オンラインショップあれこれそれ

ishidasについて

2008年05月21日(Wed)▲ページの先頭へ
★最後の一通を出せないまま・・・
メールマガジンを出さなくなってから何年経つだろう?

このお洒落・逸品専門店「素敵快適ドットコム」を立ち上げた2004年3月は、当然知名度はゼロ。だから、一人でも多くの人々にこのサイトの存在を知って欲しいと、独自でプレゼント懸賞を開催し、メールマガジンのご購読者を集めた。

そして、もっとご購読者を増やそうと、登録料二万円、参加するたびに賞品と現金一万円を用意するという共同懸賞にも参加してメールアドレスを集めたりもした。この共同懸賞については、素敵快適ドットコムの取扱い商品の特性と照らし合わせて「一寸、違うかも知れない」と感じたこともあり、二回しか参加しないで止めてしまい、結局、高い授業料となった。

メールマガジンを月二回位の割りで約一年位、発行してきただろうか?

発行しているうちに、文章力の無さもあるが、「コードバンの好きな人に、ブライドルレザーの情報はいらないんじゃないのか?」「長財布を探している人に、名刺入れの情報ってのは・・・?」などなど、数量限定でもない(一部に限定商品があるが)、レアでもない定番商品という商品の性格もあると思うが、色々な面で発行を続けることに疑問に思えてきた。

かといって、メールマガジンにプライベートを書きすぎても、不快になられるだけというのはわかりきっていることだし。

そして、定番商品なら新発売商品や品切れ商品の入荷などの案内に特化するというのもメールマガジンの発行継続の一つの方法かもしれないが、それだけじゃ、いかにもつまらないし、それ以上に、発売や入荷が連日続いた時には、連日発行するというウザイ?スパムメールまがいなことにもなりかねない。

実際、仲間で毎日発行していたショップがあるんだけど、商品に感心があっても受け取る側的に毎日だとウザイだけで、本人に悪いけどゴミ箱直行にした記憶があるほどで、しょっちゅう発行には、私自身凄い抵抗がある。

それに、多くの仲間からメールマガジンなどが届くが、ここ数年私自身読む気持ちがなくなってしまっている。ことも踏まえて、メールマガジンは、読まれている時代なのだろうか、、、スパムが多い中、メールマガジンそのものが読まれる時は過ぎてしまっているのではないか、、、とさえ思えてきた。

そんなわけで、ご購読者が一万人近くになったメールマガジンだったが、記憶が定かではないが、2005年頃には発行しなくなっていた。が、「また考えが変わって出したくなるかも、、、」というかすかな気持ちがあったからか、メールマガジンの配信ASPとの契約は残しておいた。

でも、メールマガジンを発行しなくなっても、素敵快適ドットコムの新着情報は、その時々の情報が必要でない方にご迷惑をお掛けしない形で、トップページ以外でお伝えしたいっ、、、と、いつも思っていた。


月日が経ち、結局ブログが合っているのではないか、、と思われてきた。

それで、ブログで更新したネタが綺麗にメールマガジンに自動的に編集され、ウェブでも、メルマガでも、ご希望のスタイルで読めるというブログシステムを探したが、あいにく見つけられなかった。

ブログは、2006年3月から始めた。更新したネタがメールマガジンに自動的に編集されるシステムではないが、RSSで代用できるからいいか、、、という気持ちになっていた。

ブログは、素敵快適ドットコムの商材の特性や私の性格には合っているみたいで、今も続いている(笑)

送りつけているんじゃなくて、読みにきていただいているという甘えもあり、商品情報とともに、私の赤裸々情報(爆&激汗)も交え、お客様の意向に関係なく(すみません)愉しんでやらせてもらっている。こんなことは、購読の許諾を得ているとはいえ送りつけているメールマガジンでは出来ない。メールマガジンでやっちゃうと、購読解除の嵐になることは目に見えている(汗)

スパムメールが問題化し法規制されようとしている昨今、私の中でメールマガジンの時代は終わった。という考えになり、メールマガジンを発行する気持ちは完全になくなっていたが、メールマガジンの配信ASPとは、利用料だけを支払い、契約を続けてきた。

なぜなら、メールマガジンの最後の一通を発行したいと思っていたからである。

「ご愛読いただいたことへのご挨拶はもちろんだが、長い間休んだまま発行をやめることのお詫びや、今後の商品の新着情報はブログで」と案内したいと思い続けてきたが、結局、その最後のメールマガジンも発行しないまま、メールマガジンの配信ASPとの契約を打ち切った。最後の一通を発行することがなかなか出来ずに、一年以上経過してしまっていたからである。


そして今、誠に勝手ながら、メールマガジンのご購読者様、購読ご希望者様に、このブログでお詫びさせていただくことにした。

長期間の休刊の末、メールマガジンご購読者皆様に、ご挨拶ご案内もしないでメールマガジンを止めたことに、深く深くお詫びを申し上げます。

そして、今後ともよろしくお願い申し上げます。

※私の力量不足などを棚に上げ、定番商品の場合のメールマガジンの販売力に疑問符を持ち続けていますが、食べ物やレア物、限定物などの商材には、やはりメールマガジンが強い販売力を持っているものと考えています。メールマガジンそのものを否定しているものではありませんので、よろしくお願いいたします。


2007年07月31日(Tue)▲ページの先頭へ
◆商品画像のためのデジカメ撮影講座に
今月25日、京都のプロカメラマンを呼んで行われた富山県新世紀産業機構主催「プロに学ぶデジカメ撮影テクニック講座」に参加してました。朝の10時〜17時まで丸一日の講座だった。

素敵快適ドットコムの商品画像は、サイト創りのプロやオンラインショップ運営者など多くの方々から「綺麗だね」という好評を得てはいるが、もう一つ自信というものが欲しかったのか、カメラの各種設定だって自己流なので、それを確認したかったのか、いずれにしても、今まで撮影講座に参加したいと思っていたが、今までローカルでほとんど開催されることはなかった。

東京や大阪などの都市圏で開催される撮影講座に参加しようかと思っても、日程が合わなかったり、すぐ募集定員に達してしまったりして機会がなかった。


私は、商品画像に対してイメージ画像ではなく、どのような仕様であるのかをビジュアルにご覧いただき商品を把握していただけるような説明画像のほうが素敵快適ドットコムで扱う商材に向いていると思っている。ファッションの一部を担っているとはいえ。

が、説明画像といえども、その範囲を逸脱しない程度にカッコヨクしたいという気持ちもあるし、それよりもカラー調整などの画像処理の時間を短縮できたら、、、という希望もあった。


某書で、ウェブに上がるのは解像度が低いからデジタルカメラも100万画素程度でいいというようなことが書かれていたが、それに対して私は「実際ウェブではそうだが、だからといって100万画素程度でいいとは思わない」と1000万画素のデジタルカメラを使っている。その画素争い(笑)も確認したかった。

その画素数への意見も私の意見と同じようなことが講座で説明されていた。それにホワイトバランスなどの各種設定も間違っていなかったと確信した。

結局、私はこの講座で「ライティング」を学んだように思える。

そのライティングなどを、今日の商品撮影で活かそうと試みてみたが、上手くいかなく結局自分が今までやっていたライティングのほうが、商品の特徴を出せているような気がした。もっとも、その商品のどの特徴を出していくかにもよるが、、、。

ライティングは、奥が深そうだ。これからもいろいろ試しながら、カッコイイ説明画像を創っていきたいと思っています。そして、カラー調整などの画像処理の時間は短縮できないもののように思われてきた(←講師と反対意見なんだけど、、、汗)こだわるからかなぁ〜?

その商品は、明日か明後日には販売開始できる予定でいます。


2006年06月30日(Fri)▲ページの先頭へ
◆ブログギライが、ブログをはじめた理由
ブログが出てきたのは、いつの頃からですかねぇ〜。

今、新聞テレビ週刊誌などマスコミのどこをみてもブログブログとピックアップされています。

そしてブログの言葉の後に(簡易ホームページ)とか(日記風ホームページ)とか書かれています。

オンラインショップ界では、それをなんとかビジネスに取り込もうとヤッキのようです(^ ^)


私がブログを持ったことは最近のことです。
それまで、いや今も一部では、イシはブログ嫌いだと通っていますし、私も宣言していました、アハハ。


多分ブログのブの字も見られなかった数年前、私は、アクセスカウンター、掲示板とかショッピングカートなどを有料無料で貸し出している超有名なCGIサイトの運営者に「こんな形の日記が出来ないだろうか」と、提供されているCGIのカスタマイズを図々しく依頼いたしました。

なんで、そんな有名サイトに図々しいことをお願い出来たかというと、その頃、北陸でオンラインショップの勉強会風の集まりが出来、「そこで掲示板を持とう」ということになった時に、やはり提供されていた既製の掲示板のカスタマイズを快く速やかに引き受けていただけたので、私がズに乗っちゃんたんですねぇ。

・元ネタは、運営者のみが書き込める
・元ネタに対してのコメントは誰でも書き込めるが、掲載前に運営者がチェックできる。
・画像の大小に関わらず、何枚も張り付けることが出来る。
・元ネタの分類が自動的に出来る。
・元ネタで書き込んだものを、メールマガジンとしても配信できるようにする。

などなどを盛り込んだものが出来ないだろうか、、、と。

それが出来れば、北陸のメンバーや各々のオンラインショップ運営者に持って貰い、それを集約したモール風サイトを作り、最新情報が書き込まれた情報をトップページで表示する。(当時、古着のポータルサイトで、最新情報を書き込めるところがあったので、それの発展形)


返事は一切ありませんでした。
そりゃ、そうだろうね。「ただでさえ忙しいところに、そんなもんを作れなんて図々しいことを言うな」ってところでしょうね、当然です。


私としては、
・商品ごとのお客様の声を集めた掲示板
・日記及び商店主日記
・メルマガ簡単配信
・自分が展開するガイド(遊び?)サイトの分類統計化?
・オンラインショップの最新情報サイトの運営

などへの活用を考えていました。

返事もなく、私もそれ以上進めようという気持ちも無くなってしまい、しばらく経ってから(1〜2年?)、今のようなブログという形態が出てきました。

以前に似たようなことを考えていたことを思い出し、他にもいたんだなぁ〜と感心しながらも、実現させたそのシステムに、肝っ玉の小さいイシは、とりあえず少なからず反発(笑)

・簡単に持てて掲示板みたいになるんだから、荒らしも当然でてくる場合もあり、その管理は大変だよ。コメントとかは、そこに書き込んでくれるからまだいいけど、トラックバックなんて、自分の手の届かないところでネタにされることになるんだよ。(掲示板の管理の大変さは、運営したものしかわかんないだろうし、、、)

・簡単に作れるというけど、市販のホームページ制作ソフト作ることと比べて、簡単さは似たようなもんだよ。


それに加えて、オンラインショップ関係から「サーチエンジン対策に良さそうだから、ブログの活用方法を、、、」なんて話が飛び出すに及んで、「サーチエンジン対策」という言葉、行為に絶対アレルギー(笑)を持っているイシは「オレ、ブログ ハ ヤンネェ」となっちまったわけです。

「サーチエンジン対策と血眼になる前に、そのオンラインショップの充実に力を注げよ」「毎日のショップ作りの結果が、サーチエンジンに現れるだけのことなんだ。対策なんてしなくて良いんだ」と思い続けている私にとって「サーチエンジン対策になる」と聞くと、やりたくなくなっちまうんです、「そんなにセコクねぇ」と。


これで「イシはブログが嫌い」というのが出来上がってしまいました(笑)


で、今ブログを書いています(爆)



▼ブログをやりだした理由?

・メールマガジン代わり
 その「メールマガジン代わり」というのは、素敵快適ドットコムでも新着情報をメールマガジンでお知らせしていたのですが「一年に何回も買うものでもない商品、定番商品の新着情報では、面白くないだろうな、、、」と思い始めたら、発行のインターバルが長くなってしまうんです。

かと言って、商品以外のことをテーマにしようにも、ご購読者の好みは千差万別。一部には良くても、合わなかった人も多い筈。それをメールマガジンで押し付けるのもぉ〜。

それなら、「クリックしていただくという行為を通して、その記事に少しでも関心を持っていただけた方にとって暇つぶしになれればいい」と思い始めたんです。

商品情報をお伝えするということより、口幅ったい言い方になるかもしれませんが「イシの行動」をお伝えして、「世の中にはこんな奴もいる」と反面教師にしていただいて、明日への活力、元気をみなぎらせて欲しいっ、、、、と。

もっとも、私イシは、仕事や車以外あまり趣味を持っていませんので、結局商品情報になっちまいますが、大きい心で許してくだはい。

※2006年7月1日現在、メールマガジンご購読者様には、このブログの存在をまだご案内いたしておりません。このブログのカスタマイズをしカッコヨクしてからご案内させていただこうと思っているうちに今に至っています(汗)



・趣味のページの収拾がつかなくなりはじめたので、自動的に分類したい。
 自社サイトで趣味のページを作るより分類しやすいが、このブログでも「カテゴリー別インデックス」ができるようになれば、もっと使いよくなるかもね(^ ^)



ま、なんだかんだブログをやりだした以上は、まず自分が愉しんで続けていけるように持っていきたいと思っています。そのためにも、早くこのブログの看板を作り、フォーマットを決めてカスタマイズしカッコヨク(本人だけの思い込み)しなくてはね(汗)


2006年06月21日(Wed)▲ページの先頭へ
◆「時間指定厳守キャンペーン」が首を・・?!
ストーンズでも数社の配送業者に依頼している。

いつもの集荷時間に配送業者の一社が集荷にきた。
集荷作業を進めながら、その業者で社内キャンペーンが始まったことを知らせてきた。

「時間指定厳守キャンペーン」だって。

「おいおい時間指定を守ってない時があるのかよ」と思ったが、配達ルートや諸事情で稀にそのようなことがあるという。

キャンペーンをしなくとも、そのようなサービスを打ち出している以上、指定時間帯を守るのが当然だと考えてしまうが、○時〜○時までの時間帯指定の場合、配達業務の遂行上「15分位早く配達してもいいだろ。15分位遅れてもいいだろ」という時もあるらしいが、そのような気持ちになるのを戒めるためにキャンペーンが開始されたのだという。

よくよく話を聞いてみると、その「時間指定厳守キャンペーン」は、個人宅だけが対象になるんだって。

例えば、会社宛や勤務先お届けの個人は対象にならないばかりか、お届け時間の指定すら出来ないらしい。通常の配達ルートにおけるその会社のいつもの配達時間に纏めてしまうらしい。

そのようなことだったら、会社宛で緊急お届けができないことになるし、営業の人が個人で代引きで商品を購入した場合、同僚に迷惑を掛けたくないから「社内にいる時間に届けてもらおう」ということも出来なくなってしまう。

なんにしても、サービスで業者の都合つまり顧客を省みない条件が付帯されれば、そのサービスの使い勝手が悪くなるのは自明の理である。

配送業者にとって顧客は荷主と考えがちかもしれないが、配送業者においても本当の顧客は、荷主ではなく一般消費者であるということを忘れてはいけない。


また我々オンラインショップにしても、「ご家庭お届けなら時間指定が出来ます。会社及び勤務先お届けは時間指定ができません」なんて、サイトに明記できるわけが無い。一業者の都合で、サービスを低下させるわけにはいかない。

ということは、会社及び勤務先お届けで時間指定がある場合、この業者ではなく、会社及び勤務先お届けで時間指定ができる他の業者に依頼することになるだろう。

民間になる郵便局の攻勢も強くライバル業者が増えているというのに、「時間指定厳守キャンペーン」を始めたこの業者は、自分で自分の首を絞めていることになる。


そのような事例を見ながら「本当の顧客を見失ったところに、本当のサービスは存在しない」ということを改めて感じ、引き締めなおしている次第である。


2006年04月05日(Wed)▲ページの先頭へ
●アクセスログとグレンロイヤル
素敵快適ドットコムには、そんな詳しいデータを作るアクセスログを付けていない。アクセスカウンターと何処から来ていただいたか程度のものであるが、その「何処から」にしても「Book Mark」の一言で片付けられている場合が多くて分析など到底出来ない簡易アクセスログである。分析などするつもりもない。

オンラインショップには、アクセスログの解析が必要で、それが売り上げに直結するっていわれるけど、イシは、アクセスログにはそんなに関心が無い。アクセスログが無くてもいいとさえ思っている。

商売は、「お客様に喜ばれる商品をどれだけ快適に提供できるか」だけでしかないと考えているからである。

最新鋭のツールを導入したって、自分の商材への取り組み方が悪ければ何にもならないだろうし、ページがショボければなんにもならないだろう。

特に最近のオンラインショップは、ブログとかSEO対策とかメルマガとかキーワード連動広告などなど、集客することに血道を上げ、肝心のサイトのショップの充実を疎かにしがちなところが目に付く。

で、その簡易なアクセスログを見てみると、最近、某巨大掲示板からのアクセスが増えている。財布か皮革小物のスレで、素敵快適ドットコムのアドレスが掲載されているのだろう「キプリスならここで」的にね。遡ることができないので推定でしかないが、ありがたい。

また、誰かのブログで取り上げていただいたらしく、そのブログへ遡ることができた。

念願の「グレンロイヤル」を購入されたということだ。

服とか靴とかにお金を費やされ、欲しい欲しいと思い続けていた財布の購入のキッカケがなく、今まで延び延びになっていたそうだ。

インポートブランド、国内ブランド、ほとんどのブランドが羅列され、その各々のブランドへの思いが綴られていた。

拝読していて楽しかったが、何時「素敵快適ドットコム」が出てくるのか、「ここで買ったよ」という言葉を読むことができるのか、期待にワクワクしながら読んでいた。

グレンロイヤルを購入したいと3〜4年思い続けてこられた方が、素敵快適ドットコムで購入されたと書いてあれば素敵なことでしょ。やりがいのあることじゃん。

最後のほうに


「SHIPSで買った」


えっ、おいおい、なんで、、、じゃ、、、しどろもどろで、ガクッ

と同時に、楽しいオチに思わず大笑い。近くにいたスタッフにも紹介してしまった。

んで、ウチのアクセスログにある足跡は何?

と、そのブログを読み続けていくと、

素敵快適ドットコムからの抜粋」と、ようやく素敵快適ドットコムの文字が現れ、その後には、グレンロイヤルの紹介分が綴られていた。

「そうかぁ、引用されてたんかぁ〜」

と、ありがたくなったので、ガクッとなったことも含めて、コメントを書こうとしたが、コメントもトラックバックも用意されていなかった。


   



新着エントリ


カレンダ
2017年5月
 
27
28 29 30 31      

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (99)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (17)

アクセスカウンタ
今日:3,041
昨日:4,467
累計:7,930,172