◆道無き道を入った雪原で積み重ねられたクラウンを撮る・・・・・・アツシヤマモト キプリス 本格革財布



2017年03月18日(Sat)
◆道無き道を入った雪原で積み重ねられたクラウンを撮る・・・・・・アツシヤマモト キプリス 本格革財布
物語がたくさん詰まっていそうな古びた土蔵があったり、ダイナミックに水飛沫を上げている久婦須川の二段の砂防ダムなどをみながら、富山県八尾町小井波のミズバショウの群生地へのドライブは続いた。

物語がたくさん詰まってるような土蔵

桐谷地区に入り分岐をミズバショウの群生地の小井波やサイクルパークへ向う右側の道に進む。左側へいけば久婦須川ダムへと行ける。

久婦須川に差し掛かり架かる橋を渡ろうとすると、前方にトヨタ・クラウンが積み重ねられていた。このフロントグリルのトヨタ・クラウンは、まだ新車で販売中なのに、こんなに積み重ねられているなんて・・・と、よくよく見ると(よくよく見なくたって)多分、土石流防止の砂防ダムと積雪がなしえた造形だった。

桐谷地区・久婦須川

「それにしても、そっくりだ」ということで、対岸から写真を撮ろうとしたが、電線関係の邪魔なものがフレームに入り過ぎる。積み重ねたトヨタ・クラウンに近寄るしかないが、左岸側に渡って道を探すが・・・・・・道が無い。

久婦須川の川べりの折り重なる枯れ草や小木を踏んでいくしかなさそうだ。枯れ草や蔓などに長い足を取られて転べば、そのまま下の久婦須川へダイブすることになる。トレッキングシューズを購入してから来たほうが良かったかなという思いが聡明な頭をよぎっていくが、後の祭り。

四ヨタ・クラウンが積み重ねられた造形

だいぶ入り込んで行くと狭い雪原に出た。まだ残雪が地球を覆っているなんて、、、と雪の中を歩き積み重ねたトヨタ・クラウンの正面に陣取り写真を撮る。トヨタ・クラウンの上部は道路になっているが、それこそトレッキングシューズか長靴じゃないと上れない。多分蔓などを切るために大きなフィールドナイフか鉈が必要になるかもしれない。

トヨタ・クラウンの向って右側に渡れれば、まだ少しは楽に上れるような気になるが、その右側には渡れず、今入ってきた久婦須川の川べりを戻ることにした。そのほうが一番の安全策だと思えた。



★ぶらり北陸発
▼「富山市小井波の水芭蕉は雪に覆われていた(01)[03月・富山県]
 http://www.stones.jp/area_tytoyamashi/koinami01ty031bs7.html
・画像12枚とグダグダ



★【ストーンズ・スタイル:商品情報】
▼「ノイ・インテレッセ:シャッテン・小銭入れ付きラウンドジップ長財布
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3879.html

ノイ・インテレッセ:シャッテン・小銭入れ付きラウンドジップ長財布
【10%オフ】【送料無料】【選べるギフト包装無料】


 中の小銭入れのファスナー部分が、サイドの半分位の高さまで回り込むL字型に配されているため、小銭入れが広がりやすい気配り仕様の「ノイ・インテレッセ:シャッテン・小銭入れ付きラウンドジップ長財布」は、イタリア・キオリーノ社製のステアリングやシフトノブに採用されている最先端のハイブリッドレザー(ファイバーキュア)を使用しています。

付属には、素上げの撥水レザーを使用し、光の当たり方によるカーボンパターンのモダンな光沢の変化が独自の存在感をアピールし、タッチ感が良く、味のある革とのコントラストで大人の上質な雰囲気を表現しています。

ジャバラタイプの中に、領収書やメモ入れにもなる4ヶ所もの札入れと、ファスナー小銭入れ、そして、12ヶ所のカード入れという大きな収納が四つのブロックに分けられ、使う目的に応じたフレキシブル仕様、持つ人仕様になります。

※ノイ・インテレッセ:シャッテンは、キプリスのモルフォ社のブランドです。



★キプリス、ノイ・インテレッセの革小物も、割引価格で販売いたしております。
 http://www.style.stones.jp/



--------------------------------------------
★ブレイリオの革財布が、コードバンの革財布が・・・
 【処分価格】40%オフ〜50%オフ
 残り僅少っ!さらに少なくなりました。お気に入りカラーがあればお買い得ですっ
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

--------------------------------------------


★【アツシヤマモト】新鋭レザーブランド
 http://www.style.stones.jp/
アツシヤマモトのマークロゴ


 本物の「Made in Japan」を発信するべく2014年にスタートした新鋭レザーブランド。日本のタンナーの協力のもと、日本伝統の刷毛染めという染色技法を用いて鮮やかな染色を施した革を独自開発し、より高いオリジナリティを持った製品を創りだしている。ATSUSHIYAMAMOTO製品は、彩のあるライフスタイルを愉しみ、ライフスタイルに拘る心を捉えています。
------
[備考]ATSUSHIYAMAMOTOの製品は、伊勢丹メンズ館、伊勢丹京都店、伊勢丹立川、伊勢丹浦和、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、福岡三越、仙台三越、東武宇都宮、G.Itoya、南青山Shosaikan(羽田空港T1)、南青山Shosaikan(羽田空港T2)、、、など各店舗で販売されています(2016.10.10現在)。


   



新着エントリ


カレンダ
2017年3月
     
18
 

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (117)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (20)
6月 (15)

アクセスカウンタ
今日:5,327
昨日:4,952
累計:8,082,652