8cm幅のササマチタイプだから約25枚前後の収納力があり、そして、スーツのポケットに入れてもシルエットを崩すことなく、スリムに持つことができます。

ブレイリオでは、コードバンの中でも最上質の原皮のみを厳選し、コードバンの持つ透明美を最大限に生かすために、水染めといわれる非常に繊細な染め技法を更に進化させた「ブレイリオ独自の染色技術」により仕上げられ、本物の持つ美しさを表現しています。



▼「ブレイリオ:コードバン・肉盛り名刺入れ」ネイビー:入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br4112.html

ブレイリオ:コードバン・肉盛り名刺入れ

 たくさんの枚数を持ち歩くのも考えもの。大事なシーンに必要な枚数を入れてスマートに振舞える「ブレイリオ:コードバン肉盛り名刺入れ」は、内側のバッファローカーフを型にはめて熱処理を施すことで形創られた丸みが上品さを醸し出しています。

そしてコードバンの持つ優美な艶と光沢は、相手に洗練された印象を与えてくれ、落ち着いた優越を感じることができるでしょう。

一針一針に息づく熟練した職人の技、丹精を込めて創り上げられる「ブレイリオ:コードバン肉盛り名刺入れ」は、抜群の耐久性を持ち、持つ人の知性と感性を反映する逸品です。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年04月13日(Fri)▲ページの先頭へ
◆ENGINEのオープンエア賛歌と、ブリジストン・レグノ・エンブレムの広告にベンツSLKクラスが・・・
陽射しをいっぱぁーい引き連れて走りたくなるような良いお天気が多い昨今、5日だったかに、カー雑誌「ENGINE5月号」を買ってきた。

三代目SLKが発売され、二代目ベンツSLK350を含むSLKクラスが、カー雑誌の記事になることはほとんど無くなって久しいので、最近はほとんどカー雑誌を買うことは無くなっている。二代目SLKクラス以外のクルマの動向には関心が薄いし・・・。

ENGINE5月号

ENGINE5月号では、オープンカーの特集がされていて、本屋でパラパラパラしてから「こりゃ、読みたい」と感じたんで購入し、推理小説を読む合間に読んでみました。


当然、オープンカー賛辞でいろいろなオープンカーが取り上げられている。その中で、めっちゃ乗って見たいと思わされたのが、ルノー・ウインド・ゴルディーニだった。そりゃ、アバルトも可愛く早いし、BMWミニのロードスターも良さそうだが、ゴルディーニのスパルタンな威容に包まれて走ってみたい気持ちに駆り立てられてしまった。

ルノー・ウインド・ゴルディーニ、BMWミニ・ロードスター、アバルト

もっとも、上記三台の中でフルオープンはBMWミニ・ロードスターだけだが、ゴルディーニの威容を演出しているタルガトップだから、天井部分しか開かなくても気にはならないだろうと思う。


んで、何人もの自動車評論家などが、このオープン特集でオープンカー賛辞を書いているけど、その中の一文がどうにも気になった。

---------


「日本でオープンカーをオープンにして走っているのは、キャップを被った中年男子1〜2名と相場がきまっている。周囲の目は”あ、クルマ・マニアね」で終わりである。」

 確かに(笑)、雨や雪、槍も降っていなければ、短距離であろうとオープンで走っている私も、キャップではなくハンチングを被っている中年である(汗)そして、ハンチングは、後で縛っているロン毛が風で躍って運転の邪魔になるのを防ぐためという要素も強いので仕方がない。髪の毛が邪魔にさえならなければ、風に泳がせたいとも思うが、、、

「本人とて、乗せたくても乗ってくれる理解者が少ないから仕方なかろう」

 おいおい、そう決め付けなくたっていいじゃないか(笑)・・・綺麗なオネーサンなら仕方なく(ほんとか?)乗せるかも知れないけど、基本的に、助手席には人は乗せたくないという気持ちが私の場合は強い。

二人乗りは、一人で乗るものであり助手席は、バッグやカメラなどの荷物を置く場所と思っています。人を乗せてしまうと気を使ってしまう性質なんで、行きつ戻りつ勝手気侭なオープンドライブを愉しめなくなってしまうように思う、アハハ。


「家族で、子連れでオープンカー(四人乗り)に乗っていると、周囲の視線が猛烈に集まる。まだ日本では見られない、海外ドラマのような光景だからだろうか」

あはは”海外ドラマのような光景”って、思い込み過ぎか勘違いだべ。単に珍しいからだけだべ。ロードスター(2人乗り)なら街でよく見かけるけど、コンバーチブル(4人乗り)は、長い人生、日常ユースで見たのは、随分昔に富山でボルボのコンバーチブル、数年前に奥軽井沢だったかでBMWのコンバーチブル程度の2回くらいしかないほど普及していないから、コンバーチブルは珍し過ぎだべさ。

それに”海外ドラマのような光景”ってナンなのか良くわかんねぇし、古ささえ感じる思考に、昔ならいざ知らず今時、”海外ドラマ=子供や家族で乗っているコンバーチブル”ってこともないっしょ、アハハ。
---------

で、ユーザーの「走っていると雨が入ってこない」というのに、ウンウン頷きながら読み進める。でも、信号で停まった時には、雨が入ってくるんだよね。それも面白いけど・・・とも思いながら。


それにオープンに乗って気付いたことは、先日もオープンで走っていると「寒そう・・・」という声が聞こえてきたけど、冬のオープンは見ている分には寒そうに見えるかもしれないけど、乗っている分には露天風呂状態で暖かいんです。装備されているエアスカーフなんか使わなくとも。・・・エアスカーフの位置が高すぎて後頭部を暖めるんで使えないけど・・・

苦手なのは、夏の強く照り付ける陽射しですぅ。ジーンズの上から腿を陽射しが刺してくる、暑いを通り越して痛いんですぅ。でも、閉めない。晴れているので。だから、スキー三昧の時も使ったことがない日焼け止めクリームを顔などに塗るようになりました。


そして、ENGINE5月号を読んで国立へ走りたくなってしまいました。「倶楽部六六食房」のお店の前にならんだ五台のオープンカーがオーナーと一緒に、二ページ見開きで凄く楽しそうに写っているんです。それらの一風変わったオープンカー達を見に行きたくなってしまっているんです。


このENGINE5月号には、沢山のオープンカーが登場していますが、二代目SLKは見当たりません。昨年だったかから発売された三代目がいるから当然といえば当然ですが、一抹の寂しさを持ってしまいました。

が、その一抹の寂しさを吹き飛ばすような1ページの広告が、負け戦を一手で全てひっくり返して勝ったオセロの勝利者気分を与えてくれました。

ブリジストンタイヤ「レグノ・エンブレム」という広告に並んだ五台のクルマ。

ブリジストンタイヤ「レグノ・エンブレム」の広告

一番奥から「BMW、フェラーリ(多分)、ジャガー、二代目ベンツSLKクラス、ベンツEクラスあたりか」と並んでいます。

BMW、フェラーリ(多分)、ジャガー、二代目ベンツSLKクラス、ベンツEクラス

名前を上げた中に車種までハッキリわかるのは「二代目ベンツSLKクラス」だけ。私の知識不足かもしれませんが、他のクルマは、メーカー名だけで車種まではわからない。

このような一件も含めて、車種固有のアイデンティティにより、同じメーカーのクルマであっても、はっきり車種まで判別できるというのも、私が二代目ベンツSLKクラスが好きな大きな要因となっています。


これで、三代目SLKや初代SLKだったら、他のSLやセダン、クーペなどベンツのクルマとアイデンティティがほとんど似ているために、SLKクラスということすら判りにくいことだろうと思われます。

この広告にも後押しされるように、さらに、いつまでも乗って愉しみたい二代目SLKとなっています。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年04月12日(Thu)▲ページの先頭へ
★発売「タンピコ:キャンバス・インサイドポケット付き縦型トートバッグ」全4色と、富山市塩の千本桜
おぉおおおー、うちぃかぐやぁ・・・じゃない、暑い位の今日12日、富山に桜の開花宣言が出されたのを受けて、今シーズンは、久し振りに花見をしようかと場所を選定していますって、ほとんど決めてはいるけど・・・・・


以前、八尾町の少兵衛で蕎麦を食べるために、越中八尾観光会館(曳山展示館)の駐車場にSLK350を停めた際に、観光ボランティアをなさっている人からいろいろ説明を受けた際に「八尾郊外というか神通川さくら堤・塩の千本桜は、桜が堤に沿ってラインでみえて綺麗だよ」と聞いたことがあります。

もっとも、越中八尾観光会館(曳山展示館)の近くに、やはり桜の名所と名高い城ヶ山公園があります。城ヶ山公園は、山の斜面一面に桜を観ることができ、それはそれは綺麗なものだったことを記憶していますが、塩の千本桜は、まだ観たことがないんで、今度はネ。ちなみに「塩」は地名です。


最近した花見といえば、伊那市に泊まって行った、二、三年前の長野県高遠城址公園でしたね。それは圧巻でしたねぇ。思わずビールを飲みたくなりましたが、そこは我慢の男の子。桜見物をした後、伊那市のホテルに戻ってゴクリッ


さて、今日がこんなに暑いくらいのお天気だから、塩の千本桜は15日が見頃なのか、富山での開花宣言だから、山の中の八尾は数日遅れの・・・次の日曜日というと22日になるんかぁ〜、遅いかなぁ〜♪



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
 楽しさを溢れるほどに詰め込んで、お花見にも最適っ!
▼「タンピコ:キャンバス・インサイドポケット付き縦型トートバッグ」全4色:発売
 http://www.style.stones.jp/tampico/tm5040.html
タンピコ:キャンバス・インサイドポケット付き縦型トートバッグ


 A4サイズの書類はもちろん大判の雑誌などもスッキリ、スマートに収納でき、ワンショルダー(肩掛け)に丁度良いハンドル長さでありながら、肘掛けにも、もちろん手持ちでも、使いやすくお洒落な「タンピコ:キャンバス・インサイドポケット付き縦型トートバッグ」です。

大きなバッグの中で見失いがちな携帯電話や定期券、免許証などは、出し入れがし易い内側のポケットに収納することも出来、また、キーホルダーなどを取り付けることが出来るループの存在も嬉しくなってしまいます。ループにリングを取り付ければ、さらに使いやすくなります。もちろん、バッグの口が開かないスナップボタン留めとなっています。

素材は、丈夫で軽めのキャンバス地に、ハンドルや両サイドの飾りの革紐、底角などには牛革を使用し、デイリーユースの中に、薄めに施されたマチ幅がシンプルなお洒落感・フレンチカジュアルを創り上げ、使う楽しさを感じさせてくれます。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月11日(Wed)▲ページの先頭へ
◆「WANTED」と大書した赤文字に釣られてメルセデスベンツのプレゼント企画に・・・
いくつか応募してきた。先日、久し振りにメルセデスベンツのオフィシャルサイトを覗くと大書された「WANTED」の赤い文字が眼に入ってきたが、クリックすることなくやり過ごした。

そして後日、新聞にメルセデスベンツの全面広告が掲載されており、オフィシャルサイトで見た「WANTED」の内容が書かれていたので「一応オイラもオーナーの末端にぶら下っているし、いくつか応募してみるか」と・・・。

オイラのslk350も、そろそろ車検が近くなっているので、購入店やディーラーからDMが届いているが、まだドコで車検を受けるかを決めていない。


「オーナーはもちろんのこと、クルマを愛するすべての方に嬉しいギフトをお届けします」のコピーの「WANTED」では、ベンツのオーナー対象のプレゼントや、オーナーじゃなくても応募できるプレゼントが用意されているようだ。

が、どちらにしても、ほとんどの場合は、オーナーで有る無しに関わらず、オフィシャルサイトで、メルセデス・ベンツ会員限定サービス「My Mercedes」会員登録をしなければならないのが多い。

そういえば昔、「なんか会員登録をした覚えがあるゾ」と思い出して、思いつくID(メールアドレス)やパスワードを入れるがログイン出来ない。登録をしてたボルボと勘違いしてたか、その後のサイトのリニューアルなどで「無効になっちまっているかだろうな」と考え、新規に登録し、応募の態勢を整える(笑)


まずオーナーでなくても誰でも応募できるプレゼントの一覧をみて、自分に合うかどうかを吟味


▼「F1グランプリ観戦付き「ドイツの旅」を抽選でプレゼント」(抽選)
 徹底的にくじ運は悪い私だが、くじ運の良い悪いをいう前に、自分のクルマで行けない所には興味は無い。これで、自分のクルマでアウトバーンを走らせてくれるというんだったら、応募し、お百度参りの願掛けをし、腕が伴えばアウトバーンでスピードオーバーで捕まってみたいんだが(私がボルボV70に乗っていた頃からの夢(笑)・・・・・というわけで、このプレゼントはパス、応募しない


▼「My Mercedes-Benz Magazine」プレゼント(全員)
 このオーナー専用誌メルセデスベンツマガジンは季刊らしいが、オイル交換などでディーラーへ行った時に、待ち時間などに読んでいて関心があった雑誌なので応募した。当ったって一年分とかじゃなく一冊だけだろうが、応募者全員に当るっていうし(笑)


▼「10万円新車購入サポートクーポン」キャンペーン(抽選)
 購入予定が無いんで応募はパス


▼「新型Bクラスオーナー体験」キャンペーン(抽選)
 むむむ、クマヨメが乗っているボルボV70も14年になるし、その後釜ということもチラッと頭を掠めたけど、今のボルボも音は五月蝿くなってきているけど棄てがたいしってんで応募はパス


▼「A,Bクラスの認定中古車をご成約の方に記念品をプレゼント」(抽選)
 購入予定が無いんで応募はパス。それにワイングラスを貰ったって、私にはワインがサッパリわからず苦手に近いんで・・・・・


んで次は「For Your Mercedes:オーナーのあなたへ」と称したオーナー対象のプレゼントへいく


▼「無償点検キャンペーン」(抽選)
 応募してから、点検内容をみると「ブレーキペダルの踏みしろ」「オイルの減り」とか「タイヤの磨耗」「ライト関係」とかとかの日常点検というか、車検の基本項目だけのようだった。経年劣化した各部品の交換時期などをリストアップしてもらえばいいのだろうが、多分別料金になるだろうなぁ〜


▼「更新地図ソフトプレゼントキャンペーン」(抽選)
 携帯やスマートフォンのカーナビのアプリのほうが最新地図に更新しやすいので「どうしようかな」とも思ったが、とりあえず応募してみた。純正カーナビに入っているのは、確か二年前くらいに購入したソフトだったように思う


▼「メルセデスベンツ車検/法定点検・ウェルカムキャンペーン2012」(抽選)
 キャンペーンじゃなく、私のSLK350の車検が近いのでDMがきてたけど、ドコで車検を受けようかと迷っている。現在、何の不都合もないので弄って欲しくないという気持ちが強いけど、ディーラーは、どうしても一手間二手間を加えてきそうで。

 それなら購入店で「ドコも弄らないで」と走る、停まる、照らすなどの基本項目だけを点検してもらって最低料金で車検を受け、その後に機会をみつけて、ディーラーで経年劣化などをみてもらう点検をしてもらおうかと思ったり・・・・・なので、応募はパス。


▼「特定リフレッシュメニューを割引価格でご提供」(抽選)
 対象アイテムというものを確認していないけど、応募はパスした。応募期間も長く設定されていたような気がしたんで、調子が悪いナと感じた時にチェックをして、対象アイテムであれば、泥縄式に応募するかも(笑)


で結局、くじ運が悪い私が応募したのは三件となった。

本は全員プレゼントだし、無償点検もディーラーへ足を運ばせるためのものだと思うから当りやすいかとも思うが、当っても使うかどうかはわからない。カーナビのソフトは「前述のように当ったら儲けもの。当らなくても携帯などがあるから不都合はない」程度のものなんで、


くじ運の強さを要求されるものは一件もない(爆)


これで、ヘッドライトの内側の汚れを綺麗にしてくれるサービスとか、好みのフロアマットにしてくれるとか、内装のカラーを変えてくれるサービスのプレゼントとか、テールライトというかリアランプを好みのものにしてくれるプレゼントとか・・・・・その類の楽しくなるようなプレゼント企画があったら、もっと真剣に応募するだろうな(笑)

もっとも、そんなプレゼント企画があったらイイナと思ってしまうのは私だけか、、、

私だけだろうなぁ(苦笑)


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月10日(Tue)▲ページの先頭へ
★カラー追加発売「キプリス:シルキーキップ・カードケース14」ブルーと、鏑木蓮著「時限」
「不思議な小説だなぁ」と感じながら読んでいた。鏑木蓮著「時限」の帯には本格警察小説とか京都府警片岡真子、、、などの文字が躍っているので期待をしていた。

が、京都府警片岡真子は、自分の未熟さを棚に挙げ上司を恨む女性刑事だった。主人公ゆえ、捜査を教えてくれる上司とソリが合わないのを正当化しようとしている。小説を読み進めていると、良い上司だということが直ぐにわかる。指導が素直に受け入れられないのが主人公か(苦笑)

鏑木蓮著「時限」

 枯山水を望む老舗呉服屋の別邸で、若い女性の首吊り死体が見つかった。京都府警五条署の片岡真子は、遺体の首筋に不可解な扼殺痕があると知り捜査を始める。遺留品と女性の過去から容疑者が絞られていく中、真子はある”時限”に挑まなければならなかった。女性刑事の情熱に絆されるカウントダウン・サスペンス!
--------------

刑事に配属される前に、それなりの教育をされているはずなのに、犯人なのかどうかも不明な初対面の関係者に、捜査の一部始終を話し事情徴収をしているシーンには、いくら新米刑事という設定にしても、あっけにとられた。手の内を見せ過ぎていて、犯人しか知りえない事実なんて聞きだせっこない。と、素人の私ですら思ってしまう。

文体も、なんかこなれていない感じで行き当たりバッタリを繋ぎ合せたような、ある意味拙い感じも受ける。作者の狙いか。


だから、物語の設定、トリックなどには凄いものがみられるが、上記などの関係から、折角のものがカルイ感じの小説になってしまっているような気がしてならない。モッタイナイ

これで、新米刑事じゃなく中堅かベテラン刑事を主人公にし、犯人との心理戦を綿密に描写されれば重厚な小説に仕上がり、読む者を唸らせるのではないかなとも、無責任な素人の生意気で思った。すんません



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「キプリス:シルキーキップ・カードケース14」ブルー:カラー追加発売
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1772.html
キプリス:シルキーキップ・カードケース14


 表側の皮革のカラーと同じカラーが内側にも配されたカラーコンビネーションがアクセントとなっている「キプリス:シルキーキップ・カードケース14」には、カード明細書や領収書などが入れられる大きめのポケットが表側背面と内側にあり、大変気が利く仕様となっています。

素材は、カーフのきめ細かさが残り、ある程度の厚みがあり丈夫。そして軽くて柔らかいキップという牛革の繊維組織にオイルをたっぷり染み込ませた、サラッとした手触り感が、まるでシルク素材に似ていることから、シルキーキップと呼ばれている美しい素材を使用した「キプリス:シルキーキップ・カードケース14」。

暖かくソフトなボリューム感を持たせており、使えば使うほどに艶と味がでてくる「キプリス:シルキーキップ・カードケース14」の、ソフト感、しっとり感が、さらに味わい深いものにしてくれるでしょう。

今までの、グリーン、チョコ、ブラックの三色に「落ち着いたブルー」が加わりました。

----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月09日(Mon)▲ページの先頭へ
★発売「グレンロイヤル:エコブライドルレザー・スリム・アジェンダカバー」全8色
生暖かい風が今日も吹いている。少しばかり黄砂もみられるようで、クルマのボンネットやルーフに薄っすらと埃が被ったようになっている。

それにしても、富山の昨日の日曜日は良いお天気でした。立山連峰も全開で姿を現した陽気に誘われ浮かれ出たくなっちまいましたが、こんなに良い天気になるとは思ってもいませんでしたので、何処かへ出かけるという予定は、まるっきり立てていませんでした。桜は、まだのようだし・・・・・


でも、こんな青空の下を走らないなんてオープン乗りの恥です(笑)。かといって無目的に走り回るのも趣味じゃないし・・・ってんで、高岡市にあり、山から下りてきたクマヨメの実家へ(・・・・・家ん中かい)


そして国道8号線を通って帰る道すがら・・・

片側二車線の国道8号線は、それなりに混んでいる。遅いクルマを避けるように走る後から、黒いフォルクスワーゲンのゴルフが付いてくる。走り屋みたいだ。


追い越し車線を走っているベンツslk350の数台前のクルマが走行車線に戻っていくのがみえた。その後のクルマも走行車線に戻るのをみて「遅いクルマが追越し車線を塞いでいるな」と判断し、前を走るSUVとともに、コッチも走行車線へ。案の定、遅いスピードの軽四が追い越し車線を塞いでいて、我々後続車は、走行車線からその軽四を追い抜こうとしていた。


slk350の前を走るSUVが追越し車線の軽四と並んだ時、それまでslk350の後を付いてきたゴルフが、追い越し車線に残ったまま、前になった遅い軽四にパッシングを数回浴びせ始めた。

しかし「パッシングを浴びせたって、軽四の横などの走行車線は、その軽四を追い越すための車列で塞がれ、追越し車線から走行車線へ戻ることができない」という状況を浴びせたゴルフは、パッシングを浴びせる前に判断できなかったのだろうか?

パッシングが「もっとスピードを上げろ」ってんなら、遅いまんまで追い越し車線を長い距離を走らないって。それに、追い越し車線を遅いスピードで走るクルマは、パッシングに気付かずマイペースで走っているのが多い。


交差点が近くなり右折車線にでも入る準備をし始めたのだろうか、その内、軽四が追越し車線の右のほうに寄っていく兆しがみえたので、slk350は、その軽四のスペースに入る準備をして、追い越し車線に戻り始める。

予想した通り軽四が右折車線に入り始めた頃には、slk350は追い越し車線のそのスペースに戻っていて、結果的に、slk350は軽四にパッシングを浴びせていたゴルフの直ぐ前になった。

軽四を走行車線から追い越そうとしていた車列を、軽四がいなくなった追越し車線からslk350が追い抜いていく。ゴルフも、slk350に前に入られた悔しさ(笑)からか煽るようにslk350の後をピタッと付いてくる。

走行車線の一団が切れると、その前の走行車線がそれなりの距離空いているので、さっきの軽四と違い交通マナーとしてのキープレフトを原則としている私は、スピードを維持したままslk350を走行車線に戻した。


つまり、slk350の前は、走行車線も追越し車線も暫くの距離ががら空きとなった状態なんで、後に付いてきたゴルフが突っ走って追い抜いていくかと思っていたが、、、、、

ゴルフは、急に周りのクルマと同じようなスピードに落としたらしく、slk350のドアミラーの中でドンドン小さくなっていく「なんでダ?あんなに走りたがってたのにぃ〜、車線も空いているにぃ〜」

そして、トラックや乗用車を安全スピードで追い越しているうちに、だいぶ後方になってしまったゴルフが完全に見えなくなっていた。さっきまで、かろうじてドアミラーに見えていたので、どこにも曲がった形跡もない。


そして、国道から下りて側道に入った頃、途中まで煽るように付いてきたゴルフがスピードを落とした理由が解ったような気がした。「slk350が、ゴルフを公道レースに誘うためにslk350を走行車線に戻して、二車線ともがら空き状態にしたんだろう。そんなのに、関わりたくない」ってことでスピードを落としたのだろうと。

・・・・・・アハハ、それだったら勘繰り過ぎだべ。アタシャ、走行車線が空いていれば走行車線に戻る人なんだべ。それだけのこと。


私だって、一般道路で公道レースに誘われていると感じることも多いけど、基本的に公道レースは好きじゃないし、公道レースが出来る腕も無い。他車に迷惑を掛けるような遅いスピードで走りはしないけど、自分のペースで走りたいだけなんだ。それが、死後硬直じゃないや生前硬直でアクセルを少しばかり深く踏んでしまうんで、周りよりちょっとだけ早くなってしまうだけなんですぅ。

ある県外の片側二車線道路を走っていた時なんかは、それまでの経緯から斜め前を走る追い越し車線のスカイラインの助手席の人から、イラストが描かれた太い左手で「追い抜いていけ」というジェスチャーで挑まれたけど、追い抜いたら追い抜き返されたりして自分のペースで走れなくなるんで、ちゃぁ〜んと、手を振ってお断りさせていただいたりしたこともあるけど、ゴルフのように、あからさまにスピードを落としたりはしない(笑)

そんなこんなを考えていたら、青空の下でなんか楽しくなってきた。



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「グレンロイヤル:エコブライドルレザー・スリム・アジェンダカバー」全8色
http://www.style.stones.jp/glenroyal/gr6236e.html

グレンロイヤル:エコブライドルレザー・スリム・アジェンダカバー

 一ヶ月単位でスケジュールが一目で確認できる月間見開きポケットダイアリーのクオバディス・ビソプランの使い勝手の良さに「グレンロイヤル:エコブライドルレザー・スリム・アジェンダカバー」が、拘りとセンスを添えてくれます。

グレンロイヤルの刻印がなされている内側は、表側のブライドルレザーの裏面をそのまま仕上げた素仕上げとなり、表側に設けられたシンプルなペンホルダーに差し込まれたペンが、薄型手帳の表紙をホールドする場所に収納されるようになっています。

電子手帳とビソプランを併せ持つことにより、電子手帳の良さを活かしつつ、電子手帳では掴み辛かったその月のイベントや業務などの主要なスケジュールなどを把握できるクオバディス・ビソプランを引き立て、スマートに持てる「グレンロイヤル:エコブライドルレザー・スリム・アジェンダカバー」です。

●「グレンロイヤル:エコブライドルレザー・スリム・アジェンダカバー」は、「クオバディス:ビソプラン」「バイプランニング」「イタルノート」に対応したサイズです。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月07日(Sat)▲ページの先頭へ
◆名残り雪を縫うようにオープンのベンツslk350は配送業者へも非日常気分♪
「あらら、降ったんだぁ〜、4月初旬も終わり頃だっちゅうに」と、リビングの窓のカーテンを開けて見えたご近所の軽四1ボックスのフロントガラスの下部にへばり付いている雪を見て思った。

東京では、桜が満開だというのに。

ベンツslk350のフロントガラス上の4月の名残り雪

庭に出てみると、道路や草の上には降った気配の欠片もないが、slk350のフロントガラスやリアガラス上にだけ、ちょっぴり名残り雪があった。

道路の一筋の雪は、先に外出したクマヨメが乗っているボルボv70のボンネットから滑り落ちたものだろう。

ボルボv70のボンネットから滑り落ちた名残り雪

「ドンヨリのままでも良いから、このまま続いてくれれば配送業者までオープンで走れるかな」と、ドンヨリしている空の状態を見上げながら祈る。

今日は、原則隔週休業となる土曜日なのだが、少し仕事をすることにしていた。それに入荷予定もある。休業日の土曜日は配送業者の集配を断っていて、集配が生じたときには、コッチで動くことにしています。その方が集配を待つこともなく土曜日をフレキシブルに出来るからです。


slk350の雪の写真を撮っているときに、いたいけな祈りもむなしくパラパラと霰が降ってきた。が、降ってくる霰をみていると、やっぱり春の霰になっていた。真ん丸の形をなしていなくて、柔らかいため形を崩しながら降ってくるようだ。

ベンツslk350に柔らかいアラレが降ってきた

そして、クルマのボンネットや道路に落ちるか落ちないうちに融けて水滴になっていく。根性のある霰は、崩れながらも暫くのあいだ水滴になることなく白く残っている。

冬と春のせめぎ合いかコラボレーションか。

みるみるうちに、庭の緑の上に白いドット模様が描かれ美しくみえたが、これにより入荷する荷物を引き取りに配送業者のターミナルまでの約9kmをオープンで行くことを諦めざるを得なかった。

緑の上にドット模様を描く名残り雪

「なんてこった」

会社に寄らず直接配送業者のターミナルに行き荷物を引き取る。その頃には、雪か霰かは止んでしまっていた。ルーフやリアガラスも濡れてはいるが乾き始めてもいるのを確認し、晴れたので当然ルーフを開けオープンにする。

配送業者のターミナルから会社に戻り少しの時間仕事をする普通の土曜日だが、オープンで走る時間が少しでも持てることで日常が非日常になり、時間に愉しさが付いてくる。

----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月06日(Fri)▲ページの先頭へ
★予告通り入荷「キプリス:シラサギレザー・カード入れ付きマネークリップ」チョコと、高野和明著「13階段」
13階段を上った、、、っていうか、高野和明著「13階段」を読んだ。読み始めると中断するのが惜しくなり「このまま読み切るまで起きてようか」という気持ちになってきたが、そこは男の子、断腸の思いで、読み止しになったページに栞を挟み本を閉じる。


いつも、展開を推理しながらサスペンスを読んでいくのだが、その展開が読めなかった。

高野和明著「13階段」

 無実の死刑囚を救い出すために与えられた期限は三ヶ月、報酬は一千万円だった。不可能とも思える仕事を引き受けた二人の男に待ち受けていた運命とは--------手に汗を握る展開と、胸を打つ驚愕の結末。現代社会の罪と罰を問い、圧倒的なサスペンスで読書界を震撼させた江戸川乱歩賞受賞作・「十年ぶりの後書き」収録。
--------------------

読みながら「コイツがやばいな」とか「コレがこうなるんじゃないかな」というのを二つ位感じていた。結果だけをみると、その二つは当っていた。一つは、モロにビンゴだった。もう一つは、結果は当っていたが、それまでのプロセスが全然違っていた、すごく手が込んでいた。さすが、作家だ。


「13階段」は、現在の死刑制度をベースにし踏み込んでいるもので、それをエンターティメントに昇華させ、面白さに惹き込まれながら矛盾だらけの死刑制度をわかりやすく説明し考えさせてくれる。

もちろん、ハラハラドキドキ付きとなっていた。


死刑制度の是非論が、いつも問われているが、「13階段」での「死刑がなくなれば、私刑が増えその連鎖が続いていきかねない。その不毛なる連鎖を断ち切るために、国によって行うしかない」というような、ある意味使い古された言葉が印象に残った。

そして、現在の法律は、殺されてしまった被害者やその家族より殺した犯人の命が守られていると他の作家の作品にもあったが、この「13階段」でも、そのようなことが語られていた。

とにかく、高野和明著「13階段」は予断を許さないスリリングな展開、どんでん返しの連続には、度肝を抜かれてしまった。


そして、最近読むようになった後書きで、高野和明氏は「ジェノサイド」の作者でもあるということを知り「おぉーーーっ」

「ジェノサイド」は、「2012年このミステリーがすごい」でランキング1位になった作品である。このミスを読んだとき興味を惹かれてはいたが、その内容が私に合わないかもぉ〜と判断し、未だに読むまでには至っていないものです。

「13階段」が、こんなに面白かったんだから、ジェノサイドも読んでみようかなという気持ちに傾き始めてはいる。



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
 昨日のブログでの予告どおり、たった今入荷いたしました
▼「キプリス:シラサギレザー・カード入れ付きマネークリップ」チョコ:入荷
http://www.style.stones.jp/cypris/cp8225.html
キプリス:シラサギレザー・カード入れ付きマネークリップ


 お札とカードを持つという機能を、シンプルに、シンプルにつきつめた一つの形を表した「キプリス・シラサギレザー・カード入れ付きマネークリップ」の原皮には、世界のトップタンナーしか使えないダッチキップ(オランダ)の中でも厳選されたブランドでもあるオークロというキップ素材のみを使用しています。

内側表地は、ロウ引き加工したヌメ革をあわせたコンビネーションの美しい仕上がりとともに、薄くて嵩張らない中に、カード入れを4ヶ所、ポケットを1ヶ所を備え、また、クリップしているお札がヒラヒラしないように、お札の片側を右側のホルダーポケットで挟んでおけます。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月05日(Thu)▲ページの先頭へ
★明日入荷予定「キプリス:シラサギレザー・カード入れ付きマネークリップ」チョコ
金切り声を上げた暴風が壁や窓を打ち叩いてくるのに起されてしまったのは本日5日1時半。「暴風雨のピークは、昨日のお昼頃だったんじゃないのか。またぶり返してきやがって・・・」と、寝床の中で思ってしまった。

4月3日午後2時半頃に砺波市で39.8mという過去最大、全国2番目の風速を記録した春の嵐、暴風により全国で甚大な被害が出た。富山県でも死者一人と重軽傷者が40人近く。住宅7棟が一部損壊。そして、全国ニュースでも繰り返し流されたトラックなどの横転は、富山市で13台、南砺市8台、砺波市で4台を含む28台に上ったという(北日本新聞4日朝刊より)


富山県内の庄川や常願寺川、神通川などの主だった河川は南北に流れているため、南風が吹き抜けやすくなっており、それらの河川に架かる橋を通るクルマにとって横風となってしまうため、横転事故現場の多くは橋の上となってしまう。

保冷車などを含むパネルバンのトラックが多くなっていて、横風の影響をモロに受けやすい。

昔々その昔、プロドライバーというか自動車運転手をしていた時代に、幌のトラックや保冷車などを運転していた時の横風には、先日ほどの強風じゃなくても「倒れるんじゃないか」と恐れながら運転していたことがあります。


風ではなかったが、私の運転ミスでアイスバーンで滑って、保冷車を助手席を下にして横転させてしまった時の4トントラックの車内では、運転をしていた私は、運転していた姿勢のまま助手席まで滑り落ちてしまい、その時は、一瞬何が起こったのかがわからなかった。

直ぐに気を取り直し「とにかく、クルマから出なくては・・・」と、横倒しになった車内でなんとか立ち上がり、上でハッチのような上蓋のようになっている運転席のドアを普通に開けようとしたが、手を上にして押し上げようとしているため力が入らないこともあり、重くて上に開かない。

それなら、、、と、ドアを開けるのを諦めドアガラスを下げて(この場合は、横にスライド状態か、、、汗)、ようやく運転席のドアの窓から脱出したという記憶が、トラック横転というニュースを聞いて蘇ってきた。


4日は、お昼過ぎまで暴風が吹き荒れていたが、夕方や推理小説を読み寝付く23時半頃まで際立った風が吹かなかったことで「これで終わったナ」と思ってしまったものだが、今日未明1時半頃に吹いていた暴風は、4日昼までの暴風が続いているかの如く吹き荒れ続け起されてしまった。

暴風雨自体や暴風雨が壁や窓を打ち叩く音の中でも、いつのまにか再び寝てしまっていたらしく「寝させてなるもんかっ」という、暴風雨の金切り声雄叫びで3時半過ぎにも、またまた起されてしまった。・・・それからは、寝ているのか寝ていないのかわからない感覚でしかなかった。

今13時半過ぎ、風や雨は一応収り穏やかな日中になっている。



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「キプリス:シラサギレザー・カード入れ付きマネークリップ」チョコ:6日入荷予定
http://www.style.stones.jp/cypris/cp8225.html

本日、17時前後に「品切れ」表示を解除いたします
キプリス:シラサギレザー・カード入れ付きマネークリップ


 お札とカードを持つという機能を、シンプルに、シンプルにつきつめた一つの形を表した「キプリス・シラサギレザー・カード入れ付きマネークリップ」の原皮には、世界のトップタンナーしか使えないダッチキップ(オランダ)の中でも厳選されたブランドでもあるオークロというキップ素材のみを使用しています。

タンニンとクロームのコンビ鞣しを選択することにより、繊維の詰まったシワの出にくい下地を作りあげた上で、表面にグレージングをかけてイタリア製の薬品にて、わざとムラをつけたナチュラルなアンティーク仕上げをして色に深みを出しています。(※製品によっては、ムラが目立たない場合もあります)

内側表地は、ロウ引き加工したヌメ革をあわせたコンビネーションの美しい仕上がりとともに、薄くて嵩張らない中に、カード入れを4ヶ所、ポケットを1ヶ所を備え、また、クリップしているお札がヒラヒラしないように、お札の片側を右側のホルダーポケットで挟んでおけます。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月04日(Wed)▲ページの先頭へ
◆温泉は不動明王と六本滝のステンドグラスの「大岩不動の湯」で、ほっこり
駐車場でクルマから下りた私の目に飛び込んできたのは、不動明王の美しいステンドグラスだった。近くにある国指定重要文化財である大岩日石寺の磨崖仏・不動明王像を模したものであろう。その横のフェンスから湯気が立ち上っていた。

大岩不動の湯の不動明王のステンドグラス

「大岩不動の湯」は、富山県道152号線沿いの鄙びた感じの大岩不動の湯の大看板を左に入って直ぐの場所にあり、黒い和風平屋造りのこじんまりとした建物だった。

大岩不動の湯

大岩不動の湯の玄関を入ると、右側が休憩所、そして左側がインフォメーションカウンターになっていた。そして脱衣場の中の張り紙には、「銭湯登録のため、ボディシャンプーやシャンプーリンスなどは備えていません」のようなことが書かれていたのを見て「あっ今、銭湯の料金は400円なんだ」と知った。

大岩不動の湯の館内

地元の杉や桧がふんだんに使われ木の香が漂う内風呂は、こじんまりとしていて趣がある。区切られた狭いほうの湯船は、ジャグジーになっていた。窓に嵌め込まれたステンドグラスは、さっき駐車場で見た大岩不動明王ではなく、六本瀧(ろっぽんだき)を模っていた。

大岩不動の湯の六本瀧のステンドグラスがある湯舟

この六本瀧のステンドグラスも、寒修行、滝行の場となっている大岩日石寺の六本瀧にちなんでいるものと思われる。

男性風呂が六本瀧なら、外から観た大岩不動明王は女性風呂ということになる。ちなみに、女性風呂と男性風呂は、日替わりということだそうだ。

大岩不動の湯の露天風呂

ウッディな内風呂から、露天風呂に出る。石組の露天風呂は趣があり美しい。奥には石灯篭が鎮座し、その近くには石を彫った不動明王や、天然岩なのかそのように彫ったのかはわからないが、亀の形をした岩もあった。

ウッディな大岩不動の湯

地元の杉や桧をたっぷり使った大岩不動の湯は、小さいながらも、すっごくゆったり寛ろぐことが出来、いつまでも温かさが続いていた。ちなみに、2008年9月の開湯とのことだった



※リニューアル中の「ぶらり北陸発」では、「こじんまりとした大岩不動の湯で、大きくゆったりほっこり寛ぐ」と題して、12枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_nakaniikawa_gun/oiwafudonoyu
1203.html


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2012年04月03日(Tue)▲ページの先頭へ
★発売「アッシュエム:マーカサイト&シルバー・イニシャル・ピンズ」A・D・E・F・Gと、ブラディ・ローズ
「スッ、凄いっ」と、いつまでも今邑彩著「ブラディ・ローズ」に捉われ、特にエピローグを繰り返し読んでいた。読まざるを得なかったというのが正解かもしれない。決して理解できないから繰り返し読むのではなく、この小説が終わった後が「どうなったか」の気配だけでも、エピローグから読み取れないものかと思ったからです。

もちろん、小説が終わった後に当然言葉がないから、読み取れるわけでもないんだが・・・・・帯にある「最後のページまで油断禁物!」の術中に嵌まってしまったからに他ならない(汗)


今邑彩氏は、推理小説とホラーを中心に書いている作家だが、私はホラーが好みじゃなく、この作家のは主に「警視庁捜査一課・貴島柊志」シリーズを読んでいる。そのシリーズ以外では「そして誰もいなくなる」「ルームメイト」など何冊かの作品も。

「ルームメイト」にはホラーっぽいのが散りばめられていたけど、面白く読めた。そして、「ブラディ・ローズ」を読みながらも、ホラーの匂いがプンプンしてくるようで、何回も「カバーや帯にホラーという言葉は無かったよな」と確認していた。読み始めてしまっているので、ホラーの文字があろうとなかろうと、すでに遅いのだが・・・・・。

今邑彩著「ブラディ・ローズ」

 美しい薔薇園を持つ屋敷の主人のもとに嫁いだ花梨。彼の二番目の妻は謎の死を遂げたばかりだが、主の妹・晶はじめ屋敷の一同は新しい花嫁を歓迎する。やがて、花梨のもとに悪意をむきだしにした脅迫状が届くようになり------。差出人はいったい何者なのか?傑作サスペンス長編。
------------------

「ブラディ・ローズ」の読後感みたいのを何か書けばいいのだろうが「面白かった」「凄い」以外に何にも書けない。何か一つ書いてもそれがネタバレに繋がるかもしれないと恐れてしまうからです。

何にも書けない作品、書かせない作品って、凄いと思わざるを得ない。

「ブラディ・ローズ」のエピローグが、この小説が完結していないと思わせてしまうほど、読者を翻弄しているというか余韻を残してしまっている。

エピローグだけでも、何回か繰り返し読みながら、未だに「どうなったのかな?」と思いを巡らす私が居る。



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼【ストーンズ・セレクション】アッシュエム:マーカサイト&シルバー・イニシャル・ピンズ「A・D・E・F・G」発売
http://www.style.stones.jp/stones_selection/am_silverpins_mcini01.html
【ストーンズ・セレクション】アッシュエム:マーカサイト&シルバー・イニシャル・ピンズ


 トンボやフクロウ、トカゲで注目を浴びているアッシュエム:マーカサイト&シルバー・ピンズに「イニシャル」が登場です。

一挙にアップできませんので、今回は五文字「A・D・E・F・G」となりますが、スーツの襟章に、シャツのカフスに、ビジネスバッグやトートバッグに、ハットやキャップに、大事な持ち物に、、、とアイデア一つで、さりげなく個性を表してくれ、プレゼントにも喜ばれること請け合いです。


マーカサイトは、「冷静、明察、叡智、沈着」という宝石言葉を持ち、冷静に物事をみつめ、知性を身につけ正しい判断を下すことが出来るようになる力があり、輝く未来へ向かう勇気を与えてくれるとも言われていることからパワーストーンとしても人気となっています。

そのマーカサイトを、スターリングシルバー(シルバー925)の銀台に埋め込みお洒落なピンズに仕上げられました。華美ではなく一見アンティーク風にも見え、さりげない装いに見えながら主張する「アッシュエム:マーカサイト&シルバー・イニシャル・ピンズ」は、持つ人の格に相応しい大人のシルバーアクセサリーです。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


   



新着エントリ


カレンダ
2012年4月
         

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (62)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (20)

アクセスカウンタ
今日:4,705
昨日:3,842
累計:7,692,766