ishidas - 2012/07

ishidasについて

2012年07月31日(Tue)▲ページの先頭へ
◆日がなのんびりカバー写真を撮ったりブナオ峠でシャクトリムシの動きに和んだり・・・
以前から気になっていたブナオ峠の先にある不動滝を目指した。ブナオ峠は、富山県道54号福光上平線にある峠で、古くは塩硝街道と呼ばれ、五箇山で産出した塩硝を金沢まで運ぶ重要なルートだったらしい。

が、今じゃ開かずの踏み切りならぬ開かずの峠となって久しい。

ブナオ峠がある富山県道54号の西赤尾ゲート

以前、不動滝を観がてら塩硝街道を走り、金沢の奥座敷と呼ばれる湯湧温泉で温泉に入ってくるというプランを実行してみたが、道路事情によりブナオ峠に行く前に沈没したことがあり、「一年中、いつも通行止めはダテじゃないんだ」ということを実感させられていた。


で、先日「不動滝までだけでも行ってこよ」ってことで、富山県道54号のゲートが開いていた西赤尾の食料品店で昼食代わりの食べ物などの買出しがてら情報を仕入れる。

「ゲートは6月1日から開いている。ブナオ峠までは行けるけど、その先はオートバイだって行けなくなっていて完全に通行止めになっている。不動滝ぃ?、聞いたことがないねぇ」


富山県道54号に入って間もなくの右側に大滝があるっていうけど、滝らしきものは見当たらなかった。大滝は道路から見えなくて、大滝谷を一時間余り沢登りしていくと、岩と岩の間に突然現れる滝だということを、後ほど、ブナオ峠で一緒になった山ヤさんから教えてもらった。

フェイスブックのカバー写真用にSLK350のバリオルーフ作動中を撮る

途中で、フェイスブックのカバー写真用の写真を撮っていたら、先ほど言葉を交わした金沢のライダーが通り過ぎていった。そのライダーは、五箇山上平から金沢へ抜けられると思ってきたらしい。


富山県道54号は、両脇の草が刈り取られ道路が広く見えるせいか、以前より走りやすくなっているような気がした。とはいえ、飛ばしちゃいけない。落石はもちろん、随所に道路を横断する沢水が流れている。

また道路を折れ線グラフか折り紙にしたV字回復の如く、V字型に舗装された箇所もあり、そのまま突っ込むとバンパーを突き上げかねないので、必殺ナナメカットでゆっくり通り抜ける。


さっきのライダーが戻ってきて、「ブナオ峠には、クルマが7〜8台停まっていたけど、通り抜けられなくてガッカリした」とブナオ峠の様子を教えてくれた。行きずりの会話のし易さもオープンの特徴となっている。

ブナオ峠から先は完全通行止め

ブナオ峠に着くと7〜8台のクルマが停まっていた。そして、ブナオ峠から刀利ダム、富山県福光や石川県湯湧温泉に通じる道路は、完全に通行止めになっていた。もっとも、見える範囲だけでも、クルマはおろかオートバイだって通れる状況じゃなくなっている。

白山国立公園大笠山方面案内図

ドアミラーでは、ナルシストのバッタがさっきからミラーを見入ったまま動かない。そして助手席のヘッドレストでは、シャクトリムシが散歩している。思いっきり一直線に身体を伸ばして届かないかなと見ていたロールバーに移っていった。「上手いナァ」

SLK350のヘッドレストとロールバーで遊ぶシャクトリムシ

シャクトリムシに草のほうに移動してもらってルーフを閉め、通行止めを匍匐前進ならぬ歩いて突破し(笑)、不動滝に向った。



※「ぶらり北陸発」では、「オープンエアを愉しみながら富山県道54号「ブナオ峠」を目指す」と題して、12枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_nanto_city/bunao_fudotaki12
07.html


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年07月30日(Mon)▲ページの先頭へ
★追加発売「ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳バイブルサイズ・リング径30mm」ワイン
五箇山徘徊で猫池へいく前に銚子滝を観にいこうと、昭文社ツーリングマップルRを見ながら、平地区で急遽決めた。

国道304号から国道156号に出て右折し世界遺産菅沼集落方面に向う。途中、皆葎集落があり、Y字型三叉路を右側の五箇山山村開発センターという施設の前の狭い道に入り国道156号と別れる。庄川の左岸側となる。

舗装はされているが、思っていたより狭く一車線しかない部分も多くあちらこちらに落石が見られるので、ゆっくり進む。


そうこうするうちに、Y字型の三叉路にでる。左側の舗装道路を進むのなら小原ダム方向のようで、国道156号に戻ってしまうことになるだろうから、そんなわけにはいかない。右側のダートに入る。ポールには「とやまの滝 銚子滝」と書かれている、正解っ

銚子滝への林道に入るslk350

進入時のダートが続く。凸凹でSLK350の腹を擦らないように、狭い道路を蛇行するようにコース取りをしながら這うように走る。今のところは腹を擦っていない。「なんで、酷いダートを最低地上高が低いSLK350で走るんだ」と訝しがる人も多いけど、アタシャ「オープンカーこそダートが似合う、森林が似合う」と思い込んでいるから始末が悪い。

それに「オープンカーで最低地上高が低いクルマが、こんなところを走っているシーンって希少なんじゃね」という馬鹿な打算もある、なんの打算かしらねぇけど(爆)


とはいえ、途中でクルマをデポして其処から歩こうかという気持ちになった時に限って、進行方向の先にフラットに近い部分があるように見え「アソコまで行くか。そこでまた考えよ」と引っ張られていく。

ダートが続く

コース取りの関係で、道縁の生い茂る草とハイタッチしながら行かなきゃならなくなる部分もあり、その後のオープンにしているドアの上を、生い茂る草から移動してきたのか、シャクトリムシが愛嬌のある歩き方でのんきに散歩していた、アハハ。

オッキナ虻(だと思う。赤褐色の)もやってくる。ナニが纏わりついてくるかわからないのでルーフを閉め、腹を擦らないようにゆっくり進んでいくと左カーブのところにポールが見えた。

とやまの滝銚子滝150メートルのポール

「とやまの滝 銚子滝前方150m」と書かれているポールは崖に立てられていて、崖っぷちやポールの周りにはケモノ道どころか踏み跡すら見当たらない。、、、ということは、数メートル下の堰堤に下りて、谷筋というには広くガレているような河原を上流に歩いていけば銚子滝が見られるんだろうと思ったが、谷筋を流れる水量の少なさに「銚子滝も期待できなさそう。ここで、止んぺ」と谷筋に下りることをせずに引き返すことにした。

「今度時間がある時にしよう」ということで銚子滝を観ることは止めたが、久し振りにダートを走ったことで満足感が生まれていたのかもしれない(笑)



※「ぶらり北陸発」では、「直前で引き返してきた富山県五箇山「銚子滝」」」と題して、6枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_nanto_city/choshitaki1207.html



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳バイブルサイズ・リング径30mm」ワイン:カラー追加発売
 http://www.style.stones.jp/brelio/br0519.html
ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳バイブルサイズ・リング径30mm


 夢をかなえたい、目標を達成したい、ヒラメキを企画にする、それぞれに使い方は違っていても、オン、オフと共に多忙なスケジュールをスマートにこなすための「ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳バイブルサイズ:リング径30mm」です。

コードバンの持つ透明感のある独特の艶と光沢が、一つ上の気品と風格を醸し出しながら、機能性と携帯性を兼ね備え、上質感とともにステータスやグレード感を物語っているブレイリオのコードバン。

ブレイリオでは、世界最高の皮革の一つといわれ、「KING OF LEATHER」の称号を持つコードバンの中でも最上質の原皮のみを厳選し、コードバンの持つ透明美を最大限に生かすために、水染めといわれる非常に繊細な染め技法を更に進化させた「ブレイリオ独自の染色技術」により仕上げられ、本物の持つ美しさを表現しています。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年07月28日(Sat)▲ページの先頭へ
★カラー追加発売「グレンロイヤル:フルブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」ニューブラック
「トロッコ電車が停車している間は、ホームから出ないでください」というアナウンスがしきりに流れており「なんでだろう?」と思わされた。黒部渓谷鉄道黒薙駅まで乗ってきたトロッコ電車は、猫又駅に向って動き出し、後曳橋を渡ってトンネル内に消えていった。

駅にトロッコ電車がいなくなって、ようやく「トロッコ電車が停車している間は、ホームから出ないでください」の意味が判ってきた。黒薙駅から外に出る道は、黒薙温泉旅館への道しかない。

黒部渓谷鉄道黒薙駅から黒薙温泉旅館への階段

その黒薙温泉旅館への道は、レールを挟んだホームの反対側に聳え立つ崖にへばりついたように造られている急な階段を上っていくことになり、トロッコ電車がいなくならないことには、階段への第一歩が踏み出せない。


黒薙温泉へは約600メートル、約20分。黒薙駅の階段を上りきると道の勾配が緩やかになってくる。俗に水平道というやつか。その山道のところどころをミツバツツジが華やかに彩っている。

後曳橋を渡る黒部渓谷鉄道トロッコ電車

トロッコ電車の撮影スポットだという看板の矢印方向をみると、下には後曳橋そして口を開けたトンネルが見えた。後は、トロッコ電車が来るのを待つだけとなる。じっくり時間を掛けるのは、帰りにしよう。

黒薙温泉旅館への山道

人を飲み込むかのように山道を覆っている大岩の下を潜る感じで歩いたり、聳え立つ山肌から流れ落ちてくる水に濡れるのを守ってくれるかように、道がトタン屋根に覆われた山道。遥か下には黒薙川が流れている。見上げるような岩場の上から分岐瀑のように水がしたたり落ちてくる。

険しい山の中にいるんだなぁ〜ということが実感できる。

黒薙温泉旅館へ100メートル

そして、緑に癒されながら歩いていると、対岸に大きい滝が見えた。滝があるなんて予期していなかった。そして、黒薙温泉旅館へ100mの看板のところに着く。そこから真下へ九十九折になっている階段を下りることになっていた。


ふぅ〜〜〜〜〜


※「ぶらり北陸発」では、「黒部渓谷鉄道黒薙駅から黒薙温泉旅館へ」」と題して、13枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_kurobe_city/kuronagionsen12
05_02.html



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「グレンロイヤル:フルブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」ニューブラック:カラー追加発売
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/gr5789.html
グレンロイヤル:フルブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース


 IDカードリーダーがどの位置にあっても、リールが伸縮するので、カードを首から提げたままIDカードリーダーを利用できる「グレンロイヤル:フルブライドルレザー・リールストラップ付きIDカードケース」のリール部分にも、アザミを模ったロゴマークやグレンロイヤルの英字が刻印されたブライドルレザーが使用されています。

ネックストラップの長さも調節でき、また、IDカードケースを使用しないときには取り外し、リールストラップに携帯電話やデジタルカメラなどを取り付けたりして、便利にご使用になれます。

素材となっているフルブライドルレザーとは、化学染料や顔料を一切含まない水性染料で染色されているため、最初は多少淡い色合いの見え方ですが、エイジングによってどんどん濃い色になっていきます。そのためブライドルレザーと比べて、エイジングがより楽しめます。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年07月26日(Thu)▲ページの先頭へ
★入荷「ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳バイブル・30mm」ブラック
いやぁー、暑苦しかったですねぇ。寝苦しかったですねぇ、昨晩は。寝室では、今年まだエアコンを入れたことがなく、幾つかある窓を開けっ放しにして寝ているんですが、風が無い夜なんかはタイマーをセットした扇風機を遠くのほうに置いて、風を起すように・・・


昨日はビッグコミックの最新号の発売日なんで、業務終了後に本屋へ直行。ビッグコミックだけなら近くのコンビニでもいいが「どんな雑誌、どんな文庫本が出ているかなぁ〜」的愉しみのために、やっぱ本屋です。

ビッグコミック最新号を手に持ち、いつもの私的導線に従って歩く。カー雑誌、山岳雑誌、そして単行本、文庫本をピックアップした島々から文庫本の大きな島へ。


最近、少なくともこの大型書店の文庫本の取扱い冊数というかタイトル数がめっちゃ少なくなっており、平積みと棚の陳列のタイトルが同じ場合も多く、通常なら棚の陳列では背表紙が並んでいるだけなんだけど、平積みのごとく表紙がまんま見えるように棚に並べられているため、棚一段に並んでいるタイトル数が少なくなっている。

そんな並べ方でさえ、棚を埋めきれないのか空いている部分も多くなってきている。さっきも書いたが、同じタイトルが棚と平積み・・・だけじゃ済まなくて、コッチにもアッチにも、反対側にも・・・・・

この大型書店の販売力が落ち、取扱いタイトル数か冊数を減らされたのか?(だったらローカルとはいえ大型チェーン店ゆえ、支店間で融通できないもんなのかなぁ〜とも)。それとも、タダでさえ出版不況の中で、夏場を迎えているからか・・・・・でも、昨年の夏は、こんなに酷くなかったなぁ〜とも思ったりして。


そんな小難しいことは置いといて、最近新聞広告が出てた本を探す。20日に行った時になかった香納諒一著「警視庁歌舞伎町特別分署K・S・Pシリーズ」の第三弾が今日も見当たらない。「なぜだぁっーーーっ」

さっきネットで調べてみた。K・S・P第一弾「孤独なき地」、第二弾「毒のある街」に続く第三弾・・・・・その傍には「単行本」の文字が見られる。「裏切ったなぁ〜っ」炎が、星飛雄馬の眼の如くめらめら燃え上がる。確か、K・S・Pシリーズは、勘違いしていなければ、文庫本書下ろしだったように思っている。

なので、第三弾の広告も「出たっ」ということだけ確認して、20日と25日に本屋で探したのに。単行本だなんて、偉くなったもんよのぉ〜(笑)ってことは、文庫本化されるまで、一、二年待たなきゃならないってことか(泣)


同じ日に広告されていた今邑彩著「赤いべべ着せよ」は買った。東直己著「誉れあれ」は、棚にあったが、後日購入することにして後回しにした。なぜなら、予期せぬタイトルを数冊買うことになったからです。

堂場瞬一著「汐灘サーガ・シリーズ」の長き雨の烙印、断絶に続く第三弾「夜の終焉」上・下巻と、先日、テレビドラマで観ることができた吉川英梨著「女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ」の第三弾「マリア」が、棚にあったんでビックリ、喜び、仰天テン

これで、以前から枕元にあるだけで手に取っていない香納諒一著「冬の砦」と麻生幾著「外事警察」は、また読むのが後回しになってしまいそうだ。


そして、暑くて寝付けなかった昨晩は、今野敏著「同期」を一気に読み終えた。

今野敏著「同期」

 警視庁捜査一課の宇田川は現場で発砲されるが、突然現れた公安所属の同期の蘇我に救われる。数日後、蘇我は懲戒免職となり消息不明に。宇田川は真相を探るが、調べるにつれ謎は深まる。”同期”(あいつ)は一体何者なのか?組織の壁に抗い、友を救おうとする刑事の闘いの行方は!?今野敏警察小説の最高峰がここにある!
-------------------

読み始めは、まどろこしささえ感じてしまったが、途中からどんどんスピード感が加速し面白かった。安積警部補シリーズ、隠蔽捜査シリーズから同期へと成熟感が増していく。そして、(理想論になるのかもしれないが)本質で生きる男たちが素晴らしい。


読み終えた今野敏著「同期」は、クマコへ送ってやらなくてもよい。先日、10冊以上送ってやったばかり。何時になるのか定かではないが、お盆前後のいつかに帰省して来たときに手渡しできる。それまでに堂場瞬一氏以外の本も読み終えていたいもんだ。あっ、クマコには堂場瞬一氏の文体が合わないんだって・・・。面白いのにぃ〜♪



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳バイブル・30mm」ブラック:入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br0519.html
ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳バイブル・30mm


 夢をかなえたい、目標を達成したい、ヒラメキを企画にする、それぞれに使い方は違っていても、オン、オフと共に多忙なスケジュールをスマートにこなすための「ブレイリオ:コードバン・ベルト付きシステム手帳バイブルサイズ:リング径30mm」です。

コードバンの持つ透明感のある独特の艶と光沢が、一つ上の気品と風格を醸し出しながら、機能性と携帯性を兼ね備え、上質感とともにステータスやグレード感を物語っているブレイリオのコードバン。

ブレイリオでは、世界最高の皮革の一つといわれ、「KING OF LEATHER」の称号を持つコードバンの中でも最上質の原皮のみを厳選し、コードバンの持つ透明美を最大限に生かすために、水染めといわれる非常に繊細な染め技法を更に進化させた「ブレイリオ独自の染色技術」により仕上げられ、本物の持つ美しさを表現しています。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年07月25日(Wed)▲ページの先頭へ
★発売「キプリス:オイルシェルコードバン・馬蹄型小銭入れ」3色と、蒲原沢の滝
レレレのレ?今、目に入ったのは滝ではないんかい?と快適にオープンエアを愉しみながら大糸線と呼んでいる国道148号新潟県と長野県の県境付近のトンネルに差し掛かろうとしたところで思った。

後続を確認しそこなったので、急ブレーキを掛けて停まりバックで戻る我侭なことも憚られてしまうため、そのまま湯原トンネルに突入し、湯原トンネルを出たところでUターンをし、今ほど見えた滝まで戻った。その近くにパーキングスペースが設けられていた。

そのパーキングスペースから歩いて直ぐの新國界橋から見上げると、砂防ダムの上に、先ほどの滝がダイナミックに落ち、流れていた。赤い鉄橋の下に二段になって見える。鉄橋と滝の組み合わせも面白い。

蒲原沢の滝

この辺りには、滝名を書いたものはない。後から調べると「蒲原沢の滝」(がまはらざわのたき)ということだった。

今立っている新國界橋は、1995年7月に上越地方を襲った集中豪雨で、國界橋が流失したという。クルマを停めたパーキングスペースには、流失した國界橋の左岸橋台の親柱上に取り付けられていた硬玉が飾られ、自然の猛威を伝えていた。


蒲原沢の滝の上に見える赤い鉄橋は、てっきりJR大糸線かといい加減に思えたが、考えてみれば、JR大糸線のこの辺りはトンネル区間になっているかと思え「じゃ、なんだろう?」・・・道路なら上ってみたいとも思ったが、進入禁止のバリケードがなされていたので諦めて、目的地に向かってエンジンを掛けた。

後日、調べると、蒲原沢の滝の上の赤い鉄橋は旧道に架かる橋ということで、次回、ココを通った時には、必ず旧道に上り、違った表情の蒲原沢の滝を観てみようといたいけな心に誓っていた。



※「ぶらり北陸発」では、「赤い鉄橋とダイナミックな蒲原沢の滝」」と題して、5枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_niigata/gamaharazawanotaki1207.html



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「キプリス:オイルシェルコードバン・馬蹄型小銭入れ」ワイン、チョコ、ネイビー:発売
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5442.html
キプリス:オイルシェルコードバン・馬蹄型小銭入れ


 オイルシェルコードバンの持つ風格が持つ掌に伝わってくるような存在感の「キプリス:オイルシェルコードバン・馬蹄型小銭入れ」は、使う人の心さえ豊かにしてくれるかのようです。

オイルシェルコードバンは、馬の尻の部分を何ヶ月も時間をかけ、伝統的ななめし方法により鞣されたとても貴重な革です。繊維が非常に緻密である為、牛革の2倍の強靭さを備えています。なめし後にオイルを加え更に、水で染めて仕上げられている為、自然の風合いがそのまま生かされ使い込む程に、信じられないほどのしなやかさと光沢が得られます。

また、内側には何も張らずに表のオイルシェルコードバンの裏をそのまま使用している構造のため、傷及びコードバン特有の黒い斑点があるものがあります。それも、一つの味わいとして愛着が深まることでしょう。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山県城端町水車の里
↑↑↑この写真に、2012年8月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年8月のカレンダーで、背景の写真は、富山県城端町水車の里の水車と水草です。


2012年07月24日(Tue)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:レーニアカーフ・風琴マチ名刺入れ」チャ、ブラック
日・月曜日は完全に死んでいました。夏風邪は馬鹿が引くっていいますけど、ほんまでんなぁ〜。あきらかに馬鹿を証明しちまいましたぁ〜(汗)

元凶はクマヨメっす。グチャグチャいってやがるんで「おい、熊インフルエンザを俺にうつすなよ」と土嚢とトンパックを積んでバリヤーを張っていたんですが、何の役にもたちません。簡単に粉砕されてしまいましたぁ。人間の力っつーのは、儚いもんです(泣)


数日前から左耳の奥を塞ぐような感じになり、その時は、他に症状も無く「ふ、ふん、ふん、ふん♪」だったんですが、特に酷くなったのは、日曜日の夕方頃から。日曜日から月曜日にかけて眠れませんでしたもの。鼻水を、せっせと出してやんなきゃ詰まって永久の眠りに・・・ってなっちまいます。

いくら「いつ死んでも良い」という覚悟を常時してるとはいえ、まだ、あと一年位はやんなきゃならないことがあるんで、そういうわけにはいかない。


昨日だって、出社はしたものの、ほとんど寝てましたぁ。起きてる気力が続かないんです。椅子に座ってても、お尻が痺れてくる感じで「横になるっきゃない」。ある程度、横になってりゃ、起きてしばらくは普通の状態に戻る感があるんですが、それもすぐに元の木阿弥、南無阿弥陀仏。

その横のほうでクマヨメが「まだ、うつしきってないんだよ」とほざきやがる。「まだ、私治ってないものぉ」


今日は、昨日より調子がよくなってきています。少なくとも昨日から今日に掛けて鼻水との闘いは起きず、眠れました。

でね、このまま治るのかと思いきや後遺症が残りそうでんねん。

数日前から左耳の奥を塞ぐような感じが、昨日は、こめかみ辺りに痛みが何回もいきなりきたりして「ほんまに、急性中耳炎かぁ」との思いに打ちひしがれて、、、、、は、いません。「なるんならなれやぁ」という気持ちも多々あり「医者にはいかねぇゾ」


んで、昨夕に後遺症を発見。「シャー」という耳鳴りがずぅーっと続いていて、耳鳴りだけなら良いけど、、、と聞こえ具合を自分でテスト。健常な右耳の半分くらいになりましたか、左耳の聞こえ具合は。

どの辺から難聴というのかわからないけど、今までだって、クマヨメが言うことの半分以上は聞こえない振りをしてたんで、クマヨメをいつも左側辺りにしておけば、演技しなくても半分以上は聞こえない・・・・・「ウヒッヒッヒッヒッ」



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「キプリス:レーニアカーフ・風琴マチ名刺入れ」チャ、ブラック:入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1122.html
キプリス:レーニアカーフ・風琴マチ名刺入れ


 「キプリス:レーニアカーフ風琴マチ名刺入れ」のマチの部分が、手風琴(アコーデオン)のジャバラの部分に似ているところから風琴マチといわれ商品名にもなっています。

一般商品のマチは、物が入る部分の内側に折れていますが、風琴マチは、外側に折れていて、お札や名刺などがマチに引っ掛かる事がなく、中に入れる量の多少に応じて、風琴マチがジャバラのように伸縮するため収納という点でも実用性に優れています。

また、この風琴マチシリーズの商品は、この「風琴マチ」、「コーナーの菊寄せ」、表にみえるステッチを隠す「忍び縫い」など、日本の伝統技術を駆使した製法のため、一級職人と呼ばれるにふさわしい技術を持った熟練した職人の手によって、一点一点丁寧に創り上げられた逸品です。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山県城端町水車の里
↑↑↑この写真に、2012年8月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年8月のカレンダーで、背景の写真は、富山県城端町水車の里の水車と水草です。


2012年07月21日(Sat)▲ページの先頭へ
★入荷「ブレイリオ:ティストフルコードバン・通しマチ名刺入れ」ブラック
「また、週末に雨が降りやがった」この一週間は、暑いアッツイお天気が続いていて「この分なら黒部川河原にある黒部渓谷鐘釣温泉の露天風呂に入れるかな」と期待していた。

以前、その鐘釣温泉に入りに行った時に「増水のため、黒部渓谷鐘釣温泉の露天風呂には入れません」というアナウンスをトロッコ電車に乗る黒部渓谷鉄道宇奈月駅で聞き、急遽、行き先を欅平に変更したということがあるからです。

が、今週末の黒部渓谷鐘釣温泉へ行くことは、どうしてもじゃなく漠然として思ってたもので、多分、今朝未明前後に晴れていたとしても、日曜日に行ったかどうかは定かではない。


確か昨夕19時前後のテレビで「富山県東部・西部の大雨注意報解除」とテロップが表示され「おい、今日何時、大雨注意報というほどの雨が降ったんだ?」と怪訝に思った。時々パラパラとくることもあったけど、概ね晴れていた。仕事を終えた後、slk350のルーフも乾いていたので、本屋までオープンで行ってきたくらいだ。


んで、夜も更け、窓を少し開けてはいるが暑苦しい中、純真無垢そのものの寝顔に入る。・・・・・夢の世界へ旅立つ・・・・・

少し肌寒くなってきたからか、昨日は起きなかったトイレに起きる。雨が降っている。開けた窓から雨が吹き込んでいないかどうかチェックする。雨はどんどん激しくなってくる。激スコールが続き、未明には、雷さえ連れてきやがった。


「なんでぇ、なんでぇ、大雨注意報解除の後に豪雨かよ」と半分以上寝惚け頭で思った。

降り続いた豪雨も、明るくなってきた6時頃(推定でしかありません)には止んできたようだ。今じゃ、陽射しさえみえる曇り空になっている。

「昨夕の大雨注意報解除はなんだったんだ」という思いが入道雲のように湧いてきたので、調べる。


某お天気サイトでは、

・2012年7月20日12:03:洪水注意報発表・大雨注意報発表

 その注意報が解除になり警報に

・2012年7月20日12:20:大雨警報発表・洪水警報発表
・2012年7月20日16:32:大雨警報解除・洪水警報解除

いろいろ目まぐるしく変わっているようだが、少なくとも射水市ではその間に、雨はパラパラでしかなく、多くは晴れていた。16時半位の解除が、19時くらいのテレビのテロップになったか。それにしてもタイムラグがあるなぁ〜


そして、再び注意報が発令されたのは何時なのかわからないが、

・2012年7月21日03:25:大雨注意報解除・洪水注意報解除
・2012年7月21日 03:25:洪水警報発表・大雨警報発表

今は、晴れているが、明日も晴れるのかどうかを調べていない。まだ、ドコへ行くかも決めていないからです。ドコへも行かずに、家でゴロゴロという手段もある。今晩でも、昭文社ツーリングマップルRを見て、面白そうなところをみつけたら出かけるとするか・・・・・

もっとも、日曜日がお天気になってしまうと、ドコへも行く予定がなくたってウズウズお出かけ虫と歩きたい虫が騒ぎ出し、出かけてしまうのは、毎度のことだけど・・・・・



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「ブレイリオ:ティストフルコードバン・通しマチ名刺入れ」ブラック:入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br4137.html
ブレイリオ:ティストフルコードバン・通しマチ名刺入れ


 コードバンの持つ透明感のある独特の艶と光沢が、一つ上の気品と風格を醸し出す「ブレイリオ:ティストフルコードバン・通しマチ名刺入れ」は、相手に洗練された印象を与えてくれ、落ち着いた優越を感じることができるでしょう。

コードバンとは、馬皮の尻(腰)部のみを指し、超緻密な林立した繊維組織からなるところに特徴があり、牛革の2倍から3倍の強靭さを持つと言われていわれています。そして内側の皮革には、同色のイタリアンカーフのヌメ革を合わせ、更に、内側の裏張り(裏地)には、馴染みやすさと軽量感を実現するためにソフトピッグを使用するという拘りを表しています。

ブレイリオでは、国内の染め職人が、水染めを更に改良した独自の染色技術で染め上げられたマッチェムコードバンの水染め特A反といわれる原皮レベルのもののみを使用し、ティストフルコードバンを創り上げています。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山県城端町水車の里
↑↑↑この写真に、2012年8月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年8月のカレンダーで、背景の写真は、富山県城端町水車の里の水車と水草です。


2012年07月20日(Fri)▲ページの先頭へ
★発売「グレンロイヤル:フルブライドルレザー・小銭入れ付き二つ折り財布」4色
トトロの世界に迷い込んだかに錯覚してしまう富山県平村と利賀村の境の小谷山山頂近くにある猫池を観たりして五箇山地区を這いずり回り、五箇山・和紙の里の愛称を持つ道の駅たいらから国道156号線を砺波インターチェンジを目指して走る。

時間は、19時頃と遅くなっているので、少しでも早く高速に乗りたいが、この辺りから高速のインターチェンジは離れている。高速的には遠回りになるかもしれないが、国道156号線を戻って五箇山インターチェンジを目指せば、少しは早く高速に乗れたかもしれないと思いながら庄川に架かる大渡橋を通っていると、、、、、

庄川峡の川霧


雲が庄川の水面に浮いている

浮いている雲の密度が濃く、雲に乗ってみたいと思った


大渡橋から、川霧を撮る

庄川峡の川霧を撮る

山腹を上り始める川霧を撮る


珍しい現象かどうかはわからないが、これだけ濃い川霧は初めてみるような気がする。

庄川の水面に沿って帯状に長く続いている。


ちなみに、富山県の名勝、カメラスポットとして名高い雨晴海岸の気嵐と川霧は、どのように違うのだろう?と素朴な疑問を持ちチョイ調べてみた。

川霧:川に発生する霧
気嵐:海、川、湖沼などに発生する霧
発生原因は、どちらも同じ

、、、ということは、ほとんど違いが無いってことか。せいぜい川霧は川に発生する霧だけを指すので専門店であり、気嵐は、水面であればどこでもいいようなのでオールマイティ、よろず屋的なものかと、勝手に解釈する(笑)


俳句の世界では、霧は秋の季語だが、今は7月。熱中症などなど暑い盛り、、、と思うと、霧はミストのように思えてきたし、長野県小谷村の霧の山の中では、樹木に付いた霧が集まって水滴となり落ちてきていた。

自然は、ファンタスティックぅ〜



ストーンズ・スタイルのトップページでは、横820ピクセルの「庄川峡の川霧」を掲載しています。


★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「グレンロイヤル:フルブライドルレザー・小銭入れ付き二つ折り財布」4色:発売
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/gr4128.html
グレンロイヤル:フルブライドルレザー・小銭入れ付き二つ折り財布


 ライフスタイルを確立しているものにとって、真面目顔の財布ばかりでは満足できないはず。そこで、楽しいカジュアルフィーリングを創りだし、大人の色気を醸し出す「グレンロイヤル:フルブライドルレザー小銭入れ付き二つ折り財布」です。コンパクトで軽め、使いやすく、耐久性も兼ね備えています。

素材となっているフルブライドルレザーとは、化学染料や顔料を一切含まない水性染料で染色されているため、最初は多少淡い色合いの見え方ですが、エイジングによってどんどん濃い色になっていきます。そのためブライドルレザーと比べて、エイジングがより楽しめます。

スコットランドの頑固な気質と長い伝統を強く伝える職人の誇りをかけて一品一品手作りされたこだわりの逸品「グレンロイヤル:フルブライドルレザー小銭入れ付き二つ折り財布」は、オン・オフの切り替え上手の充実した時間を過ごすためのアイテムとなっています。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山県城端町水車の里
↑↑↑この写真に、2012年8月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年8月のカレンダーで、背景の写真は、富山県城端町水車の里の水車と水草です。


2012年07月19日(Thu)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:レーニアカーフ・カード札入れ二つ折り財布」グリーン、ブラック
「えっ、うっそっ、またって・・・」 山と渓谷社の季刊雑誌「ワンダーフォーゲル」8月号の記事を見て驚いた。

この雑誌は、購入してから先日まで敢えて読まずにいた。三ヶ月に一回の大学病院での定期検査で長い待ち時間の時間潰しに読むために取って置いた。

山と渓谷社「ワンダーフォーゲル」

BE-PAL最新号(7月10日発売)に続き、東野圭吾著「プラチナデータ」を読み、暑くって寝付けなかった晩に誉田哲也著「インビジブルレイン」を読んでいたが、「ワンダーフォーゲル」8月号を病院での待ち時間に開くと「後立山連峰の北又林道が復旧工事のため通行止めに」という記事タイトルが飛び込んできた。


ほんま「またぁーーー」という驚きだった。


というのは、昨年7月に北又小屋近くの三段滝を観に行ったときのこと。北アルプス・朝日岳の富山県側登山口に通じる北又林道(町道湯ノ瀬北又間)は、一般車両は通行禁止で歩きかタクシーしか方法が無く、運良く他の登山者のタクシーに相乗りさせていただいたが「途中、土砂崩れでクルマが通れるかどうかがわからない。クルマが通れなかったら、そこから歩いてください」とタクシーの運転手に言われたものです。



▼北又林道土砂崩れ現場(2011)の仮設道路
[ブログ]http://ishidas.noblog.net/blog/c/11241783.html
[ぶらり北陸発]
http://www.stones.jp/area_toyama/c_shimoniikawa_gun/kitamata1107
10_01.html



▼北又林道土砂崩れ現場(2011)
[ブログ] http://ishidas.noblog.net/blog/c/11247944.html
[ぶらり北陸発]
http://www.stones.jp/area_toyama/c_shimoniikawa_gun/kitamata1107
10_05.html



その時は、クルマがなんとか通れるようになったばかりで、結局、行きはタクシー、帰りは徒歩でその土砂崩れ現場を通ったものです。(※ぶらり北陸発の関係ページの下のほうでは、その時の様子を順番に・・・)

後立山連峰北又林道の土砂崩れ復旧工事のため通行止めの記事

その土砂崩れの復旧工事期間中の昨年10月に再崩落が発生し、工事が中断していたという。「ワンダーフォーゲル」8月号の掲載写真でみると、行きはタクシー復路は徒歩で通ったあの仮設道路も完全に土砂で埋まってしまっている。

今年6月に復旧工事が再開したが、これに伴い歩行者・車両(山小屋関係、タクシーなど)共に全面通行止めにし、完全復旧は今年の9月〜10月の予定とのこと(早期開通の可能性有り)。昨年訪れた北又小屋も今シーズンの営業休止を余儀なくされているという。

そんな記事を読み、再崩落の驚きとともに「今は歩きでも行けないんだ。良い時に行ってきたなぁ」という感も併せ持った。


さて、今日の暑さを乗り切ったら、今晩はどんな本を読もうか思案投げ首ろくろっ首。まだ読んでいなくて枕元に積み上げてあるのは、グレゴリー一気見せ!!!特集のモノ・マガジン2012年8月2日号、香納諒一著「冬の砦」、今野敏著「同期」、他に公安関係の文庫本一冊、、、だけど、、、、、


あっ、そーだ。私にとって多少インパクトが薄かった「プラチナデータ」の東野圭吾氏原作をテレビドラマ化した「東野圭吾ミステリーズ」の日だ。一時間にギュウギュウ詰めにしてあるからか、メッチャ面白く愉しみにしているんで、、、、、その後、眠れなかったら、グレゴリーでいこうかとも・・・・・



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「キプリス:レーニアカーフ・カード札入れ二つ折り財布」グリーン、ブラック:入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1113.html
キプリス:レーニアカーフ・カード札入れ二つ折り財布


 レーニアカーフは、別名ベビーカーフと呼ばれ、カーフ素材の中でも最高の品質を持った生後三ヶ月位の仔牛の革で、自然の風合いをそのまま生かした素上げタイプです。その「レーニアカーフ」の第一印象は、「ビロードに似た肌触りの良さ、ソフトな質感が鹿革に似ている、そして柔らかい」ということでした。

この素材の特徴は、使い込む程にサラッとした触感の良いソフト感が増していき、持つことの喜びと使うことの楽しさを与えてくれ、本物を求める心に、革工職人集団「キプリス」からの「モノづくりのメッセージ」が伝わってきます。

柔らかさゆえ、多少傷がつきやすいともいえますが、その傷も、いつか使い込んでいるうちに馴染むとともに、一緒に過した時間を語ってくれ、さらに愛着が増す「キプリス:レーニアカーフ・カード札入れ二つ折り財布」は魅力のある逸品です。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山県城端町水車の里
↑↑↑この写真に、2012年8月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年8月のカレンダーで、背景の写真は、富山県城端町水車の里の水車と水草です。


2012年07月17日(Tue)▲ページの先頭へ
◆平「猫池」へは拡大鏡(ルーペ)で(笑)
情報が見えない。楽しい情報が多すぎて肝心要のマップが見えなくなっている最近のドライブの相棒である昭文社ツーリングマップルRである。


先日、オープンゆえの走りながらの森林浴とダートと落石にビビリながら、林道走りのマイナーなスポットをドライブし楽しんで来ましたが、その内の一つ五箇山の平地区の小谷山山頂付近にあるという猫池へ行こうとしました。

もちろん昭文社全日本道路地図には表示がなく、昭文社ツーリングマップルRならではの情報です。が、赤く書かれた「中江の霊水の説明文」の下になってしまってて、幹線道路から猫池へ分岐する箇所がわからない。

昭文社ツーリングマップルRより
<中江の霊水の右横に青文字で猫池>

国道156号からダイレクトに行ける林道があるのか、一旦、利賀村に抜ける山の神林道に入り、そこから左に分岐しているのか、分りづらい。林道ゆえ道路に色がついてなくベースと同じ白抜きになっているからか、尚更わかりにくい。

その時は、民家で訪ねて猫池へ無事行ってこれたが「この地図には、ルーペつか拡大鏡が必要だなぁ」と実感させられ、16日ホームセンターへ行き携帯に便利そうなのを購入してきた。


私の知人に、新聞をドーンと半球っぽいくらいの拡大鏡で読んでいる人がいるけど「とうとうオイラもルーペを使うようになったか(笑)」と。

ちなみに、自動車免許証には眼鏡使用等の条件は一切付いていないし、新聞だってなんだって普通に見る、、、ちゃう見るだけなら誰でもできる、、、読み進めることができる。この昭文社ツーリングマップルRだけが、オイラの目を煩わす。


携帯用のルーペで、猫池周辺を見てみた。赤い文字の下になんとか分岐っぽいのが読める。なんとかなりそうだ。

ルーペでみる昭文社ツーリングマップルR

そして、ツーリングマップルRでは滝の表示も多いのだが、その滝までは一本の線(多分、歩くしかない道)なのか、白抜きの二本の線(一般道?ダートであっても、なんとかクルマが入れる可能性がある道だと思う)なのかが、傍の川を表示する青いラインとも相まって、判別しにくかったのが、このルーペで、少しは判別しやすくなるかと思う。楽しみが増えそうだ。

携帯ルーペに対して贅沢をいわせてもらえば、この直径では狭い。レンズ自体の厚さはそのままでいいから1.5倍〜2倍くらいの直径があれば、ある広さを一目で観て把握できるのになぁ〜と感じた。

まっ、ツーリングマップルRをより活かしてくれる携帯用ルーペは、オイラのドライブスタイルに鬼に金棒となりそうだ。携帯用ルーペを無くさないよう、ツーリングマップルRに付いている透明のリングポケットに常時入れておこう。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山県城端町水車の里
↑↑↑この写真に、2012年8月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年8月のカレンダーで、背景の写真は、富山県城端町水車の里の水車と水草です。


2012年07月14日(Sat)▲ページの先頭へ
◆ン十年振りに黒部渓谷鉄道トロッコ電車に乗って黒薙駅に向う
空席があるのかどうかが少しばかり心配になりながらも、ン十年振りに黒部渓谷鉄道トロッコ電車の宇奈月駅に着いた。

ン十年振りというほどに足を遠ざけてしまっていたのは、昔々の黒部渓谷鉄道トロッコ電車は、全員着席制のため当日販売の乗車券ではすぐに乗れず、空席が出来るまで少なくとも何本かの電車を見送らざるを得ないほど混んでいて、予約で行動するのが好きじゃない私にとって、それ以降、足が向くわけも無く何時のまにかン十年が経過してしまっていたわけで、、、。

駐車場に着いて、宇奈月駅をみても、昔の面影どころか、その昔がどうだったかの記憶もなくなっている。ただ「立派な駅になっているなぁ」としか。


んでも、今年は、黒部渓谷鉄道沿線の温泉の制覇を目論んだ次第なので、多少のことは我慢しようかと(・・・大人になったなぁ〜・・・)。

黒部渓谷鉄道トロッコ電車宇奈月駅構内

先シーズンの豪雪のため全線開通が遅れ、例年より一ヶ月遅れの6月1日。現在(5月中旬)は、宇奈月駅〜猫又駅までの区間運転中ということを事前に知っており、欅平まで行っていないんならトロッコ電車は空いているかもしれないという予測もしながら、黒部渓谷鉄道トロッコ電車宇奈月駅の構内に入ると「○時○分の改札中」のアナウンスがしきりになされていて、、、「すぐに乗れそうだぁ」と、チケット販売の窓口へ急ぐ。


ホームに入っているトロッコ電車に乗り込む。空席が目立つ。トロッコ電車には、大別して、窓有り、窓無しがあるが、お天気が良いので、もちろん屋根とシートのみの窓無しに乗る。電車の中と外の仕切りは、チェーン一本だけとなっていて、オープンカーとはまた違った格別の楽しさを醸しだしている。もちろん、寒さ対策もしてきている。

今日、目指すは黒薙温泉なので、猫又駅のズゥーと手前の黒薙駅で下車となる。ゴトンゴトン心地よい響きで動き出してまもなく、富山県出身の女優室井滋氏の車内放送というかガイドが始まる。


黒部渓谷鉄道は、もともとは日本電力、日本発送電による黒部川電源開発のための資材運搬用鉄道であり、かつては便宜的に旅客を扱っていた。当時の旅客の切符となる「便乗證」には、生命の保障はしない旨の注意書きがあったという。

そして、宇奈月から欅平まで日本一深いV字峡谷を縫うように走るその距離は20.1km、1時間強の大自然の懐に抱かれたトロッコ電車の旅となります。


しばらくすると、宇奈月ダムのうなづき湖が現れる。美しいエメラルドグリーンの湖水に真っ赤な湖面橋が映える。この赤い湖面橋は、宇奈月温泉街から日帰り温泉入浴施設「とちの湯」へ行くときに渡ることができる。

黒部渓谷鉄道トロッコ電車から見るとちの湯

この日帰り温泉入浴施設「とちの湯」の露天風呂からは、対岸にトロッコ電車が走る姿が眺められ、カメラのシャッターを切りながら露天風呂に入っていたことを思い出す。今は、その逆。トロッコ電車から「とちの湯」を眺めている。

黒部渓谷鉄道トロッコ電車からみるサル専用吊り橋

サルがダム湖の対岸に渡れるようにと、サル専用吊り橋が架けられていた。生態系への配慮なのか、大自然を壊してダムを造った人間の後ろめたさの表れか。

黒部渓谷鉄道トロッコ電車からみる仏石

仏石谷と黒部川の出合付近の岩場に差し掛かると、自然石が石仏に似た形であるところから名付けられた「仏石」があった。昔、黒薙温泉等への湯治客が休む茶屋があり、入山者が安全を祈願していたと伝えられてるところから、宇奈月温泉から黒薙温泉まで歩けるかもしれないと思ったが、やはり、今やルートもなく完全に歩けなくなっているそうです。

黒部渓谷鉄道黒薙駅のトロッコ電車

トロッコ電車が猫又駅方面へ動き出す。後曳橋(あとびきはし)に差し掛かりトンネルに入る直前をデジイチで捉える。ちなみに、後曳橋は、黒部渓谷鉄道沿線で最も峻険な谷に架かり、高さ60m、長さ64mのスケールだという。かって入山者が、あまりの谷の深さに後ろへ引き下がったことから、後曳と呼ばれるようになったそうです。

後曳橋を渡る黒部渓谷鉄道トロッコ電車

さて、ここ黒薙駅から黒薙温泉へ向うことにしよう。



※「ぶらり北陸発」では、「黒部渓谷鉄道トロッコ電車に乗って黒薙駅へ」」と題して、11枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_kurobe_city/kuronagionsen12
05_01.html


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年07月13日(Fri)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:新コードバン&ベジタブル・キーホルダー」ワイン、ブラックと、原麻希アゲハ
ワクワク心待ちにして二階に上がりワンセグのスイッチを入れてチャンネルを合わす。

グァァァーーー、グァッー、グァッ・・・・・・ニュースが流れていた。チャンネルを間違え某国国営放送に入れたかと確認したが、チャンネルは間違えていなかった。流れているニュースにしても、なんか緊迫感はなくワイドショー的な感じに思えた。

時間を確認する。ちゃんと21時を過ぎたばかりだった。金曜プレステージが始まってても良い時間である。「何か、あったんかい?」と音声に耳をこらすと、前日の6月14日に、オーム真理教の最後の手配者が逮捕されたことで、6月15日の金曜プレステージは、放送予定だった「フルネームで呼ぶなっ」の「女性秘匿捜査官・原麻希」シリーズの「アゲハ」が、急遽、緊急報道特別番組に変えられてしまったものと判った。


「なんてこったいっ」


画面では、何処かの建物前からとかなんとか上っ面だけと思えるような「そんな中味の無いもんを流して・・・・・時間潰しかな?」としか思えないものが流れている。中味のある報道番組だったら、ワンセグに喰らいついているし、一階に下りてまともにテレビの前に座り込む。

「じゃ、はらまきは何時放送されるんだい?」と、枕元の推理小説を読み始めながら、時々ワンセグを合わせてみるが、タイミングが悪いのかわからない。金曜プレステージが終了する23時頃になってもわからなかった(泣)


そして今日は13日の金曜日。ゴルゴ13の日じゃないや、なんでもない普通の日の新聞のテレビ番組欄に「女性秘匿捜査官・原麻希 アゲハ」の文字が、ブレイクダンスを、ストリートダンスを、阿波踊りを、踊っていた。

ちなみに、今年も徳島の友人から阿波踊りに誘われたけど、今年も行けそうにない(号泣)、、、何年か前までは、地元の連に入れてもらって、手書きの連長のタスキを掛けさせてもらったり、高提灯を持って毎年踊るアホウになっていたものだけど・・・・・・


話が逸れた・・・・・・・・・・

「女性秘匿捜査官・原麻希 アゲハ」は、吉川英梨氏の原作。シリーズに「スワン」もありますというか、現在、少なくとも文庫本では「アゲハとスワン」の二巻だけかと。

アゲハを読んでいると、原麻希の夫とかその連れ子とかも、みぃ〜んな怪しくなり、面白くなってくる。だから、スワンも読む気になったわけだけど。


今のところ番組を差し替えるほどの大きな事件は起こっていないようなので、今晩こそ「女性秘匿捜査官・原麻希 アゲハ」が観られるだろう。愉しみだ。もちろん、その間は電話にも出ないしなんにもしない。薄い水割りを飲みながら・・・とだけとなります。

そして、現在、東野圭吾著「プラチナデータ」を読み始めているが、発売日の10日に店頭に無かったBE-PAL8月号を明日にでも買いにいく予定でいるので、その時に、数日前に新聞広告されていた誉田哲也著「インビジブルレイン」も店頭に並んでいることに期待しよう。



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「キプリス:新コードバン&ベジタブル・キーホルダー」ワイン、ブラック:入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5617.html
キプリス:新コードバン&ベジタブル・キーホルダー


 シンプルで存在感のあるフォルムの「キプリス:新コードバン&ベジタブル・キーホルダー」に施された「CYPRIS」と「CORDOVAN」の刻印が、大事なキーを付けるのに相応しい上質さを感じさせてくれます。

繊維が非常に緻密である為、牛革の2倍の強靭さを備えたコードバンの持つ独特の艶と、ヌメ革が持つ自然な風合いがうまく調和し、使い込むほどに、より一層増してくる「味わい」が、愛着を深めてくれることでしょう。

小さなリングを取り付ければ、複数のキーを取り付けられる余裕の大きさのリングを持つ「キプリス:新コードバン&ベジタブル・キーホルダー」は、バッグの中でも見失いにくい実用性に、お洒落な感覚をも併せ持っています。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山県城端町水車の里
↑↑↑この写真に、2012年8月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年8月のカレンダーで、背景の写真は、富山県城端町水車の里の水車と水草です。


2012年07月12日(Thu)▲ページの先頭へ
★同時発売「ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・ベルト」30mm幅と33mm幅
裏地に凝る、見えないところに凝る・・・それが、ほんとの贅沢だということを知る江戸の粋、、、、、とはいえ、その自分の拘りを少しは他人様にも知らしめたい気持ちもあるが(笑)、見せびらかすほど野暮じゃねぇ


外している時は派手にみえる赤と黒のコンビネーションが、身に着けると、腰周りはハイブリッドレザーの黒が支配していく。バックルで留めた部分からベルトの先端部分までの内側の赤がチラ見せとなり、心憎いほんとのお洒落を愉しむことができるかと思います。


ノイ・インテレッセ:レンクラッド・シリーズに息づく粋な色使いをベルトにも活かしています。この夏の、お洒落心の主役となりますっ



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・ベルト(30mm幅)」ブラック:発売
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3836.html
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・ベルト(30mm幅)


 表側にハイブリッドレザー(牛革)の黒、そして裏側には赤い牛革が配された「ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・ベルト(30mm幅)」を外しているときには、派手さを感じるかもしれませんが、ベルト装着時には、派手さは無くなりベルト先端部分の裏の赤のチラ見せお洒落になり、江戸から伝わる「粋」さえ感じられてきます。

バックルの上部サイドには、ノイ・インテレッセの刻印がなされ、基本的には、ウェストサイズに合わせて長さを調節できるフリーサイズ仕様となっている「ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・ベルト(30mm幅)」は、心の遊びを知る人にフィットするアイテムとなっています。



▼「ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・ベルト(33mm幅)」ブラック:発売
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3837.html
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・ベルト(33mm幅)


 バックル部分の流れるカーブが印象的な「ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・ベルト(33mm幅)」を外しているときには、派手さを感じるかもしれませんが、ベルト装着時には、派手さは無くなりベルト先端部分の裏の赤のチラ見せお洒落になり、江戸から伝わる「粋」さえ感じられてきます。

素材となっているハイブリッドレザーとは、1990年代に自動車業界からの要望により、車のハンドル用として開発され、車内の過酷な条件下で耐えうる特殊加工(ウレタン・エンボス加工)が施され、通常の染色革に比べ耐摩擦性、対光性、耐熱性、グリップ性に優れています。

---------

※30mm幅と33mm幅は、「ベルト幅」と「バックルの形状」そして「先端部分の形状」の違いとなっています。お好みに合わせてお選びください。
---------
●現在、ストーンズ・スタイルのトップページには、上記ベルト二種のイメージ大画像をドッカァーンと掲載いたしております。
----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山県城端町水車の里
↑↑↑この写真に、2012年8月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年8月のカレンダーで、背景の写真は、富山県城端町水車の里の水車と水草です。


2012年07月11日(Wed)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:新コードバン&ベジタブル・ササマチ名刺入れ」ワイン
先日も96キロオーバーで逮捕されたということが、ニュースサイトで報じられていたのを見て、スピードを出すのが好きな私でも「どうしてなんだろ〜なぁ?」と怪訝に思った。

オービスなら2キロ手前から「この先。設置しているよ」的な表示がしてあるし、覆面パンダだったら、それなりの条件を満たしているのを確認すれば「このクルマがソーだ」と判別できるし・・・・・・確かに、ウッカリということもありますが。


「高速道路で96キロオーバーということは200キロ近いスピードだったのか」・・・と思いながらも「アッシも、よく出しているスピードじゃん。最高速が340だったかのランボルさんなら、まだ大人しいんじゃね」とも思わせられたが、よくよく読んでみると「なんだ、156キロかぁ」と多少ガッカリ(苦笑)

なんでも、その高速というかトンネル内だからかどうか知らないが、制限速度が60キロだったらしい。


飛ばした理由が「回転数を上げたエンジン音とスピードを楽しみたかった」ということで、最近それほどスピードに関心が薄くなってきた私も「わかる、わかる」と思わず相槌、木槌。

私の場合は「回転数を上げていくときのエキゾーストサウンド」なんだよね。ランボルさんのエキゾーストサウンドはどんなか良く覚えてないけど、小さいとはいえslk350の、重低音が響くエキゾーストサウンドは、未だに痺れますねぇ、酔いますねぇ(笑)


むやみやたらに響きわたらせている重低音じゃなく、品を感じさせられる重低音なんです。ベンツさんもドライビングを愉しむ心をくすぐるかのように、良い音が出るように調整してあるなぁ〜と、いつも思ってしまいます。

・・・・・って、痺れる、酔うエキゾーストサウンドが発生するのは、加速時だけなんですよ。高速であっても巡航になれば聞けない音で、聞き続けるためには、アクセルを踏み続けなければならない(汗)。だから、普段は巡航、ここゾという時に一瞬だけ・・・で我慢


んで、オービスとか覆面パンダとかレーダーなどだったら「運が悪かった」で済ませてしまうこともできるが、現場写真を動画サイトに投稿がキッカケだなんて「なんだか、自分から捕まえてくれと言ってるようなもんじゃん」

なんでも、車内の後部にビデオを設置して前方を撮影し、動画サイトに投稿していたらしい。最近、動画サイトへの投稿ビデオから逮捕ってことを聞くことが多いけど、結局は、それって、日時、場所、スピードの三大証拠を公開しているってことになってしまう。


さっき、スピードに関心が薄くなってきたとはいっても制限速度を超えているのは確かで(多分、、、笑)、先日も、周りが後にいってしまう程のスピードで走る私の左前方に、白いお馴染みの車種がみえてきて「怪しいなぁ」と感じながらも、うっかりナンバーを確認し忘れ、運転席を横目でチラッも良く確認できず「おいらも鈍ったなぁ」

で、やっぱ怪しさ一杯なんで、追い越し車線から走行車線を走る白いクルマの二台前に入りながら、この県は勘違いしてなければ全域80キロ規制だったはずなので、それより30キロオーバー未満にスピードを落とす。落としながら「誰か突っ走ってきてくれれば、判断できるのになぁ」と右ドアミラーを見てると、SUVが飛ばしてきた「ラッキーっ」

飛ばしてきたSUVが私の横を通り過ぎてっても、二台後の白いクルマが追い越し車線に出るような動きをみせないので「なんだ、白いクルマは違っていたのか」と追越し車線に戻てはみたものの、まだ完全に気を許せないんで、しばらくSUVに追随して走る。白いクルマから数キロ離れた安全距離で、そのSUVを追い越す。


SUVを追い越してまもなく、目的のインターチェンジになったので高速から下りる道路に入りながら、ドアミラーやバックミラーをみていると、白いクルマも下りて来ていた。そして「見逃してやったんだよ」とでも言うかのごとく、白いクルマのルーフに赤色灯が回り出していて「やっぱ、覆面だったのかよぉ〜。でも、どうしてSUVを停めなかったんだぁ?・・・他の用事で一杯だったか」と冷や汗を掻きながら、ETCゲートを通り過ぎた。

ボルボV70では5年に一回位の頻度で切符を切られてたけど、SLK350になってから、まだ一回も切られていない。ボルボV70で最後に切符を切られた長野で、暗黙のうちにご指導を受けられたことが功を奏しているのかもしれない(笑)


まだ、辛うじて勘は鈍っていなかったことに、ほっ

動画サイトに投稿するのも面倒、投稿するほどのもんでもないし、というか、そんなんメッチャ面倒臭がりだが、これからも、オイラなりの安全運転に励もうっ



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「キプリス:新コードバン&ベジタブル・ササマチ名刺入れ」ワイン:入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5614.html


キプリス:新コードバン&ベジタブル・ササマチ名刺入れ

 大事な取引先やクライアントとの名刺交換の際に使うものだから選びたい、信頼感や誠実さを印象付ける「キプリス:新コードバン&ベジタブル・ササマチ名刺入れ」の持つ優美なカットが、上質さをも感じさせてくれます。

表には、馬の尻の部分を何ヶ月も時間をかけ伝統的ななめし法を用いた大変希少価値のあるオイルシェルコードバン(馬革)と、そして内側のヌメ革(牛革)の持つ温かみを感じるベイジュとの絶妙なコンビネーション。

繊維が非常に緻密である為、牛革の2倍の強靭さを備えたコードバンの持つ独特の艶と、ヌメ革が持つ自然な風合いがうまく調和し、使い込むほどに、より一層増してくる「味わい」が、大人の感性を魅了することでしょう。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山県城端町水車の里
↑↑↑この写真に、2012年8月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年8月のカレンダーで、背景の写真は、富山県城端町水車の里の水車と水草です。


2012年07月09日(Mon)▲ページの先頭へ
★少量入荷「ブレイリオ:コードバン長財布」チョコ、「ブレイリオ:ティストフルコードバン小銭入れ付き二つ折り財布」チョコ
非情な「通行止め」にもいろいろな理由があるため、全然通れないものと考なくなっている最近です。地元民に聞けば、入って良いかどうかもわかりやすいかとも思い、通行止めの近くに民家などがあれば、情報を得るようにしています。


しっかりした鉄製のゲートがあっても「入っていいよ。通った後は必ずゲートを閉めてくださいね」という、関係者以外立入禁止のための通行止め。地元民以外の山菜取りを防止するものだろうと思われます。

通行止めのバリケードがしてあっても、そのバリケードを開けて通っても、通行止めの理由がわからない林道もあったり。多分、行政の管理の目が行き届かないから「通行止めにしときゃいいだろ」的なものかと・・・・・慣れている者は、自分ン家の門を開けるかの如く通っていく(笑)


黒部渓谷鉄道欅平から祖母谷へは、名剣温泉を過ぎたばかりのところに、先日通行止めのバリケードとネットがしてあったが、関係者から「道路が崩落しているので、一般観光客が入り込むのを防ぐためなので、装備をしていれば仮設道路(幅60cmくらい)を通っていっていいよ」という言葉を聞け、祖母谷温泉の小屋開けの日に祖母谷温泉に入れたことも。


富山県城端町の夫婦滝や縄ヶ池への道路の崩落のときも歩いて入れたので夫婦滝まで行ってきた数年後の今年、国道304号から入る林道の入口に「除雪作業中のため通行止め」のバリケードがなされていたが、夫婦滝までなら何回か来ているので「勝手知ったるなんとやら・・・」で、バリケードをずらして通って夫婦滝まで。少なくない台数のクルマが入っていた(笑)

もっとも、夫婦滝から縄ヶ池への道路の途中は、両側の雪の壁に挟まれた道路がだんだん狭くなっていて「平日は除雪作業中なんだろうな」というのが実感できた。


そして、昨日8日、長野県小谷へドライブ。昭文社ツーリングマップルRで、小谷温泉のところに”滝”マークをみつけたからです。縮尺の違いからか、同じ昭文社の全日本道路地図には、そんなところに滝のタの字も書いてない。昭文社ツーリングマップルRの実力を思い知らされた。

尾丸の滝を観て、小谷温泉に入る、これで蕎麦があれば申し分ないけど、そんな欲張りなことをいっちゃいけねぇ。そして、小谷温泉を通る長野県道114号から新潟県妙高市それも私が大好きな笹ヶ峰高原へ抜けられるという。

そういえば、笹ヶ峰高原のヒコサの滝を観に行ったときに「長野県側へは通行止め」(多分、時期的に・・・だと思う)とかいう看板があったことを思い出し「笹ヶ峰高原と小谷温泉は繋がってんだぁ。良いドライブコースを見ぃ〜つけたぁ」

小谷温泉と笹ヶ峰高原間は通行止め

昭文社ツーリングマップルRには「11月中旬から6月中旬まで通行止め」と書かれていて通れるものとルンルン気分だったが、雨飾荘の横の道路には、非情な通行止めのチェーンが。「例年なら8月頃から開通するが、今年は土砂崩れがあったんで、いつになるやら・・・」ということだった、残念っ


んで、小谷温泉に入るのを後にして、小谷温泉から笹ヶ峰高原コースを変更して、国道148号を通らずに林道姫川妙高線を通って帰る下見のため、湯峠までくると、舗装が切れこれからダートというところで通行止めになっていた。ガスも濃くなってきて視界も悪くなってきたので、無理矢理林道に入ることもしないで尻尾を巻いて小谷温泉へ戻る。

林道姫川妙高線峠湯側の通行止め

地元の人の話によると「一年中通行止めになっているし、道路状況は、普通車だったら完全に腹を擦るくらい荒れている。湯峠側はバリケードやチェーン等の通行止めでその気になれば簡単に入れるかもしれないが、アッチ(姫川側)はしっかりしたゲートになっているから戻ってくることになる。行かなくて正解だったよ」ということで、バイクに乗らない私は「こんな時にジムニーが欲しいっ」と、つい思ってしまった。

それにしても、今後のドライブは、昭文社ツーリングマップルRを基にし、林道走りの場合も多くなっていくのが目に見えていて、どんどん通行止めに出くわしそうな気配がしてきた(笑)



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「ブレイリオ:コードバン長財布」チョコ:少量入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br4005.html
ブレイリオ:コードバン長財布


 長財布を開いた時に周りからカードを見られなくし、また、カードが落ちにくくしてくれるフラップがカード入れの上に付けられた「ブレイリオ:コードバン長財布」の札入れ部分には、最大約1.8cmのササマチが付けられお札の出し入れがしやすくなっています。

ブレイリオでは、コードバンの中でも最上質の原皮のみを厳選し、コードバンの持つ透明美を最大限に生かすために、水染めといわれる非常に繊細な染め技法を更に進化させた「ブレイリオ独自の染色技術」により仕上げられ、本物の持つ美しさを表現しています。



▼「ブレイリオ:ティストフルコードバン・小銭入れ付き二つ折り財布」チョコ:少量入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br4048.html
ブレイリオ:ティストフルコードバン・小銭入れ付き二つ折り財布


 コードバンの持つ透明感のある独特の艶と光沢が、一つ上の気品と風格を醸し出す「ブレイリオ:ティストフルコードバン・小銭入れ付き二つ折り財布」は、触れた時に感じる上質という名の心地よさが、持つ人の確かな審美眼を物語っているようです。

札入れや、ササマチの上部が7cmと大きく開き、小銭の出し入れがしやすいササマチ小銭入れ、カード入れの内側の裏張り(裏地)には、馴染みやすさと軽量感を実現するためにソフトピッグを使用するという拘りを表し、スタンダードな仕様でありながら、拘る心を捉えて離さない価値観を創り上げています。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年07月07日(Sat)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:新コードバン&ベジタブル・カード入れ付きマネークリップ」ブラックと、城端町水車ウォッチングロード
「えっ、そんなん何時からぁ〜」と、富山県城端町のガイドマップに「城端・水車の里」と書かれているのを見て思った。そしてマップには、道路の両側にいくつかの水車が配された水車ウォッチングロードなるものが書かれていた。

城端町の中心となっている城端別院善徳寺の前の通りを西へ歩いていくと、高欄というか欄干に龍が施された廓龍橋を渡ってまもなくの右側に、城端・水車の里の説明板とともに水車小屋があった。

水車と水面をビッシリ埋める水草

水車は、水車小屋の池のようなところに設置されており、池の水面は目にも鮮やかな水草でビッシリ埋められ緑の面をなしていた。

そして、水車を縦に投影した部分だけを切り取ったように、四角い水面が現れていた。水草の緑と四角い水の透明感のコントラストが、非常にグラフィカルに感じた。


そして、沢山の水車があるらしい水車ウォッチングロードに期待を持たせられ、歩き回った。

数々の水車を撮った写真を整理していないのでまだ記事にはならないが、印象的だった上記の水草と水車の写真を背景に8月のカレンダーを入れて、今月の「ストーンズ・オリジナルフォトカレンダー」にした次第です。

なお、ストーンズ・スタイルのトップページを、横820ピクセルの大画像が飾っています。



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「キプリス:新コードバン&ベジタブル・カード入れ付きマネークリップ」ブラック:入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5613.html
キプリス:新コードバン&ベジタブル・カード入れ付きマネークリップ


 カードを取り出しやすくしている優美なカーブを持つカード入れを備えた「キプリス:新コードバン&ベジタブル・カード入れ付きマネークリップ」は、ポケットをも備えマネークリップの機能を高めています。

表には、馬の尻の部分を何ヶ月も時間をかけ伝統的ななめし法を用いた大変希少価値のあるオイルシェルコードバン(馬革)と、そして内側のヌメ革(牛革)の持つ温かみを感じるベイジュとの絶妙なコンビネーション。

繊維が非常に緻密である為、牛革の2倍の強靭さを備えたコードバンの持つ独特の艶と、ヌメ革が持つ自然な風合いがうまく調和し、使い込むほどに、より一層増してくる「味わい」が、大人の感性を魅了することでしょう。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山県城端町水車の里
↑↑↑この写真に、2012年8月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年8月のカレンダーで、背景の写真は、富山県城端町水車の里の水車と水草です。


2012年07月06日(Fri)▲ページの先頭へ
◆楽しさが溢れていた昭文社「ツーリングマップルR」
少しばかり足元を見られた気がした。もちろん、そう思ってしまったのは、私の僻みでしかない(苦笑)

昨日5日、ビッグコミックオリジナル最新号の発売日なので、本屋へ急いだ。近くのコンビニで済まさず本屋にするのは、ビッグコミックオリジナル最新号だけが目的じゃなく、他の雑誌だったり文庫本だったり、、、面白そーだと思える本や雑誌と出会う機会を増やすためですぅ。


で、昨日は、ビッグコミックオリジナル最新号もそうだけど、もっと楽しみにしていた昭文社「ツーリングマップル」という、バイク乗りつかツーリングライダーのための道路地図を買おうと。

先日のブログで書きました、スズキ・ジムニーでの林道走りの「奥の超細道」を著された寺崎勉氏が、通常の道路地図じゃなく昭文社「ツーリングマップル」を愛用されていることを知り「あっ、そっかぁ〜。バイク用だったら林道も詳しく出てるかもね。それなら滝の表示も多いかもね」と。


本屋で、昭文社「ツーリングマップル」を手に取りページを開く。バイク乗りのためだからか本のサイズもA5とコンパクト。自動車用のようにバカでかく無い。開いたページには、A5にこれでもかと情報を詰め込んであるためか、めっちゃ細かい文字だが、老眼がほんの少し入っていると思える私の目でも、そんなに離さなくても通常の距離でなんとか読める。・・・が「もっと見易いサイズがないか」と、棚を探すと、B5変(245×194mm)のサイズの昭文社「ツーリングマップルR」があった。

昭文社「ツーリングマップルR」

A5サイズの昭文社「ツーリングマップル」とB5変サイズの昭文社「ツーリングマップルR」とを並べて、同じページを開いて見比べる。


・情報量は同じ:A5サイズ「ツーリングマップル」を120%大きくしただけの「ツーリングマップルR」

・製本は、通常の綴じの「ツーリングマップル」と、「ツーリングマップルR」はリング製本という違い

・「ツーリングマップルR」は、雨に濡れても強い耐水紙を使用

などなどが主な違いとなっており、価格は昭文社「ツーリングマップル」(中部北陸版)が1,680円(税込)で、「ツーリングマップルR」(中部北陸版)が2,940円(税込)となっていた。

つまり同じ情報量なのに、20%拡大印刷しただけで価格は75%増しってことになる(笑)


「オイラに老眼が少し入ってきてさえいなければ・・・(笑)」、広げて解釈すれば、ライダーに中高年が多いという現状をふまえて「足元を見られてしまってるかぁ〜」という思いも小さく生じてきたが、「通常の紙と比べて格段に防水性が高いというオーパー紙」を使用しているためだろうと納得させ、涙をゴックンと呑んで見易い「ツーリングマップルR」にした。もっとも、クルマで使用する分には、耐水紙じゃなくてもいいんだけどね。


夕食後、ワンセグで昨日から始まった東野圭吾ミステリーズの第一弾「さよならコーチ」を見ながら、「ツーリングマップルR」(中部北陸版)をパラパラ捲る。「さよならコーチ」の原作を読んでいるということもあるかもしれないが、「ツーリングマップルR」の面白さに釘付けになった。

昭文社「ツーリングマップルR」のコメントが楽しい

「ガードレールが無い断崖絶壁」「ダートが4.5km」とか「名水で打たれた蕎麦はお勧め」とかとかの一口コメントが面白い。ビッシリ書き込んである。なんでも、実走取材によるものだそうです。

林道走りが好きなオープンカーだけど、オイラもモニターになりたいナと思わせられてしまった(笑)


寝床で、ツーリングマップルRをパラパラしてるだけで、ドライブをしている楽しさがビンビン伝わってくる。

ちなみに、先日の日曜日に行こうとして雨で出かけなかったマイナーな場所も、道路はダートのようだけどチャンと載っていた。ドライブに常備している全国道路地図には掲載されていない場所で、このことからさえも、情報が細かいということを知らされ面白くなると同時に、今後が愉しみになってきた。

昭文社「ツーリングマップルR」と全日本道路地図とのサイズ比較

早速、今度の日曜日には、ツーリングマップルRをお供に林道を走ってこようかと・・・。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山県城端町水車の里
↑↑↑この写真に、2012年8月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年8月のカレンダーで、背景の写真は、富山県城端町水車の里の水車と水草です。


2012年07月05日(Thu)▲ページの先頭へ
◆贅沢な時間が漂う「平湯温泉神の湯」(岐阜県)
交通の難所と恐れられていた国道158号・安房峠(あぼうとうげ)も、1997年に安房トンネル(安房峠道路)が開通してからというもの、交通量が激減している。安房トンネルを通ってみたこともあるが、当然のようにトンネルの中ばかり、走りやすさなどから「つまんなぁ〜い」となってしまって、時間が許すときには、楽しい国道158号・安房峠を走るようにしています。

国道158号・安房峠は、ヘアピンカーブの連続、大型自動車同士いやマイクロバスと乗用車だって擦れ違えない狭い道幅の箇所も多く、冬期には通行止めになっていた。


が、国道158号・安房峠の平湯温泉近くから少し入ったところに平湯温泉神の湯があるってことを、今の今まで知らなかった。

平湯大滝を観た後は、福地温泉に入って帰る予定だったが、平湯バスターミナルでいただいた観光マップに、平湯温泉発祥の地と云われる秘湯 硫黄泉鉄分の泉質「神の湯」と書かれており「やっぱ、平湯温泉発祥の地というのに入っておかないと祟りがあるべ」と、福地温泉から急遽「平湯温泉神の湯」に変更した次第です。


奥飛騨温泉郷平湯大滝公園で
-----------
▼平湯温泉の発祥を伝える「白猿伝説」
 今から四百五十年程前、甲斐の兵士達がやっとの思いで平湯大滝までたどり着きぼんやりと滝を眺めていると滝の口から一匹の年老いた白猿が降りてきて、山中にこんこんと湧き出る温泉へと導いてくれました。これが平湯温泉の始まりと伝えられています。
-----------
、、、と説明された看板を思い出し、白猿が案内したこんこんと湧き出る温泉とは「神の湯」のことかと思ってしまう。

平湯温泉神の湯

平湯温泉から国道158号入り安房峠に向っていくと、あかんだな公共駐車場へ行く手前の左カーブんところにある右折する道路に入る。細い山道を少しばかり入っていくと、平湯温泉神の湯があり駐車場にクルマを入れる。駐車場の後ろは、渓流が音を立て残雪も見える。

平湯温泉神の湯の上が女湯、下が男湯

簡易舗装の坂を上り受付で料金を支払い、さらに50メートルほど登った左側に男湯があった。そして、さらに坂を上り、丁度、男湯の真上にあたるところに女湯がある。


山の斜面に造られ、巨木と岩と緑に取り囲まれた露天風呂の硫黄の匂いが漂いほんのり白濁した湯に浸かりながら、「温泉の原点に入っている」とさえ思わされた。

小さな洗い場で軽く流し、温泉に入ったり日向ぼっこをしたりを繰り返し、何回か入りに来ているという岐阜県関市と岐阜県羽島市の二人連れの漫談をBGMに、ゆったりとした贅沢な時間を過ごすことができた。

巨木と岩と緑に囲まれた平湯温泉神の湯

私の中で上位にランクインする、い〜い温泉となった。



※「ぶらり北陸発」では、「平湯温泉「神の湯」で温泉の原点を味わう:2012」」と題して、8枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_gifu/kaminoyu1205.html


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年07月04日(Wed)▲ページの先頭へ
★少量入荷「ブレイリオ:コードバン・システム手帳バイブルサイズ・リング径15mm」チョコ
一週間だったか9日振りに雨が降った日曜日。どこ行くこともせず徘徊にいそしむことにした。というのは、岐阜県天生湿原で山道や雪渓をナンキロか歩き駐車場への戻り道、足が攣ってしまって、そりゃ痛かったことが原因ですぅ

ちょいの間休憩して直ったんですが、それからというもの、アタシャ「運動不足とかなんとか言っている段階はとぉーの昔に過ぎちまって衰弱して歩けなくなるかもぉ〜」の脅迫観念という切羽詰った心理に陥っちまっているんです。毎日毎日パソコンの前に座ったきりだもんね。

それからというもの、歩き場所を求めて、縄ヶ池周辺や城端市街地の徘徊、黒部渓谷欅平の奥の祖母谷(ばばだに)などなどを日曜日ごとに歩いてきましたが、先日は、あいにくの雨。ご近所周りの徘徊と相成った次第です。もっとも、週一回じゃなくせめて週二回は歩きたいので、ご近所の徘徊コース探しも兼ねていますデス。


まず、自宅の猫額庭のテッポウユリが、白、オレンジ、紫の三色の勢揃い。いつもより多めに咲いているような・・・・・

テッポウユリ

そして、先日からここら辺り周辺を飛び回っているシオカラトンボが、今日は自宅の壁を中心に。多分、自分が生まれた故郷ともいえる手造り水漏れ池に戻ってきたってとこでしょう。大分前にヤゴの抜け殻を水漏れ池でみつけましたんで。

シオカラトンボの雌

胸とか腹とかが銀白色になっているのが一般的にシオカラトンボと云われていますが、そのような色のは雄で、シオカラトンボの雌や成虫になっていない雄などは、写真のような色になり、一般的にミソトンボとかムギワラトンボとか呼ばれますが、みぃ〜んなシオカラトンボなんですぅ。


んで自宅から離れ、約2キロ離れた小杉小学校を通り過ぎて下条川沿いを南に上がり旧国道8号線に出て帰路に。途中に、白と赤のめっちゃ可愛い花が群生していましたんで、思わずパチリ。調べると「チェリーセージ・ホットリップス」という花名のようです。

群生するチェリーセージ・ホットリップス

チェリーセージ・ホットリップスは、シソ科サルビア属で、耐乾性、耐暑性もあって花期が4月〜11月ととても長く、手入れ次第で6ヶ月もの長い期間、花を咲かせて楽しむ事が出来るということです。

花の色も真っ白があったり白と赤のコンビとか真っ赤とか。そして、赤の濃淡などは気温にも左右されるそうで、なんか庭にあれば面白そうな花になりそうです。機会があれば、ホームセンターへ行ってくるか、、、と。でもなぁ〜、誰が手入れするんだ?・・・・・誰もいねぇや(汗)

チェリーセージ・ホットリップス

ちなみに花言葉は「燃ゆる思い」とか。


そして酒のディスカウントショップの前には、「赤兎馬 定価で売っています」の大看板が。「赤兎馬ってナニっ?」でしたが焼酎のようです。、、、、、ということは、人気があるからってことでプレミア価格で販売してるお店も多いってことか。

「赤兎馬 定価で売っています」の看板

定価ってことは、オープン価格ということでもなさそうだし「いくら人気があっても定価があれば定価で販売するのがあたり前じゃね」と、つい思ってもた。私はアルコールに弱いんで焼酎は飲まないから、どーでもいいけど(笑)


お腹が減ってきたので、夕食までの繋ぎにと、宇治の何百年のキャリアの抹茶屋さんが監修するという抹茶メロンパンとレッドブルをコンビニで購入し歩きながら食べる。

レッドブルはエナジードリンクのようですが、私にとって初めて飲んでみる飲み物です。昨年大学生のクマコが、テント持参(そのような指定とか)で連続50日間超えの東北ボランティアに行ったときに、レッドブル飲み放題の差し入れがあったそうで、

クマコから私が初めて耳にした「疲れが取れ元気になるレッドブル」のようなニュアンスに、思わず「一般に出回っているんなら怪しい飲み物じゃないだろうけど、習慣になっちゃいけないから程ほどにしときなヨ」と言ってしまったほどです。今じゃ、笑い話になってしまいますが・・・

クマコは「みんなは一日五本くらい飲んでいるようだけど、私は三本以内に抑えている」とかなんとか言っていたような記憶がウッスラ残っています(笑)


なんだかんだで、久し振りのご近所徘徊の距離は約5キロ。でも、距離の割には、楽しいコースでもないなと。とはいっても、他にも楽しそうなコースはなさそうだし・・・。

やっぱ、違った土地を徘徊するしかないかな、、、と思う今日この頃でございますぅ。



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「ブレイリオ:コードバン・システム手帳バイブルサイズ・リング径15mm」チョコ:少量入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br0501.html

ブレイリオ:コードバン・システム手帳バイブルサイズ・リング径15mm

 リング径が15mmの薄さだから、セカンドバッグの中でもスッキリ収まりやすい「ブレイリオ:コードバン・システム手帳バイブルサイズ」(リング径15mm)は、必要な時にサッと取り出せ大事な情報を逃しません。

コードバンの持つ透明感のある独特の艶と光沢が、一つ上の気品と風格を醸し出しながら、機能性と携帯性を兼ね備え、上質感とともにステータスやグレード感を物語っているブレイリオ:コードバンシステム手帳。

ブレイリオでは、世界最高の皮革の一つといわれ、「KING OF LEATHER」の称号を持つコードバンの中でも最上質の原皮のみを厳選し、コードバンの持つ透明美を最大限に生かすために、水染めといわれる非常に繊細な染め技法を更に進化させた「ブレイリオ独自の染色技術」により仕上げられ、本物の持つ美しさを表現しています。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年07月02日(Mon)▲ページの先頭へ
◆林道走りのスズキ・ジムニー・寺崎勉著「奥の超細道」とベンツSLK350
家の中が広くなったような匂いがして目覚めた日曜日。クマヨメは、私が起きた時には出てったらしく、「それで家の中が広いんだぁ」と独りごちた。晴れたら里山徘徊に行こうと思っていたが、外はしと降る雨になっていたので、草木に付いた雨滴で濡れ鼠になるのがみえている藪こぎも想定される里山徘徊を止めて、広くなった自宅を伸び伸び満喫することにした。


音量を絞ったメジャーリーグ中継をBGMに昨日(土曜日)に買ってきたムック誌の寺崎勉著「奥の超細道」(サブタイトル?:宿なし林道放浪記)のページを捲り始める。スズキ・ジムニーで各地の林道を攻めテント泊したレポート集のようなものだが、こんな本があったなんて、こんな人が居るとは・・・・・・嬉しいし、そんな生活に羨ましささえ・・・

寺崎勉著「奥の超細道」

車種こそ違え、SLK350に乗るようになってから数年、滝観行や里山徘徊と相まって、今やクマヨメの足となっているボルボV70に乗っていた頃より林道を攻めることが多いので共感する部分がほとんどで、違いは野宿というかテント泊をするかしないか程度のものと思った。

あっ、どんだけ山奥に入れるかどうかもあるか。SLK350だと尻尾を巻きやすいし(苦笑)


そのテント泊でさえ、昨年東北でボランティアをした大学生のクマコに貸した1人用アライテント(ほんとは、プレゼント気分90%なんだけどね)が返ってくれば、私もテント泊を実行するつもりでいます。独りでテント泊が出来るかどうかわかんねぇへタレだけど(爆)、やっぱビールを飲りながら、夕陽を観たいものぉ〜

土日1泊程度のもんだからSLK350のトランクの狭さでもなんとかなるっしょ。後に、リアカータイプのボックスを引っ張ることも考えるけど、それじゃ高速でスピード出せなくなってしまうし(苦笑)


林道に覆い被さるように伸び伸びと茂っている草木を、SLK350で払いながら歩くように走っていると、時々、ジムニーなどのミニ四駆なら気苦労もなく走れるのになぁ〜とも思うが「じゃ、林道の入口までどーすんだ」となると、高速などでは、前のクルマの前に進みたいアッシの性分では、やはりSLK350を選んでしまう。

だから、SLK350のボディの両サイドには草木の擦った後が無数に残っている。塗装がしっかりしてて目立たないからいいけど。


ハンドルで上手くコースを取らないと腹を擦ってしまう、道が岩で出来ているのかと思ってしまうくらい、岩で凸凹した車幅くらいの道?岩場を走るときも多々あります。

道幅が狭すぎて交わし切れずに、腹の底からゴツンという音を聞いたときには肝っ玉が縮み上がるが、それすら「こんな酷いところを、ゴツン一回切りで走ったんだゾ。ガリガリガリではなかったゾ」というヒーロー感を持つこともあるから重症この上もない(苦笑)

富山県片貝川の上流や新潟県妙高の林道をはじめとして腹を擦った場所へは、またまた行きたくなってしまうから始末におえない。


なんてたって、見上げれば青空ぁ〜が全てを解決にしてくれます

山の中でゆっくり走りながら出来る森林浴が全てを快適にしてくれまぁ〜す


ちなみに、寺崎勉著「奥の超細道」には、富山はもとより北陸の林道の走破レポートはなかった。著者が盛んに強調している事情から察するに、北陸まで来る気がないのかもしれないと失礼なことを思ってしまったが、それは編集部が解決するかとも(笑)

そして、林道探しというか林道を走る際には、一般的な道路地図じゃなくバイク用のツーリングマップが良さそうだということを、「奥の超細道」から教えてもらった。あっ、ツーリングマップだったら、もっと多くの滝が載っているかもしれないし・・・。早速つかビッグコミックオリジナルの発売日の5日にでも買ってコヨ。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


   





カレンダ
2012年7月
       

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (176)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (20)
6月 (17)
7月 (15)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (9)

アクセスカウンタ
今日:3,324
昨日:1,174
累計:8,685,707