いごこちぃ空間

ishidasについて

2015年07月29日(Wed)▲ページの先頭へ
◆(続)暑さに尻尾を巻き、子ギツネに出逢った桂湖から会社に帰った日曜日
芝生につく朝露に濡れながら跪き、芝生の中に置いたカッシーナの椅子のミニチュアでメルヘン風の世界をつくり、撮影してみた。・・・って、そんな綺麗事風でもないか。北陸ストックフォトの写真素材として面白いものが撮れるんじゃないかという思いつき(下心)を試してみました。

はい、日曜日の桂湖のネタの続きです。撮った写真を纏めればあらためて書かせてもらうかとも思いますが、その先行話です。


富山県南砺市にありカヌーやボート、オートキャンプ場で有名な桂湖は、冬期通行止めになり行けなくなるのを知っていながら、「どんなんかなぁ〜?」と、今年の2月にチャレンジしていた。

岐阜県との県境に近くなったあたりで国道156号線を右折した。「おっ、入口は入れるじゃん」と思ったのも束の間、数百メートルも行かないうちに高く積もった雪の壁に阻まれ、関係者以外立入禁止の小さな発電所(かな?)の建物に誘導されただけだった。

境川ダム・開津橋付近の桂湖:欄干にはナツアカネ
<境川ダム・開津橋付近の桂湖:開津橋の欄干にはナツアカネ>


そして、先日の桂湖は赤トンボがたくさん飛んでいた。赤とんぼ=アキアカネというイメージしか持っていなかった私は「もう、そんな時期なのか」と腑に落とそうとしたが、やはり引っ掛かる。ので、ググッてみる。

アキアカネと似たのにナツアカネ(夏茜)というトンボも赤トンボと言っていいらしい。見分け方も覚えたつもりだが、写真では見分ける部分がみえずらくなっていて判断し辛かったがナツアカネに断定した。

桂湖では、ナツアカネが跳びまわり、筆のように開いた穂先にいくにしたがって白からピンク色の綿毛のような”ねむのはな”が、今は盛りとたくさん咲いていた。美しい。


「行けるところまで行ってみようか」と桂湖の林道を突き詰めて見たが、富山県と岐阜県の県境のプレートが欄干の真ん中につけられている桂橋を渡った岐阜県側は、高く生茂る草で行き止まりのようになっていたので、すぐに、尻尾を巻いてUターン。

桂橋付近に7〜8台のクルマが停められているのをみて「なんでこんな所に・・・」と、その駐車の車列にR171(SLK350)も加わり(笑)、降りて歩いてみた。ちょいとだけ見える吊り橋に興味もあったし。

そこは、大笠山登山口だった。吊り橋を渡ってすぐ真上に上がるようなハシゴが掛けられている。「こんなところを登っていくのぉ」と山ヤさんに同情・・・・・・あっ、好きで登っているのか。体力のある時なら「長い梯子だけでも登ってみよう」という気持ちになっているかもしれないが、運動不足の権化へタレには、無理という言葉がトグロを巻き全身を包んでいた(汗)


大笠山登山口から桂湖ビジターセンター辺りへゆっくり戻っていると、道路を横切る小動物がいた。あのほんの少し跳ねるような走り方は、子犬でも猫でも兎でもない。リスにしては大きい。すぐに路肩にクルマを止め、小動物の後を恐怖心を与えないようにしながら追いかけて見る。

小動物は、林道から斜面を下り芝生広場の側溝付近の草むらに逃げ込んだ。草むらから”ひょい”と顔をだす。コッチの様子を伺っているようだ。目と目が合った。逆三角形の顔をしている。「ひょっとしてキツネ?・・・こういうところに居んの?・・・幼そうだなぁ」

すぐにカメラを構えてみたが遅かった。草むらの中に潜り込んでしまっていた。後で写真をみると、背中辺りだけが写っているようだった。ビジターセンターのスタッフに聞くと、やはりキツネだった。最近二頭連れの子ギツネが出没しているという。スマホの写真を見せていただいた。


時間は9時過ぎ頃か。二時間余りも桂湖で遊んでいたが、早朝の空気の冷たさから時間の経過とともに下界の暑さがぶり返してきた上に、眠たさも顔を出してきて動くのも面倒になってきた。とはいえ、2シーターのシートは、寝れるようなリクライニングにならない。涼しいビジターセンター内で寝るってのも迷惑をかけるだけ。

それなら、かすかに体力が残っているうちに会社に戻って仕事をすることにし、五箇山インターから東海北陸自動車道に乗った。



【北陸ストックフォト】
【桂湖の7月-1】境川ダムの鯉とナツアカネ(夏茜)(6枚)
 http://www.stones.jp/a_nantoshi/katsurako072mf6_01.html



ストーンズ・スタイル

★<【最大6割引・60%割引価格】>▼
 品切れ、売り切れ商品も、続々生じていますので、お早めにっ!
<!在庫限り・売り切れ御免!>

・キプリス:新コードバン&ベジタブル・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cordovan_vegetable5600.html

・キプリス:オイルシェルコードバン&ベジタブル・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5801.html

・キプリス:シラサギレザー・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cirasagi8200.html

・キプリス:ボックスカーフ・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp4401.html

・キプリス:レーニアカーフ・シリーズ【20%〜30%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1102.html

・キプリス:シルキーキップ・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1701.html

・キプリス:ディアスキン2・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp2350.html

・キプリス:ディアスキン・薄型ファスナー小銭入れ(チョコ)【40%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp2240.html

・キプリス:リップルカーフ・シリーズ【30%割引価格】 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8802.html

・キプリス:チャールズビル・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp6728.html

・キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8540.html

・キプリス:ナチュラルコードバン・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5941.html

・ノイ・インテレッセ・各シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/neu_interesse.html

・キプリス:ブライドルレザー&ベジタブル・ボックス型小銭入れ【20%割引】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp6525.html

・キプリス・ベルト・各種【20%割引〜30%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/i_belt/index.html

・Cカンパニー・ほぼ全商品【40%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/ccompany/index.html

・ブレイリオ製品【15%割引〜20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

・グレンロイヤル・ほぼ全商品【20%割引〜50%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

・他、6割引商品を含む「大胆割引商品」多数っ!!!


2015年07月26日(Sun)▲ページの先頭へ
◆早朝の五箇山の空気は冷た過ぎ・・・桂湖で遊んできた
ほんとに、リズムが狂いっ放しになっちまっている私の身体、、、というか体内時計です。ゼンマイ仕掛けのゼンマイが切れ切れになっているのだろうか?・・・切れているっちゃぁ、オイラの右肩の靭帯です。靭帯って何本あんのか知らないけど、8割がた切れちまっているんじゃなかろうかと思っています。

昔々、立山の山小屋に毎週末居候というか週末スキーに入っていた頃、チョイの間に、スケボーも上手くないのにバス道路でスケボーをやろうとしたんですが、坂道でスピードがつき過ぎちまって、オイラの腕?脚前じゃ止まれない。このまま行くと、道路脇の餓鬼の田んぼ(池塘)に落ちてしまうか、立山黒部アルペンルートのバスと正面衝突するしかない・・・・・・どっちもヤだってことで、スピードがついたまま転ぶことにしました。


右肩から落ちた感じになり、下界に下りてからスポーツドクターとかで名高いという医者に診てもらいました。私にとって初めて診てもらう個人病院だったんですが「このままだと、将来右腕が動かなくなるよ」という言葉とともに、いきなり右肩に注射、それにナゼだかお尻にも注射。

「なんでお尻に・・・」と「?」が幾重にもなって渦巻くオイラの耳に聞こえてきた「お尻とで二本も注射された」と付き添いの母に訴える若い娘の声で、アッシは「この医者は注射が好きなんだ」と初診の日限りで通院を止めちまい、そのまま今までやってきた。


右腕は上下左右に上げたり下げたりグルグル回すこともできるが、そうさなぁ半年くらい前からだろうか、車のハンドル操作の時や何かの拍子に”グギギッ”となりギザギザの痛みが走るようになった。痛みは一過性のもので、しばらくすると無くなってしまう。ただ一日に何回か起きるだけ。

「今更医者に行くのもねぇ・・・」って放っておくつもりでいます。四十肩になっていないんで、散発的な四十肩、痛みだけの四十肩だと思えば。


って、体内時計が狂っちまっている私は、本日も四時過ぎに起きた。いつもより、ちと遅い。それまでの数日間は、未明でありすぐに出社してた。だが、昨日クマヨメが「明日の空は今日より青くなりそうだってよ」とドッカ行けと煽ってくるので(もし、そーなら桂湖しかないっしょ)と目論んだ。どこに行ってても16時までに戻ってきて仕事をしなきゃなんない。

オイラが日曜日に仕事をしていると、クマヨメが昼食を作んなきゃならないんで、ゆっくりと実家にも帰れないというのが”ドッカ行け”のサイン(笑)


時間が早いので、桂湖に行く前に”朝焼けの立山を観ていくか”と全然違う方向の呉羽山公園展望台に向う道すがら、上り過ぎた朝日は、剱岳の近くから上っているんじゃなく全然離れた海側にいるんで「パス」することにしたので、近くの富山西インターから高速に乗り東海北陸自動車道五箇山インターに向った。小杉インターからより1区間分多く乗ることになってしまった(汗)

もちろんオープンエアを満喫している。丁度良い快適な涼しさだったが、五箇山インターで下りてから、空気が冷たくなった。やはり平地より何度か低い。「萱の葺き替え工事中の岩瀬家」を横目で見ながら、桂湖の入口を通り過ぎて、まんま国道156号線を白川郷へ向ってみたが、途中で”気”が元に戻り、桂湖に向う。

時間が早すぎるので、どんな寄り道、遠回り、行き過ぎだってする気になってしまう。


境川ダムで、例によって岐阜県と富山県の県境を跨いでパネルの写真を撮る。この時は、まだ6時半ころ(汗)。そして一路桂湖へ。

カッシーナの椅子のミニチュア

桂湖の芝生は一面の緑じゃなく、芝刈り機が入れられたのか、小高いところなんぞ土が出ている部分もあったが、でも、でも、でも・・・やはり綺麗っ。ひとしきり写真を撮りながら遊ぶ。持っていったカッシーナの有名な椅子のミニチュアのオモチャを芝に並べて撮って遊ぶ、あはは。

これで何かに使えるイメージフォトも出来たんで、早めに北陸ストックフォトにアップしよう。ミニチュア、オモチャとはいえ、見る人が見りゃカッシーナの椅子というのがすぐに判るんでプロパティリリースを取らなきゃいけないんかなぁ〜と考えすぎてしまう(笑)

-----
この続きは次回にさせていただいて、とにかく桂湖での遊びが一段落した9時過ぎだったか、太陽はジリジリを地球を焦がし始め、私は眠くなったが、いかんせんテントもなんも持ってきていないんで、これ以上、表に出てりゃ身を滅ぼしかねないので、会社へまっしぐらにゆっくりと帰ることにしました。
-----


こんな暑い日中はオープンには大敵というのは、オープン乗りになってすぐに身に付いている。かといって、雨も雪も槍も降ってないのに蓋を・・・ちゃうルーフを閉めるってのももったいなさすぎる。

暑さに刺されながら会社に着いたのが10時頃。エアコンの中で眠たさの中で仕事?始める。

(次回に続くぅ)



ストーンズ・スタイル

★<【最大6割引・60%割引価格】>▼
 品切れ、売り切れ商品も、続々生じていますので、お早めにっ!
<!在庫限り・売り切れ御免!>

・キプリス:新コードバン&ベジタブル・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cordovan_vegetable5600.html

・キプリス:オイルシェルコードバン&ベジタブル・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5801.html

・キプリス:シラサギレザー・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cirasagi8200.html

・キプリス:ボックスカーフ・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp4401.html

・キプリス:レーニアカーフ・シリーズ【20%〜30%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1102.html

・キプリス:シルキーキップ・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1701.html

・キプリス:ディアスキン2・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp2350.html

・キプリス:ディアスキン・薄型ファスナー小銭入れ(チョコ)【40%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp2240.html

・キプリス:リップルカーフ・シリーズ【30%割引価格】 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8802.html

・キプリス:チャールズビル・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp6728.html

・キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8540.html

・キプリス:ナチュラルコードバン・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5941.html

・ノイ・インテレッセ・各シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/neu_interesse.html

・キプリス:ブライドルレザー&ベジタブル・ボックス型小銭入れ【20%割引】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp6525.html

・キプリス・ベルト・各種【20%割引〜30%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/i_belt/index.html

・Cカンパニー・ほぼ全商品【40%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/ccompany/index.html

・ブレイリオ製品【15%割引〜20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

・グレンロイヤル・ほぼ全商品【20%割引〜50%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

・他、6割引商品を含む「大胆割引商品」多数っ!!!


2015年06月23日(Tue)▲ページの先頭へ
◆左目で立山、右目で夕日が観れる氷見市・小境海岸・小境海水浴場
「急いでないし、ちょっくら寄ってみるか」と、大境洞窟住居跡を見学したり、九殿浜園地遊歩道を歩き、たっぷり良い時間を過ごした後、ご生誕後カビが生えそうなン十年を何回か繰り返した挙句、その大境地区から程近いところにある小境海岸・小境海水浴場に、初めて寄ってみました。

ちなみに、大境地区は「おおざかい」と呼ぶが小境は「こざかい」と呼ばずに「こさかい」と呼ぶようだ。隣接してんのに紛らわしい。

小境海水浴場の離岸堤の向こうの北アルプス立山連峰

公園風のところに入ると小奇麗なビーチが「工」の字型に広がっていた。上の横棒が堤防とするなら、縦棒の両側が砂浜になっており、下の棒が国道160号に沿って造られた階段状の岸辺となります・・・・・・やっぱ、変・・・・・・縦棒の両側にビーチだなんて「自然が造れるのか?」と疑念が渦巻いたが、案内板に「海辺のふれあいゾーンとして整備された人工海岸、小境海岸CCZ(コースタル・コミュニティーゾーン)と呼んでいるそうで、その一角に小境海水浴場がある」とのことでした。


富山湾に飛び出る上の横棒となる突堤の向こうに立山連峰がパノラマで聳えている。ドコへ行っても”立山”がもれなくついてくるって感じで嬉しい。

ちなみに上の写真は、立山に向って左側の砂浜であり、下は右側の砂浜となります。潮が満ちているときは、縦棒の砂浜が海水に覆われてしまうのか、案内板では、上と下の並行した横棒しかなく、上は岸から離れて描かれていた。なので、上の横棒は突堤という名ではなく「離岸堤」と書かれていたが、今は繋がっている(笑)

小境海水浴場に沈む夕日

離岸堤の向こう、富山湾越しの立山を撮影し、それほど身体の向きを変えることなく、小高くなったところに沈む夕日を撮影した。その時は、それほど不思議にも思わなかったが、時間が経つごとに「ウッ、嘘だろ?地球よ気が狂ったか」と方向感覚が麻痺してしまった。


県中央部から東の立山を観た姿勢の真後ろに夕日が沈む。つまり、振り向かなきゃいけないので、立山と夕日を同時には観れない。それが、ここ小境地区では「左目で立山、右目で夕日」と同時に観れる。背中の夕日ではない。

「何時から夕日は西じゃなく南に沈むようになったんだい?」と夕日に尋ねようにも、慌てて沈んでいきやがった(苦笑)


立山だって”ほんとうに東に居んのか?”と疑りたくなってくる。富山県では”海イコール北”という感覚しか持てていないアッシには、立山が海向こうに観えるなんて・・・・・・。

「あっ、そっか海というより富山湾なんだ。湾曲している富山湾の両側にいるんだ」ということに、ようやく気付いた血の巡りの悪さだった。


雨晴海岸とか氷見市街辺りから立山を観ていても、右横が陸続きということを認識させてくれる景色だから”富山湾越し”ということが分かるけど、ここ小境のように立山の下も右横も海だけ的だと、富山湾という認識が無く、単純に日本海と思い込んでしまった感覚が、方向感覚を失わせた原因だったことに気付いた、あはは。

地球は正常だったんだぁ〜・・・・・・ふう〜



ぶらり北陸発昼下がりの小境海岸から富山湾越しに剱岳、立山を観る」と題して、9枚の大画像を掲載しています。
http://www.stones.jp/a_himishi/kosakaikaigan15k01.html



★<【最大6割引・60%割引価格】>▼
 品切れ、売り切れ商品も、続々生じていますので、お早めにっ!
<!在庫限り・売り切れ御免!>

・キプリス:新コードバン&ベジタブル・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cordovan_vegetable5600.html

・キプリス:オイルシェルコードバン&ベジタブル・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5801.html

・キプリス:シラサギレザー・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cirasagi8200.html

・キプリス:ボックスカーフ・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp4401.html

・キプリス:レーニアカーフ・シリーズ【20%〜30%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1102.html

・キプリス:シルキーキップ・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1701.html

・キプリス:ディアスキン2・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp2350.html

・キプリス:ディアスキン・薄型ファスナー小銭入れ(チョコ)【40%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp2240.html

・キプリス:リップルカーフ・シリーズ【30%割引価格】 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8802.html

・キプリス:チャールズビル・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp6728.html

・キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8540.html

・キプリス:ナチュラルコードバン・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5941.html

・ノイ・インテレッセ・各シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/neu_interesse.html

・キプリス:ブライドルレザー&ベジタブル・ボックス型小銭入れ【20%割引】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp6525.html

・キプリス・ベルト・各種【20%割引〜30%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/i_belt/index.html

・Cカンパニー・ほぼ全商品【40%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/ccompany/index.html

・ブレイリオ製品【15%割引〜20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

・グレンロイヤル・ほぼ全商品【20%割引〜50%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

・他、6割引商品を含む「大胆割引商品」多数っ!!!


2015年06月22日(Mon)▲ページの先頭へ
◆青と白の清清しい世界に染まる大境洞窟住居跡近くの九殿浜園地遊歩道
「ぐふっ・・・」ちゃう「うふっ、上手く撮れたかも知んない」と、イソヒヨドリを撮ったデジイチのモニター画面を見ながら、ほくそえみながら大境洞窟住居跡遊歩道ってのか九殿浜園地遊歩道と呼ぶのかわかんねぇけど、なんかオモロイ被写体がないかとキョロキョロしながら歩く。

富山湾越しの北アルプスと放射状に伸びる雲

凪の青い富山湾の向こうには、剱岳・立山というより北アルプスがドシッとカッコヨク眺められる。

青空にアクセントをつけているかのような効果的な雲は、立山(富士ノ折立、大汝山、雄山)の右横辺りの浄土山そして浄土山の下辺りに観える弥陀ヶ原を基点に放射状に伸びている。


気持ちの良い情景に満たされている。


九殿浜園地遊歩道(多分)も一周したのか、スタートした大境漁港に近くなってきたようだ。大海原の向こうに広がる剱岳・立山の立山連峰を眺めながら遊歩道の坂を下りる。

富山湾越しの剱岳・立山(富士ノ折立、大汝山、雄山)

海面は数メートル下の筈なのに、寄せる波が足裏をくすぐってくるような気がした。


青と白の清清しい世界の中で、長閑な時間を過ごせた。



ぶらり北陸発「北陸ストックフォト」では、「剱岳、立山、美しい富山湾をみながら大境洞窟住居跡付近の遊歩道を一周する」と題して、5枚の大画像を掲載しています。
http://www.stones.jp/a_himishi/abugashima31501_04.html



★<【最大6割引・60%割引価格】>▼
 品切れ、売り切れ商品も、続々生じていますので、お早めにっ!
<!在庫限り・売り切れ御免!>

・キプリス:新コードバン&ベジタブル・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cordovan_vegetable5600.html

・キプリス:オイルシェルコードバン&ベジタブル・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5801.html

・キプリス:シラサギレザー・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cirasagi8200.html

・キプリス:ボックスカーフ・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp4401.html

・キプリス:レーニアカーフ・シリーズ【20%〜30%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1102.html

・キプリス:シルキーキップ・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp1701.html

・キプリス:ディアスキン2・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp2350.html

・キプリス:ディアスキン・薄型ファスナー小銭入れ(チョコ)【40%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp2240.html

・キプリス:リップルカーフ・シリーズ【30%割引価格】 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8802.html

・キプリス:チャールズビル・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp6728.html

・キプリス・アズーレ:ナイト&デイ・シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp8540.html

・キプリス:ナチュラルコードバン・シリーズ【15%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp5941.html

・ノイ・インテレッセ・各シリーズ【20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/cypris/neu_interesse.html

・キプリス:ブライドルレザー&ベジタブル・ボックス型小銭入れ【20%割引】
 http://www.style.stones.jp/cypris/cp6525.html

・キプリス・ベルト・各種【20%割引〜30%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/i_belt/index.html

・Cカンパニー・ほぼ全商品【40%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/ccompany/index.html

・ブレイリオ製品【15%割引〜20%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

・グレンロイヤル・ほぼ全商品【20%割引〜50%割引価格】
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

・他、6割引商品を含む「大胆割引商品」多数っ!!!


2015年04月03日(Fri)▲ページの先頭へ
◆あかん、白い花の枝垂れ梅に恋した(富山城址公園)
ケモノ道風というかゴキブリ風に石垣沿いの狭い道を、富山城址公園・佐藤記念美術館の方向に歩いていくと、いきなり視野が広がり水音が聞こえてきた。池になっていて、築山を流れる水が一枚岩を伝い流れ落ちていた。

「へぇ〜、こんな池があったんだぁ〜」と、昔からあるのか最近造られたものなのかさえ知らないが、、、初めて知ることが「お前、それでも富山の住人かっ?」と怪訝に思われそうな感じもあった(汗)、、、が、底に玉石を敷きつめた池に感心している私がいた。流れ落ちる水に反射する光の煌めきが、まばゆいくらいに美しい。

富山城址公園の白い枝垂れ梅と池

佐藤記念美術館の前辺りから池の周りをめぐって、さっきから気になっていた白い花を鈴なりに咲かせた木に近づいてみた。花は確かに白梅だが、枝垂れ桜か柳のように枝が垂れ下がっている。枝垂れ桜に対して、枝垂れ梅というのも芸がなさそうだし「どんな品種だろ?」と写真を撮りながら考えた。

通りかかられた富山城址公園のスタッフのオジイサンに尋ねてみると「よくわからないが、枝垂れ梅で良いんじゃないの」とお気楽な言葉が返ってきて、私もソレに倣った(笑)。


それにしても池の畔、水辺の白い花の枝垂れ梅は見事だった。周りを見渡してみても、白い花を咲かせた梅の木は多くみかけたが、枝垂れ梅はこの一本だけのようだった。

富山城址公園の白い枝垂れ梅の花

白い花の枝垂れ梅ばかり撮っていると、紅梅が顔を赤らめ僻んでいるようなので写真を一枚撮ったところで、所用の時間が迫ってきた。

佐藤記念美術館の横の石垣が面白くて写真を撮りながら、一旦、富山城址公園を退場した。



※「ぶらり北陸発」では、「あかん、白い花の枝垂れ梅に恋した(富山城址公園)」と題して、10枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_toyama_city/toyamajyoshi
koen1503_01.html



まもなく「ぶらり北陸発」のトップページのアドレスが変わります
まもなく「ぶらり北陸発」のトップページのアドレスが変わります


2015年02月27日(Fri)▲ページの先頭へ
◆雪の中の世界遺産「相倉合掌造り集落」と雪だるまと雪原の立ち木と
「なんて多いんだ」、さすが五箇山相倉集落だと感心しながら、深い積雪に掘られた雪道を、相倉合掌造り集落の全景が見渡せるという撮影スポットに向って上りだした。長靴を忘れてきてトレッキングシューズなので、上り坂を滑りやしないかと気にかかった。

2月中旬とはいえ、富山県平野部の全然雪が無い生活に慣れきった者にとって、雪上の道路に立ち身長いや身長を超えるくらいの両側の雪壁は「雪が多い」としか感じないが、地元の人にとっては、やはりいつもより少ないのかなと思う。


雪壁に挟まれボブスレーやリュージュのコースような雪道の曲がり角に、童話の世界の入口のように「相倉集落全景撮影スポットの案内板」が雪の間から顔を出していた。

雪の無い季節に”撮影スポット”まで上っているが、雪のある時は初めてです。

雪を巻く枝と相倉合掌造り集落

まだ撮影スポットには到達していないが、途中の道傍の木の枝の一部に雪が絡まっていた。着雪というより”絡まっている”というほうが的を得ているような木がする。木の枝全体に薄っすらとでも雪が積もっているんなら、私のような頭でも理解できるが、一部だけに、それも枝を巻くように積もるってぇのは自然の不思議としか思えなかった。

雪を巻いた枝と、左側に立ち木を寄せて相倉集落全景を撮りながら、観光スポットでもある相倉集落全景の撮影スポットに着いた。


どこから撮っても角度があまり変わらないため、同じような写真しか撮れない。それなら手前の雪壁越しの相倉合掌造り集落を撮ろうと、背面の斜面の雪を固めながら少しずつ登ってみる。やはりオイラには長靴が必要だとも感じたが、今更遅いっ。

トレッキングシューズの中に雪が入り雪水が滲みてくるのを感じながら雪を踏み固め上って撮影してみた。雪壁越しの相倉合掌造り集落は撮れたけど、苦労しただけの甲斐があったかどうかは、、、わからない(苦笑)

雪だるまと相倉合掌造り集落

撮影スポットに、雪だるまが作られているのに気付いた。合掌造りに似合わなさそうな建物を優しそうな雪だるまで隠すようにして撮ってみる。

雪原に映える立ち木と相倉合掌造り集落

なんだかんだカメラで遊びながら撮影スポットから下山(少しオーバーかな?)することにし、途中、滑るたびに喚声を上げながら上ってくる女性達のシャッターを押してやり下りてくると、目の前に、二、三本の木が雪原に見事なコントラストで映え、その向こうには合掌造りという構図に回り逢えた、ラッキー。

童話の世界の入口のような案内板まで戻ってくると、案内板が、童話の世界の出口にみえてきた。


※「ぶらり北陸発」では、「冬の世界遺産「五箇山相倉合掌造り集落」集落全景を観る撮影スポットから」と題して、17枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_nanto_city/ainokura1502
_01.html



★【ストーンズ・スタイル:イベント情報】
▼大好評【スペシャルSALE】開催中
 http://www.style.stones.jp/i_special/index.html
【ストーンズ・スタイル】人気定番商品がお得「スペシャルSALE」


キプリス定番商品が、ブレイリオ定番商品がお得っ

通常価格で販売している
▼【キプリス:シルキーキップ】シリーズ・全13アイテム
・【5%オフ】

▼【キプリス:レーニアカーフ】シリーズ・全15アイテム
・【20%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:新コードバン&ベジタブル】シリーズ・全13アイテム
・【5%オフ】

▼【キプリス:シラサギレザー】シリーズ・全11アイテム
・【10%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:ボックスカーフ】シリーズ・全7アイテム
・【5%オフ】

▼【ノイ・インテレッセ:レンクラッド】シリーズ・全15アイテム
・【5%オフ】

、、、を中心に、定番商品の中から対象アイテムを絞り、特別価格にて販売いたしております。

一つのお店でしか使えないクーポンや、次のお買い物にしか使用できないポイント・システムと違い、ご購入時に、即・特別価格で還元させていただきます。

他にも、いろいろなお得・割引商品を揃えていますっ。


<<ポイントじゃないから、今すぐ、直接、実感できるお得>>

欲しかった、あの商品もお得の対象になっているかと思いますっ

売り切れ御免【50%割引〜15%割引】商品も、増えました。


2015年02月03日(Tue)▲ページの先頭へ
◆消えた水平線・・・午後の気嵐にけむる雨晴海岸・女岩
形ばかりの小さな波が立つ程度でしかなかった穏やかな雨晴海岸だった。先ほどまで降っていた雪も上がってきている。

午後の気嵐に包まれる雪を塗した雨晴海岸・女岩と憩う鳥たち

雪を塗し、よりカッコヨクなった女岩に陽射しが当り始めている。飛び石のように海面から出ている岩にカモ(多分)が屯っている。のどかな時間が漂っている。が、カメラを弄るようになって初めてともいえる雨晴海岸の雪景色に、私は少しばかりハイになっているようだった。

寄せる波に「もう少し大きいほうが、絵的に良いだけど・・・」と願ってみるが、波には馬の耳に念仏のように聞こえていないようだ。ゆっくりゆっくり漂う時間を表すかのような女岩を中心にシャッターを押す。


その時、いや先ほどからだけど、

「ん、なにか可笑しいぞ?・・・水平線が消えている」

富山湾の水平線を消した午後の気嵐

「気嵐だぁ〜っ」と、直ぐに気付いたものの、私には「気嵐とは冬の早朝のものだ」というイメージしかなく、今は午後14時半〜15時過ぎなので「外気温が朝よりあまり上がっていないのかな?」という思いにも。


気嵐は、海水の温度が大気の温度より高い場合に、海面から蒸発した水蒸気が大気によって急激に冷やされることによって起こり、気象用語では蒸気霧の一種というそうで、雨晴海岸の女岩を中心とした気嵐の写真は、ほとんどというか全部が全部、真っ赤な朝焼けに染まる女岩を取り囲む気嵐という構図しか観たことが無い。

その気嵐が、気温が少しは高くなるはずの時間帯に起きているとは・・・。それほどの寒さは感じていないが、海岸にいる私の周りにもガスが漂ってきた。海水温が高すぎるってことかとも、少ない知識を総動員のありったけ出して思う。

富山湾が沸き立っているかのようにみせている午後の気嵐を愉しむかのように、鳥たちが群れをなして女岩の周りを飛び交っていた。



※「ぶらり北陸発」では、「雨晴海岸で、雪を塗した女岩と鴨と午後の気嵐に詩を感じた」と題して、12枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_takaoka_city/amaharashi15
01_02.html



★【ストーンズ・スタイル:イベント情報】
▼大好評【スペシャルSALE】開催中
 http://www.style.stones.jp/i_special/index.html
【ストーンズ・スタイル】人気定番商品がお得「スペシャルSALE」


キプリス定番商品が、ブレイリオ定番商品がお得っ

通常価格で販売している
▼【キプリス:シルキーキップ】シリーズ・全13アイテム
・【5%オフ】

▼【キプリス:レーニアカーフ】シリーズ・全15アイテム
・期間限定【20%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:新コードバン&ベジタブル】シリーズ・全13アイテム
・【5%オフ】

▼【キプリス:シラサギレザー】シリーズ・全11アイテム
・期間限定【10%オフ〜5%オフ】

、、、を中心に、定番商品の中から対象アイテムを絞り、特別価格にて販売いたしております。

一つのお店でしか使えないクーポンや、次のお買い物にしか使用できないポイント・システムと違い、ご購入時に、即・特別価格で還元させていただきます。

他にも、いろいろなお得・割引商品を揃えていますっ。


<<ポイントじゃないから、今すぐ、直接、実感できるお得>>

欲しかった、あの商品もお得の対象になっているかと思いますっ

売り切れ御免【50%割引〜15%割引】商品も、増えました。


2015年01月26日(Mon)▲ページの先頭へ
◆新品まっさらの白馬八方温泉「北尾根の湯」で、ほっこりする
そりゃ、やっぱ第二目的は、10日前の2014年8月21日に開湯したばかりという情報を直前に得た白馬八方温泉「北尾根の湯」に入湯することだった。第一目的の「黒菱林道を走ること」は達した。そして、八方尾根でたくさんの花に出逢い小躍りした。

黒菱林道は、和田野の森の入口から黒菱駐車場まで6キロ余り。北尾根の湯は、黒菱林道の中間辺りとなるようです。

白馬八方温泉「北尾根の湯」駐車場の後

黒菱林道から少し上がった小高いところに北尾根の湯がチョコンと鎮座していた。白馬八方尾根スキー場北尾根コースのリフト下り場も近くにあった。停めたR171(SLK350)の後ろは、綺麗な草原になっていて一本の枝を広げた立ち木がアクセントになっていた。絵本のようだった。


「ゆ」と染め抜かれた暖簾を潜った目の前に受付があった、狭っ。入口を入ったすぐ目の前に受付のオジサンの顔があった。入口と受付カウンターの距離は、ドア幅の90センチくらいか。

白馬八方温泉「北尾根の湯」

内湯は無く、露天風呂だけだった。脱衣所ももちろん狭い。開湯から10日後というオープン景気もあるかもしれない。入湯客は混んでいる。脱衣所から浴槽におられる先客に「写真、撮らさせていただきまぁ〜す」と網戸越しに声を掛ける。シャッターを押そうとすると子どもがブイサイン(ピースサイン)を送ってきたので、カット(笑)、撮り直す。背景の白馬連山の上部というかすぐソコまで、まだガスの中雲の中。

カランも一個所しかない小さな小さな温泉だが、アットホームな雰囲気に満ち溢れている気持ちの良い北尾根の湯だった。


ちなみに、白馬八方温泉「北尾根の湯」は、白馬八方尾根スキー場北尾根コースのリフトがあった場所で、リフト小屋をそのまま使って「北尾根の湯」にしたので「コストはほとんど掛からなかった」と、管理人が笑いながら話してくれた。

白馬村北城のそば畑・そばの花

北尾根の湯で温まった以上に温かい気持ちで、残りの黒菱林道を下り、国道まで出る途中で”そばの花”で和んで帰路に着いた。



※「ぶらり北陸発」では、「開湯したばかりの白馬八方温泉「北尾根の湯」で、ほっこりする」と題して、16枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_nagano/ha_kitaonenoyu140831.html



★【ストーンズ・スタイル:イベント情報】
▼大好評【スペシャルSALE】開催中
 http://www.style.stones.jp/i_special/index.html
【ストーンズ・スタイル】人気定番商品がお得「スペシャルSALE」


キプリス定番商品が、ブレイリオ定番商品がお得っ

通常価格で販売している
▼【キプリス:シルキーキップ】シリーズ・全13アイテム
・【5%オフ】

▼【キプリス:レーニアカーフ】シリーズ・全15アイテム
・期間限定【20%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:新コードバン&ベジタブル】シリーズ・全13アイテム
・期間限定【10%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:シラサギレザー】シリーズ・全11アイテム
・期間限定【10%オフ〜5%オフ】

、、、を中心に、定番商品の中から対象アイテムを絞り、特別価格にて販売いたしております。

一つのお店でしか使えないクーポンや、次のお買い物にしか使用できないポイント・システムと違い、ご購入時に、即・特別価格で還元させていただきます。

他にも、いろいろなお得・割引商品を揃えていますっ。


<<ポイントじゃないから、今すぐ、直接、実感できるお得>>

欲しかった、あの商品もお得の対象になっているかと思いますっ

売り切れ御免【50%割引〜15%割引】商品も、増えました。


2015年01月15日(Thu)▲ページの先頭へ
◆ガスの中は、自然は楽しい・・・お花畑の白馬八方尾根から黒菱駐車場に下りる
思いがけずたくさんの別嬪(ぺっぴん:美人の意味:関西の知り合いの人が使うけど、今でも一般的に使われているんかなぁ?)さんの花々に囲まれて幸せ感に浸りながら白馬八方尾根を下ることにしました。

ガスに覆われた八方黒菱平鎌池湿原の池塘

八方池山荘の前の下りのグラードクワッドリフトで黒菱平に着く。往路ではもう少しはっきり見えた鎌池湿原の木道傍の池塘が、濃くなったガスに覆われ、ポエムチックな雰囲気になっていた。

黒菱リフトの乗り場横に、黒菱平雲海デッキなる気が利いたスペースが設けられていたが、みぃ〜んなみぃ〜んな雲の中、ガスの中。見えるものは無い。直ぐ下のカフェテラス黒菱さえ見えやしない。

黒菱リフトで黒菱駐車場に下りる、ガスが晴れてくる

下りの黒菱リフトに乗り込む。リフトが1メートル下がる毎にガスが晴れてくる。10センチの隙間を押し広げて座るように、クルマで溢れていた駐車場のクルマも数えられるくらいに少なくなっている。ガスってた白馬市街もようやく見えるようになってきている。

雲の生成をみるかのように湧き立つガスが雲という形になるシーン

リフトで下りながら、ふと見た横の山向こうでは、雲の生成をみるかのように湧き立つガスが上部に溜まり、雲という形になっていくところだった。ガスの有るところと無いところの境目に居る気持ちになってきた、面白い。

その境目で、陽射しや青空さえ見え隠れしている2014年8月31日のドラマだった。



※「ぶらり北陸発」では、「白馬八方尾根から黒菱駐車場へ、ガスの中から青空になっていった」と題して、14枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_nagano/ha_happoone140831_03.html



★【ストーンズ・スタイル:イベント情報】
▼大好評【スペシャルSALE】開催中
 http://www.style.stones.jp/i_special/index.html
【ストーンズ・スタイル】人気定番商品がお得「スペシャルSALE」


キプリス定番商品が、ブレイリオ定番商品がお得っ

通常価格で販売している
▼【キプリス:シルキーキップ】シリーズ・全13アイテム
・【5%オフ】

▼【キプリス:レーニアカーフ】シリーズ・全15アイテム
・期間限定【20%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:新コードバン&ベジタブル】シリーズ・全13アイテム
・期間限定【10%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:シラサギレザー】シリーズ・全11アイテム
・期間限定【10%オフ〜5%オフ】

、、、を中心に、定番商品の中から対象アイテムを絞り、特別価格にて販売いたしております。

一つのお店でしか使えないクーポンや、次のお買い物にしか使用できないポイント・システムと違い、ご購入時に、即・特別価格で還元させていただきます。

他にも、いろいろなお得・割引商品を揃えていますっ。


<<ポイントじゃないから、今すぐ、直接、実感できるお得>>

欲しかった、あの商品もお得の対象になっているかと思いますっ

売り切れ御免【50%割引〜15%割引】商品も、増えました。


2015年01月14日(Wed)▲ページの先頭へ
◆長閑な時間に包まれ伏木万葉ふ頭緑地公園から富山湾越しに立山連峰を観る
仕事を抜け出しているわけじゃないから(笑)、気持ち的にゆっくり立山連峰を観ることが出来た12月28日日曜日だった。仕事をちょっぴり抜け出して呉羽丘陵の二ヶ所の展望台から見比べた19日の立山連峰ほどではなかったが、それでも綺麗に観えるほうの部類に入るお天気になっていた。

28日は、いつもの呉羽山公園展望台ではなく、世界で最も美しい湾クラブ加盟の「富山湾」越しの立山連峰、北アルプスを眺めようという魂胆だ。午後から、当然ルーフをオープンにしてヨーソローと走り出す。

高岡市伏木万葉ふ頭緑地公園から観る立山連峰

高岡市伏木万葉ふ頭緑地公園に着く。雨晴海岸の女岩と組み合わせた立山連峰も綺麗だが、女岩こそ入らないが、この伏木万葉ふ頭緑地公園から観る立山連峰は一番綺麗かもしれないと思える。

雨晴海岸からの眺めだと、港湾作業の大型クレーン?掘削機?などの人工物が入ってしまいがちになるが、伏木万葉ふ頭緑地公園からだと、そのような人工物が入りにくい。入ったところで遠望になってしまうので、景色に融けこませてしまっている。

そのうえで、日本海側最大の斜張橋「新湊大橋」が、景観にアクセントと華を添えている。


そんな光景を、広い広ぉ〜い凪が穏やかさ長閑さを演出する青い青い富山湾越しに観るということの贅沢さ、贅沢な時間が漂う。

カモメと、ペアのウミウ(多分)

アオサギや、カモメ、ペアなのは黒っぽいボディに目の周りがサングラスを掛けたように白いので、多分ウミウなのか、さっきから、ほとんど身じろぎもせずに、素敵な風景に同化してしまっていた。



※「ぶらり北陸発」では、「凪の上の剱岳、立山連峰を含む北アルプス、新湊大橋を愉しむ」と題して、09枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_takaoka_city/ama_manyofuto
1412.html



★【ストーンズ・スタイル:イベント情報】
▼大好評【
スペシャルSALE】開催中
 http://www.style.stones.jp/i_special/index.html
【ストーンズ・スタイル】人気定番商品がお得「スペシャルSALE」


キプリス定番商品が、ブレイリオ定番商品がお得っ

通常価格で販売している
▼【キプリス:シルキーキップ】シリーズ・全13アイテム
・【5%オフ】

▼【キプリス:レーニアカーフ】シリーズ・全15アイテム
・期間限定【20%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:新コードバン&ベジタブル】シリーズ・全13アイテム
・期間限定【10%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:シラサギレザー】シリーズ・全11アイテム
・期間限定【10%オフ〜5%オフ】

、、、を中心に、定番商品の中から対象アイテムを絞り、特別価格にて販売いたしております。

一つのお店でしか使えないクーポンや、次のお買い物にしか使用できないポイント・システムと違い、ご購入時に、即・特別価格で還元させていただきます。

他にも、いろいろなお得・割引商品を揃えていますっ。


<<ポイントじゃないから、今すぐ、直接、実感できるお得>>

欲しかった、あの商品もお得の対象になっているかと思いますっ

売り切れ御免【50%割引〜15%割引】商品も、増えました。


2015年01月08日(Thu)▲ページの先頭へ
◆その時々の環境を愉しむことをあらためて教えてくれた白馬八方尾根の花々
ふぅ〜、なんとかお正月の受注分の発送も昨日で一段落し、束の間のホッを味わっていますが、ご成人祝やご入学祝、ご就職祝などなどで、もう一頑張り二頑張り・・・というところです。

そんな気忙しいときに思い起こしてしまうのが、昨年8月31日のガスの中で堪能した白馬八方尾根の花々です。

あんなに小さい花々が、私の心の中で大きく開いています、占めています。


ヤマホタルブクロやクガイソウ、ミヤマアキノキリンソウなどなどが競うように咲いている。

白馬八方尾根のシモツケソウ

そんな中で、一際ピンクピンクしているシモツケソウは、小さな身体で自己主張のし過ぎか、可憐か・・・・・・可愛かったぁ〜

あまりに多く目にするので、ギボウシと見分けがつかなくなってしまったヤマホタルブクロや、カライトソウにも似ているクガイソウ。白い花群はウメバチソウか。チビも纏まれば目立ちやすくなる?ハッポウタカネセンブリ。

白馬八方尾根のミヤマコゴメグサ

上品というか高貴な雰囲気を醸しだしているミヤマコゴメグサ。庶民的なイワシモツケの団体さん。

白馬八方尾根の雨滴を纏うイワショウブ

晴れたら晴れた日の、雨なら雨の日の、それぞれの一期一会、その時々を愉しむ、愉しめることが旅の自然の良さだとあらためて認識させてくれた、雨に感謝するしかない雨上がりの雨滴を纏ったイワショウブやタムラソウ

白馬八方尾根の雨滴と蜘蛛の糸を纏うタムラソウ

タムラソウなんて、蜘蛛の糸までアクセサリーにしている。

丸い丸い真珠のようなウメバチソウの蕾、ハクサンシャジン・・・・・・ガスの中で愉しさを満喫しながら、ようやく下山の途についた。



※「ぶらり北陸発」では、「ガスの中で、白馬八方尾根のお花畑を堪能した8月31日」と題して、21枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_nagano/ha_happoone140831_02.html



★【ストーンズ・スタイル:イベント情報】
▼大好評【スペシャルSALE】開催中
 http://www.style.stones.jp/i_special/index.html
【ストーンズ・スタイル】人気定番商品がお得「スペシャルSALE」

・開催期間:2014年12月31日(水)12:00〜2015年01月13日(火)11:00

 新成人へのお祝いに!

 ご入学ご就職のお祝いに!

、、、お役立てください

キプリス定番商品が、ブレイリオ定番商品がお得っ

通常価格で販売している

▼【キプリス:シルキーキップ】シリーズ・全13アイテム
・【5%オフ】

▼【キプリス:レーニアカーフ】シリーズ・全15アイテム
・期間限定【20%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:新コードバン&ベジタブル】シリーズ・全13アイテム
・期間限定【10%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:シラサギレザー】シリーズ・全11アイテム
・期間限定【10%オフ〜5%オフ】

、、、を中心に、定番商品の中から対象アイテムを絞り、特別価格にて販売いたしております。

一つのお店でしか使えないクーポンや、次のお買い物にしか使用できないポイント・システムと違い、ご購入時に、即・特別価格で還元させていただきます。

他にも、いろいろなお得・割引商品を揃えていますっ。


<<ポイントじゃないから、今すぐ、直接、実感できるお得>>

欲しかった、あの商品もお得の対象になっているかと思いますっ

売り切れ御免【50%割引〜15%割引】商品も、増えました。


2014年12月24日(Wed)▲ページの先頭へ
◆無人小屋が近代化されていた八尾町白木峰・白木山荘
二年余り前の事が完結していなかったことに気付いたのは、先日、越中八尾おわら風の盆で有名な富山市八尾町の白木峰の紅葉の記事を書いていた時だった。笑って誤魔化すしかない(汗)

二年前位に白木峰の山頂へ上った時は「どうだったかなぁ〜?」と撮った写真を探すと、出るわ出るわったって30枚〜40枚だが、記事にした覚えはない。当然、三歩以上歩いているから覚えていろったって、無理ぃいいい〜〜〜のイの字。

で、ドコで中断してしまったのかと「ぶらり北陸発」の記事を手繰ったら、剱岳・立山連峰をはじめとする北アルプスのシルエットを背景にしたナナカマドの赤い実の寂寥感までのようだった、あはは。

二年余りの間、記事上では、白木峰山頂から浮島のある池塘へ行ったっきり、娑婆に下りてきていなかったことになってしまっている、あはは。・・・・・・んじゃ、下界に下りよう、下ろそう。

白木峰の池塘「一の池」から剱岳・立山連峰をはじめとする北アルプスのシルエットを観る

浮島のある池塘からは、二通りの下り方があります。一旦、白木峰山頂へ戻るコースと、「一の池」など池塘群の辺りから登山道を右折して白木山荘(無人・避難休憩小屋:白木峰山荘と呼ばれる場合もあるようです)のコースです。

やはり、登ってきたコースを戻るんじゃつまらないので、白木山荘へと向うことにしました。

白木峰・白木山荘(無人小屋・避難休憩小屋)

紅葉を眺めながら山道を歩いていると、童話に出てくるかのような青い屋根の小さな小屋が下のほうに見えた。白木山荘のようだ。小屋の横には、ソーラーパネルが設置されていた。確かに、景観や地形上、電線を敷設し難い山小屋にはソーラーパネルはもってこいドンピシャのアイテムかと思う。

白木峰・白木山荘の内部

無人小屋であり避難休憩小屋となっている白木山荘(白木峰山荘)の中は、囲炉裏を取り囲むようにコの字型の小上がりが設けられていて、なかなか思っていたより感じがいいなぁと。設備のソーラーパネルとかバイオトイレといい山小屋の近代化に感心してしまった。

こんなところに、日がな一日のぉ〜んびりしながら住みつくのもいいかもぉ〜と、つい思ってしまいました。



※「ぶらり北陸発」では、「白木峰:浮島のある池塘から白木山荘、林道散歩で駐車場へ:2012.10」と題して、23枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_toyama_city/shirakimine
1210_05.html



★【ストーンズ・スタイル:イベント情報】
▼大好評【スペシャルSALE】開催中
 http://www.style.stones.jp/i_special/index.html
【ストーンズ・スタイル】人気定番商品がお得「スペシャルSALE」

・開催期間:2014年12月18日(木)13:00〜12月25日(木)09:59

 クリスマス・プレゼントに!

 新成人へのお祝いに!

 ご入学ご就職のお祝いに!

、、、お役立てください

キプリス定番商品が、ブレイリオ定番商品がお得っ
通常価格で販売している

▼【キプリス:新コードバン&ベジタブル】シリーズ・全13アイテム
・期間限定【10%オフ〜5%オフ】

▼【キプリス:シラサギレザー】シリーズ・全11アイテム
・期間限定【10%オフ〜5%オフ】

、、、を中心に、定番商品の中から対象アイテムを絞り、特別価格にて販売いたしております。

一つのお店でしか使えないクーポンや、次のお買い物にしか使用できないポイント・システムと違い、ご購入時に、即・特別価格で還元させていただきます。

他にも、いろいろなお得・割引商品を揃えていますっ。


<<ポイントじゃないから、今すぐ、直接、実感できるお得>>

欲しかった、あの商品もお得の対象になっているかと思いますっ

売り切れ御免【50%割引〜15%割引】商品も、増えました。


2014年11月19日(Wed)▲ページの先頭へ
◆謎のハンモックが吊るされた大湯三滝「湯の又の滝」(秋田県鹿角市)
こんな山の中の突き辺りに「なんでハンモックが張られているんだろう?」と訝しげに感じた。

大湯三滝とも呼ばれているらしい秋田県鹿角市大湯の滝のうちの一つで、二段じゃなく三段の段瀑だった「銚子の滝」から約500メートルの奥まったところにある「湯の又の滝」の前にハンモックが張られていたんです。


銚子の滝を観たあと、湯の又の滝への道の分岐点まで戻り、湯の又の滝までクルマで行けるかどうかを思案する。湯の又の滝への山道が、それなりの丈の草で覆われ、路面が露出しているのは轍の部分だけだった。

クルマで行けば、車の下に草のブラシを掛けることになるだろう。その程度ならある意味林道走りで慣れているからまだ良いが、路面が荒れていて窪みがあったりすれば、凸凹の岩石や砂利で出来た破砕機みたいので車底を擦ることになっちまうので、湯の又の滝まで歩いて行くことにした。

途中、2トン車くらいの架線?の工事車が山道の一部を塞いでいたので、歩いたことは正解だった。


辿り着いた「湯の又の滝」の前が原っぱのようになっており、その木々の間にハンモックが吊るされていた。

大湯三滝「湯の又の滝」

森林を分け落ちている湯の又の滝は、銚子の滝と落差は余り変わらなさそうだが、滝幅が広く簾状に落ちていた。方状節理なのか、階段状に積み上げたような四角く黒い岩に滝水が当たり、飛沫を散らし、伝い流れる様が美しい。

湯の又の滝の上流にも、一番滝、二番滝が存在すると山と渓谷社刊「日本の滝(1)東日本661滝」に書いてあった。


張られているハンモックは「誰でも使ってください」というような雰囲気ではなく、時折ここにきて、ゆったりとした優雅な時間を過ごすためなのかどうかはわからないが、個人の所有という匂いがしてくる。

またハンモックの上には、ブルーシートだったかに包まれた何かが置いてあるような感じで薄汚く感じたので近寄ることさえしなかった。

が、もし私が秋田県鹿角市大湯の住人であれば、しょっちゅう、湯の又の滝の前にハンモックなりサンベッドなりを持ち込んで、瀑音のBGMで本を読んだり昼寝をしたり、自然の一部分になりたいと思える空間だった。



※「ぶらり北陸発」では、「錦見の滝から銚子の滝、湯の又の滝と、滝三昧(秋田県鹿角市)」と題して、11枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_zenkoku/akita_choshi_yunomatanotaki
1408.html


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】2014クリスマス・ギフト包装無料

【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
奥入瀬渓流「銚子大滝」
↑↑↑この写真に、2014年12月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年12月のカレンダーで、写真は、8月の奥入瀬渓流「銚子大滝」(青森県)です。


2014年11月01日(Sat)▲ページの先頭へ
◆とんがり屋根の日本秘湯を守る会「雨飾温泉雨飾山荘」の内湯で、白池の疲れをとる
ツゥーと、熱めの温泉水が雨飾山・白池の散策で疲れた身体に染み込み、心地良さを満喫させてくれた雨飾温泉雨飾山荘の内湯でした。

雨飾温泉雨飾山荘は、雨飾山や海谷山塊(駒ケ岳、鋸山、鬼ケ面山)などの登山基地としても知られ、また、かけ流し温泉は「日本秘湯を守る会」の会員でもあります。


多くの標柱で楽しめた山道を走り、雨飾温泉雨飾山荘の駐車場に着く。駐車場からちょい歩くと広い庭が広がり、大きな赤褐色の雨飾温泉雨飾山荘が構えていた。「こんな広い庭なら、ここまで車が入れるのに・・・」と一瞬思ったが、すぐに「あっ、そっか、この広い庭はテント泊のためのテントを張る場所か」と気付いた。

雨飾温泉雨飾山荘の建物の左側には、とんがり屋根の建物があり「なんなんだろうな」とわからなかった。

とんがり屋根の左側のほうの繁みが、お目当ての野天風呂「都忘れの湯」だった。

雨飾温泉雨飾山荘の玄関

創業明治十三年と書かれた看板がある玄関を入る。歴史が磨きこまれ渋く輝いている。左側の廊下の突き当たり左に男女別の温泉があった。

脱衣所も山小屋のお風呂らしく、狭いのは当然だと思っているので気にならない。狭いがペントハウスをイメージさせる斜めの壁(屋根)が心地良い。ん?斜めといえば、あのとんがり屋根の小屋が雨飾温泉雨飾山荘の内湯だったんだと、今更ながらに気付く。


先客が一人いた。浴室は、岩組みされていて良い感じになっている。湯舟は三畳くらいか4〜5人も入れば一杯になる。もちろんカランなどという気が利いたものはない。温泉が熱いときに埋めるための蛇口が一つ用意されているだけです。

雨飾温泉雨飾山荘のかけ流し温泉

黒褐色の熱めの温泉水が、雨飾山・白池の散策後の身体にツゥーと染み込み、疲れを取ってくれる。気持ち良〜い。先客が上がっていかれて、この雨飾温泉は私の独占状態になった。開けた窓から左斜め前方に広い庭が見える。雨飾山登山道が近くにあるので、登山者に見られてしまうしれない、アハハ。

仲間は雨飾山を登っているけど、途中でリタイヤしてきたというシニアの方が入ってこられた。仲間が下山してくるまで温泉三昧だということだった(笑)



※「ぶらり北陸発」では、「とんがり屋根の雨飾温泉雨飾山荘の内湯で、たっぷり寛ぐ」と題して、10枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_niigata/amakazarisanso1410_02.html


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
奥入瀬渓流「銚子大滝」
↑↑↑この写真に、2014年12月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年12月のカレンダーで、写真は、8月の奥入瀬渓流「銚子大滝」(青森県)です。


2013年11月26日(Tue)▲ページの先頭へ
◆大瀧不動尊からの関温泉不動滝は一部崖の陰になっていた
「あっ、あんなところに祠が・・・・・・」新潟県妙高市・関温泉不動滝を新潟県道396号線から観ていると、対岸の遥か下の大田切川の河原近くに小さく祠が見えた。・・・・・・と、いうことは、関温泉不動滝の滝壺近くへの折口は対岸なんだとルートを探すが、木立の陰になっちまって、なかなか見つからない。

紅葉の木々の中にかろうじて階段を確認できた。新潟県道396号線を関温泉方面、大田切川左岸へクルマで移動する。不動橋を渡ってすぐの右側に、ステンレスの祠に祭られ塩ビの風除けがなされた地蔵さんが鎮座し、その隣に関温泉不動滝の滝壺近くへの下り口があった。


関温泉不動滝まで150メートルと書いてあった。ヘタレには丁度良い距離かもなと思ったが、河原まで真下に向かうように九十九折になっている階段と斜面を下りながら「帰りは、ココを上がんなきゃいけないんだよな」とヘタレ根性が芽生えてくるが、とにかく下りている間は楽しい。

階段と斜面が交互に現れる。階段は、確か合計120段位だったように記憶している。足元の階段にゆっくりと動くものを見つけた。小さな豆粒のような体にめっちゃ長い脚が付いている。その時は「珍しそうな蜘蛛をみたゾ」と思ったが、後日、ウィキペディアで調べると、クモでは無くザトウムシ(座頭虫)とのことだった。

大瀧不動尊からの関温泉不動滝

大瀧不動尊に着く。この”大瀧”とは、以前は妙高山系で最も大きな滝であったことから、もともと大瀧と呼ばれていたものだが、現在は落差20メートル程となっていて、今や大瀧というより関温泉不動滝のほうが有名になっているような気がします。


大瀧不動尊のところには、安全のため簡単な鉄柵がなされており、その展望台からは、手前の崖の陰になって関温泉不動滝(大滝)の全景がみえなかった。どうしても下段の一部が欠けてしまう。

なんとか河原に降りられないものかと、河原への折口を探す私が居た。



※「ぶらり北陸発」では、「滝壺近くの大瀧不動尊から関温泉不動滝(大滝)を観る」と題して、08枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_niigata/sekionsen_fudoutaki2.html


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル:イベント情報】
▼「ギフト&プレゼント包装代金無料サービス」開催中
【ストーンズ・スタイル】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス
・期間:2013年11月01日(金)〜2013年12月26日(木)09:59迄

--------------
※「車趣味人御用達空間【ストーンズ】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/enjoy_carlife/

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

◎トップページでは、820ピクセルの大画像で山中温泉鶴仙渓「黒谷橋」付近の紅葉を紹介しています。
【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
千巌峡(富山県上市町大岩)
↑↑↑この写真に、2013年12月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年12月のカレンダーで、背景の写真は、滝修行で有名な富山県上市町の大岩山日石寺の横の千巌峡(せんがんきょう)です。


2013年10月18日(Fri)▲ページの先頭へ
◆昔の瓦版?に湯主城端むろ屋越前屋と書かれた五箇山温泉「五箇山荘」の温泉に入る
シャバに出たら流刑小屋の垢を落とすか、、、というわけじゃないだろうけど、五箇山「流刑小屋」から少し上がったところに五箇山温泉「五箇山荘」があった。もっとも、流刑小屋「お縮小屋」は、小屋から一歩も出られない重罪人が入るところだから、釈放されたかどうかはわからない。

五箇山温泉「五箇山荘」のロビー

五箇山温泉「五箇山荘」館内の温泉へ行く。脱衣所はそれほど広くはないが、宿泊施設に付帯する温泉の脱衣所は、こんなものだと思っている。先客は、数人程度。

外国人男性が日本の温泉スタイルに戸惑ったのか慣れていないのか、入口まで同行してきた女性のほうに助けを呼びにいったようだ。助けを求められた女性の同行人だって、男湯へ入る度胸もなさそうだし、入るわけにはいかないだろうから、どのように説明したのか?気になる。外国人男性は、なかなか帰ってこない。

五箇山温泉「五箇山荘」の男湯

浴室も右側に石組みの壁に沿うように長方形の湯舟、左側にカランが並ぶシンプルな造りとなっている。突き当りが露店風呂という按配だ。サウナ施設もあるけど、基本的に私はサウナにはあまり入らない。なぜか落ち着かない気持ちになるからです。


温泉でゆっくり寛いだ後、壁に大きなパネルで説明されている五箇山温泉の謂れを服を着ながら読み、毎年毎年、春の風物詩としてローカル新聞に報道される山腹の残雪の形に「手を繋いだ娘二人の姿」が現れたという裏には「こんなエピソードがあったのか」と、独りごちた。

別の壁には、古文書というか江戸時代の瓦版なのかは判らないが、いかにも古そうな書が額に入れられて飾ってあった。文字は、アッシには読めない。が、下のパネルで現代人にも読めるように解説されていた。温泉の効能と開湯までの経緯などが記されているようだ。

他の客から「地元の人ですか?」と声を掛けられた。違う旨を返事すると「五箇山麦屋祭りを観にきたんだが・・・・・・」という言葉で、ようやく、村上家付近とか流刑小屋付近とかに、いつもより人出が多いことに納得できた。


〜〜〜〜〜〜

※「車趣味人御用達空間【ストーンズ】」のコンテンツは、増えてますっ!!!
 http://www.stones.jp/enjoy_carlife/


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、ノイ・インテレッセ:シャッテン・シリーズ<全7アイテム>です。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/
【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

  ストーンズ楽天市場店では、現在【楽天ポイントアップ祭り・ポイント5倍】開催中・期間:2013/10/18(金)10:00〜10/21(月)9:59

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
白木峰山頂付近(富山市八尾町)
↑↑↑この写真に、2013年11月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年11月のカレンダーで、背景の写真は、長野県「白骨温泉」の温泉ではなく、湯川が流れる随通し(ついとおし)付近の渓流です。


2013年10月01日(Tue)▲ページの先頭へ
◆オフシーズンとは違い、茂みも人も賑わっていた糸魚川市「今井不動滝」
廃村になっている新潟県糸魚川市・菅沼集落を徘徊後、三界万霊地蔵が角にある三叉路に下りてきて鋭角のカーブを左折し、今井不動滝に向かう。向かうっていったって、三界万霊地蔵とは目と鼻の先ほどの距離でしかない。

今井不動滝は、基本的には塩の道とはあまり関係がないようだ。とはいっても、滝好きのアッシとしちゃ寄らずにいれない。四年前に訪れたときには、12月というオフシーズンのため、管理棟も雪囲いがしっかりなされ、人っ子一人居なかった。

糸滝と不動滝がみられる不動滝公園

今回は、管理人もおられ公園内には、バーベキューかピクニックを楽しむグループも居た。


糸滝は、時の流れを感じさせないかのように、四年前と同じように岩肌を滑るように静かに流れ落ちている。ただ、12月の木々の繁みが無かったときと違い、繁みに囲まれた糸滝は、やはり味わいが違っている。

糸魚川市「糸滝」

今井不動滝は、落差:約70メートル、幅:約4メートルの三段の段瀑だが、やはり一番大きな下段しか写真に撮れず、上段はかろうじて「あるよ」的に顔をだしているだけになっている。

今井不動滝の瀑音を聞きながら、滝壺付近で一日中まったりと寝そべっていたい気持ちになってきた。



※「ぶらり北陸発」では、「2013年夏の糸滝と今井不動滝(新潟県糸魚川市):前編」と題して、07枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_niigata/imaifudotaki1307_01.html


〜〜〜〜〜〜

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、ノイ・インテレッセ:シャッテン・シリーズ<全7アイテム>です。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/
【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
白木峰山頂付近(富山市八尾町)
↑↑↑この写真に、2013年11月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年11月のカレンダーで、背景の写真は、長野県「白骨温泉」の温泉ではなく、随通し(ついとおし)付近の湯川の渓流です。


2013年08月30日(Fri)▲ページの先頭へ
◆のぉ〜んびり、ほっこり寛ぐホテル国富翠泉閣
正直、舐めていた。山間河川敷の一軒宿。この時(2011年)は、姫川温泉は新潟県糸魚川市だと思い込んでいた。が、最近になって、姫川を挟んで新潟県と長野県の二ヶ所の姫川温泉があるということを知ったけど、どちらにしても、パパママ家族経営に毛が生えた程度の規模というイメージが拭いきれないでいた。

今、向っているホテル国富翠泉閣は新潟県糸魚川市の姫川温泉となるが、今まで露天風呂の写真しかみたことがなくホテルの外観の写真を見たことがあるかどうかの記憶がなかった。

姫川温泉「ホテル国富翠泉閣」

「お、大きいっ」ミントグリーンの大きな建物が毅然と爽やかに建っている。予想以上の大きさに「こんな辺鄙なところで大丈夫なんかなぁ?」と思ってしまったほどです。

駐車場にクルマを入れるが「この規模で、ほんとに日帰り湯に対応してるのかな?」という思いにもなってくる。ホテル国富翠泉閣に入館する前に、アッチからコッチから庭からホテルの外観を探索する。

姫川温泉「ホテル国富翠泉閣」の休憩コーナーから望む庭

庭からも館内に入れるようになっているが、あえて正面玄関から入る。ロビーには囲炉裏が切ってある。インフォメーションは思いのほか小さい。日帰り湯の料金を払うと、ホテル国富翠泉閣のタオルをいただけた。

「ただいま露店風呂の清掃中のため、温泉水が溜まるまで1時間余りは露店風呂に入れませんが、それでもよろしいですか?」と、岩組みの露店風呂を目当てに来た私にとって残酷な言葉だったが、可能な限り後ろを見せない私は「仕方ないですね。内湯を楽しませていただきます」と、なんとか踏ん張る。

姫川温泉「ホテル国富翠泉閣」の大浴場

感じが良いスタッフに案内されて大浴場に向う。湯の国と称する浴室は、男性用大浴場が八千予の湯、女性用大浴場が奴奈川の湯となっていて、八千予の湯は奴奈川の湯の前を通り過ぎた突き当たりにある。

露天風呂の出入り口の向こうに人影が見えた。清掃後のお湯張りが満たされるのを待ちきれなくて入っておられるようだ。その人から「あと20〜30分ってとこですかね」と教えていただけた。露天風呂に入れないものと決め込んでいた私にとって・・・・・・ラッキーッ

姫川温泉「ホテル国富翠泉閣」の大浴場入口

内湯というか大浴場で、まず目に付いたのはかけ湯のための年季が入った木製の湯だまりにほっこりした。そして、洗い場も含めて仕切りがない一室になっていて、天井の発電所風の三角屋根と相まって、それは寛ぎと温かみを感じさせてくれ、すっかり和む。

内湯を堪能した後に、露天風呂に行ってみるとお湯が満たされていた。色づき始めた山々に囲まれ、私も風景に溶け込んでいた。


※「ぶらり北陸発」では、「心に温かい姫川温泉・ホテル国富翠泉閣の大浴場と露店風呂に和む」と題して、18枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_niigata/kunitomisuisenkaku1111.html


〜〜〜〜〜〜

★オジイチャンの満面の笑みがこぼれる逸品を
【ストーンズ・スタイル】敬老の日:ギフト&プレゼント包装無料サービス

〜〜〜〜〜〜

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、多分「ムクゲ」のピンクの大きな大きな花です」です。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/
【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
白木峰山頂付近(富山市八尾町)
↑↑↑この写真に、2013年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年10月のカレンダーで、背景の写真は、白木峰山頂付近(富山市八尾町)です。


2013年08月02日(Fri)▲ページの先頭へ
◆最初が沓掛の牛方宿になった塩の道
どんどん山の中に入っていく感じがした。長野県小谷温泉から一旦国道148号へ出て、栂池高原の「そば処ふるさと」で蕎麦を食べるために、カーナビの指示に従っていた。国道148号の千国の庄史料館の看板のところを右に入り長野県道433号に乗る。千国番所跡の千国の庄史料館の前を通ったがパスすることにした。

今まで、富山から白馬や八方尾根、松本辺りへのドライブには大糸線(この場合JRの路線のことではなく国道148号のこと)を通っていて、そのたびに道路縁の看板やパーキングエリアなどで「塩の道」という言葉を目にすることも多く、漠然とした関心があっても「歩いてみよう」「スポットを見学しよう」とまでの気持ちにはなっていなかった。


長野県道433号を山の中に入っていく感じがあるので「蕎麦の名店は辺鄙な場所にある場合が多いもんなぁ」という余裕も少なくなり「それにしても、辺鄙過ぎねぇ。大丈夫なんかなぁ〜」と思いながらオープンエアを愉しんでいると、千国地区と親坂地区の中間辺りかと思うが、蛇行していた道路をショートカットさせた際に出来る三日月風の道路の残りが駐車帯風になっている縁のほうから水が落ちる音が聞こえてくるようなので、駐車帯ににクルマを停め林の中を覗く。

長野県道433号沿いの無名滝

下のほうは渓流に近いが、木立の隙間からみえる水流(写真中央上左)は、まさしく「おぉ〜、滝だぁ〜」。位置や角度を変えてみても、全容が掴める場所が見当たらなかった。足元が草でわからず軟らかそうという感じもするために上る気にはなれなかったヘタレです(汗)


白馬アルプスホテル方面との分岐を過ぎて行くと、左側に茅葺き屋根のどっしりとした構えの建物があった。江戸時代に糸魚川から松本までの塩の道と呼ばれる千国街道沿いに物資を運んだ牛方やボッカと牛が一緒に疲れを癒し寝泊まりした牛方宿の一軒だということです。

塩の道:沓掛の牛方宿

かっては、千国街道沿いに何軒もの牛方宿がありましたが、国道など新しい道路の開通とともに、それまでの街道は役目を終え、それとともに各地の牛方宿もいつしか姿を消し、現存するのは、小谷村栂池高原の沓掛に位置するこの牛方宿だけとのことです。


牛方宿の外観を写真に収めながら「イメージしていたより、塩の道って面白いかも」となっていく私がいた(笑)・・・今度は、館内の資料を見学させていただきます。

もちろん、富山からの日帰り遊びということもあり、今、実行中の”独りリレー形式での立山道歩き”みたいに歩くってわけにはいかないと思うが、その時その時に近くに行った際に寄るという感じで、あっちこっちそっちとアトランダムに巡り繋いでいきたいと思えてきた。


塩の道のつまみ食い形式なので、名付けて「ひとつまみ塩の道」というところです。ぶらり北陸発で始めました(笑)

ちなみに、塩の道とは、新潟県糸魚川から長野県松本まで(約130km)の旧道のことで、一般的には松本街道と呼ばれ、塩や食料、物資などの物流のルートとなっていたものです。かつて上杉謙信がこの道を経て、仇敵武田信玄に塩を送ったという有名な故事「義塩」もこの「塩の道」に由来するものといわれています。



※「ぶらり北陸発」では、「【ひとつまみ塩の道】沓掛の牛方宿(県宝旧千国家住宅)」と題して、08枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_nagano/shio_ushikatayado1306.html


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、乗鞍高原「前川渡の滝(大野川湧水の滝)」です。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
乗鞍高原「三本滝」(長野県)」
↑↑↑この写真に、2013年09月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年09月のカレンダーで、背景の写真は、乗鞍高原「三本滝」(長野県)です。


2013年08月01日(Thu)▲ページの先頭へ
◆迫出す大岩に圧倒された長野県姫川温泉「朝日荘」の大岩風呂
「えっ、こんなに鄙びていたの?」と、つい驚いてしまった長野県姫川温泉です。

地元の人なのか観光客かは知らないけど、栂池高原で「姫川温泉は硫黄の匂いもして良い温泉だよ」と教えていただいたので「帰り道だし・・・」ということで、栂池高原の温泉に入らずに姫川温泉に入っていくことにしました。


栂池高原で土砂降りだった雨は、道の駅小谷までくると、すっかり晴れ上がっていた。雨が降った形跡もない。ゲリラ豪雨のゲンキンさか。

それにしても頭の中では「姫川温泉って、新潟県じゃなかったっけ?」というのが渦巻いている。が、その疑問はすぐに氷解した。姫川辺りでは、新潟県と長野県の県境が姫川上にあり、左岸が新潟県、右岸が長野県となるようだった。

姫川温泉として、小谷村の観光ガイドには三軒の施設が紹介されている。その内のホテル国富翠泉閣は良い温泉だったが、今回はまだ入ったことがない温泉を選ぶことにした。


「みんな通っているよ」という平岩の住人の声に背中を押され、姫川の右岸へ渡るために、車輪が通る部分だけが厚く補強された木製の吊り橋の「大網発電所専用道路」を通っていくと、正面に、崖というか大岩を流れ落ちている温泉が出現した。

姫川温泉のシンボルか、大岩を流れ落ちる温泉水

これから入る温泉への期待が高鳴りはするが、温泉客らしき人っ子一人見当たらない、閑散としている。観光地にとって、日曜日の午後という一番暇な時間だからか。

温泉が流れ落ちている大岩の上には、姫岩薬師堂という姫川温泉の守り神と温泉貯湯槽もあった。


二軒並んでいる温泉ホテルには、人気がまるっきり感じられない。小谷村の観光ガイドに掲載されているダイナミックな大岩風呂の朝日荘に入ることにしたが、駐車場にクルマを入れた途端「どうしたもんかな?」と思ってしまった。

姫川温泉「朝日荘」の入口

天望露店風呂と書かれた階段の上には、屋根代わりのシートが張ってあったと思われる鉄パイプが錆びてしまっていて鄙びた感オーラを出しまくっている。殿方浴場とか婦人浴場と書かれたプラスティック板が鄙びた感を増幅している・・・・・・正直、ビビル。

日帰り湯が可能なことを確認し、薄暗い廊下を浴場まで歩く。なんか、お客がいないのんびりした時間を「客」という言葉で壊してしまった感じの後ろめたさを感じる。

壁代わりに大岩が迫り出している脱衣所にも照明はなく薄暗い。

姫川温泉「朝日荘」の大岩風呂

客は私一人。温泉どころか全館貸切状態だ。内湯のドアを開けると、期待通りのダイナミックな大岩が湯舟に張り出していて、思わず「凄いなぁ」と唸ってしまう。が、屋根の錆びたH鋼や、ところどころ破れた塩ビの波トタン、大岩の反対側の壁のパイプ(樋?)の破れ具合、水しか出てこないカランなどなど、さっきの天望露店風呂を上回るかのような鄙びた感に、温泉に入っているという落ち着きと寛ぎを無くしてしまっていた。

内湯に入っている感じが少なく露店風呂の雰囲気を強く感じた。天井とか壁をリフォームすれば、めっちゃカッコイイ浴場になると思えた。せっかくダイナミックな大岩という財産があるのに、もったいないとさえ。

硫黄の匂いをうっすら感じさせる温泉の泉質は、ナトリューム-塩化物・炭酸水素塩温泉で「い〜い湯だっ、温泉だった」という印象だったので鄙びた温泉宿マニアを喜ばせそうだ。駐車場から伺いしれた天望露店風呂はパスして帰路に着いた。



※「ぶらり北陸発」では、「長野県姫川温泉「朝日荘」のダイナミックな大岩風呂に入る」と題して、12枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_nagano/himekawa_asahiso1306.html


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、乗鞍高原「前川渡の滝(大野川湧水の滝)」です。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
乗鞍高原「三本滝」(長野県)」
↑↑↑この写真に、2013年09月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年09月のカレンダーで、背景の写真は、乗鞍高原「三本滝」(長野県)です。


2013年07月25日(Thu)▲ページの先頭へ
◆今年度限りのユニークな石川県・縄文真脇温泉を惜しむ:後編
薄暗いなという第一印象だった石川県・縄文真脇温泉の「あすなろの湯」の浴室だったが、すぐに「雰囲気が違うゾ。不思議な世界になっているぞ」となってしまった。

縄文真脇温泉の「あすなろの湯」の木風呂

確かに受付のところには「木風呂」となっていたが、浴槽の縁などをヒノキにして「木風呂」と名付けているだけだろうと思っていたが、浴槽の縁どころか、壁や柱など視野に入るもの全てが木、木、木、木でしかない。まるで、昔懐かし木造校舎を思い起こさせた。総ヒノキということでもある。

湯舟の底も木だった。さすがに、下から気泡が出てくる超音波風呂のお湯の中の床は木じゃなかったが。「あすなろの湯」に身体を浸して前方を見る。「ウッ、ウソッ、シャワーコーナーの壁までがヒノキ、木だなんて・・・・・・」空いた口が塞がらないほどに、圧巻である。

縄文真脇温泉の「あすなろの湯」の天井の吹き抜け

上を見上げる。太い梁が組まれている天井の真ん中に、真下から組まれたヤグラを見上げるかのような高さ12メートルの吹き抜けが造られ、湯気がこもっている。

カランのところも、全てが木で覆われている。ここまで徹底してるのは、凄いとしか言葉が見つからない。心が和み、身体を洗う動作もゆったりしてくる。温泉というより木の世界、ヒノキの世界に浸っているような気にもなってくる。


露店風呂に出る。先客は、すべて地元の人のようだ。写真を撮る許可をいただき、コンデジで、男性をシンボライズした12mの吹き抜けが天を突くように力強く伸びる「あすなろの湯」の外観を露店風呂側から撮る。

縄文真脇温泉の「あすなろの湯」の露天風呂

今は、まだ2月。風除けのシートが露店風呂の三方を覆っているので、湯舟に肩まで浸かりながら田園風景や姫漁港を望むというわけにはいかなかったが、温かくなれば、シートも外れるので、温泉にどっぷり浸かりながら風景を楽しめる。


男性をシンボライズした「あすなろの湯」の「木風呂」が、ここまで徹底しているのなら、女性をシンボライズし、岩と瓦を使い女性的な曲線で造られ、洞窟風になっているという「いらかの湯」を是非体験してみたいと思った。週代わりで、男湯と女湯が入れ替わるということなので、そのチャンスを狙っています。

石川県・縄文真脇温泉も、施設の老朽化が進み2013(平成25)年度中に終了するということだった。代わりに、小規模の浴場が新設されるということだったが、このユニークさの継承は難しいかなとは思うが、是非とも残して欲しいと思った。



※「ぶらり北陸発」では、「総ヒノキに全て覆い尽くされた縄文真脇温泉は2013年度限り:後編」と題して、09枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_ishikawa/jyomonmawakionsen1302_
02.html


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、乗鞍高原「前川渡の滝(大野川湧水の滝)」です。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
乗鞍高原「前川渡の滝(大野川湧水の滝)」
↑↑↑この写真に、2013年08月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年08月のカレンダーで、背景の写真は、地元でも存在に気付いている人が多くないという乗鞍高原「前川渡の滝(大野川湧水の滝)(長野県)です。


2013年07月20日(Sat)▲ページの先頭へ
◆江戸、明治、大正、昭和の時代の建物が軒を連ねる「小谷温泉・大湯元山田旅館」と、尾丸の滝
「はて、どうしたもんか」と、小谷村・あつ湯元熱泉荘で「小谷・滝の湯・・・そんなものは無い」と撮影すら断られてしまい、予期せぬ時間がポッカリ空いてしまった。「どこ、いこ?」と思案投げ首ろくろっ首になる前に「そうだ、「小谷温泉・大湯元山田旅館」を見学させてもらおう、、、と考えた。

もっとも、あつ湯元熱泉荘の「小谷・滝の湯」に入れたとしても、時間があれば「小谷温泉・大湯元山田旅館」を見学させてもらおうというのが、聡明な頭の中にあったことはあったが。


「小谷温泉・大湯元山田旅館」は、あつ湯元「熱泉荘」へ行く際に、長野県道114号の濁り沢に架かる温泉橋の手前を左折して行ったが、その温泉橋から見た際に、正面に堂々と聳えている建物です。

あつ湯元熱泉荘から長野県道114号に戻り長野県道114号を左折し、目の前に見える小谷温泉「大湯元山田旅館」を目指していく。ほんの少しばかりの距離でもある。

小谷温泉・大湯元山田旅館

「小谷温泉・大湯元山田旅館」は、江戸、明治、大正、昭和とそれぞれの時代に建築された建物が軒を連ねていて、改めて凄さと歴史を感じさせてくれた。それらの建物は、江戸時代建築の本館を始め木造建築6棟が文化庁の登録有形文化財になっているとのことでもあった。

玄関にあった看板を撮らせてもらった。江戸後期の看板と説明をしていただいた。余計なことだが、後日、彫られている贈り主の長野新聞社は1876年(明治9年)-1879年であることが判明した。ちなみに現在は、全国紙の毎日新聞とは資本関係も無い地方紙「信濃毎日新聞株式会社」となっているようです。

小谷温泉・大湯元山田旅館の縁側

湯治宿に欠かせない、今もなお自炊が出来る希少な「小谷温泉・大湯元山田旅館」の風情を表している長い縁側をも撮らせていただいた。

庭には、詩人・田中冬二が「小谷温泉」を詠んだ詩の石碑が建てられている。


「小谷温泉・大湯元山田旅館」で温泉と時代に浸からせていただこうかとも考えたが、時間はお昼過ぎと、私時間にとって温泉に入る時間としては早過ぎるため見学だけにし、雨飾荘や鎌池方面に少しばかりクルマを走らせ尾丸の滝を観にいった。

涸れた尾丸の滝

昨年の尾丸の滝は滝らしい滝だったが、今年は水そのものが少ないのか上流のダムに取水され、尾丸の滝まで水が回ってこないのか、昨年の面影は完全に無く涸れ滝になっていた。

写真をみると、それでも完全に涸れ滝になっていないようで、中央右上のほうに、途中で霧散している一筋の水が落ちていた。ぶらり北陸では、その部分を拡大した写真を載せてみたが、たった一筋の水とはいえ、なにか趣きを感じさせられた。



※「ぶらり北陸発」では、「小谷・滝の湯・あつ湯元熱泉荘、「小谷温泉・大湯元山田旅館」、そして涸れた尾丸の滝
」と題して、04枚(13枚)の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_nagano/otarisp_yamada1306.html


2012年の尾丸の滝(小谷温泉山田旅館からミヤマシジミと尾丸の滝)
http://www.stones.jp/area_nagano/omarunotaki1207.html


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、乗鞍高原「前川渡の滝(大野川湧水の滝)」です。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
乗鞍高原「前川渡の滝(大野川湧水の滝)」
↑↑↑この写真に、2013年08月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年08月のカレンダーで、背景の写真は、地元でも存在に気付いている人が多くないという乗鞍高原「前川渡の滝(大野川湧水の滝)(長野県)です。


2013年06月26日(Wed)▲ページの先頭へ
◆ラッキー、上高地乗鞍スーパー林道(B線)で白骨温泉「竜神の滝」に出逢う
「へぇー、ココにあったんだぁ」と感慨?みたいものに浸った。今まで、松本などへドライブする際に国道158号を通る度に、道路脇に「白骨温泉」の大きな看板を見ていたような気がする。

初めて見た時には「スッゴイ名前の温泉だなぁ〜。温泉に入っているうちに骨だけになるんかぁ」とも思ったものだが、見慣れてくると「いつか入ってみたいなぁ」と変わりながらも、今まで白骨温泉に入ったことが無かった。今と違って、その時は「温泉は年寄りの行くところ」と思い込んでいたからかもしれない。


乗鞍高原・奈川で名物の”とうじそば”をいただき、上高地乗鞍スーパー林道(A線)を通って、乗鞍観光センターに出て三本滝へ行く予定でいたが、一ヶ月前にも通行止めだった箇所の通行止めが続いているということを「手打ちそば福伝」で聞き、残念な思いをしていた。

凄い迫力の乗鞍高原・三本滝を観た後「やっぱ、往路と同じじゃつまんねぇ」ということで、上高地乗鞍スーパー林道(B線)を通って帰ることにした。通行止めになっていなかった。

白骨温泉入口

途中、乗鞍岳の眺望にクルマを停めたりしながら走ってくると「おぉっ、なんと」白骨温泉の入口に出た。予期していなかった。観光案内所の外壁には、各温泉施設の日帰り湯対応時間が表記されており、17時を過ぎていたので、やはり温泉には入れる時間帯じゃなかった。

白骨温泉のバス停の苔むした屋根

白骨温泉のバス停の苔むした屋根に林が出来ている。

白骨温泉観光案内所から長野県道300号を走るか走らないうちに、右側に、巨大な岩壁にパックリと開けられた大きな洞窟の奥や上部から湧き出している水が、苔むす斜面上を幾すじもの白糸のように滑るように流れていた。上を見上げると、カーテン状に水が滴り落ちており、あたかも軽井沢の白糸の滝か前川渡の滝と似たような感じだった。

白骨温泉「竜神の滝」

後でみた安曇のエリアマップで、それが「竜神の滝」だということを知った。不覚だった。事前に知っていたなら、白骨温泉観光案内所傍の駐車場にクルマを停めてジックリ観れたものを、竜神の滝の前の待避所に停めているので、他のクルマの邪魔にならないかと気が気じゃなく、落ち着いて見れなかった。幸いにも一台もクルマは通らなかったが。

それに、竜神の滝と思っていたなら、写真の撮りようも違ってきただろうに(どっちにしてもアンタの腕前は一緒・・・・・・って言うナァ)


竜神の滝も、地下水が石灰岩を溶かして鍾乳洞をつくり、巨大な岩壁や洞窟のようにえぐれた無数の穴から地下水が流れ出て滴り落ちている。巨大な岩壁に開けられた口が怪獣のようにもみえてくる。、、、とすれば、その口から湧き出て斜面を流れ落ちている白水は蜘蛛の糸か。

そんなことも考えながら、再び長野県道300号線を走り出した。長野県道300号線は、確か2012年11月だったかに開通したという記憶もあり「新しさがプンプンする道路を走るのは気持ちがいい〜」という感慨を持った。

今度、コッチ方面のドライブを「まるごと一日っ白骨温泉特集」にしようと目論んでいます。


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、乗鞍高原「前川渡の滝(大野川湧水の滝)」です。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
シラン(紫蘭)
↑↑↑この写真に、2013年07月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年07月のカレンダーで、背景の写真は、純然たる野生種は準絶滅危惧種に指定されているとのことですが、園芸などで栽培品として広く普及しているシラン(紫蘭)です


2013年06月18日(Tue)▲ページの先頭へ
◆光り輝く乗鞍岳に見惚れる
「ウオーーーッ、山が光ってるっ、真っ白に輝いてるっ」・・・・・・目の前の光景に息を飲み込んだ5月のゴールデンウィークだった。山がハレーションを起しているっ

乗鞍岳(高天ヶ原・大日岳・剣ヶ峰・蚕玉岳・朝日岳・摩利支天岳・富士見岳・大黒岳)
乗鞍岳(高天ヶ原・大日岳・剣ヶ峰(主峰)・蚕玉岳・朝日岳・摩利支天岳・富士見岳・大黒岳)


乗鞍高原・千間淵や番所小滝そして番所大滝を堪能した後、善五郎の滝を目指していた時に、目の前の山々が、あまりにも良いお天気に輝いている。乗鞍岳だろうとは思うが、100%言い切れる確信は無かった。

だいたい乗鞍岳が独立峰なのか連峰なのかも、私の中では曖昧なままだったからです。


このまま善五郎の滝までで撮影スポットを得られるのかどうかもわからないので、電線が写真に入るのも構わず押さえの写真を撮った後、撮影スポットを探しながらオープンエアでゆっくりと走る。

ちょうどカーブ辺りに差し掛かったところで、電線などの人工物などが入ってこない撮影スポットを見つけた。交通の邪魔にならないように路肩に停めて写真を撮っていると、R171(SLK350)の前後にも停められたクルマが増えてきた。小さな撮影会のようになった、アハハ。交通量が少ないせいか、それでも交通の邪魔にはなっていなかった。


他の人達との会話から、乗鞍岳が独立峰ではなく、剣ヶ峰(標高3,026m)を主峰とする乗鞍23峰の総称だということを改めて知るとともに確実に覚えた(笑)。主峰・剣ヶ峰のお隣の高天ヶ原(たかまがはら、2,829m)や金山岩(かなやまいわ、2,532m)などは、乗鞍23峰とは別のような感じを受けた。

乗鞍岳(高天ヶ原・大日岳・剣ヶ峰・蚕玉岳・朝日岳)
乗鞍岳(高天ヶ原・大日岳・剣ヶ峰(主峰)・蚕玉岳・朝日岳)


とにかく、乗鞍岳が光り輝きハレーションを競っているかのようにも見える。昔々、所属していたスキークラブでマイクロバスを仕立て、大型自動車免許を持つ私が運転して行った畳平を思い出しながらも位置が掴めないまま、光る乗鞍岳に見惚れていた。



※「ぶらり北陸発」では、「ハレーションが起きるほど光り輝く乗鞍岳」と題して、11枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_nagano/norikuradake1305.html


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、「光る乗鞍岳」になりました。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
シラン(紫蘭)
↑↑↑この写真に、2013年07月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年07月のカレンダーで、背景の写真は、純然たる野生種は準絶滅危惧種に指定されているとのことですが、園芸などで栽培品として広く普及しているシラン(紫蘭)です


2013年05月27日(Mon)▲ページの先頭へ
◆神秘的な乗鞍高原・千間淵に抱かれる
山肌にへばりついているような残雪を所々に見ながら、乗鞍高原・番所小滝(ばんどころこたき)から、アップダウンも緩く歩きやすい千間淵遊歩道をゆっくり歩き千間淵を目指す。山野草が咲いていないかとキョロキョロ目を凝らすが、あいにく見つからなかった。

乗鞍高原・小大野側の清流

渓流は清らかなそして力強い音を立てている。

いよいよ千間淵に出た。中央の落差2〜3メートルの小さな滝が大きく両翼を広げるかのようにドーム状になった岩肌が、観る者を抱くように覆い被さってくるように感じさせ、神秘的な世界へ誘うかのようにさえ思えてくる。そのドームの中央でいつまでも観続けていたいという雰囲気にもなっていった。


でも、名称程の広さは全然ない小さな淵なのに「千間淵とは?」という疑問もちょいとばかり浮かび、調べた。

乗鞍高原・千間淵

「渓谷の流れを利用して薪を運び出していた昔、ドコに流れたか行方不明になった千間位の薪が、この淵に流れ着いているのが見つかったことから千間淵と呼ばれるようになった」という伝説を知った。

千間淵の神秘的な風情を堪能したあと、ふと遊歩道の上を見上げると建物の一部が見え、現実に引き戻されたような気になった。その建物は、千間淵遊歩道のもう一方の入口近くの”JAあずみ”か公民館だろうと思われた。

この後、番所大滝を観にいく予定なので、”JAあずみ”側には向わず千間淵で引き返し、番所小滝を経て、夢見橋を再び渡り、最初に見た案内板の前に戻ってきた。



※「ぶらり北陸発」では、「乗鞍高原・番所小滝から千間淵へ趣き三昧」と題して、14枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_nagano/bandokorokotaki1305_01.html


--------------

★【いつも ありがとう】をつたえる
【父の日】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス:実施中
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【父の日】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス
・【期間:2013年05月01日(水)09:30 〜 2013年06月17日(月)16:59】


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、「光る乗鞍岳」になりました。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
剱岳と富山空港に着陸体勢の全日空機
↑↑↑この写真に、2013年06月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年06月のカレンダーで、背景の写真は、剱岳と富山空港に着陸体勢の全日空機です


2013年05月24日(Fri)▲ページの先頭へ
◆趣きを纏う乗鞍高原「番所小滝」
第一目的の乗鞍高原・番所大滝(ばんどころおおたき)の駐車場にクルマを入れた。有料という看板があったが、誰も料金の徴収にこない。そのような受付の小屋も無い。トイレだけだ。ゴールデンウィークといっても、まだオフシーズンかと独りごちた。

遊歩道に出てすぐに案内板があり、左右どっちへいっても番所大滝へ行けそうに案内されているが、そこは欲張り男、番所小滝、千間淵と繋がる左ルートを選択し、急な階段を下りる。階段の終わり辺りから番所大滝の滝口が見えた。「あっ、このルートでの番所大滝は、滝口だけなんだ。結局、番所大滝の上流にあたるわけだ」と遅まきながら理解する。

乗鞍高原・番所大滝の滝口

木製の夢見橋からも番所大滝の滝口が見える。小大野川の渓流沿いの、アップダウンも緩く歩き易い千間淵遊歩道を歩きながら振り返ると夢見橋が良い雰囲気を醸しだしていた。

乗鞍高原・番所小滝

そして間もなく、板状節理(ばんじょうせつり)の大岩の向こうに番所小滝が、風情を感じさせる光景をつくりあげていた。番所大滝の上流に位置する。いろいろ多くの滝を観てきているけど、滝はスケールばかりじゃないな、、、ということを、改めて知らされ「番所小滝は、やはり板状節理の大岩と共に観るべきでしょ」と思った。



※「ぶらり北陸発」では、「乗鞍高原・番所小滝から千間淵へ趣き三昧」と題して、14枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_nagano/bandokorokotaki1305_01.html


--------------

★【いつも ありがとう】をつたえる
【父の日】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス:実施中
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【父の日】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス
・【期間:2013年05月01日(水)09:30 〜 2013年06月17日(月)16:59】


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、「光る乗鞍岳」になりました。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
剱岳と富山空港に着陸体勢の全日空機
↑↑↑この写真に、2013年06月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年06月のカレンダーで、背景の写真は、剱岳と富山空港に着陸体勢の全日空機です


2013年05月14日(Tue)▲ページの先頭へ
◆開きかかったイワウチワや、フェニックスというか鳳凰の羽のイヌガンソクにも出逢う
熊に「これで帰るよ〜」とぶら下っている竹筒を鳴らし、良いお天気の中をキョロキョロしながら富山県井波町・八乙女遊歩道を下りはじめる。

早速、蕾なのかどうかが不明な「ヒメアオキ」という植物に出会う。「あまり可愛い蕾じゃねぇな」と思いながらも、登りの時には完全に見過ごしていた。”見過ごしていたものに気付かされる”があるから、時間に余裕がある下りは楽しい。

ショウジョウバカマが相変わらず可憐な花を咲かせている。

明るい日差しの中、若そうな芽?葉?が希望に満ち溢れたかのように天に向かって一斉に伸びている。花の無い山ツツジなのか?マンサクの若芽なのか?それとも他の・・・・・判断が付かない。

マンサクの蕾

あの切干大根・・・ちゃう、あと数日で咲きそうなマンサクの蕾にも遭遇した。あの切干大根が、こんな真ん丸から出来るなんて、、、とチョイ不思議。


あらら、登りの時にはほんとに気付いていなかったイワウチワ(岩団扇)が、ショウジョウバカマに混じって、いかにも優しげに咲いている。フリルのような花弁が、いかにも愛らしい。

イワウチワ(岩団扇)

あっちにもこっちにも「春の使者」「適応力」の花言葉を持つイワウチワ(岩団扇)が咲いているのに、どうして登りの時に気付かなかったのか、我ながら不思議、ボケの最先端、急先鋒

開きかかったイワウチワ(岩団扇)の蕾

イワウチワの蕾にも出会う。ちょっとピンクが強い目のイワウチワの蕾を這いつくばって正面から撮ってみました。イワウチワの群生といっても過言ではないと思えるところから少し行くと、赤いヒメアオキの実を見つけた。

八乙女遊歩道の足元には、なんという植物の葉なのかは不明だが、エクザイル踊り?エクザイルダンスのようなというかトルネードダンスをしているかのようだった、アハハ。


さて、もうすぐ昼食を食べた八乙女遊歩道と林道八乙女線が交差するところに出る。これでいろいろな春の花に出逢った八乙女遊歩道ともお別れとなり、デポしたクルマに戻ることになります。

フェニックスというか鳳凰の羽のようなイヌガンソクの胞子葉

その林道八乙女線の路傍に、フェニックスというか鳳凰の羽を見つけた、カッコイイ、力強いっ、この羽根は、シダ植物のイヌガンソクらしい。そしてイヌガンソクには、栄養葉と胞子葉という二形があり、目の前のフェニックスというか鳳凰の羽は、胞子葉のほうのようで、ドライフラワーなど花材としてもよく利用されているそうです。


それにしても上りと下りの時の花数の違い、、、、、、どーいうこと?(笑)



※「ぶらり北陸発」では、「イワウチワやイヌガンソク・・・他、八乙女遊歩道で出逢った春の花々:後編」と題して、14枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_nanto_city/yaotomeyama130
4_02.html


--------------

★【いつも ありがとう】をつたえる
【父の日】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス:実施中
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【父の日】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス
・【期間:2013年05月01日(水)09:30 〜 2013年06月17日(月)16:59】


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、「光る乗鞍岳」になりました。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
剱岳と富山空港に着陸体勢の全日空機
↑↑↑この写真に、2013年06月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年06月のカレンダーで、背景の写真は、剱岳と富山空港に着陸体勢の全日空機です


2013年05月02日(Thu)▲ページの先頭へ
◆おまけの滝と桜が付いてお得感一杯になった井波町「布滝」
「おひょ、ほんとにコレが三度目の正直ってもんだね」と独りゴチていた。何回か書かせてもらっているが、昨年だったか一昨年の一度目は、道路地図では所在がわかりにくく、そして地元の人も布滝の存在を知らなかったので、探しはしたものの、結果的に違った場所を探していたらしく、布滝へ辿りつけず存在そのものを訝っていた。

二度目は、布滝の所在こそわかったものの、冬期通行止めで歩いて行こうとしたものの、大量の残雪に阻まれてしまい途中で引き返した。

そして、三度目は・・・・・・やはり途中から残雪で林道が覆われている部分もあったが、谷へ滑落するリスクもほとんど無く、楽しく歩いて行くことが出来た布滝だった。

井波町・布滝は直瀑?

目的の一つは「布滝と雪とを一緒にカメラに収めたい」というものだった。それは冬期通行止め期間中に入った者だけに与えられる特権のように思えた。三度目の正直の4月中旬は、残雪量がかなり少なくなり布滝の周りには雪が少なかったが、とにかく布滝と残雪をカメラに収めることができた。


布滝は、シンプルな直瀑だと思っていた。目の前で落ちる布滝もそのように感じさせ、ネットに掲載されている他の人が写した布滝だって直瀑の画像ばかりだったが・・・・・・目の前で観ているメインの滝は布滝の二段目だということに気付いた。

井波町・布滝は二段の段瀑だった

冗談じゃなく上段に(アハハ)もう一段の滝が木々の間から観ることができ、布滝は段瀑だと判断した。それなら何故、直瀑の画像ばかりなんだろうかとツラツラ考えてみるに、布滝にクルマを横付けできる時期には、生茂る木々の葉や草で上段が隠されてしまうからだろうという結論に至った。

今やまぼろしの滝になってしまったといっても過言ではない宇奈月町内山の「大滝谷の大滝」と同じようなものだ。二段の布滝を観られるのもこの時期の特権といえるかもしれない。おまけの滝が特権意識をくすぐる(笑)


そして布滝近辺を徘徊する。

滝から少し離れた濡れた岩場に真っ赤な竹の子(なってったかなぁ〜、ススタケ(ネマガリタケ)だっけ・・)のようなものが生えていたり・・・後に調べると”イタドリの新芽”ということだった。

林道上に大きな木が落ちていたり、

眼下で蛇行する庄川に、川の成長というか推移を勉強することなく、単純に”凄いな”と思いながら、蛇行部分が繋がるのは何時なんだろうと思いを馳せてみたり・・・・・(治水事業のため繋がんないか)


そして、この時期の特権をもう一つ発見した。

残雪と桜花と布滝を一緒に観れた。思いもしなかった光景だった。まだ蕾も多かったが・・・・・

「良かった、良かった」と布滝を後にし、八乙女遊歩道と林道八乙女線が交差する地点まで戻り、そこで昼食を食べることにした。



※「ぶらり北陸発」では、「富山県井波町・林道八乙女線「布滝」と桜と残雪と・・・・・・」と題して、9枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_nanto_city/nunotaki1304_01
.html


--------------

★【いつも ありがとう】をつたえる
【父の日】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス:実施中
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【父の日】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス
・【期間:2013年05月01日(水)09:30 〜 2013年06月17日(月)16:59】


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」では、気品が溢れ優雅なシャガが大きく咲いています
http://www.style.stones.jp/

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
剱岳と富山空港に着陸体勢の全日空機
↑↑↑この写真に、2013年06月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年06月のカレンダーで、背景の写真は、剱岳と富山空港に着陸体勢の全日空機です


2013年04月16日(Tue)▲ページの先頭へ
◆どデカイ石灯籠が迎えてくれる富山県井波町・越中一宮「高瀬神社」
「イメージしていたほど広くないな」というのが正直な感想の越中一宮「高瀬神社」だった。

昔々、彫刻の町井波町の会社に就職し、その社宅に一年位住んでいた時から、越中一宮「高瀬神社」に一度は来てみようと思い続けてから、未だに訪れる機会をみつけられないでいました。

が、富山県高岡市の射水神社と並んで、クルマの後部に貼ってある交通安全祈願のプラスチックプレートやステッカーで、越中一宮・高瀬神社に馴染んでいた。富山県西部地区では、特に多い。今も、ホンダCR-Zがお祓いを受けにきていた。


鳥居の横の大きな石灯籠に度肝を抜かれた越中一宮・高瀬神社は、ご鎮座二千年。福の神・縁結びの神様である大国主命(大己貴命)を主祭神としているお社です。

越中一宮・高瀬神社の手水舎

境内に入り、手水舎の自然石に水の流れを示すかのような色の変化に、一瞬、温泉成分が入っているのかとも思ったが、それが歴史を感じさせるとともに風格を漂わせていた。

手水舎の水中に一本の木が沈んでおり、「国指定史跡となった高瀬遺跡(今から約千二百年前の役所跡)から発掘された貴重な建物の柱だということだった。


本殿前には、「なでうさぎ」が置かれていた。「御祭神の大国主命(大国様)は、神話「因幡の白うさぎ」において、過ちを犯し体に傷を負った「うさぎ」のケガを癒され、悪しき心をも改心されたと記述されております」という説明がなされ、「自分の癒してもらいたい部位と同じ所を祈念しながら撫でて、広大無辺なる大神様の御加護をいただきましょう」とあった。

越中一宮・高瀬神社と池の鯉

それほど大きくもなく程よく纏まり落ち着いた越中一宮・高瀬神社。その中に身を置き、心が安らいでいく私がいた。



※「ぶらり北陸発」では、「早春の越中一宮「高瀬神社」を歩く」と題して、11枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_nanto_city/takasejinjya1303
_01.html


----------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」では、希望に溢れる可憐な桜花が咲いています
http://www.style.stones.jp/

----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
岐阜県荘川町の魚帰りの滝
↑↑↑この写真に、2013年05月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年05月のカレンダーで、背景の写真は、岐阜県荘川町の魚帰りの滝です


2013年03月28日(Thu)▲ページの先頭へ
◆良い徘徊コース「呉羽丘陵・城山公園」を発見(笑)
暴風雨になっていたため外出するのを諦め、ゴロゴロしながらリビングでアウトドア誌を読んでいた日曜日だった。

お昼頃になると晴れてきたから、もう堪らない。どこかへ行きたくてウズウズしてくる。が、17時半からBS日テレで温泉愛好家の山田べにこ氏の「野天湯でGO!」が放送されるので、それまでに帰ってこなければならない(笑)

ドライブに行くにしても、すぐに帰ってこれる所ってんで思案投げ首ろくろっ首していると「そうだ、呉羽山の城山の方へいってみよう」と思いついた。


立山連峰のビューポイントとなっている呉羽山公園展望台がある富山県道44号(旧国道8号)の北側に行く機会が多いが、南側は呉羽ハイツの温泉に入りに行くくらいだけで、城山公園側へ行くことは少なかった。

呉羽丘陵城山公園のしらとり広場の展望台

今日の富山は、午後から晴れては来たが雲が多く立山連峰は全然見えない。が、曇り空の中、城山公園の散策というか徘徊に期待した。

白鳥城址の駐車場にR171(SLK350)を停めて、白鳥城の本丸があったという城山を目指す。三の丸、二の丸とアップダウンの遊歩道が続くが、すぐに本丸に着いた。思ったよりあっけなく感じたが、立山連峰が見えなくても、富山市街がはっきり見えて気持ちが良い徘徊となった。


駐車場へ戻り、近くのしらとり広場の展望台から富山市街を見ていると、飛行機の爆音が聞こえてきた。「そっか、富山空港がある神通川が見えるから、着陸時にはあのコースを通るんだ」と合点し、デジイチで全日空機を捉えた。

呉羽丘陵城山公園のしらとり広場の展望台から見る全日空機と富山市街

これで、剱岳や立山(雄山、大汝山、富士の折立)、弥陀ヶ原がはっきり見えていれば、ナイスショットになったのになぁ〜と少し悔やまれた。以前、神通川左岸から撮影した時も、あまり立山が見えなかった時には成功したが、数日後に立山連峰がはっきり見えたときには、飛行機とのツーショットが失敗?したことを思い出してもいた。

私にとって、新しい立山のビューポイントを発見した思いになった。立山連峰がはっきり見える日に、城山公園のしらとり展望台に来るのが愉しみになってきた。




※「ぶらり北陸発」では、「呉羽山丘陵「城山」の城山公園を徘徊する」と題して、4枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/area_toyama/c_toyama_city/shiroyama1303_01.
html


----------------

★【ノイ・インテレッセ:メタ/META・シリーズ・フルラインナップ】完成っ
ノイ・インテレッセ:メタ/META・シリーズ・フルラインナップ画像

 キプリスのモルフォ社の「ノイ・インテレッセ:メタ・シリーズ」全8アイテムが勢揃いいたしました。現在のストーンズ・スタイルのトップページでは、上記の画像を820ピクセルに大きくし、それぞれのアイテム画像をクリックすると、該当アイテムの詳細・販売ページにご案内いたしております。・・・楽しんでみてください。



【ストーンズ・スタイル】ご入学ご就職おめでとうございます

★【ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト&プレゼント包装無料サービス・実施中

----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


font size="2" color="#666666">〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。

 本日28日から、カレンダーは5月になり背景画像が変わります。


1 2 3 4 5 6 7 8    全224件





カレンダ
2017年8月
   
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (139)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (20)
6月 (17)
7月 (15)
8月 (5)

アクセスカウンタ
今日:489
昨日:5,148
累計:8,322,963