ishidas - 2017/10

ishidasについて

2017年10月14日(Sat)▲ページの先頭へ
◆地肌が剥き出しの場所に蓮華温泉・蓮華七湯「仙気の湯」・・・・・・アツシヤマモト、キプリス、本格革財布
指先というか右手首までしか入湯?せず湯温を確かめただけになり、冷たかった蓮華温泉・蓮華七湯「三国一の湯」から5分程歩くと、遮っていた草木が無くなり視界が広がった。石が転がり草木も生えていない地球の地肌が剥き出しのところに、蓮華温泉「仙気の湯」があった。

蓮華温泉「仙気の湯」と噴煙

先客のグループが仙気の湯を楽しんでいた。離れたところに立入禁止を示すトラロープの向こうに幾筋もの噴煙が上がっている。蓮華温泉の源泉かと思われるし、蒸湯があったところでもあるだろう。

蓮華温泉「仙気の湯」と薬師の湯から下りてきたグループ

先客のグループ達と言葉を交わしていると、小高くなったところから下りてくるグループというかファミリーが目に入った。その先には「薬師ノ湯」があるのだろう。心が躍ってくる。

蓮華温泉「仙気の湯」を上からみる

先客のグループ達との会話もソコココに、一部が階段状になった砂地の山道を登る。

蓮華温泉「薬師の湯」の標柱

そこには、三畳くらいかなぁ〜の広さの湯船があり、傍には、蓮華温泉・蓮華七湯「薬師ノ湯」の標柱が立てられていた。先客は居なかった。



★ぶらり北陸発
蓮華温泉へ07_三国一の湯、仙気の湯[[新潟県] http://www.stones.jp/area_niigata/renge07rengeonsen02
ni081dr9.html

・画像11枚とグダグダ



ぶらり北陸発
 http://www.stones.jp/index_burarihokurikuhatsu.html


岐阜県インデックス
 http://www.stones.jp/area_gifu/index.html


●【世界遺産白川郷に春を求めて・・・4月末】

ミノムシと世界遺産・白川郷に桜を追いかけて(01)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago01gf042ms3.html


白川郷和田家の稲架け小屋と水鏡の合掌造り(02)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago02gf042ms3.html


白川郷和田家の周りの白い花と桜とヤエザキスイセン(03)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago03gf042ms3.html


ヤエザキスイセン「フォンシオン」と白川郷の春、桜ソメイヨシノ(04)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago04gf042ms3.html


白川郷の鯉のぼりと逆さ合掌造りと桜と斑入り椿(05)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago05gf042ms3.html


白川郷明善寺と桜とサンシュユと鯉のぼり(06)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago06gf042ms3.html


白川郷の合掌造りと枝垂桜と魔除け面と水車(07)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago07gf042ms3.html


大杯水仙とヒメコブシとフヨウの刮ハと白川郷の合掌造り(08)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago08gf042ms3.html


白川郷で咲くフォンシオンとカタクリの花と・・・(09)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago09gf042ms3.html



★【ストーンズ・スタイル:商品情報】
▼「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」ブラック
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3828.html
ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)
【5%オフ】
【送料無料】【選べるギフト包装無料】


 表側はファイバーキュアのブラック、内側には牛革のレッドは、一見派手そうに思えますが、ご使用時には、先端部分の裏側のレッドがチラ見せ程度に抑えた感じになる「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」に、大人の粋さえ感じさせてくれます。

 素材は、イタリア・キオリーノ社製のステアリングやシフトノブに採用されている最先端のハイブリッドレザーを使用し、タッチ感が良く、味のある革とのコントラストで大人の雰囲気を表現しています。

車のハンドル用として開発され、特殊加工(ウレタン・エンボス加工)が施されており、通常の染色革に比べ耐摩擦性、耐光性に優れ、光の当たり方によるカーボンパターンのモダンな光沢の変化が独自の存在感をアピールし、シャープな上品さを醸しだしています。


★キプリス、ノイ・インテレッセの革小物も、割引価格で販売いたしております。
 http://www.style.stones.jp/



★【アツシヤマモト】新鋭レザーブランド
 http://www.style.stones.jp/
アツシヤマモトのマークロゴ


 本物の「Made in Japan」を発信するべく2014年にスタートした新鋭レザーブランド。日本のタンナーの協力のもと、日本伝統の刷毛染めという染色技法を用いて鮮やかな染色を施した革を独自開発し、より高いオリジナリティを持った製品を創りだしている。ATSUSHIYAMAMOTO製品は、彩のあるライフスタイルを愉しみ、ライフスタイルに拘る心を捉えています。
------
[備考]ATSUSHIYAMAMOTOの製品は、伊勢丹メンズ館、伊勢丹京都店、伊勢丹立川、伊勢丹浦和、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、福岡三越、仙台三越、東武宇都宮、G.Itoya、南青山Shosaikan(羽田空港T1)、南青山Shosaikan(羽田空港T2)、、、など各店舗で販売されています(2016.10.10現在)。


2017年10月12日(Thu)▲ページの先頭へ
◆サルスベリの実の黒部峡谷欅平から奥鐘橋、人喰岩・・・・・・アツシヤマモト、キプリス、本格革財布
観光ポスターにもよく使用される黒部峡谷河原展望台から見上げた奥鐘橋の絶景で和んだ後、ようやく猿飛峡とは反対方向になる祖母谷温泉に向った。

黒部峡谷欅平に群生していたサルスベリの実

沿道には、サルスベリの実と思われる黒っぽい粒々がたくさん生っている。黒部峡谷の緑に映える真っ赤な奥鐘橋から黒部川上流を覗き見ると、やはりV字峡谷を形成していた。

黒部峡谷奥鐘橋から黒部川上流を見る

奥鐘橋を渡って、すぐにと言ってもいい位の近い距離に、観光スポットとして有名な人喰岩があるのだが、私には、あまり迫力を感じさせられないでいる。大き過ぎるからか、それとも岩肌の色がコンクリート色に近いからか。

黒部峡谷人喰岩

スケールが小さくなるかもしれないが、迫力的には猿飛峡遊歩道のオーバーハングが優っているように思える。



★ぶらり北陸発
祖母谷温泉(05)名剣温泉、巨大スノーブリッジ、そして野生猿軍団[富山県]
http://www.stones.jp/area_tykurobeshi/babadanionsen05babadani
onsen01kr082ae9.html

・画像18枚とグダグダ



★【ストーンズ・スタイル:商品情報】
▼[キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・キーケース]ネイビー:入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8546.html
[キプリス・アズーレ]ナイト&デイ・キーケース
【5%オフ】
【送料無料】【選べるギフト包装無料】

 表側表面の細かなヘアラインが洗練された気品を感じさせる「キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・キーケース」の原皮には、世界のトップタンナーしか使用しないダッチキップ(オランダ)の中でも厳選されたブランドでもあるオークロというキップ素材のみを使用し、日本国内で鞣された素材を使用いたしております。

タンニンとクロームのコンビ鞣しを選択することにより、繊維の詰まったシワの出にくい下地を作りあげた上で、表面にグレージングをかけ、イタリア製の薬品にてナチュラルなアンティーク仕上げをしています。

キーフックが4ヶ備えられており、その内の1ヶは大き目のキーにも対応するように大き目のフックになっています。また、浅いポケットには、緊急時のために折り畳んだお札などを入れておけます。

また、表素材は、使用中に付く傷を目立たせないように成されたヘアラインの型押しが美しさを創り上げ、そして内側の色違い部分は、型押しせずにスムース仕上げとなっている「キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・キーケース」は、素材の仕上げと色の違いのコンビネーションを楽しめる美しく粋な革小物です。



★キプリス、ノイ・インテレッセの革小物も、割引価格で販売いたしております。
 http://www.style.stones.jp/



★【アツシヤマモト】新鋭レザーブランド
 http://www.style.stones.jp/
アツシヤマモトのマークロゴ


 本物の「Made in Japan」を発信するべく2014年にスタートした新鋭レザーブランド。日本のタンナーの協力のもと、日本伝統の刷毛染めという染色技法を用いて鮮やかな染色を施した革を独自開発し、より高いオリジナリティを持った製品を創りだしている。ATSUSHIYAMAMOTO製品は、彩のあるライフスタイルを愉しみ、ライフスタイルに拘る心を捉えています。
------
[備考]ATSUSHIYAMAMOTOの製品は、伊勢丹メンズ館、伊勢丹京都店、伊勢丹立川、伊勢丹浦和、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、福岡三越、仙台三越、東武宇都宮、G.Itoya、南青山Shosaikan(羽田空港T1)、南青山Shosaikan(羽田空港T2)、、、など各店舗で販売されています(2016.10.10現在)。


2017年10月11日(Wed)▲ページの先頭へ
◆蓮華温泉・蓮華七湯「三国一ノ湯」・・・・・・アツシヤマモト、キプリス、本格革財布
露天風呂ならぬ野天風呂巡りの道は登山道と変わらず、蓮華温泉の野天風呂自体におおいに期待させるものとなった。

蓮華温泉野天風呂巡りの入口

蓮華温泉野天風呂巡りの入口のところの説明板には、
------
 湯の由来については古く、上杉謙信の発見と伝えられ、昔から蓮華七湯といって、黄金ノ湯(重炭酸土類泉)新黄金ノ湯、蒸湯、薬師ノ湯(酸性石膏泉)仙気ノ湯(単純酸性泉)三国一ノ湯(単純酸性泉)総湯(単純泉)などがあります。
 総湯をのぞいてはすべて野趣あふれる野天風呂となっております。
------
・・・と、書かれていて「七湯もあんだったら上せてしまうかな?」とか「全部入るんだったら、衣服の着脱も大変」とか、いらぬ危惧も。

蓮華温泉野天風呂巡りの道

蓮華温泉野天風呂巡りの道

総湯(単純泉)のある白馬岳蓮華温泉ロッジから10分もあるいただろうか「三国一ノ湯」という標柱があり、仲の良い者同士なら立ち湯で二人、一般的には”一人”しか入れないだろうと思われる狭さの四角い湯船が造られていた。

蓮華温泉「三国一ノ湯」

お湯の色は・・・湯気も上がってないのでお湯かどうかも・・・少し濁ったような緑がかっていて、その上、道のすぐ傍にあるので、少しばかりの勇気が必要になる。私も躊躇われたので、入泉するのは右手首までにした・・・・・・お湯?は冷たかった(汗)



★ぶらり北陸発
蓮華温泉へ07_三国一の湯、仙気の湯[[新潟県] http://www.stones.jp/area_niigata/renge07rengeonsen02
ni081dr9.html

・画像11枚とグダグダ



ぶらり北陸発
 http://www.stones.jp/index_burarihokurikuhatsu.html


岐阜県インデックス
 http://www.stones.jp/area_gifu/index.html


●【世界遺産白川郷に春を求めて・・・4月末】

ミノムシと世界遺産・白川郷に桜を追いかけて(01)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago01gf042ms3.html


白川郷和田家の稲架け小屋と水鏡の合掌造り(02)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago02gf042ms3.html


白川郷和田家の周りの白い花と桜とヤエザキスイセン(03)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago03gf042ms3.html


ヤエザキスイセン「フォンシオン」と白川郷の春、桜ソメイヨシノ(04)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago04gf042ms3.html


白川郷の鯉のぼりと逆さ合掌造りと桜と斑入り椿(05)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago05gf042ms3.html


白川郷明善寺と桜とサンシュユと鯉のぼり(06)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago06gf042ms3.html


白川郷の合掌造りと枝垂桜と魔除け面と水車(07)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago07gf042ms3.html


大杯水仙とヒメコブシとフヨウの刮ハと白川郷の合掌造り(08)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago08gf042ms3.html


白川郷で咲くフォンシオンとカタクリの花と・・・(09)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago09gf042ms3.html



★【ストーンズ・スタイル:商品情報】
▼「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」ブラック
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3828.html
ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)
【5%オフ】
【送料無料】【選べるギフト包装無料】


 表側はファイバーキュアのブラック、内側には牛革のレッドは、一見派手そうに思えますが、ご使用時には、先端部分の裏側のレッドがチラ見せ程度に抑えた感じになる「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」に、大人の粋さえ感じさせてくれます。

 素材は、イタリア・キオリーノ社製のステアリングやシフトノブに採用されている最先端のハイブリッドレザーを使用し、タッチ感が良く、味のある革とのコントラストで大人の雰囲気を表現しています。

車のハンドル用として開発され、特殊加工(ウレタン・エンボス加工)が施されており、通常の染色革に比べ耐摩擦性、耐光性に優れ、光の当たり方によるカーボンパターンのモダンな光沢の変化が独自の存在感をアピールし、シャープな上品さを醸しだしています。


★キプリス、ノイ・インテレッセの革小物も、割引価格で販売いたしております。
 http://www.style.stones.jp/



★【アツシヤマモト】新鋭レザーブランド
 http://www.style.stones.jp/
アツシヤマモトのマークロゴ


 本物の「Made in Japan」を発信するべく2014年にスタートした新鋭レザーブランド。日本のタンナーの協力のもと、日本伝統の刷毛染めという染色技法を用いて鮮やかな染色を施した革を独自開発し、より高いオリジナリティを持った製品を創りだしている。ATSUSHIYAMAMOTO製品は、彩のあるライフスタイルを愉しみ、ライフスタイルに拘る心を捉えています。
------
[備考]ATSUSHIYAMAMOTOの製品は、伊勢丹メンズ館、伊勢丹京都店、伊勢丹立川、伊勢丹浦和、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、福岡三越、仙台三越、東武宇都宮、G.Itoya、南青山Shosaikan(羽田空港T1)、南青山Shosaikan(羽田空港T2)、、、など各店舗で販売されています(2016.10.10現在)。


2017年10月10日(Tue)▲ページの先頭へ
◆オイラが飛べば石飛峡・・・黒部峡谷猿飛峡と河原展望台・・・・・・アツシヤマモト、キプリス、本格革財布
「こりゃ、オイラでも簡単に飛び越えられるんじゃないか?」と、猿飛峡展望台に着き、黒部川の川幅が狭く、左右の岩壁が額を寄せ合っている猿飛峡を見るたびに、そのように錯覚してしまう。

黒部峡谷猿飛峡

あの枝を伝ってジャンプして・・・という妄想を巡らす。しかぁ〜し、落ちたらひとたまりも無い。黒部川の水深が浅過ぎて、モロに地球と激突となっちまう。地球に勝てるわきゃ無い。猿なら可能かもしれない。猿が飛び越えていたことから猿飛峡と名付けられたということだから。

猿飛峡からの帰り道、私の好きな光景があります。

猿飛峡遊歩道のトンネルと岩壁

猿飛峡遊歩道を土砂や落石から護ってくれるトンネルを外から眺められる場所です。そのトンネルが歴史有る中世の城壁にも見えてきて、今にも、小さな明かり窓から弓矢や銃口が飛び出してくるような錯覚に陥ってしまう。

また、そのトンネルを大蛇に見立てると、人喰岩に優るとも劣らないオーバーハングの岩壁が大蛇を呑み込んでいるようにもみえる。

黒部峡谷河原展望台から見上げる奥鐘橋

なんだかんだで、黒部峡谷欅平に戻ってきた。んなら、娘に黒部峡谷の観光ポスターの実景を見せてやるべぇと河原展望台に下りる。見上げると緑の中に真っ赤な奥鐘橋が架かってお手、誰が撮っても観光ポスター的名カメラマンになれる撮影スポットとなっている。



★ぶらり北陸発
祖母谷温泉(04)黒部峡谷猿飛峡・黒部川・河原展望台・奥鐘橋[富山県]
http://www.stones.jp/area_tykurobeshi/babadanionsen04saru
tobikyo02kr082ae9.html

・画像09枚とグダグダ



★【ストーンズ・スタイル:商品情報】
▼[キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・キーケース]ネイビー:入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8546.html
[キプリス・アズーレ]ナイト&デイ・キーケース
【5%オフ】
【送料無料】【選べるギフト包装無料】

 表側表面の細かなヘアラインが洗練された気品を感じさせる「キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・キーケース」の原皮には、世界のトップタンナーしか使用しないダッチキップ(オランダ)の中でも厳選されたブランドでもあるオークロというキップ素材のみを使用し、日本国内で鞣された素材を使用いたしております。

タンニンとクロームのコンビ鞣しを選択することにより、繊維の詰まったシワの出にくい下地を作りあげた上で、表面にグレージングをかけ、イタリア製の薬品にてナチュラルなアンティーク仕上げをしています。

キーフックが4ヶ備えられており、その内の1ヶは大き目のキーにも対応するように大き目のフックになっています。また、浅いポケットには、緊急時のために折り畳んだお札などを入れておけます。

また、表素材は、使用中に付く傷を目立たせないように成されたヘアラインの型押しが美しさを創り上げ、そして内側の色違い部分は、型押しせずにスムース仕上げとなっている「キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・キーケース」は、素材の仕上げと色の違いのコンビネーションを楽しめる美しく粋な革小物です。



★キプリス、ノイ・インテレッセの革小物も、割引価格で販売いたしております。
 http://www.style.stones.jp/



★【アツシヤマモト】新鋭レザーブランド
 http://www.style.stones.jp/
アツシヤマモトのマークロゴ


 本物の「Made in Japan」を発信するべく2014年にスタートした新鋭レザーブランド。日本のタンナーの協力のもと、日本伝統の刷毛染めという染色技法を用いて鮮やかな染色を施した革を独自開発し、より高いオリジナリティを持った製品を創りだしている。ATSUSHIYAMAMOTO製品は、彩のあるライフスタイルを愉しみ、ライフスタイルに拘る心を捉えています。
------
[備考]ATSUSHIYAMAMOTOの製品は、伊勢丹メンズ館、伊勢丹京都店、伊勢丹立川、伊勢丹浦和、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、福岡三越、仙台三越、東武宇都宮、G.Itoya、南青山Shosaikan(羽田空港T1)、南青山Shosaikan(羽田空港T2)、、、など各店舗で販売されています(2016.10.10現在)。


2017年10月08日(Sun)▲ページの先頭へ
◆蓮華温泉総湯(白馬岳蓮華温泉ロッジの内湯)は熱かった・・・・・・アツシヤマモト、キプリス、本格革財布
少しばかりの期待もあったが、白馬岳蓮華温泉ロッジの玄関に入ると昔ながら?の山小屋の持つイメージそのままのようで、心なしかホッとしている自分が居た。いや、なにね、建物の外観がモダンな感じを受けたので、山小屋のニューウェーブ?を具現化しているかな?という期待も。

白馬岳蓮華温泉ロッジの玄関

少し遅くなった昼食を食すために入った白馬岳蓮華温泉ロッジの食堂においても、山小屋の食堂だった。昔、週末居候でお世話になっていた立山黒部アルペンルートの山小屋の食堂と同じ匂ひがしていた(イメージ)。その伝でいけば、一番早く出来上がると思える牛丼を注文する。

白馬岳蓮華温泉ロッジの食堂

牛丼をかっ喰らい、まずは総湯に入る。総湯は、白馬岳蓮華温泉ロッジ館内の内湯のことのようです。

私としては、蓮華温泉の野天風呂巡りをしてから総湯に入りたいという気持ちでもあったが、野天風呂巡りに、どれだけの時間が掛かるかが判らず、巡っている間に総湯の入泉時間が過ぎてしまい入れなかったら・・・という危惧から”入れるうちに入っちゃお”ということからです。

白馬岳蓮華温泉ロッジ内の蓮華温泉総湯

蓮華温泉総湯には、数人の先客が入っておられた。「写真を撮らせていただいて良いですか?」で快諾を得、和気あいあいの雰囲気の中で写真を撮らせていただき、ゆっくりと蓮華温泉総湯に入る。

「あっ、熱ぅ〜」総湯の湯温は高かった。そして先客から、これから巡る野天風呂について、いろいろ教えていただけた。



★ぶらり北陸発
蓮華温泉へ06_まずは蓮華温泉総湯(内湯)から入る[新潟県] http://www.stones.jp/area_niigata/renge06rengeonsen01ni081dr9.html
・画像10枚とグダグダ



ぶらり北陸発
 http://www.stones.jp/index_burarihokurikuhatsu.html


岐阜県インデックス
 http://www.stones.jp/area_gifu/index.html


●【世界遺産白川郷に春を求めて・・・4月末】

ミノムシと世界遺産・白川郷に桜を追いかけて(01)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago01gf042ms3.html


白川郷和田家の稲架け小屋と水鏡の合掌造り(02)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago02gf042ms3.html


白川郷和田家の周りの白い花と桜とヤエザキスイセン(03)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago03gf042ms3.html


ヤエザキスイセン「フォンシオン」と白川郷の春、桜ソメイヨシノ(04)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago04gf042ms3.html


白川郷の鯉のぼりと逆さ合掌造りと桜と斑入り椿(05)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago05gf042ms3.html


白川郷明善寺と桜とサンシュユと鯉のぼり(06)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago06gf042ms3.html


白川郷の合掌造りと枝垂桜と魔除け面と水車(07)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago07gf042ms3.html


大杯水仙とヒメコブシとフヨウの刮ハと白川郷の合掌造り(08)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago08gf042ms3.html


白川郷で咲くフォンシオンとカタクリの花と・・・(09)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago09gf042ms3.html



★【ストーンズ・スタイル:商品情報】
▼「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」ブラック
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3828.html
ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)
【5%オフ】
【送料無料】【選べるギフト包装無料】


 表側はファイバーキュアのブラック、内側には牛革のレッドは、一見派手そうに思えますが、ご使用時には、先端部分の裏側のレッドがチラ見せ程度に抑えた感じになる「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」に、大人の粋さえ感じさせてくれます。

 素材は、イタリア・キオリーノ社製のステアリングやシフトノブに採用されている最先端のハイブリッドレザーを使用し、タッチ感が良く、味のある革とのコントラストで大人の雰囲気を表現しています。

車のハンドル用として開発され、特殊加工(ウレタン・エンボス加工)が施されており、通常の染色革に比べ耐摩擦性、耐光性に優れ、光の当たり方によるカーボンパターンのモダンな光沢の変化が独自の存在感をアピールし、シャープな上品さを醸しだしています。


★キプリス、ノイ・インテレッセの革小物も、割引価格で販売いたしております。
 http://www.style.stones.jp/



★【アツシヤマモト】新鋭レザーブランド
 http://www.style.stones.jp/
アツシヤマモトのマークロゴ


 本物の「Made in Japan」を発信するべく2014年にスタートした新鋭レザーブランド。日本のタンナーの協力のもと、日本伝統の刷毛染めという染色技法を用いて鮮やかな染色を施した革を独自開発し、より高いオリジナリティを持った製品を創りだしている。ATSUSHIYAMAMOTO製品は、彩のあるライフスタイルを愉しみ、ライフスタイルに拘る心を捉えています。
------
[備考]ATSUSHIYAMAMOTOの製品は、伊勢丹メンズ館、伊勢丹京都店、伊勢丹立川、伊勢丹浦和、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、福岡三越、仙台三越、東武宇都宮、G.Itoya、南青山Shosaikan(羽田空港T1)、南青山Shosaikan(羽田空港T2)、、、など各店舗で販売されています(2016.10.10現在)。


2017年10月07日(Sat)▲ページの先頭へ
◆いよいよ、どん突きにある黒部峡谷猿飛峡展望台の近くに・・・・・・アツシヤマモト、キプリス、本格革財布
中州もいくつか出来てるほどメチャクチャ広い黒部川下流だが、さすがに黒部川源流(正直、どこから源流というのか、私には良くわかりません)に近い黒部峡谷猿飛峡まで来ると、岩壁が頬を寄せ合っているかのように、川幅が狭い。

黒部峡谷猿飛峡遊歩道から

高い岸壁、繁る新緑、が、より川幅を狭く見せている。

黒部峡谷猿飛峡遊歩道からみる岩壁と黒部川(1)

もっと上流のことを表しているのだろうが、猿飛峡であっても遊歩道から見る景色も”日本一深いV字峡谷”と言っても過言ではないように思う。

黒部峡谷猿飛峡遊歩道からみる岩壁と黒部川(2)

自然が造った本物のフクロウに見える木の「猿飛峡のフクロウ」を、黒部峡谷猿飛峡遊歩道の対岸(右岸)に見て、猿飛峡遊歩道の行き止まりにある猿飛峡展望台が近いことを知る。



★ぶらり北陸発
祖母谷温泉(04)黒部峡谷猿飛峡・黒部川・河原展望台・奥鐘橋[富山県]
http://www.stones.jp/area_tykurobeshi/babadanionsen04saru
tobikyo02kr082ae9.html

・画像09枚とグダグダ



★【ストーンズ・スタイル:商品情報】
▼[キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・キーケース]ネイビー:入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8546.html
[キプリス・アズーレ]ナイト&デイ・キーケース
【5%オフ】
【送料無料】【選べるギフト包装無料】

 表側表面の細かなヘアラインが洗練された気品を感じさせる「キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・キーケース」の原皮には、世界のトップタンナーしか使用しないダッチキップ(オランダ)の中でも厳選されたブランドでもあるオークロというキップ素材のみを使用し、日本国内で鞣された素材を使用いたしております。

タンニンとクロームのコンビ鞣しを選択することにより、繊維の詰まったシワの出にくい下地を作りあげた上で、表面にグレージングをかけ、イタリア製の薬品にてナチュラルなアンティーク仕上げをしています。

キーフックが4ヶ備えられており、その内の1ヶは大き目のキーにも対応するように大き目のフックになっています。また、浅いポケットには、緊急時のために折り畳んだお札などを入れておけます。

また、表素材は、使用中に付く傷を目立たせないように成されたヘアラインの型押しが美しさを創り上げ、そして内側の色違い部分は、型押しせずにスムース仕上げとなっている「キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・キーケース」は、素材の仕上げと色の違いのコンビネーションを楽しめる美しく粋な革小物です。



★キプリス、ノイ・インテレッセの革小物も、割引価格で販売いたしております。
 http://www.style.stones.jp/



★【アツシヤマモト】新鋭レザーブランド
 http://www.style.stones.jp/
アツシヤマモトのマークロゴ


 本物の「Made in Japan」を発信するべく2014年にスタートした新鋭レザーブランド。日本のタンナーの協力のもと、日本伝統の刷毛染めという染色技法を用いて鮮やかな染色を施した革を独自開発し、より高いオリジナリティを持った製品を創りだしている。ATSUSHIYAMAMOTO製品は、彩のあるライフスタイルを愉しみ、ライフスタイルに拘る心を捉えています。
------
[備考]ATSUSHIYAMAMOTOの製品は、伊勢丹メンズ館、伊勢丹京都店、伊勢丹立川、伊勢丹浦和、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、福岡三越、仙台三越、東武宇都宮、G.Itoya、南青山Shosaikan(羽田空港T1)、南青山Shosaikan(羽田空港T2)、、、など各店舗で販売されています(2016.10.10現在)。


2017年10月05日(Thu)▲ページの先頭へ
◆白馬岳蓮華温泉ロッジに着く・・・・・・アツシヤマモト、キプリス、本格革財布
「うわぁ〜、腹減ったぁ」と、白馬岳蓮華温泉ロッジの駐車場で出逢った長旅をするアサギマダラに「元気で、旅を続けろよ」という励まし?もそこここに、白馬岳蓮華温泉ロッジを目指す。

駐車場から白馬岳蓮華温泉ロッジへ

白馬岳蓮華温泉ロッジと駐車場が離れているというのは、山小屋のイメージを保つのにピッタシだなぁ〜と思った。

白馬岳蓮華温泉ロッジ

ちょい坂を上ると、大きな建物が迫ってくる。白馬岳蓮華温泉ロッジだ。私の持つ山小屋のイメージが完全に崩壊するほどに、シャレている。

白馬岳蓮華温泉ロッジと登山者

庭では、これから朝日岳や白馬岳に登るのか、下山してきたのかわからない(時間からすると下山してきたように思えるが)が、多くの登山者が屯していた。



★ぶらり北陸発
蓮華温泉へ06_まずは蓮華温泉総湯(内湯)から入る[新潟県] http://www.stones.jp/area_niigata/renge06rengeonsen01ni081dr9.html
・画像10枚とグダグダ



ぶらり北陸発
 http://www.stones.jp/index_burarihokurikuhatsu.html


岐阜県インデックス
 http://www.stones.jp/area_gifu/index.html


●【世界遺産白川郷に春を求めて・・・4月末】

ミノムシと世界遺産・白川郷に桜を追いかけて(01)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago01gf042ms3.html


白川郷和田家の稲架け小屋と水鏡の合掌造り(02)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago02gf042ms3.html


白川郷和田家の周りの白い花と桜とヤエザキスイセン(03)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago03gf042ms3.html


ヤエザキスイセン「フォンシオン」と白川郷の春、桜ソメイヨシノ(04)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago04gf042ms3.html


白川郷の鯉のぼりと逆さ合掌造りと桜と斑入り椿(05)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago05gf042ms3.html


白川郷明善寺と桜とサンシュユと鯉のぼり(06)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago06gf042ms3.html


白川郷の合掌造りと枝垂桜と魔除け面と水車(07)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago07gf042ms3.html


大杯水仙とヒメコブシとフヨウの刮ハと白川郷の合掌造り(08)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago08gf042ms3.html


白川郷で咲くフォンシオンとカタクリの花と・・・(09)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago09gf042ms3.html



★【ストーンズ・スタイル:商品情報】
▼「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」ブラック
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3828.html
ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)
【5%オフ】
【送料無料】【選べるギフト包装無料】


 表側はファイバーキュアのブラック、内側には牛革のレッドは、一見派手そうに思えますが、ご使用時には、先端部分の裏側のレッドがチラ見せ程度に抑えた感じになる「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」に、大人の粋さえ感じさせてくれます。

 素材は、イタリア・キオリーノ社製のステアリングやシフトノブに採用されている最先端のハイブリッドレザーを使用し、タッチ感が良く、味のある革とのコントラストで大人の雰囲気を表現しています。

車のハンドル用として開発され、特殊加工(ウレタン・エンボス加工)が施されており、通常の染色革に比べ耐摩擦性、耐光性に優れ、光の当たり方によるカーボンパターンのモダンな光沢の変化が独自の存在感をアピールし、シャープな上品さを醸しだしています。


★キプリス、ノイ・インテレッセの革小物も、割引価格で販売いたしております。
 http://www.style.stones.jp/



★【アツシヤマモト】新鋭レザーブランド
 http://www.style.stones.jp/
アツシヤマモトのマークロゴ


 本物の「Made in Japan」を発信するべく2014年にスタートした新鋭レザーブランド。日本のタンナーの協力のもと、日本伝統の刷毛染めという染色技法を用いて鮮やかな染色を施した革を独自開発し、より高いオリジナリティを持った製品を創りだしている。ATSUSHIYAMAMOTO製品は、彩のあるライフスタイルを愉しみ、ライフスタイルに拘る心を捉えています。
------
[備考]ATSUSHIYAMAMOTOの製品は、伊勢丹メンズ館、伊勢丹京都店、伊勢丹立川、伊勢丹浦和、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、福岡三越、仙台三越、東武宇都宮、G.Itoya、南青山Shosaikan(羽田空港T1)、南青山Shosaikan(羽田空港T2)、、、など各店舗で販売されています(2016.10.10現在)。


2017年10月03日(Tue)▲ページの先頭へ
◆昔は大嫌いだった白エビ・・・・・・アツシヤマモト、キプリス、本格革財布
3000メートル級の山々が連なる北アルプス・立山連峰を海越しに眺望でき、「最も美しい湾クラブ」に加盟している富山湾。

今は、その富山湾の宝石とか富山湾の珍味として人気が高い白エビですが、正直、私がご幼少の頃は大嫌いでした。

白エビ

というのは、昔は、鮮度落ちが早い白エビの冷凍・冷蔵技術が発達していない上に、体長が5〜6センチ程の小ささのため殻を剥く手間が大変だったりして、全然人気が無く、漁師町だった新湊市(現射水市)では、殻が付いたままの白エビを、安上がりのみそ汁の具にしていたものです。

みそ汁の具になった白エビの殻が硬くて、口の内側に刺さるように痛かったので、「えぇ〜、今日も白エビぃ〜」と嫌いになってしまいました。

白エビの冷凍前の袋詰め

漁港では、漁から帰ってきた漁船から市場内で白エビを運ぶ際に、籠から白エビがこぼれおちても、だれも拾おうともしないで、落ちたまんま。サユリが釣れる時期には、こぼれおちている白エビを餌にして、サユリ釣りをしてたもんです。


とにかくご幼少の頃の白エビがトラウマになり、大人になっても口にすることはありませんでしたが、十年前だったかそれ以上前だったか、どこかの宴会だったかで旅館で出された白エビの刺身を食べる機会があり「なんちゅう〜、ん旨いがぁ」(富山弁:なんて美味しいんだぁ)となってしまいました(笑)

カゴに入った白エビ

今や、水揚げ後の急速冷凍を行う技術も発達したため鮮度・美味しさを保持できるようになり、また、殻剥きににおいても機械が開発されたりして、生や美味しいままの白エビが味わえるようになり、大変人気が出て愛されています。

ちなみに、白エビの殻剥きは機械より「手剥き」のほうが断然美味しいそうです。

その白エビの水揚げ後直ぐの冷凍前作業を新湊漁港でスナップしてみました。



★ぶらり北陸発
白エビの冷凍準備作業(富山県新湊漁港)
 http://www.stones.jp/area_tyimizushi/shiroebi_im040bk4.html
・画像16枚とグダグダ



ぶらり北陸発
 http://www.stones.jp/index_burarihokurikuhatsu.html


岐阜県インデックス
 http://www.stones.jp/area_gifu/index.html


●【世界遺産白川郷に春を求めて・・・4月末】

ミノムシと世界遺産・白川郷に桜を追いかけて(01)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago01gf042ms3.html


白川郷和田家の稲架け小屋と水鏡の合掌造り(02)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago02gf042ms3.html


白川郷和田家の周りの白い花と桜とヤエザキスイセン(03)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago03gf042ms3.html


ヤエザキスイセン「フォンシオン」と白川郷の春、桜ソメイヨシノ(04)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago04gf042ms3.html


白川郷の鯉のぼりと逆さ合掌造りと桜と斑入り椿(05)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago05gf042ms3.html


白川郷明善寺と桜とサンシュユと鯉のぼり(06)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago06gf042ms3.html


白川郷の合掌造りと枝垂桜と魔除け面と水車(07)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago07gf042ms3.html


大杯水仙とヒメコブシとフヨウの刮ハと白川郷の合掌造り(08)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago08gf042ms3.html


白川郷で咲くフォンシオンとカタクリの花と・・・(09)
 http://www.stones.jp/area_gifu/shirakawago09gf042ms3.html



★【ストーンズ・スタイル:商品情報】
▼「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」ブラック
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3828.html
ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)
【5%オフ】
【送料無料】【選べるギフト包装無料】


 表側はファイバーキュアのブラック、内側には牛革のレッドは、一見派手そうに思えますが、ご使用時には、先端部分の裏側のレッドがチラ見せ程度に抑えた感じになる「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」に、大人の粋さえ感じさせてくれます。

 素材は、イタリア・キオリーノ社製のステアリングやシフトノブに採用されている最先端のハイブリッドレザーを使用し、タッチ感が良く、味のある革とのコントラストで大人の雰囲気を表現しています。

車のハンドル用として開発され、特殊加工(ウレタン・エンボス加工)が施されており、通常の染色革に比べ耐摩擦性、耐光性に優れ、光の当たり方によるカーボンパターンのモダンな光沢の変化が独自の存在感をアピールし、シャープな上品さを醸しだしています。


★キプリス、ノイ・インテレッセの革小物も、割引価格で販売いたしております。
 http://www.style.stones.jp/



★【アツシヤマモト】新鋭レザーブランド
 http://www.style.stones.jp/
アツシヤマモトのマークロゴ


 本物の「Made in Japan」を発信するべく2014年にスタートした新鋭レザーブランド。日本のタンナーの協力のもと、日本伝統の刷毛染めという染色技法を用いて鮮やかな染色を施した革を独自開発し、より高いオリジナリティを持った製品を創りだしている。ATSUSHIYAMAMOTO製品は、彩のあるライフスタイルを愉しみ、ライフスタイルに拘る心を捉えています。
------
[備考]ATSUSHIYAMAMOTOの製品は、伊勢丹メンズ館、伊勢丹京都店、伊勢丹立川、伊勢丹浦和、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、福岡三越、仙台三越、東武宇都宮、G.Itoya、南青山Shosaikan(羽田空港T1)、南青山Shosaikan(羽田空港T2)、、、など各店舗で販売されています(2016.10.10現在)。


2017年10月01日(Sun)▲ページの先頭へ
◆石つぶての遠吠え
「なんでだろう、私には判らない」

日本の政党政治において1強多弱になって久しい。それもこれも民主党(現民進党)が政権を担ってから”決められない政治”で日本を混乱に陥れてしまったのが要因だ。

その結果が、自民党の長期政権を生み、独裁、暴走政治が始まっている。今回の解散においても・・・。


そして今、小池新党「希望の党」が立ち上げられ、民進党が合流しようとしている。

そこにおける民進党の支援団体である「連合」が”入党希望者を全員受け入れなければ、支援できない”と言っている。

「ナゼだっ」

決められない政治を、政党を、希望の党に持ち込もうというのだろうか。それじゃ、希望の党に期待する多くの人々に愛想をつかされてしまう。


自民党の長期政権を生んだのも、二大政党制にならなかったのも、党首だった蓮舫氏による民進党運営がうまくいかなかったのも、すべて”決められない政党”のままの議員を引き継いだことに起因すると思っています。

一つの問題に、相反する考えが主張しあえば纏まるものも纏まらないのが当たり前の論理で、それが民進党だった。少なくとも自民党は、考え方が違っていても、一旦党として決まれば一丸となって進行させる。


民進党が政権を失ったときに、また蓮舫氏が党首になった時に、なぜ民進党をガラガラポンで解党し、極端な話”政策において考え方が同じ議員だけにしようとしなかったのか”が不思議で仕方がなかった。なぜ政権を失ったのかということを総括しなかったのだろうか。気付いていなかったわけでもあるまい。

その時に行わなければならなかった選別、排除を今、希望の党がしようとしているだけなのだと思う。

全員を受け入れて、希望の党を”決められない政党””第二の民進党””数合わせの寄り合い所帯”にしてはならない。

もし希望の党が出来ずに今までのまま1強多弱だったら、オイラは「あんたらだけで好きなようにやってれば・・・(このままでは投票行動すら起せないし・・・)」と諦めに支配されてしまうだろう。


やはり二大政党制が必要かと思えるが、少なくとも今までは受け皿はなかった。

連合の主張どおりにすれば、自民党による1強多弱、独裁政治が加速してしまうと思っています。裏で連合と自民党が結託しているのか穿ってしまう。

恩恵の少ない地方に居ても、”決められる政党による二大政党制”の可能性が出てきたことで「捨てたもんじゃないんだ”と思えてきたりして・・・。小池氏には、希望の党には、今の信念を貫いて欲しいと切望しています。


あっ、その辺りは良く判らないが、「連合が支援できない」って言うからには、全国に散らばる700万人近くの組合員数の一人一人の投票行動を束縛できるんだろうか?”そうだったら凄過ぎるナ”と恐ろしくなってしまう。決起大会に参加しても、そのまま投票するとは限らないのが個人であり弱者の論理である。


   





カレンダ
2017年10月
       

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (176)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (20)
6月 (17)
7月 (15)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (9)

アクセスカウンタ
今日:819
昨日:4,694
累計:8,735,055