◆13、14ぃ、15ぉ、ジュウロクとぉ〜♪



2009年08月17日(Mon)
◆13、14ぃ、15ぉ、ジュウロクとぉ〜♪
15日は完全に死んじゃってました。運動不足の権化の成れの果てデス。

お盆休みが始まった13日の4時半頃、恒例になっている阿波踊りの徳島へ向けて出発ぅ。もちろんベンツslk350(六代目1444)のルーフを開けて走りましたが、福井県辺りで雲行きが怪しくなってきたので、ルーフを閉めてクーペに切り替えて走り、スムーズに走れた北陸自動車道から名神に突入。

道路情報では、大山崎ジャンクションで渋滞しているってんで、手前の桂川パーキングエリアで渋滞への心と身体の準備をして、イザッ・・・・やっぱ混んでいましたねぇ。

で、吹田ジャンクションが近くなってきたので、中国道へ抜けるか阪神高速3号線に入るか、思案投げ首ろくろっ首。道路情報では、どっちも凄い渋滞になっていると言っているが、多少、阪神高速3号線のほうが良さげ。

だってさ、中国道には、何にも無い平日だって凄い渋滞で名高い宝塚インターチェンジ近辺。今回は、その渋滞が、吹田ジャンクションの中国道から名神まで延びてきていて、完全に名神の一車線が塞がっている状態。

それに対して、阪神高速方面はガラガラスイスイと走れるし、とりあえず目先は。「目先でも何でも停まっているより走るんだ」がモットーのアッシは、阪神高速方面へ。んで、名神から阪神高速に入ったところで、大渋滞。こんなトロトロ走るなら、前のクルマに牽引してもらって、オリャ眠って行きたいぞえ、、、とも思うが、知らない車を牽引してくれる奇特なのもいねぇし。

その大渋滞が延々神戸淡路鳴門道まで続いていた。神戸淡路鳴門道の淡路サービスエリアを過ぎ三車線から二車線になり落ち着いたところで、それなりの早さに戻る。追越し車線を走る遅いクルマが、走行車線に戻ってくれるようになった(笑)

以前のブログで、多分徳島には早く着くだろうから、集合前にチョイと日本の滝百選に選ばれている雨乞いの滝を観に、、、なんて予定していたからカーナビはその方向へいくのに設定していて、とりあえず鳴門インターチェンジで下りるが、時間は13時近くだったか。「もう大塚国際美術館での集合時間じゃねぇか、集合前の雨乞いの滝はキャンセルね」と大塚国際美術館がある鳴門北インターチェンジ方向へ戻る。

高速の混雑は、確かに交通集中が一番大きいとは思うが、道路公団をはじめとする行政の怠慢もあるんでは、、、との現象が見られた。10レーンくらいある大きな料金所でも、ETCレーンが二本くらいだけ。「ETCなら、どこまで行っても1000円」だから、このお盆の時期に全国の高速を走り回っているのは、ほとんどETC装着車ということを想定した対策を講じなければならないのに、今までのまんまじゃね、渋滞の原因の一つが料金所だっていうことがわかっているのかな?と。八本くらいある一般レーンには、クルマが見当たらずガラガラ・・・

とにかく、いつもの倍以上の時間がかかりました。


大塚国際美術館に着く。阿波親父から「今、渦潮の見学の筈が、ベタ凪で渦を巻いていない穏やかな海面の見学をしている。食事していないんなら食事をして待っててくれ」との連絡あり。ようやく、大塚国際美術館でまともな食事を摂る。

渦潮を見れなかった高知三人組と阿波親父と落ち合う。大塚国際美術館を一通り見学し、早めに徳島市街へ入り私は、徳島駅前のホテルにチェックインし、飲み会場へ。そして、今回は有料桟敷席で観るアホウになる。

んで、途中から駆けつけてくれたペコちゃんやみふゆちゃんも加え、なんだかんだ賑やかにお祭りをすごし、ホテルに帰ってバタンキュー。


翌14日は、雨乞いの滝へ足を延ばしました。日差しが強すぎるのでオープンに出来ず、残念。

駐車場から雨乞いの滝まで約800m、二十分とあったが、そんな生易しいもんじゃなかった。遊歩道の坂がキツク、約800mが数キロメートルにも感じられ、またその坂が、階段状ではなく簡易舗装に苔もみられるスロープなので、足が滑らないかと怖さも、もれなく付いてくる。

一旦、滑ったりして転べば、止まる事ができないであろうということは容易に推測できる。雨の日なら、ココを歩くことが自殺行為に近いとも思える。

数十メートルを登っただけで、骨折の後遺症が続く左膝が痛みを訴えてくるが、本体は「ここまできたんだから・・・」と、持ち前の貧乏人的理由で却下。その痛さや怖さを、途中の滝が癒してくれる。

そして最後の雨乞いの滝は・・・・・「イカッタァーーー」と感動。

雨乞いの滝の雌滝の中段まで登れる鎖場が設けられていて、後からきた若者三人組に「一緒に登りませんか?」と誘われるが、濡れた岩での鎖場の怖さを多少知っているし、足が笑い始めているようなので、辞退させていただき、雨乞いの滝を後にする。

途中、カメラを抱えた人から「オレは、まだココらあたりでウロチョロしているんだよ」と笑いながら話しかけられる。人の顔を覚えられないアルツな私は「?」状態。チョコッと説明され、ようやく登りの時のあの滝のオジサンかと半分思い出し「気を付けて・・・」と言葉を掛けて、駐車場に向かう。

滑りやすいスロープだから下りが一番怖く、駐車場に付く頃には足が腹を抱えて笑い出しているので、駐車場のベンチでしばらく休憩。

しっかり汗をかいたので、帰りに神山温泉でゆっくり湯に入り寛ぐ。今まで口から出たことがない「ゴクラク、ゴクラクゥ〜」が出そうになり、慌てて飲み込んだ。そういえば、14日は、ホテルでの朝風呂と神山温泉とで二回目の入浴となった。

途中、神山町の阿波踊りを観ることができ、市街地の阿波踊りとはまた違った趣に喜びながら、富山への帰路に着く。

帰りも中国道が混んでいるってんで、阪神高速にするが、やはりココも混んでいる。ようやく吹田サービスエリアに辿り着き、途中の渋滞を睨みおにぎりとか飲み物を買い、そこからオープンにして走る。

21時半頃に、自宅に帰ると13日から帰省しているクマコが寝そべりながらテレビをみていた、アハハ。


そして、翌15日は完全にくたばり、クマヨメとクマコが実家に帰るのに付き合わず眠り込む。そして、お昼頃ようやく起きる気になったが、午後も、狭い自宅の敷地内から一歩も出ずに過ごす。誰かが訪ねてきてもいないことにするために玄関にカギをかけて。お腹が減っても、クマヨメとクマコが帰ってくる夕ご飯まで何にもする気も動く気もない(汗)

一日中くたばってた15日で少しは回復したのか、16日は、長野県から岐阜県へと滝観ツアーを一人で決行した。最後に行った全国自然100選地の岐阜県「宇津江四十八滝」では、徳島の雨乞いの滝のように約880mを歩かされることになってしまった。

スロープが少なく階段状になっていたため、それほど怖い思いというのはなかったが、やはり山道、急坂、なんだ坂こんな坂、疲れがぶり返してくるようだった。


今の疲れは、雨乞いの滝のが出てるのか、昨日の宇津江四十八滝のが出ているのか、それとも、もっと以前のか、オラにはわかんねぇダヨ(爆)


   





カレンダ
2009年8月
           
17
         

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (141)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (20)
6月 (17)
7月 (15)
8月 (7)

アクセスカウンタ
今日:4,271
昨日:4,308
累計:8,340,655