◆レッドブルのデモカーを目撃した・・・・・・アツシヤマモト、キプリス、本格革財布



2017年07月13日(Thu)
◆レッドブルのデモカーを目撃した・・・・・・アツシヤマモト、キプリス、本格革財布
「奇妙なクルマが走っているゾ」・・・片側二車線道路の追い越し車線を走っているRAV4/3ドアは、数台前の走行車線を走る”奇妙なクルマ”に目を凝らしていた。

車体はBMWミニだが、乗車席は前席の運転席と助手席の2シーターだけで、後部座席は取っ払われ、あたかもBMWミニのピックアップ・トラックに改造され、その荷台部分には蓋がなされていた。

いや蓋がされているというより、大きな大きな缶が乗せられ、缶の先端はキャビンの上に設置されていた。

その缶のデザインというよりBMWミニのピックアップ・トラックのカラーリングが、あのエナジードリンクのレッドブルそのもので、車体に大きなレッドブル缶を乗せたBMWミニのピックアップはデモカーなんだろうと思った。


私がレッドブルを知ったのは、東日本大震災時に、シングルテントの持ち込みで延べにして数ヶ月間のボランティアに行っていた娘クマコが「レッドブルから私たちのボランティアグループに、常時差し入れがあり飲み放題だった」というような状況を聞いた時だった。

私は、予備知識もなんにもなかったけど「そういう類のドリンクは飲みすぎるなよ。中毒になるかも・・・」と言っていたものだった。

日本のレッドブルは、現地のものにくらべ大分薄められていると聞いているが、最近でも中毒になったり、中毒死した事例などが報じられていた。もっとも、消費者側の飲み方にも問題があったそうだが・・・。


先日、あまりにも眠気が襲ってきてヤバイので、数年振りにレッドブルを飲んでみた。が結果的に眠気は収まらなかった。大体がエナジードリンクであれ栄養ドリンクであれ、私は、まずその効果を信じていない。信じられるような効果を発揮してくれるものならば、コンビニで販売されている筈が無いとさえ思っている。

だから、エナジードリンクであれ栄養ドリンクであれ、ほとんどの場合は、その世話になったことが無い。信じる者は救われるかもしれないが、信じない私には、味の変わったタダの清涼飲料水でしかない。


今日でもメッチャクチャ眠かった。眠気覚ましに何か飲まなくちゃ・・・ってことで、結局、コークにした。クーッとくる喉越しが、多少の眠気覚ましになってくれる。この夏、ほとんど毎日飲んでいる。コーク中毒になったかもしれない(汗)

ちなみに、レッドブルのデモカーの写真を撮り損なっていたので、なにか代わるものがないかとネットで探すと、ウィキペディアの下部にしっかり掲載されていた。お隣の石川県のナンバーだった。営業所があるんかなぁ〜?


ウィキペディア:レッドブル
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%
89%E3%83%96%E3%83%AB

↑もし万一繋がらなければ、お手数ですが”レッドブル”でググッてください。



★ぶらり北陸発
水仙とヒメコブシとフヨウの刮ハと白川郷の合掌造り(08)[04月]
 http://www.stones.jp//area_gifu/shirakawago08gf042ms3.html
・画像10枚とグダグダ



▼各地各所のコンテンツは増えているが、そのナビとなるINDEXまで手足が回りませんでした(汗)。
▽んで、昨日6月11日までの富山市のINDEXを仕上げ、「雪の小井波シリーズ」「越中稲荷神社シリーズ」は、各ページの下のほうで繋げ、順にご覧いただけるようになりました。
富山市INDEX(2017.06.11現在)
 http://www.stones.jp/area_tytoyamashi/index.html



★【ストーンズ・スタイル:商品情報】
▼「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」ブラック
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp3828.html
ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)
【5%オフ】
【送料無料】【選べるギフト包装無料】


 表側はファイバーキュアのブラック、内側には牛革のレッドは、一見派手そうに思えますが、ご使用時には、先端部分の裏側のレッドがチラ見せ程度に抑えた感じになる「ノイ・インテレッセ:ファイバーキュア・ベルト(30mm幅)」に、大人の粋さえ感じさせてくれます。

 素材は、イタリア・キオリーノ社製のステアリングやシフトノブに採用されている最先端のハイブリッドレザーを使用し、タッチ感が良く、味のある革とのコントラストで大人の雰囲気を表現しています。

車のハンドル用として開発され、特殊加工(ウレタン・エンボス加工)が施されており、通常の染色革に比べ耐摩擦性、耐光性に優れ、光の当たり方によるカーボンパターンのモダンな光沢の変化が独自の存在感をアピールし、シャープな上品さを醸しだしています。


★キプリス、ノイ・インテレッセの革小物も、割引価格で販売いたしております。
 http://www.style.stones.jp/



★【アツシヤマモト】新鋭レザーブランド
 http://www.style.stones.jp/
アツシヤマモトのマークロゴ


 本物の「Made in Japan」を発信するべく2014年にスタートした新鋭レザーブランド。日本のタンナーの協力のもと、日本伝統の刷毛染めという染色技法を用いて鮮やかな染色を施した革を独自開発し、より高いオリジナリティを持った製品を創りだしている。ATSUSHIYAMAMOTO製品は、彩のあるライフスタイルを愉しみ、ライフスタイルに拘る心を捉えています。
------
[備考]ATSUSHIYAMAMOTOの製品は、伊勢丹メンズ館、伊勢丹京都店、伊勢丹立川、伊勢丹浦和、横浜高島屋、JR名古屋タカシマヤ、福岡三越、仙台三越、東武宇都宮、G.Itoya、南青山Shosaikan(羽田空港T1)、南青山Shosaikan(羽田空港T2)、、、など各店舗で販売されています(2016.10.10現在)。


   





カレンダ
2017年7月
           
13
         

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (176)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (20)
6月 (17)
7月 (15)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (9)

アクセスカウンタ
今日:299
昨日:1,174
累計:8,682,682