ishidas - 2014/09

ishidasについて

2014年09月30日(Tue)▲ページの先頭へ
★発売「ノイ・インテレッセ:サール・小銭入れ付き二つ折り財布」レッド、ブラックと、奥入瀬渓流「阿修羅の流れ」
「やっぱり、森の中はええな」と、森林浴を目一杯浴びるようにオープンエアを愉しみながら奥入瀬渓流をゆっくり遡ってくると、舗装された道路と未舗装の路肩に跨って停めている車列があり、多くの観光客の賑わいがあった。

奥入瀬渓流で一番流れが激しく最も美しいといわれる景勝地であり、銚子大滝や雲井の滝と共に、奥入瀬渓流を代表するビューポイントとなっている「阿修羅の流れ」というところだった。大きな岩々がゴロゴロしているところを展望する足場にして、思い思いに記念写真を撮っていた。

奥入瀬渓流「阿修羅の流れ」

苔むした岩々を打ち砕くかのようにぶつかる激しく雄々しい流れが、戦いを好む神といわれる阿修羅ような様から名付けられたようです。

生い茂る木々の緑の中を、荒々しく、うねるように切り裂いてくる激流の白い飛沫が陽射しに煌めき、絶妙のコントラストを描き出していた。



※「ぶらり北陸発」では、「奥入瀬渓流を遡る「阿修羅の流れ→平成の流れ(平成の滝)→千筋の滝」」と題して、07枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_zenkoku/oirasekeiryu201408_02.html



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「ノイ・インテレッセ:サール・小銭入れ付き二つ折り財布」レッド、ブラック:発売
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3943.html
ノイ・インテレッセ:サール・小銭入れ付き二つ折り財布


 表側と内側の赤と黒のカラーコンビネーションが、スピード感を巧みに表現し、それぞれ精悍ささえ感じさせる「ノイ・インテレッセ:サール・小銭入れ付き二つ折り財布」は、つい周りに見せたくなってしまう楽しささえ感じさせてくれます。

表側にはナンバープレートをイメージしたアイコンが施され、素材には、車のステアリング用として開発されたハイブリッドレザーを使用しております。特殊ウレタン・エンボス加工を施すことで、通常の染色革に比べ耐摩擦性、耐光性、耐熱性、グリップ性に優れています。

また内側には、自然なまま、傷などを隠さず、鑢(やすり)をかけたり、磨いたり、スムースにしたりしない鞣し革「フル・グレインレザー」を使用し、最高品質の繊維組織から成り立ち、風合いがあり耐久性が高いという特徴を持っています。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
八方和田野の森
↑↑↑この写真に、2014年11月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年11月のカレンダーで、写真は、長野県白馬八方黒菱林道の入口にある「和田野の森」です。


2014年09月27日(Sat)▲ページの先頭へ
◆「絶対っ滑って落ちる」と自信を持った奥入瀬渓流の倒木の一本橋?と「石ケ戸」の岩屋と早瀬
美女の盗賊なら襲わ・・・・・・と、オッサン的心が少しばかり動くが、「鬼神」つー位だから、、、と正気に戻り見学していた奥入瀬渓流「石ケ戸」だった。

「ケ戸」とは、この地方の方言で小屋を意味する。つまり「石ケ戸」とは石でできた小屋、いわゆる岩やを意味している。実際大きな岩の一方がカツラの巨木によって支えられて岩小屋のように見える。昔、鬼神のお松という美女の盗賊がここをすみかとし、旅人から金品を奪っていたという伝説がある。
--------
・・・・・・・という説明がなされていた。

それにしても、こんな岩屋を棲みかとしているくらいだから、盗賊としても稼ぎが悪かったんだろうなぁ〜とか、こんな山ン中よりもう少し人通りが良い所もあるだろうに、、、とか、稼ぎが悪そうな盗賊より他にいろいろ稼ぎ方もあっただろうに、、、とかとか、自分の要領の悪さを棚に上げたりしながら勝手に思いを巡らしていた。

奥入瀬渓流「石ケ戸の早瀬」

その「石ケ戸」より少し上流に、三乱の流れのように流れが激しい箇所があった。石ケ戸の瀬とか石ケ戸の早瀬という場所らしい。ダイナミックな流れ、水の動きに魅せられ、いつのまにかアップで何枚か撮っていた。アップだと場所が特定し難いだろうけど、私にとって「良いものは良いのだ」「場所が特定できなくとも、この良さはここにしかない」・・・と居直る自己満足200%の世界(笑)


屏風岩付近に、倒木が倒れており(さぶっ)奥入瀬渓流を横切り一本の丸太橋のようになっていた。若者が、向こうの橋・・・ちゃう端まで渡って戻ってきた。向こうは崖で岸というスペースは無い。

奥入瀬渓流「石ケ戸の早瀬」の流れ

以前だったら、私も渡ってみようとしていただろうが「今ならゼッテェ足を滑らせているだろうなぁ」という大人の自制心(笑)が芽生えていた・・・・・・単なる恐怖心、落ちたときの濡れ鼠のカッコ悪さを想像しただけか(汗)



※「ぶらり北陸発」では、「奥入瀬渓流を遡る旅「三乱の流れ→石ケ戸→石ケ戸の早瀬→屏風岩付近」」と題して、10枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_zenkoku/oirasekeiryu201408_01.html


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月26日(Fri)▲ページの先頭へ
◆どう読む?→「三乱の流れ」から始まった奥入瀬渓流観光ドライブ
「久し振りだなぁ〜」という言葉さえ色褪せ、口走るのも恥ずかしいくらい振りに奥入瀬渓流にきた。昔々は、フェアレディ280Z/Tバールーフで北海道へ所用で行った帰りに、青森市内からあえて奥入瀬渓流にコースを取ったものです。今やヒストリックカーとして扱われてしまう車から数えてもン十年振りとなってしまう。

おいらせ渓流観光センターや奥入瀬湧水館、奥入瀬渓流館、焼山バス停などがある焼山(やけやま)から、奥入瀬渓流を遡るドライブが始まった。十和田湖畔子ノ口までの約14キロメートルの短い距離だが、昔のように、亀の一寸擦り的にちょっと行ってはクルマを停めて渓流を観光していれば、それなりの時間を要するだろうと思われた。それだけの見所がある。


昔はインターネットも知られていない頃で、もちろん観光の資料もなかったが、今回は、十和田市観光協会のオフィシャルサイトから「奥入瀬渓流マップ」をプリントアウトし、心強い。

何にも知らずに行き当たりばったりの奥入瀬渓流の観光をした者にとって、奥入瀬渓流マップには、たくさんの名所の名称が書かれていることに「こんなに、いろいろな名所名があったのかなぁ」と訝しげにさえ思えてくる。

当時は、鬱蒼とした秘境を観たという印象だった。名称なんてあったのかなぁとさえ思えてくる・・・・・・いつから、このような名称が付けられたんだろう?

奥入瀬渓流「三乱の流れ」

とにかく、奥入瀬渓流観光の入口といえる「三乱の流れ」というところに差し掛かり、すぐにクルマを下りて観光する。観光パンフレットなどにも、よく写真で紹介されているスポットだ。

三乱の流れでは、三つの川が合流し、浅瀬ゆえか立つ泡が水の色さえ白くみせるかのような激しい清流の中に、小島のように点在する苔むす岩に木が生え、川淵の緑の木々と相まって独特の景観を創り上げていた。

「三乱の流れ」を普通に「さんらんのながれ」と読んでいたが、後日「さみだれのながれ」と読むことを知った。「さみだれ」でググッても、ヒットするのは五月雨ばかりで三乱は無かったが、人名や地名などでの日本語の読みの難しさをあらためて知らされた。



※「ぶらり北陸発」では、「奥入瀬渓流を遡る旅「三乱の流れ→石ケ戸→石ケ戸の早瀬→屏風岩付近」」と題して、10枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_zenkoku/oirasekeiryu201408_01.html


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月25日(Thu)▲ページの先頭へ
◆アリバイが無い・・・通り魔から住居侵入に変わる・・・
第一報がもたらされた。「小杉町三ヶ辺りに通り魔が出たらしい。警察がウヨウヨしていた。通り魔は刃物を振り回していたようだ」と集荷に来た配送業者が教えてくれた。応対に出たクマヨメが「えっ、通り魔。小杉もいよいよ全国区?」とバカなことを言っている声が、二階にいる私に聞こえてきた。

(全国区?、バカ言ってんじゃねぇよ。ココは熊出没地区だ。お前が居るからな)と心の中で毒突いた。間違っても、言葉の一欠けらも声に出しちゃいけない。声にした途端に、立ち木にマーキングをするかの如く引っ掻かれ殴られる(汗)


三ヶ地区は、会社から3〜4km離れた場所で、幼稚園や小学校、中学校、高校やパワーセンター、JR小杉駅、ショッピングセンターなどが1km圏内にあり、旧小杉町としての賑わいを持っている。賑わいとはいっても、田舎町の賑わいなので歩行者は、生徒だけのようなものです。

昨夕の時点では、犯行時間や場所がよくわからなかった。それにしても、なにも人通りが少ない地味な街で通り魔だなんて・・・という思いにもなってくる。


第三者が、オイラの車のフロアから採取したオイラの髪の毛などを現場にばら撒きながら犯行を行えば、私が疑われる。濡れ衣を着せられる・・・・・・乃南アサ氏の短編だったかで、髪の毛ではなかったが貶める人に関連する物証になる物を集め犯行現場に置いてきたというのがあったようなことを思い出し、私に適用していた(笑)

今まで読んだ数百冊の警察小説、推理小説を総動員していた(笑)

--------
警察「お前が、やったんだろ」

私「犯行時間も場所もわかんねぇのが、やれるわけねぇだろ」

警察「忘れちまったっていうのか、とぼけるじゃねぇ」

私「忘れるとかとぼけるってのは、一旦覚えたってこと。急加速進行性ボケの私には”忘れるとかとぼける”とかは当て嵌まらねぇ。それ以前の問題だ(キッパリッ)」

私「ぼけてまんねやぁ〜」と、ねっちりとしただみ声で追い討ちをかける。
--------

もし私が捜査対象になった時、アリバイってものがほとんど証明されないということに気付いた。

昨日なら、午前中は配達関係でまだ人の出入りがあった。店頭販売を行っていないので、午後からはほとんどない。夕方頃に配送業者が集荷に来ただけだ。一日中会社に居た。クマヨメが会社にいるけど、家族の証言は採用されないし、クマヨメは「ドコへ行ってんのかわからないけど、ほとんど出ずっぱりだったよ」と積極的に捜査協力をしかねない(苦笑)・・・・・・偽証を真実のように積み上げていく、ハァー

自己防衛をしなくちゃいけないかも・・・。会社の外側じゃなく社内に防犯カメラを設置したほうが良いかも・・・と思えてきた。レンズは、アリバイ証明のためにいつもオイラのほうを向いているようにして・・・10%くらい本気です。


業務を終えて18時過ぎに帰宅し、テレビを点けると、そのニュースの途中だったようで、犯行現場のご近所のオバチャンの突き出たお腹だけが映し出されているインタビュー・シーンから、他のニュースに切り替わっていったので、やはり詳細な場所や時間がわからなかった。

今朝の読売新聞には、その事件のことは一行も触れられていなかった。多分、ベタ記事として報道するとすれば明日だろう。富山県でシェア・ナンバーワンの北日本新聞の記事を使いまわすだけだから1日遅れの場合が多い。読売新聞と北日本新聞は、全国と地方ニュースの棲み分けをし提携しているようだから。


その北日本新聞では、小杉町三ヶ辺りで起きた事件は通り魔じゃなかった。通り魔というのは、配送業者の早飲み込みか推測のようだ。また聞き、伝聞か? 昼の12時40分頃に、30代の黒っぽい服装の男が他人の住居に侵入した時に家人と鉢合わせをし、そのまま逃げたという住居侵入のようだった。

配送業者の言った「刃物を振り回していたようだ」は、新聞では、鉢合わせをした家人が「男は刃物を持っていたようだ」と言っていたことになっている。まだ捕まってはいない。身長170センチくらい(昨日のTVローカルニュース)の30代の黒っぽい服装の男・・・・・・やはりオレかも・・・・・・とドサクサに紛れて若返ってみる。

早く捕まってくんないと困るんだよね。ご近所の男衆との挨拶が、お互いを心の中で相手を指差し「やっぱ、あんたけ?」(やはり、あなたですか?)の言葉に変わってしまうから(笑)


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月24日(Wed)▲ページの先頭へ
★追加発売「ブレイリオ:ティスティフルコードバン・ボックス型小銭入れ」CHOR、BKWNと、相場英雄著「ナンバー」
「この業務に向いていないんじゃないか?」と思いながら読み進めた相場英雄著「ナンバー」だった。

相場英雄著「ナンバー」

 警視庁捜査二課。殺人などの凶悪事件を担当する捜査一課とは違い、横領や詐欺といった狡猾な知能犯と対峙する。その二課に所轄署から配属された西澤警部補は、独特の捜査方法や同僚をライバル視する捜査員に戸惑いながらも眼前の犯罪に立ち向かっていく。人はどんな時に人を騙し、裏切り、真実を隠蔽するのか。細かく作り上げられた事件と、人間の奥深い心理を圧倒的なリアリティーで描くこれまでにない警察小説。待望の文庫化!
-----------

この主人公・西澤警部補は、知能犯と対峙する二知に配属されてから二年近くになるらしいが、そのキャリアが全然みられない。まだ初心者マークのまんまのようにみえる。

人を疑るのが仕事。二知にとっては他の部署の刑事以上にそれが必要なんじゃないかと思えるのに、とにかく人を信じやすい性格につけ込まれ、騙されている。


対象者を追尾している時にも、携帯をマナーモードにしたり切らずに、追尾中に着信音を鳴らしてしまい、対象者に気付かれている。捜査は、やり直しがきかない代物なのに、気付かれたら証拠隠滅に走られる怖れもあるのに・・・・・・基本の「キ」が出来ていない。

何にもわからないんなら、わからないまま素直に従えばいいのに「わからないから」と自分の判断でベテランの指示をシカトしてしまう。


警察官と一般人にバレたんならバレたで、確か刑事ということまでバレていなかったと思えるのに、部署まで話す必要がなく、捜査等に関係の無い内勤とでも言っておけばいいのに、正直に喋っちまっている(汗)

読者だって「そりゃ、ヤバイんじゃない?」と警戒するところを、警戒もしないで行動したり思考したり・・・・・・。


通常、この手のような小説では、ドジだけど可愛げがあり憎めないキャラに仕上がっているものだが、主人公の場合は可愛げさえ見出せない感じがしてしまう。刑事や警察官に向かないと思える主人公だから、主人公にしたから、この小説が出来たんだと思ってしまう。

こんな主人公だから、他のキャラクターを引き立たせているのかもしれない・・・とも思えますが。


細部に拘られているからか、相場英雄著「ナンバー」自体は面白かった。充実していた。連作短編の中の「へそ」を除いては。「へそ」は、FBIの取調べメソッドかなんだかしらないが、その程度で一癖も二癖もある猛者どもを屈服というか自白させられるとは思えない・・・からです。

私にとって、それまでの三編が面白かったのに、その一編が、相場英雄氏らしくないと思えた。

もう少し成長した主人公で、「ナンバー」の続編を読みたいと思いました。



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「ブレイリオ:ティスティフルコードバン・ボックス型小銭入れ」チョコ×オレンジ、ブラック×ワイン:カラー追加発売
 http://www.style.stones.jp/brelio/br4316.html
ブレイリオ:ティスティフルコードバン・ボックス型小銭入れ


 コードバンの持つ透明感のある独特の艶と光沢が、一つ上の気品と風格を醸し出す「ブレイリオ:ティスティフルコードバン・ボックス型小銭入れ」は、触れた時に感じる上質という名の心地よさが、持つ人の確かな審美眼を物語っているようです。

コードバンとは、馬皮の尻(腰)部のみを指し、超緻密な林立した繊維組織からなるところに特徴があり、牛革の2倍から3倍の強靭さを持つと言われていわれています。そして内側の皮革には、同色のイタリアンカーフのヌメ革を合わせ、更に、内側の裏張り(裏地)には、馴染みやすさと軽量感を実現するためにソフトピッグを使用するという拘りを表しています。

ブレイリオでは、国内の染め職人が、水染めを更に改良した独自の染色技術で染め上げられたマッチェムコードバンの水染め特A反といわれる原皮レベルのもののみを使用し、ティスティフルコードバンを創り上げています。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月22日(Mon)▲ページの先頭へ
◆”屋根が開けられるクルマ”じゃなく”屋根を閉められるクルマ”乗りの必需品「日焼け止めクリーム」とベンツ純正インバーター
「おっと、忘れそうになってしまった」とトランクに入れたショルダーから日焼け止めクリームを取り出し、顔を中心に塗りたくっていた。

ほんとうに昨日は良いお天気だった。良いお天気過ぎた。前日まで、21日の行き先を決めていなかった。滝、温泉、蕎麦屋の主だったところは、ほとんど行っている。が、こんな良いお天気に出ないわけにはいかない。R171(SLK350)でオープンエアを愉しまないってのは、大きな損失だ。・・・・・・とはいえ、遠くまで足を延ばす気持ちにもなれなかった。


「ドコイコ」と、ライダー用のツーリングマップルRのページを開く。もちろん富山県。何年か前に上平からブナオ峠の行けるところまで行き、その通行止めの箇所から歩いて不動滝を観に言っている。

「んじゃ、今度は、下から攻めてみよう。ブナオ峠から刀利ダム側の道路が崩壊しているんだから、途中で通行止めになっているのは間違いないけど・・・・・・山ン中に小さな秋でも見つかれば良いや」と、福光→刀利ダム→富山県道54号線(塩硝街道・福光上平線)を行けるところまで行き→刀利ダム→石川県・湯涌温泉でUターンして、山の中を戻ってくる・・・・・・というプランを立てた。

日焼け止めクリーム

んで、出発する際に日焼け止めクリームを塗った。オープン乗りにとって、日焼け止めクリームは必需品なんです。いつでも必ず持ち歩いています。

もっともオープンカーに乗っているとはいっても、ルーフをほとんど開けたことがない”屋根が開けられるクルマ”に乗っている者には、日焼け止めクリームは必要ありませんが、私のように、雨や雪、槍が降らない限り、とにかく晴れていれば必ずオープンにする”屋根を閉められるクルマ”に乗ってる者には、ほんま必需品です。


陽射しの強いときに、日焼け止めクリームを塗らないと、走行中に日焼けしちまって、夜になると顔が首筋が火照る、火照る・・・・・・火照り過ぎて痛みも伴ったりして眠れなくなってしまいます。

日焼け止めを塗って、日焼け止めを落とさずに眠ろうとしても、気持ち悪いものがありますけど。

ベンツ純正インバーター

それと私が乗るクルマの必需品が、もう一個あります。ボルボV702.5Tの時も備えていたんですが、インバーターです。昨日だって、デジイチのバッテリが少なくなっているのを失念していて、ほとんど無い状態になっていたので、ベンツ純正インバーターのお世話になり、デジイチのバッテリを充電しながら走行していました。

昔はボルボV702.5Tの時のインバーターをR171(SLK350)に使おうとしましたが、R171(SLK350)のシガーソケットの奥行きが短く、インバーターのシガーソケット・プラグを差し込んでいても、走行中に外れてくる始末だったんで、ベンツ純正インバーターならサイズが合うだろう使えるだろうと。

出番は少ないですが、大事なときにインバーターは働いてくれます。だから普段は、運転席とリアの間で、出番を待っていてくれる心強いヤツです。当然、カメラとスマホの充電器は持ち歩き、私のドジ振りをカバーさせています。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月20日(Sat)▲ページの先頭へ
◆萱野高原、地獄沼、睡蓮沼、国道103号線でオープンエアを愉しむ
ん十年前の記憶はまるっきり残っていなかった。残っているのは、国道103号線をフェアレディ280Z/Tバールーフで、北海道の帰りに、青森市内から奥入瀬渓流へ走り観光をしたということだけだった。当時より道路も良くなっているだろうし、環境も様変わりしているのは当然のことで、昔々のことを呼び起こさせてくれるものは、何一つなかった。

八甲田連峰と萱野高原

暑いくらいに晴れた空の下を、オープンエアを愉しみながら走る。国道103号線を山中に入り展望の良いところで、眼下に広がる山並みを見たりしていると、三つ四つの頂を持ち裾野が広がる山々が正面にみえてきた。八甲田連峰のようだ。

その場所から直ぐ上のところに、私が好きな新潟県妙高笹ヶ峰高原とほとんどそっくりの光景が道路下に広がっていた。(今月のオリジナルフォトカレンダー・プレゼントの景色です↓↓↓このブログの一番下に画像があります)・・・・・・萱野高原というところらしい。

違うのは、背景の山並みと、牧場(笹ヶ峰高原)かピクニック場(萱野高原)かだけの違いに思えます。


茶屋「カヤ野」で、白い蕎麦を昼食にし、茶屋「カヤ野」でいただいた八甲田フィールドマップを見ながら再び走り始める。

青森市「地獄沼」の気泡

火山活動末期の爆発よって出来た4500平方メートルの広さの「地獄沼」の池の底は、地中からの噴出物によるものなのか白く覆われていて、アチコチからガスが出ているのか小さな気泡が水面に浮かび上がってきていた。温水だった。

八甲田連峰と睡蓮沼

笠松峠を過ぎ道路から少し入った左側に睡蓮沼を観る。雄大な八甲田連峰とひょうたん風の睡蓮沼が一際綺麗な眺望を創り上げていた。夏という時節柄、花々には期待していなかったが、紫のオオバギボウシ(多分)と一輪のクルマユリに出逢えた。

国道103号の樹木のトンネル部分を通るR171(ベンツSLK350)

猿倉温泉の手前辺りのカーブ(多分)だったかと思うが、生茂る樹木によって国道103号線がトンネルになっているところに差し掛かり、思わず「スッ、スッゲェッ!!!」・・・・・・当然、R171(SLK350)を入れた記念写真を撮り、八甲田山麓ドライブは続いた。



※「ぶらり北陸発」では、「八甲田連峰に抱かれて、萱野高原から地獄沼、睡蓮沼、国道103号を走る」と題して、12枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_zenkoku/o01_hakkouda1408.html


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月18日(Thu)▲ページの先頭へ
★再入荷「ノイ・インテレッセ:レンクラッド・ラウンドジップ長財布」ブルーと、ねぶたの家「ワ・ラッセ」でハネトになる
バタンキューから何時間経っただろうか、翌3日は午前中に起きた。耳の周りで頭ん中に昨晩の青森ねぶた祭の躍動、熱気、興奮の余韻が残っている。

青森ねぶた祭の疲れも織り込み済みで、今日の予定は奥入瀬渓流を遡上し十和田湖畔に泊まるだけにしていた。

青森市内から十和田湖畔の宿まで1時間半から2時間。奥入瀬渓流でちょいと行っては停まり風に頻繁に停まって観光したとしても3〜4時間みておけば十分だろうと思うので、午後からで良さそうだ。

「んじゃ、午前中はドコイコ?」ってことで、「そうだ、ワ・ラッセへ行こう」。今居る場所からワ・ラッセまで近いが、そのまま奥入瀬ルートに入りたいのでクルマで出発進行。


青森市文化観光交流施設:ねぶたの家「ワ・ラッセ」は、その名の通り、ねぶた祭りの歴史や魅力を紹介するための施設で、2011年にオープンしたとのことです。今まで、テレビ番組でも何回か紹介されていたのを記憶しています。

タテ型ブラインドをイメージしたような造形に四方を囲まれた「ワ・ラッセ」に入る。

ワ・ラッセのねぶたの構造模型

「ワ・ラッセ」の中は、ねぶた、ねぶた、ねぶたで満ち溢れていた。ねぶたの歴史、ねぶたの構造、たくさんの金魚ねぶたが提がっている下を潜り、導かれるままに着いた一階のメインの「ねぶたホール」では、昨年の青森ねぶた祭で入賞した五台の大型ねぶたが展示してあった。今にも動きそうな迫力がある。

ワ・ラッセの壁に並ぶねぶた面

ラッセラー、ラッセラーの掛け声とともに、三味線、笛、太鼓などのねぶた囃子の実演が始まった。指導のままに観客みんなで跳ねる、ハネトになる。オイラも跳ねる、ハネトになる。昔、車に跳ねられた際に骨折した左膝付近が痛くなってきたけど、楽しかった。

打ちたかった太鼓は、太鼓打ち体験の希望者の列が長くて諦めた・・・・・・今度機会があれば、初めから一番前に陣取ろう(笑)

ワ・ラッセの案内所にあった三体の人形

大型ねぶたの周りに並ぶ提灯の壮観さ、ねぶた面の勇壮さ、などなどに圧倒されながらエントランスホールに戻ってくると、案内所の横に人形が飾られていた。三体の人形は、津軽出身の版画家の棟方志功氏、歌手の淡谷のり子氏まではすぐに判ったし、そのように書いてあった。

もう一体の人形には「三味線弾き」とだけ記されていた(笑)・・・・・・それにしても、棟方志功氏は阿波踊りを踊っているようにしかみえなかった、あはは。



※「ぶらり北陸発」では、「青森市文化観光交流施設:ねぶたの家「ワ・ラッセ」で念願のハネトになる」と題して、10枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_zenkoku/a13_warasse201408.html



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「ノイ・インテレッセ:レンクラッド・ラウンドジップ長財布」ブルー:再入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3833.html
ノイ・インテレッセ:レンクラッド・ラウンドジップ長財布


 ハードな印象のハイブリッドレザーに、二本のカラーラインが走る「ノイ・インテレッセ:レンクラッド・ラウンドジップ長財布」を開いた瞬間から、クールカジュアルなシーンを演出するかのように、表側の二本のカラーと同じカラーが内側に配されています。

素材となっているハイブリッドレザーは、1990年代に自動車業界からの要望により、車のハンドル用として開発され、車内の過酷な条件下で耐えうる特殊加工(ウレタン・エンボス加工)が施され、通常の染色革に比べ耐摩擦性、対光性、耐熱性、グリップ性に優れています。

ジャバラタイプの中に、領収書やメモ入れにもなる3ヶ所もの札入れやファスナー小銭入れ、そして、12ヶ所のカード入れ、ポケットという大きな収納が五つのブロックに分けられ、使う目的に応じたフレキシブル仕様、持つ人仕様になります。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月17日(Wed)▲ページの先頭へ
◆初めての”ほや水物”を食し、「ふわふわ出汁巻玉子」に感動した青森「和食や じんすけ」
「珍しいでしょう」と地元人が注文してくれた”ほや水物”を、青森ねぶた祭の余韻の中でいただいていた。

躍動、喧騒、興奮の坩堝の真っ只中の青森ねぶた祭初日も終盤になり、私たちもお腹が空いてきた。夕食は当然まだだったし、フツーなら「お祭りでぇ〜い」と露天でビールを買い、歩きながら飲んでいるところだが、ビールのビの字も思い浮かべず(ほんとか?浮かぶくらいは浮かんだんじゃねぇのか?)腰に付けたポカリスエットで喉の渇きを癒してきた。


食通の間で人気があるという「和食や じんすけ」に入る。障子戸で仕切られた小上がりに案内された。・・・・・・とりあえず、生っ(笑)

小上がりの壁の和風の壁飾りに落ち着きを覚える。

突き出しの”汲み上げゆば”と”バイ貝”を食べ、冷たいビールを流し込んでいると、地元人が「珍しいでしょう」と注文してくれた”ほや水物”が運ばれてきた。今まで”ほや”にはお目にかかったことがない。

青森「和食や じんすけ」のほや水物

それもその筈で、少なくとも富山県では食用として流通していないようだ。食用として多く流通しているのは、北海道と東北地方くらいなものだろうということだった。

青森県今別産の天然物の”ほや水物”ということです。(ほやの中の水を使って身を洗ってあるのだろうと思える)刺身というか生ほやです。鮮度落ちが早く、あまり流通していないそうです。

鮮度が落ちると、独特の臭いを発するらしいが、今、食べている”ほや”は匂いもクセもなく淡白な珍味だった。私は飲まなくなったが、ツレ連中がビールから切り替えた日本酒の肴に良いだろうという感じだ。


マグロ、平目、関八の三種盛りをいただき、新潟県産のプリプリの岩かき、太宰治氏や吉幾三氏の出身地として知られ、津軽三味線の発祥地の金木(かなぎ)の馬刺し・・・などを次々とたいらげていく。

感動した青森「和食や じんすけ」のふわふわ出汁巻玉子

さて、いよいよ「ふわふわ出汁巻玉子」です。”いよいよ”と書いてしまったのは、今まで美味しい出汁巻玉子は食べてはきたが、じんすけの「ふわふわ出汁巻玉子」は美味しさを通り超えて感動してしまったっ、ありがとう。


箸でスーッと切れるほど柔かく煮込まれて美味しい山形三元豚バラ角煮、初めてとなるタコのから揚げをいただきながら、オイラの飲み物も生ビールからハイボールへと進んでいった。



※「ぶらり北陸発」では、「青森ねぶた祭の後「和食や じんすけ」で美味しさ三昧に浸る」と題して、10枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_zenkoku/a12_jinsuke201408.html


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月16日(Tue)▲ページの先頭へ
★入荷「キプリス:レーニアカーフ・風琴マチ名刺入れ」ブラックと、二種類の気配り八方尾根ルートガイド
ようやく回復傾向にあるようです。多くの方は三連休のようですが、私は14日、15日の連休だった。

初日の14日(日)は、長野県の栂池自然園を歩いてくるつもりで、前日の土曜日は、業務の合間にネットで資料を集めプリントアウトしていた。栂池辺りの天気予報は日中は曇りになっていた。


栂池自然園遊歩道は結構時間が掛かりそうなので、久し振りに6時起き。外は、朝も早から青空ぁ〜♪・・・それならと、栂池自然園から八方池に急遽行き先変更・・・これがソロ・トレッキングの良いところ。

春夏バージョンの八方尾根ルートガイド

八方尾根ならと、8月31日に行った際のルートガイド(リーフレット)を持っていったが、車が集中し黒菱林道の駐車場まで入れず、途中で停めさせられた。私の後ろから黒菱林道の駐車場を目当ての車が続々来ている。

係員によると、延びる車列の最後尾からシャトルバス(ハイエース)を出しているという。とにかく車を停めデイパックを担ぎ黒菱駐車場に向っての上りを歩き出す。途中で上りのシャトルバスと遭遇したところから乗せてもらおうという魂胆も持っている(笑)


歩きながら、八方尾根のルートガイドを見ようとし、ポケットというポケットを探すが見当たらない「あーーーぁ、クルマの中に忘れてきた、トホホ」

約25分くらい歩いて、黒菱の駐車場に着いた。リフト乗り場でルートガイドを新たに貰う。リフトに乗りながら、ルートガイドを観る。そして、八方池まで上り、帰ってきた。


疲れ切った身体を休めるために、翌日の15日は一日中自宅でゴロゴロしていた。やはりゴロゴロも退屈してくるんで、8月31日に貰ったのと9月14日にもらったルートガイドを見比べていると、「ん、なにか違うゾ」

秋・紅葉バージョンの八方尾根ルートガイド

しばらくは、違うということは判るが「ドコが?」と指摘できずにいた。が、ボケた頭のガスが少しは晴れてくると、


写真が違う。コースの曲がりくねりなどなどコース図も違う(笑)

全体が、全体が、全体が、リーフレットでは、森林が黄色というかオレンジになり、すでに紅葉している。


現地で見ていて何にも気付かなかったが、八方尾根ルートガイドのリーフレットが、春夏バージョンと紅葉バージョンの二種類あることに気付く。二種類を並べてみていると、なんか貴重なもののように思えてきた。

多分9月1日で、春夏バージョンから紅葉バージョンに切り替えられたのだろう。

「さすが有名観光地」と言う前に、その細かな気配りに感謝している自分が居た。そして、疲れのピークは15日晩から16日未明までだったようで、今は回復傾向になっているが、さらに体力が無くなっていることを思い知らされた。



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「キプリス:レーニアカーフ・風琴マチ名刺入れ」ブラック:再入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1122.html
キプリス:レーニアカーフ・風琴マチ名刺入れ


 「キプリス:レーニアカーフ風琴マチ名刺入れ」のマチの部分が、手風琴(アコーデオン)のジャバラの部分に似ているところから風琴マチといわれ商品名にもなっています。

一般商品のマチは、物が入る部分の内側に折れていますが、風琴マチは、外側に折れていて、お札や名刺などがマチに引っ掛かる事がなく、中に入れる量の多少に応じて、風琴マチがジャバラのように伸縮するため収納という点でも実用性に優れています。

また、この風琴マチシリーズの商品は、この「風琴マチ」、「コーナーの菊寄せ」、表にみえるステッチを隠す「忍び縫い」など、日本の伝統技術を駆使した製法のため、一級職人と呼ばれるにふさわしい技術を持った熟練した職人の手によって、一点一点丁寧に創り上げられた逸品です。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月13日(Sat)▲ページの先頭へ
★再入荷「キプリス:レーニアカーフ・ファスナー小銭入れ」ワインと、代車がメルセデスR172(SLKクラス・三代目SLK)
「仕方がないよなぁ〜」と思わせてしまう一幕があった。国産車では、車名ごとにフロントデザインが違う場合が多いため、このようなクスッと笑える微笑ましいともいえるシーンが少ない。

が、外国車特にドイツ車では、クルマではなくメーカーのアイデンティティがクルマのフロントデザインにも確立されているために、勘違いが起きてしまう(笑)


ある人が車検かなにかでディーラーに愛車のフォルクスワーゲン・パサートだったかを持ち込み、渡された代車を、私たちに、写真を付けて「このクルマが代車です」という説明があった。車名までは書かれていなくて「カッコイイ代車ですね」という声が圧倒的だった。

違うメーカーのオープンカーに乗っている人は、写真を見て最初ベンツSLクラス(R231・6代目SL)だと勘違いしていた。後で、R172(SLKクラス・三代目SLK)だということに気付かれたようだが。

私は、R171(SLKクラス・二代目SLK)に乗っているので、すぐにR172(SLKクラス・三代目SLK)だと判った。


それで私は「この機会に2シーター・オープン乗りの仲間になってください」と嗾ける。

「フォルクスワーゲン・イオスでオープンの経験をしているが、孫を乗せるのが不便になって4ドアに変えた」という返事に、オイラの目論見?はあえなく玉砕。イオスは4人乗りのオープンとはいえ、あの人がオープンの経験者だとは知らなかった、あはは。


そんなオープン談義に加わってきた女性の「義母の前の車でした、、、子供が乗せにくいですよね。4ドアにしてほしいなぁ、、、」の一言に、微笑ましさとともに考えさせられてしまった。

義母さんの前の車が「フォルクスワーゲン・イオスで、それを4ドアにして欲しい」ということなら、スムーズに納得してしまう。シートが二列あれば4ドアのほうが使い勝手が良いのは当然のことだし。

が、私たちは2シーター・オープンのR172(SLKクラス・三代目SLK)の写真の画像を前にしているので、その場は「2シーターを、4ドアに・・・」という雰囲気になってしまったようです(笑)


画像から判断されて「義母さんの前の車と同じ」と判断されたのかもしれないと、フツーに思った。

ベンツのAクラスからフラッグシップカーのSLS/AMGまで、メルセデスのアイデンティティで統一されているので、フロントデザインはほとんど同じに見えてしまう人も多いだろう。ファミリーカーからスポーツカー、セダンからクーペ、オープンカーまで、義母さんの前の車がAクラスとかCクラスのクーペだとしても、サイドなども見ない限り「おんなじだぁ〜」と思えてしまうだろう。・・・・・・だから仕方が無い。


メーカーのアイデンティティで統一されてしまうのは、良いことなのかどうかは私にはわからない。その時々に統一された中で異質なフロントデザインを持っているのは、R171(SLKクラス・二代目SLK)だけだというのが、私がR171を好きな理由の一つとなっています。

近くでみても、車種がわかりにくいクルマより、遠くに見ても車種がわかりやすい個性ということが、10年目に入っても愛着が深まるばかりとなっています。



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「キプリス:レーニアカーフ・ファスナー小銭入れ」ワイン:再入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1142.html
キプリス:レーニアカーフ・ファスナー小銭入れ


 カスケード山脈最高峰のマウントレーニアと同じようにカーフの最高峰という意味が込められたレーニアカーフ・シリーズに「キプリス:レーニアカーフ・ファスナー小銭入れ」が誕生いたしました。

レーニアカーフは別名ベビーカーフと呼ばれ、カーフ素材の中でも最高の品質を持った生後三ヶ月位の仔牛の革で、表面に加工を施さず自然の風合いをそのまま生かした素上げタイプのため、仔牛の革のキメの細かさ、素上げの風合い、また使い込む程に増すサラッとしたソフトな感触をお楽しみ頂けます。

仕様的にも、小銭の種類を分けて入れたり、お札と小銭を分けて入れたりできるWマチ・タイプの小銭入れに、ポケットが三ヶ所施されており、内側ポケットの一ヶ所、外側ポケットの一ヶ所は、カードも入れられるサイズになっています。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月12日(Fri)▲ページの先頭へ
★入荷「ブレイリオ:メモリアルコードバン・通しマチ名刺入れ」ブラック、「ブレイリオ:コードバン・カード札入れ薄型二つ折り財布」ブラック
夜空に浮かび上がらせている煌煌とした内部の照明が、大型ねぶたをより一層迫力あるものにしているが、陰になる大型ねぶたの下は暗く、十人以上の曳き手の蠢く脚が大型のムカデのようにみえて面白い。

青森ねぶた祭のハネトの後姿

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー

繰り広げられた青森ねぶた祭初日2日の熱狂はもうすぐ終わり・・・・・・関係者も観客も熱狂の余韻を味わいはじめる。

女性ねぶた師・北村麻子氏制作「浅草観音誕生」大型ねぶたの下は大型ムカデ

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー

ハネトも、この時間になると疲れたのか、跳ねずに大型ねぶたの前後を歩いている者が多くなっている。

青森ねぶた祭のハネト

昔から、徳島の阿波踊りと青森ねぶた祭は、どうしても観たかった。阿波踊りは、ここ数年はご無沙汰してはいるが、それ以前の数年間、徳島に通い「連」に入れてもらって、連の高提灯を持ちながら踊っていた・・・・・・一つの目的は達成していた(笑)


が、夏期休暇の前ということもあっただろうし、宿が確保できない、ということなどから、なかなか青森ねぶた祭を観にいく機会がつくれなかった。ハネトで飛ぶ機会がつくれなかった。

今年、念願かなって青森ねぶた祭を観る機会に恵まれた。ハネトの正装が一着も残っていなくてハネトにはなれなかったが、それは次の機会の楽しみにとっておこう。


どうしても観たかった、私にとって日本で一、二を争う徳島の阿波踊りと青森ねぶた祭を目の当たりにできて、果報者だと感謝せざるを得ない、ラッキーっ



※「ぶらり北陸発」では、「血湧き肉躍るっ「青森ねぶた祭」は最高っ!最高っ!最高っ!」と題して、11枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_zenkoku/a11_nebuta201408_05.html



★第一弾【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「ブレイリオ:メモリアルコードバン・通しマチ名刺入れ」ブラック:再入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br4128.html
ブレイリオ:メモリアルコードバン・通しマチ名刺入れ


 名刺を取り出し交わす時の所作さえ、洗練されたお洒落に感じさせてしまう「ブレイリオ:メモリアルコードバン通しマチ名刺入れ」は、思わず時を忘れるような豊かな時間を華やかに演出し、きらめく感性をも醸し出しています。

染めの工程の中でアルコールなどの薬剤を一切使用せず、コードバンの染めの中でも最も難しいとされる、本来持つ性質(よく馴染み、よく油を吸収する)を最も生かすエメリコ仕上げによる水染め技術を、長年培われた職人の技術と感性によって完成させています。

普通のコードバンのような光沢がなく、染めの特性により生じる染めムラを、一つの味わいとしてお楽しみください。
--------


★第二弾【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「ブレイリオ:コードバン・カード札入れ薄型二つ折り財布」ブラック:再入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br4004.html
ブレイリオ:コードバン・カード札入れ薄型二つ折り財布


 二つ折り財布なのに、こんなに薄くてコンパクトっ!だからスッキリ、スマートな「ブレイリオ:コードバン・カード札入れ薄型二つ折り財布」は、札入れ、カード入れ、ホルダーと大人の行動に必要な機能を備えています。

スリットタイプのカード入れは、使い始めには多少カードの出し入れがしにくいかもしれませんが、使い込むほどに馴染み、こなれてスムーズになってきます。また、右側のコーナーに付けられた三角ホルダーは、ちょっとしたメモやチケットを挟んでおくのに便利です。

ブレイリオでは、コードバンの中でも最上質の原皮のみを厳選し、コードバンの持つ透明美を最大限に生かすために、水染めといわれる非常に繊細な染め技法を更に進化させた「ブレイリオ独自の染色技術」により仕上げられ、本物の持つ美しさを表現しています。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月10日(Wed)▲ページの先頭へ
★発売「ノイ・インテレッセ:シャッテン・システム手帳バイブル・16mm」レッド、ブラックと、中秋の名月とスーパームーン
追いかけてみました。何気で会社の階段際にある二階の窓から覗くと、真ん丸い月が富山市方向に見えたので、すぐにスーパームーンのことが頭に浮かんだ。

退社時間の8日18時過ぎになっているので、出入り口に居たクマヨメに「今スマホを持っているな。スーパームーンが何日か調べてくれ」と問いかけると「今日だよ。中秋の名月だもん」と、スーパームーンと中秋の名月を一緒くたにした無知で長閑な返事。

「とにかくスーパームーンの日を調べてくれ」と再度尋ねる。「スーパームーンが明日9日で、今日は中秋の名月だって」


「んじゃ、今目の前の綺麗な月は中秋の名月ってことか」と。明日9日がスーパームーンだから満月は明日。中秋の名月はほぼ満月に近い。それなら、より綺麗に観える場所まで走ってみようってんで、いつも立山連峰を眺望する呉羽山公園展望台までやってきた。

呉羽山公園展望台から望む中秋の名月と立山連峰

富山市に夜の帳が折り始めた18時半頃に呉羽山公園展望台に着き、雲間に薄っすらとシルエットでみえる立山連峰と一緒に撮ってみた。黄昏時の富山市街も一緒に撮りたかったから、中秋の名月は小さくしか写っていないだろうが、まっいっか。


で、明日9日はスーパームーン。

スーパームーンとは、月が地球に最も近づいた時に新月または満月を迎えることをいうらしい。いつもより月が明るく大きく見えるという。

っていったって、”スーパームーン”は、私にとっても耳新しい言葉。今まで、ついぞ聞いたことがないような気がします。年に一回のペースでスーパームーンがあるらしいが、何故最近になってスーパームーンに注目するようになったんだろ?


「この前も、マスコミで言っていたような気がする」と思っていると、なんと明日のスーパームーンは、今年だけで、7月12日、8月11日に続いて三度目だという。一年に数回あるのは珍しいことだという。

んで、回数なのか距離なのかはわからないが、今年ほど月が近づくのは稀で、次回は20年後になるともいわれているらしい。

雲の陰に隠れたのかスーパームーンが観えなかった

9日10時から10時半頃の南か南東の方角になるらしいので、10キロ弱離れた、途中に邪魔っけがない見晴らしの良い富山市長沢辺りまで行って八尾町方向をみたが、青空の縁に雲が溜まりすぎていた。その陰になっているのか、南から南東、東まで眺めてみるがスーパームーンどころか丸い形のものさえ見えなかった。

残念だけど、業務中ゆえ短い時間だったが、良いお天気の平日にオープンで走れただけでも満足していた(笑)

さて来年は9月末になるという。覚えていれば、近くなって誰か気付かせてくれれば、起きていられる時間帯なら、来年のスーパームーンを楽しみにしていよう。



★【ストーンズ・スタイル店:発売情報】
▼「ノイ・インテレッセ:シャッテン・システム手帳バイブルサイズ・リング径16mm」レッド、ブラック:発売
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3884.html
ノイ・インテレッセ:シャッテン・システム手帳バイブルサイズ・リング径16mm


 リング径が16mmだから使いやすく便利な厚さで、セカンドバッグの中でもスッキリ収まりやすい機動性を持つ「ノイ・インテレッセ:シャッテン・システム手帳バイブルサイズ・リング径16mm」は、ビジネスに、プライベートに、アクティブなシーンを創り上げていきます。

素材は、イタリア・キオリーノ社製のステアリングやシフトノブに採用されている最先端のハイブリッドレザー(ファイバーキュア)を使用し、タッチ感が良く、味のある革とのコントラストで大人の雰囲気を表現しています。

付属には、素上げの撥水レザーを使用。光の当たり方によるカーボンパターンのモダンな光沢の変化が独自の存在感をアピールし、シャープな上品さを醸しだしています。そして、タッチ感が良く、味のある革とのコントラストで大人の雰囲気を表現しています。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月08日(Mon)▲ページの先頭へ
◆パワーアップして帰ってきた吉川英梨著「警視庁女性犯罪捜査班 警部補・原麻希」
まさかっ、、、と思いました。帰ってきてくれるとはねぇ。本屋の棚で”原麻希”の名前を見つけた時には小躍りせんばかりでした。だって、カルト集団との戦いに勝利して、それで終わっちまったのかと思ってましたもん。

タイトルも、それまでの「アゲハ」「スワン」「マリア」「エリカ」「ルビイ」とカタカナ三文字シリーズから、警察物語らしい吉川英梨著「警視庁女性犯罪捜査班 警部補・原麻希」となって帰ってきた。

吉川英梨著「警視庁女性犯罪捜査班 警部補・原麻希」

 奥多摩で起きた一家惨殺事件。殺されたのは著名な陶芸家とその妻、そして双子の娘・瑠衣と芽衣だった。人気アイドルであった瑠衣のストーカーによる犯行、瑠衣をねたんだ芽衣による犯行、陶芸窯の跡取りの座を巡っての犯行と、容疑者が絞り切れないまま捜査は進む。そんななか、麻希は捜査の進行方向が、真犯人によって仕組まれた方向へと進んでいることに気づき・・・・・・。人気警察小説のシリーズ第1弾。
-----------

 暑さのなかで起きた昨日日曜日「どこかへ行くにも暑いな」と午前中はグダグダしていましたが、一応予定通り、顔に日焼け止めクリームを塗り、午後から越中八尾おわら風の盆が今月3日夜というか4日早朝で終わったばかりの八尾町へ「宴のあと」がないかな、、、と八尾という重箱の隅を突付きにいってきました。

坂の町八尾を何往復か歩き回ったんで、その晩すぐに寝付けるかと思ったですが、サワリだけでもと読み始めた吉川英梨著「警視庁女性犯罪捜査班 警部補・原麻希」が面白くて、結局読み切ってしまいました。


原麻希は、ハラマキは、パワーアップして帰ってきた。いや、ハラマキだけじゃなく小学六年生の娘・菜月の頭の回ること機転のきくこと、この子もパワーアップしまくり(笑)

そして、新登場した”きょん連続傷害事件”を解決した夢美という見事なサポート役をはじめ、個性的な面々で面白くならないはずがない。

文庫書下ろしでシリーズ化されるらしいので、すでに次回の作品がすごく楽しみになっています。


それにしても、吉川英梨氏の作品って・・・・・・もっとも原麻希シリーズしか知らないが・・・・・・前回までのカルト集団ほどではないが、一般的にみて精神が歪な人という共通点がある。もっとも、殺人って瞬間的であれ精神異常、精神が歪な時に起こりうると思っているが、吉川英梨氏の作品の登場人物の歪さは、その人間の日常、人生を支配しちまっている。


以前、四冊纏めて買った薬丸岳氏の小説もすべて読了しているし、今夜からしばらく読むものがない。”原麻希”が早くならないかなと熱望するが、この新シリーズ1作目だって、出版界ではよくあることだが、未来の9月18日発行となっているんで・・・次の原麻希はいつになるやら(笑)


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月06日(Sat)▲ページの先頭へ
★発売「ブレイリオ:ティスティフルコードバン・通しマチ名刺入れ」CHOR、BKWNと、ミスねぶたとハネト
元気が跳ねるっ、若さが躍動するっ、地球が悲鳴を上げる(ゴメン)

若さの躍動っハネトが跳ねるっ

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー

夜に響く、星も叫び瞬く

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー


ミスねぶたもやってきた

ミスねぶたが乗るクルマが、夜目だったからか幅広く見え一瞬メルセデスベンツのフラッグシップカーであるSLS AMGかと思ったが、目を凝らしてよくよくみるとベンツSLクラス(R231-6代目)のようだ。少なくともSLKクラスではない(笑)

リアに腰掛けた時に、SLKクラスだと脚の置き場がないが、SLクラスだと、リアシートとリアの間にちょいとしたバッグなどが置けるほどの30cm〜50cm(さだかに記憶していません)の空間があり、そこに脚を入れることができる。

SLK(R171)に惚の字(特にフロント・デザイン)のため、ベンツSL(R231-6代目)には、あまり関心がないので確認はしていないが、少なくとも5代目のSLクラスには空間が存在した。・・・・・・ちなみに、ミスねぶたが乗るクルマは青森ナンバーじゃなく、県外ナンバーだった、あはは。

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー

日立連合ねぶた委員会「凱旋太鼓」

日立連合ねぶた委員会「凱旋太鼓」の音が夜空に轟くっ

けたたましい手振り鉦が、祭り魂を掻き立て、煽ってくる

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー


別の大太鼓がやってくる。法被には「ねぶた愛好会」とかいてあるようだ。

大太鼓の上で天下を取る

大太鼓の上だなんて・・・・・・

きっもちっ良いだろうなぁ〜

天下を取った気分だろうなぁ〜

オイラも乗ってみたいなぁ〜

長いバチを振り下ろしたいなぁ〜

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー



※「ぶらり北陸発」では、「ハネトが跳ねる、ミスねぶたも登場、大太鼓の上で天下を取る」と題して、11枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_zenkoku/a10_nebuta201408_04.html



★【ストーンズ・スタイル:発売情報】
▼「ブレイリオ:ティスティフルコードバン・通しマチ名刺入れ」チョコ×オレンジ、ブラック×ワイン:カラー追加発売
 http://www.style.stones.jp/brelio/br4137.html
ブレイリオ:ティスティフルコードバン・通しマチ名刺入れ


 コードバンの持つ透明感のある独特の艶と光沢が、一つ上の気品と風格を醸し出す「ブレイリオ:ティストフルコードバン・通しマチ名刺入れ」は、相手に洗練された印象を与えてくれ、落ち着いた優越を感じることができるでしょう。

ブレイリオでは、国内の染め職人が、水染めを更に改良した独自の染色技術で染め上げられたマッチェムコードバンの水染め特A反といわれる原皮レベルのもののみを使用し、ティストフルコードバンを創り上げています。

本体とステッチ糸のカラーのコンビネーションが大人の粋を表す「チョコ×オレンジ、ブラック×ワイン」の2色のカラーバリエーションの追加発売です。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月04日(Thu)▲ページの先頭へ
★再入荷「キプリス:レーニアカーフ・ファスナー小銭入れ」ブラックと、怒涛のように押し寄せる青森ねぶた祭
佳境に入りっ放しの青森ねぶた祭初日・2日だった。豪快、勇壮な大型ねぶたが”これでもかっ”とやってくる。

青森ねぶた祭:港町の連太鼓

夜空に轟き響く太鼓の音。笛、笛、笛。けたたましく掻き鳴らされる手振り鉦が、祭り魂を掻きたて鼓舞してくるっ

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー

ハネトが跳ねる、跳ねる、跳ねる、

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー

青森ねぶた祭:観客に愛嬌を振りまく大型ねぶた

沿道の観客も、

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー

ハネトを煽る

空気が一つになる、怒涛のように押し寄せ、炸裂するっ

青森ねぶた祭:神輿のように担ぐねぶた

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー

神輿のように担ぐねぶたも繰り出してきた


脚を開き、踏ん張り、腕を伸ばして・・・・・・

青森ねぶた祭:ハイッ、もっと元気良く打ち鳴らせ大太鼓(笑)

大太鼓を打ち鳴らせっ

ん?まだ腕が縮んでいるゾ(笑)

ラッセラー、ラッセラー、ラッセ、ラッセ、ラッセラー



※「ぶらり北陸発」では、「最高潮っ、青森ねぶた祭8月2日初日」と題して、13枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_zenkoku/a9_nebuta201408_03.html



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報】
▼「キプリス:レーニアカーフ・ファスナー小銭入れ」ブラック:再入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1142.html
キプリス:レーニアカーフ・ファスナー小銭入れ


 カスケード山脈最高峰のマウントレーニアと同じようにカーフの最高峰という意味が込められたレーニアカーフ・シリーズに「キプリス:レーニアカーフ・ファスナー小銭入れ」が誕生いたしました。

レーニアカーフは別名ベビーカーフと呼ばれ、カーフ素材の中でも最高の品質を持った生後三ヶ月位の仔牛の革で、表面に加工を施さず自然の風合いをそのまま生かした素上げタイプのため、仔牛の革のキメの細かさ、素上げの風合い、また使い込む程に増すサラッとしたソフトな感触をお楽しみ頂けます。

仕様的にも、小銭の種類を分けて入れたり、お札と小銭を分けて入れたりできるWマチ・タイプの小銭入れに、ポケットが三ヶ所施されており、内側ポケットの一ヶ所、外側ポケットの一ヶ所は、カードも入れられるサイズになっています。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月03日(Wed)▲ページの先頭へ
★入荷「ノイ・インテレッセ:レンクラッド・ラウンドジップ長財布」レッドと、「ブレイリオ:ティストフルコードバン・通しマチ名刺入れ」チョコ
不愉快になった旅番組だった。地デジで見たい番組も見つからず、新聞の番組表で「なんかないか」と捜していると、BSで旅番組をやっていた。青森県がステージのようだった。

ニュースの後、そのチャンネルに合わせると奥入瀬渓流のシーンだった。奥入瀬渓流には、昔々北海道の帰りと今年の青森ねぶた祭を観た翌日3日と二回訪れています。


今回の番組は、上流の十和田湖から下流の青森市内へ下りてくる設定のようだったが、勘違いしていなければ、上流→下流→ちょい上流という感じでワープしているように繰り広げられるシーンに、「これって、”路線バスの旅”だったよね。行ったり来たりしてるもんだなぁ〜」と和やかに観ていた。


路線バスの旅とはいえ、あのゲストも含めた三人組の人気番組ではない(確か放送局も違う)。男性タレント一人だけの番組だったが、一ヶ月前の奥入瀬渓流を思い出すように楽しく観ていた。

その日の宿も行き当たりバッタリらしく、夕方頃(かな)、A温泉へ行きフロントで空き部屋の有無を聞き部屋を予約していた。部屋に案内されるかと思いきや、男性タレントは、玄関にでてきた。怪訝に思ったテレビクルーに男性タレントは「保険、保険」とはっきり口走っていた。


楽しく観ていたのもそこまでだった。


男性タレントは、路線バスに乗りB温泉に向った。着いたB温泉旅館で「今夜、空いている部屋はありませんか?」とフロントに尋ねているシーンで呆気にとられてしまった。

社会的なマナー違反をテレビで堂々と犯していた。


宿泊業界では、電話での当日予約は、キャンセルになる率が高いからあまり信用しなくて、部屋が空いていても満室ですと応える場合も多いという。何件もの宿泊施設に電話で問い合わせて、その中で一番気にいった施設を選び、その他はキャンセルになってしまうからというのが理由のようだ。

そんな宿泊業界でも、フロントで本人による当日予約は信用するという。それすら踏みにじるシーンを放送していた。A温泉からB温泉まで路線バスで30分くらい。その30分の間に、A温泉に飛び込みのお客様が来られても、他に部屋が無ければ「満室です」と断らなければならない。その後にキャンセルの電話があれば、一旦予約した部屋は空いたままになってしまう。


幸か不幸かB温泉旅館では「満室です」と男性タレントを断っていた。時間的にA温泉まで戻る路線バスは無くなり、男性タレントはA温泉に電話をして、B温泉旅館まで迎えにこさせていた。

カメラが回っているパワーか、武器にしちまっている様子に唖然・・・・・・

タレントもタレントだが、保険的な当日予約という社会的マナー違反を、堂々と放送するテレビ局の神経を疑ってしまった。



★【ストーンズ・スタイル:入荷情報・第一弾】
▼「ノイ・インテレッセ:レンクラッド・ラウンドジップ長財布」レッド:入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3833.html
ノイ・インテレッセ:レンクラッド・ラウンドジップ長財布


 ハードな印象のハイブリッドレザーに、二本のカラーラインが走る「ノイ・インテレッセ:レンクラッド・ラウンドジップ長財布」を開いた瞬間から、クールカジュアルなシーンを演出するかのように、表側の二本のカラーと同じカラーが内側に配されています。

ジャバラタイプの中に、領収書やメモ入れにもなる3ヶ所もの札入れやファスナー小銭入れ、そして、12ヶ所のカード入れ、ポケットという大きな収納が五つのブロックに分けられ、使う目的に応じたフレキシブル仕様、持つ人仕様になります。
--------


★【ストーンズ・スタイル:入荷情報・第二弾】
▼「ブレイリオ:ティストフルコードバン・通しマチ名刺入れ」チョコ:入荷
 http://www.style.stones.jp/brelio/br4137.html
ブレイリオ:ティストフルコードバン・通しマチ名刺入れ


 コードバンの持つ透明感のある独特の艶と光沢が、一つ上の気品と風格を醸し出す「ブレイリオ:ティストフルコードバン・通しマチ名刺入れ」は、相手に洗練された印象を与えてくれ、落ち着いた優越を感じることができるでしょう。

コードバンとは、馬皮の尻(腰)部のみを指し、超緻密な林立した繊維組織からなるところに特徴があり、牛革の2倍から3倍の強靭さを持つと言われていわれています。そして内側の皮革には、同色のイタリアンカーフのヌメ革を合わせ、更に、内側の裏張り(裏地)には、馴染みやすさと軽量感を実現するためにソフトピッグを使用するという拘りを表しています。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


2014年09月02日(Tue)▲ページの先頭へ
◆黒菱の雲の中でランドローバー・ディフェンダー110に遭遇する
まさかねぇ、あんなところまで車で上がれるとは思いもしませんでした。白馬八方尾根スキー場の上部にある黒菱まで、少なくとも一般車がですよ。ん十年前、私がスキーを始めてまだプルークボーゲンも覚束ない頃に、街のスキークラブの合宿で黒菱山荘に泊まった事があります。

黒菱山荘ってのは、リフトを下り有名なコブ斜面を滑って下りた所にあったんですが、先述のようにプルークボーゲンも覚束ない頃ゆえ、どうやって降りようかと。その年に、スキーの指導者テストを受験する人が、背中のザックを持ってやろうか、、、などと気を使ってくれたりして。

結局、ザックを自分で担いだまま、プルークボーゲンやプルーク&キックターンなどで、黒菱山荘へ辿り着いた記憶があります。


その黒菱までクルマで行けるなんて、ビックラこきました。今年の3月だったかに発行された「大人のバイク旅・信州」というムック誌に書いてあったのを読み、走る機会を窺ってました。

大人のバイク旅・信州

自分の都合やお天気などと相談して、ようやく実行できたのが先日というわけです。

黒菱林道は、走りやすかった。晴れていたので、当然オープンにして気持ち良く、景色や牧場の中ゆえスキーゲレンデの斜面で草を食む牛達を眺めたりして、走れました。


黒菱の駐車場に着く。カフェテリア黒菱があったが黒菱山荘ってのが見当たらない。場所的なことは、あまり把握していないので、黒菱山荘はココからちとばかり離れているのかな、、、と。

駐車場にクルマを停め見上げると、ガスが下りてきている。まだ雨滴まで落ちてきていないが。時間があれば、往復3時間くらいという八方池までトレッキングしてみようかなとも思っていたが、このガスでは眺望は望めそうも無い。

ランドローバー・ディフェンダー110の左フェンダー上にあるダクトみたいのは何?

駐車場には、たくさんの車が停まっている。その中で「武骨と厳つさを車にしたら、こんなだろうな」的オーラがでまくりの車をみつけた。まるで軍用車のようだ。

車名をみる。ディフェンダーと読めたがメーカー名が見当たらない。目を凝らしてよくよくみるとフロントの左下のほうに「ランドローバー」という小さなエンブレムがあった。


ランドローバーは、、四輪駆動車を専門とする英国の自動車メーカーで、確か今は、インド・タタ自動車の子会社になっているかと。

ランドローバー・ディフェンダー110

目の前のランドローバー・ディフェンダー110は、2000年過ぎの年式のようだ。そして、ランドローバー・ディフェンダーは、2015年12月20日を持って生産終了となるということがウィキペディアに記載してあった。

普段、なかなかお目にかかれないランドローバー・ディフェンダー110に遭遇し、嬉しい気持ちになった。



※「ぶらり北陸発」では、「白馬八方尾根黒菱の雲の中でランドローバー・ディフェンダー110に出逢う」と題して、4枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/cars/lr_defender1408.html


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)
↑↑↑この写真に、2014年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年10月のカレンダーで、写真は、国道103号線を青森市内から奥入瀬渓流に向う途中の「萱野高原から見る八甲田連峰(青森県)」です。


   





カレンダ
2014年9月
 
       

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (57)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (15)

アクセスカウンタ
今日:2,655
昨日:3,677
累計:7,660,921