◆ミズバショウの小井波でニホンヒキガエルに出逢う・・・・・・アツシヤマモト キプリス 長財布 本格革財布



2017年05月10日(Wed)
◆ミズバショウの小井波でニホンヒキガエルに出逢う・・・・・・アツシヤマモト キプリス 長財布 本格革財布
ズズズン、ズズズン、ズズズン、ズンというかノッシ、ノッシとでも例えたら良いのか、、、、、、低い標高で群生するミズバショウの富山市小井波に着き、まずは腹ごしらえとベンチに座って、コンビニで買った昼食を食べている間も、牛のようなカエルの鳴き声が五月蝿く「あっ、ウシガエルが居るんだな」とわかった。

姿は見えねど、時折パシャパシャという水音も聞こえてくる。

歩いて向ってくるニホンヒキガエル

目の端っこに大きな物体が映った。注視すると、大きな大きなカエルだった。体長(体長は、座った状態で口先からお尻までの距離)も16〜18センチはあるだろうか?脚の長さも入れれば、40センチに達するかもしれない。

そんな大きなカエルが、カメラを構える私を直視しながら、先述の擬音を立てながらBGMとともに歩いてくる。これくらいの大きさになると、アマガエルやトノサマガエルのように飛ぶのが得意じゃなく、ほとんど歩きだという。「ナニを撮っとんじゃぁ、ワレー」とでも言うかの如く、凄みを利かせて近づいてくる。

陰で獲物を狙うニホンヒキガエル

私の目では、何時の間にかコモドドラゴンと被ってくるほど迫力を引き連れて歩いてくる。シャッターを切りたくとも、なかなか一旦停止をしてくれない。なんとか隙を見つけ(笑)シャッターを切ることができた。

カッコ良いサイドラインのニホンヒキガエル

私がご幼少の頃、小川や田んぼで遊んだウシガエルというかガマガエルは土色の単色だったように記憶しているが、目の前のはイボイボがありサイドに白いラインが入っててカッコイイ。なんてヤツだ、、、と調べて見ると、ニホンヒキガエルのようだ。

とにかくカッコ良すぎだった。



★ぶらり北陸発
ミズバショウの小井波でニホンヒキガエルに出逢う(02)
 http://www.stones.jp/area_tytoyamashi/koinami_m02ty043ak0.html
・画像12枚とグダグダ



★【ストーンズ・スタイル:商品情報】
▼「キプリス:シラサギレザー・キーケース」チョコ:再入荷
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8229.html
キプリス:シラサギレザー・キーケース
【5%オフ】【送料無料】【選べるギフト包装無料】

 世界のトップタンナーしか使えないダッチキップ(オランダ)の中でも厳選されたブランドでもあるオークロというキップ素材のみを使用している「キプリス:シラサギレザー・キーケース」は、カジュアルな中にさりげなく品格と洗練を併せ持っています。

タンニンとクロームのコンビ鞣しを選択することにより、繊維の詰まったシワの出にくい下地を作りあげた上で、表面にグレージングをかけてイタリア製の薬品にて、わざとムラをつけたナチュラルなアンティーク仕上げをして色に深みを出しています。(※製品によっては、ムラが目立たない場合もあります)

内側表地は、ロウ引き加工したヌメ革をあわせたコンビネーションの美しい仕上がりとともに、キーフックが5ヶ備えられており、その内の1ヶは大き目のキーにも対応するように大き目のフックになっています。



★キプリス、ノイ・インテレッセの革小物も、割引価格で販売いたしております。
 http://www.style.stones.jp/



★【アツシヤマモト】新鋭レザーブランド
 http://www.style.stones.jp/
アツシヤマモトのマークロゴ


 本物の「Made in Japan」を発信するべく2014年にスタートした新鋭レザーブランド。日本のタンナーの協力のもと、日本伝統の刷毛染めという染色技法を用いて鮮やかな染色を施した革を独自開発し、より高いオリジナリティを持った製品を創りだしている。ATSUSHIYAMAMOTO製品は、彩のあるライフスタイルを愉しみ、ライフスタイルに拘る心を捉えています。
------
[備考]ATSUSHIYAMAMOTOの製品は、伊勢丹メンズ館、伊勢丹京都店、伊勢丹立川、伊勢丹浦和、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、福岡三越、仙台三越、東武宇都宮、G.Itoya、南青山Shosaikan(羽田空港T1)、南青山Shosaikan(羽田空港T2)、、、など各店舗で販売されています(2016.10.10現在)。


   



新着エントリ


カレンダ
2017年5月
 
10
28 29 30 31      

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (99)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (17)

アクセスカウンタ
今日:3,062
昨日:4,467
累計:7,930,193