【六代目1444】メルセデスベンツSLK350

ishidasについて

2015年08月07日(Fri)▲ページの先頭へ
◆お気に入りのロケ地・R171(SLK350) in 牛岳温泉スキー場
”そして誰もいなく・・・・・・いなきゃいいけど」と願いながら、オフシーズンの牛岳温泉スキー場へ行った。ん十年前のスキー三昧時代には何回か滑ったスキー場ではあるが、最近では、それ以上にオフシーズンに来ている気がしてます。

お天気が良いとなれば、牛岳温泉スキー場のテッペンから立山連峰を観にいったり、富山湾などの下界を観にいったり・・・と。それよりなにより、私にとっては、R171(SLK350)のロケ地としてお気に入りのスポットです。


ゲレンデの中腹を横切るゲレンデ内の道路の真ん中に停めると、背景が、青空も含めた富山湾や富山平野になるんです。道路が写らないように工夫して撮るとカッコイイんですぅ。

雪が降る前の12月上旬だと、人工造雪機が造った盛り塩を巨大にしたような人工雪の山が、上から下へ幾つも並び、それを背景にして写真を撮ったこともあります。多分、この”のブログ”でも紹介させていただいたかと。

R171(メルセデスベンツSLK350)とパラグライダーと雲

今回は、ゲレンデの途中の道路じゃなく天辺まで上ってみた。「誰も居なきゃ良いけど・・・」という願いは無残(笑)にも打ち砕かれた。パラグライダーのチームが飛びまくっていた。

立山連峰などの景色を一通り眺めた後、駐車場から草むらに移動した。クルマの撮影に、足元がコンクリートより草のほうが味わいがあると思ったからです。ただ心配なのは、地面が柔らかくスタックすることだった。一応、自分の足で”大丈夫そう”確認した。万一、スタックしたって、パラグライダーの連中がこんなに居るんで押してもらえる(笑)


草むらに停めパシャパシャ、アーデモナイコーデモナイ素人考え休むに似たり的に撮り捲くる。撮っていると、パラグライダーの人が気を使ってくれるので「どんどん入って。入ってもらったほうが嬉しいっ・・・と」

とはいっても、私のシャッターのタイミングの悪さとか連写を使わなかったせいもあり、パラグライダーを綺麗に撮り込めたのは少なかった。飛び立つ前の草むらに広げられているキャノピーは、写真で見ると”温室”というか”畑のビニールの覆い”にしか見えなかった(汗)

オープンのR171(SLK350)から、雲と富山平野を眺める

なんだかんだやっている時に、聞き慣れた声が聞こえてきた。「おっ、ひょっとしてあの人のチーム?」と声の主を目で探す。

「みぃ〜っけ」パラグライダーをやっているご近所の人だった。邪魔しないようにしながら、話しかけてみると「牛岳を根城にしている」ということだった。「えっほんと?、今まで遭遇したことないね」「その時は、菅平かどっかへ遠征してたときだろ」と言いながら、どっかへすっ飛んでいった(笑)


ちなみに、この牛岳で撮ったR171(SLK350)がピクスタで何枚か売れている。どんな風に使われているんだろうと気にもなるが、わからない。が、それとは関係なく、今後はピクスタをはじめとする写真素材サイトに出品登録するのは止めようと思っています。

というのは、始めている「北陸ストックフォト」で”ここでしか入手できない写真素材”というキャッチフレーズも付けたいという器量の狭い了見からでゴザイマス、あはは。



【北陸ストックフォト】
【R171in牛岳-1】青空の中で雲とパラグライダーを眺めながら(6枚)
 http://www.stones.jp/a_toyamashi/r171_ushidake10bt03_01.html


【北陸ストックフォト】フォト・ポストカードの高品質写真素材


ポストカードどころかA3〜印刷にも対応する高品質写真素材が・・・格安価格

・ホテル・旅館などの宿泊施設では、御礼ポストカードに
・自動車販売店では「車検のお知らせ」ポストカードに
・残暑お見舞い・・・など時候のご挨拶に

オシャレなフォト・ポストカードは、店名やホームページアドレスも覚えてもらい易いと好評です。


2014年10月28日(Tue)▲ページの先頭へ
◆白木峰の夜の林道でパンク。暗闇と空気の無い応急用スペアタイヤに戸惑い、JAFを呼ぶ
「ガッシャッ、プシュー」何かに衝突したような大きな音が、オープンエアの車内に響いた。「ナ、ナニがあったんだっ?」と訳がわからなかったが、とにかく富山市大長谷・白木峰大谷林道の路肩に停止した。

走行中に、黒く見えていた場所に歩いて戻ってみた。路肩っていうより道路が損壊し、無くなっているアスファルト舗装のギザギザになった切断面が露出し、10数センチの深さで窪んでいる部分が、道路側に50センチばかり張り出していた。


遅めの午後から、富山市大長谷・白木峰大谷林道の終点の白木峰登山口駐車場まで上り、紅葉を楽しみ、暗くなり始めた頃に下山している時だった。林道は、脇の崖などからの湧水などで濡れている箇所が多く、夜になると黒くなって見える。

この場所に差し掛かった時も「濡れているだけ」と判断して走行していた。夜の林道ゆえ、どんな動物が林道に出てきているかもしれないので、スピードは落としていた。それほど路肩に寄った走行でもなく、一車線の真ん中近くを走っていたが、いかんせん一車線。張り出した損壊部分の窪みに落ちたことになる。

助手席側前輪タイヤがパンクしたR171(SLK350)

今年5月に履いたばかりの助手席側前輪タイヤがパンクしていた。車体に損傷はなさそうだ。こんな一車線の真っ暗な林道でタイヤ交換ってのも・・・と思ったのと「もうそろそろ麓の辺りだろ」というおぼろげな土地勘から、麓にある大長谷温泉まで多分500〜800メートル余りのような気がしたので、パンクのまま引っ張ることにした。


大長谷温泉の入口辺りに停めタイヤ交換を始めようとトランクを開け、応急用スペアタイヤを取り出す。長い間R171(SLK350)に乗っているけど、応急用スペアタイヤを目にするのは、二度目くらいなものです。

R171(メルセデス・ベンツSLK350)の応急用スペアタイヤ

(いかに普段に確認をしていないか、汗)応急用スペアタイヤには空気が入れられていない状態だった。応急用スペアタイヤの下には、タイヤ交換のための工具類や電動エアポンプが、収納されていた。ヒューズ類もあるので、電動エアポンプを使うには、ヒューズ類をセッティングしなきゃならないのかとも思わせられた。


また、電動エアポンプだという箱には、どこにもホース類とかコード類が飛び出ていなくて、暗闇の中では、蓋がどこにあるのかもわからなかった。ほんとうのブラックボックスのように思えた。マニュアルをみようとしたが、車内の明るさでは、読む気にもなれなかったので、自分でタイヤ交換をするのを諦めた。

昔々は、4トントラックのWタイヤの内側のタイヤだって何回も交換しているのに、エアの入っていないスペアタイヤが恨めしかったが、そんなこたぁ、言ってらんない。18時頃にJAFに連絡をした。山ン中ゆえ、現場到着は1〜1.5時間後になるという。


「JAFが到着するまで温泉にでも入ってようか」とも一瞬思ったが、駆けつけてくれるJAFに悪いので止めた。大長谷温泉の経営者から「寒いから、館内で暖まっていなよ」と優しい言葉をいただいたが、外はそれほど寒くは無く、冷気が気持ちが良いほどだったので、星空を観ていることにした。

市街地と違って山の中で観る星空は、星の数も多く大きく輝いている。流れ星や天の川だってみえた。星座の見方を良く知らないが、カシオペア座らしきWの形の星座やYを逆さに傾けたような星座などを観ながら、ン十年振りで観る星空を愉しんでいると、約1.5時間後にJAFがやってきてくれた。

テキパキタイヤ交換作業中のJAF隊員

JAFのテキパキとした作業で、R171(SLK350)に応急用スペアタイヤが履かせられた。応急用スペアタイヤには「80キロまたは50キロで走行しろ」と大きく明記してあり「目立つっ」・・・・・・自宅に帰ったのは、21時を過ぎていた。


それにしても、お世話になることは無いほうが良いんだが、嫌な顔もしないで、あんな山の中まで来ていただけるJAFはありがたい、心強くなりますぅ。会員を続けていて良かったぁ〜!と思えた瞬間でもありました。

応急用スペアタイヤを履いたR171(SLK350)

そして、(あっては困るけど)次回から暗闇でも戸惑わないように、電動エアポンプの扱い方を覚えておこうと翌日確認すると、なんのこたぁない、故障以外はヒューズのセッティングは関係なく、蓋にみえない部分の蓋を開け、そのまま使えば良いらしい(汗)

んじゃ、後は灯りだ。いつもトランクに常備しているアウトドア用品の中に、ランタンとヘッドランプ(壊れてから購入していない)も加えておこうと思った。



※「ぶらり北陸発」では、「白木峰の大谷林道でパンクし、JAFを呼び応急用スペアタイヤを初めて使う」と題して、15枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/r171_slk350/puncture1410.html


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
ぶらり北陸発【ゆる鉄のまねごと】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/yurutetsunomanegoto/index.html

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/


【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


★ゆる鉄のまねごと【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)
【イシ・一写選】(ど素人カメラマンのいちおしw)のタイトル

--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
八方和田野の森
↑↑↑この写真に、2014年11月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年11月のカレンダーで、写真は、長野県白馬八方黒菱林道の入口にある「和田野の森」です。


2014年05月12日(Mon)▲ページの先頭へ
◆バースト寸前のため、GW期間中はR171(SLK350)を移動禁止にした
GWの予定をキャンセルせざるを得なかった。キャンセルとはいっても、第三者に迷惑を掛けたわけじゃない。自分のドライブ・プランを白紙に戻しただけだから。濁河温泉での滝三昧と温泉も、涙を飲んで「またネ」となってしまった。

とにかく連休初日の3日は、今追いかけてきた桜の新品種「シママチキクザクラ」が満開になったか散り始めたかの見届けを上市町でしてきた。その往復の一般道も、多少周りより早いスピードを出していた。


時間的なこともあり、「シママチキクザクラ」の状態を見届け後、自宅に帰り車庫入れをする。異音が聞こえてきた。昨年秋に替えようとしていた前輪タイヤあたりからのようだ。前輪タイヤは、後輪タイヤより磨耗が少ないため結構長く履いているので、経年劣化が起きてヒビ割れが生じているのは知っていたが、「もうすぐ冬だ。春になったら・・・」と延び延びにしていた。

前輪タイヤを、通常の斜め上からチェックしてみる。フェンダーの陰になっている部分は見えないが、見える部分は昨年秋の状況のままのようだ。スリップサインだって、まだ出ていない。

バースト直前のR171(SLK350)の助手席側前輪タイヤ

でも異音が気になるので、跪いてR171(SLK350)の下を覗いてみる。運転席側は、それほどの異常がみられない。助手席側に目をやると、、、「えっ、ウソッ」・・・・・・タイヤの内側に白い筋が何本も立っている。

手で触ってみた。ワイヤーが突き刺さってくる。トレッドの下のベルトの部分のスチールが露出してきたのだろう。一番下の層のカーカスだけで持っているってことかと、恐ろしくなってきた。・・・・・・そのカーカスも、だいぶ減っているのだろうと。

状態を知らなかったとはいえ、100キロ、高速ではスピードを抑えていたとはいえ150は出していた。この状態だったら、いつバーストしたって可笑しくない。背筋が寒くなってくる。


新品タイヤったって、後輪とはサイズが違うが同じブランドのミシュラン225/45R17/MOという扁平タイヤ(R171標準タイヤ)となると、店頭在庫があるわけがない。取り寄せになっちまうが、連休中には無理だろう。今まで乗っていたとはいえ、知ってしまうと怖くてたった1キロだって乗りたくない・・・・・・GWのドライブ・プランは完全に白紙に戻さざるを得ない。


自業自得とはいえ「なんてこったいっ」の世界が広がった。「オイラからクルマを、ドライブの無い連休なんて、地獄だっ」


GWの4日間はお天気も悪いためドライブに出かける気にもなれず、ある意味お天気に慰められた感じになったが、それでも少し晴れ間が見えてくるとウズウズしてくる。駐車スペースの関係で、昨年9月だったかに、ボルボV70Tから乗り換えたトヨタ・ヴィッツをクマヨメから借りて、近辺をチョイ乗りをしてくるだけにしていた。

ドライブ・プランは完全になくなり、ヴィッツのチョイ乗りだけのGWになった。気持ちは完全にめげていたが、それでも、そこそこ面白いGWにすることが出来た、あはは



※「ぶらり北陸発」では、「バースト寸前まで気付かなかったR171(SLK350)の助手席側前輪タイヤ」と題して、03枚の大画像とグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/r171_slk350/fronttire1405.html


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル情報】
▼いつでも「ギフト包装無料サービス」ですっ
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト包装無料サービス


--------------
※「
車趣味人御用達空間【ストーンズ】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/enjoy_carlife/

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

◎トップページでは、820ピクセルの大画像の「路面電車・万葉線の真っ赤なアイトラム(低床車)・富山県高岡市」が走っています。
【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
シャクナゲ寺とも呼ばれる富山県朝日町の護国寺庭園は、見事なシャクナゲで溢れていました
↑↑↑この写真に、2014年06月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年06月のカレンダーで、写真は「シャクナゲ寺とも呼ばれる富山県朝日町の護国寺庭園」です。


2014年01月11日(Sat)▲ページの先頭へ
◆コークグラスの外側の水滴が凍った
「富山市に大雪警報が発令されました」というようなメッセージが、石川県をエリアとしている北陸朝日放送の番組中に流れたのは9日22時過ぎだったが、このときの小杉は雪がチラチラしていただけだった。

たまたまその時間頃に富山市に出かけていたクマヨメに「大雪警報が発令されたっていうけど、どーよ」と尋ねると、歩道は薄っすら白くなっているけど、車道は濡れているだけでもちろん積雪は無い。降っている雪もチラチラ・・・・・」ということだった。

雪模様の手造り水漏れ池の水面

10日朝に庭に出て見ると、手造り水漏れ池の表面に2〜3ミリの氷が張っていて、その上に薄っすら雪が模様を描いている。池の表面に氷が張っていると、棲んでいるヒメダカに影響を与えやしないかと、必ず氷を割って水面を出す。

前から見た1月10日の砂糖を塗したように雪を被るR171(メルセデスSLK350)

クルマも、砂糖菓子のように薄っすら雪化粧をしている。雪が薄すぎて積雪量なんて測れやしない。リモコンキーを操作すると、ドアロックが解除になったが、ドアは凍りついている。無理矢理開けると、ゴムシールドがドアガラスにくっついてきたりして壊してしまうので、ドアを開けるのを諦める。

横からみた1月10日の砂糖を塗したように雪を被るR171(メルセデスSLK350)

東北地方の支局に勤務している娘のクマコから連絡が入った。支局に勤務する先輩方は県外どころか雪の降らない地域の出身のようで、クルマのバンパーにツララが出来ているということで驚いていたとういうことだった。

クマコも驚いているのを見た先輩から「やはりバンパーにツララが出来るほどって、凄いよなぁ、驚くよなぁ」と声を掛けられた。クマコは「先輩、あの、そうじゃなくて、バンパーにツララが出来ていることに驚いている先輩方に驚いているんです。冬なら日常茶飯事じゃないですかぁ」と応えたそうだ。

そして「雪が降るまで積もるまでが寒さが厳しくて、雪が降ったり積もれば暖かくなる」というと、雪国生活の経験が少ない先輩方は「信じられない」という反応だったそうだ。


NHKのお昼のニュースでは、四国の松山にホワイトアウトかと思うくらいに雪が降り、ココより多い積雪の画像が流れていた時、目を疑った。ここ小杉は、粉雪がチラチラ舞っている程度でもちろん積雪はない。普段、雪が降らない地方に雪が降って、どんだけ降っても可笑しくない地方に降らないってのは、やはりナンかおかしい。

雪が降らなくても、寒さが厳しい。21時に、いつものように、ブロック氷でギンギンに冷やしたハイボールをチビチビ飲りながら二階の寝床に入り読書タイム。いつのまにか眠ってしまっていたようで、22時半過ぎに目覚めて、枕元のハイボールが入ったコークグラスを手にすると、感触が可笑しい。爪で引っ掻いてみると、コークグラスの外側につく水滴が凍っていることに気付いた(笑)

私の部屋にはストーブがあるが、今シーズンは、まだ一回も点けたことがない。自分の体温で暖めた布団の中が一番暖かいからです。だから冷えた室温で凍ってしまったのだろう。

約10センチの積雪のR171(ベンツSLK350)

11日朝は、クルマの上に10センチていどの積雪があったが、昨日の朝のように凍り付いてはいなかった。今日も断続的な降雪になるようだが、朝の積雪も融けてしまい、新たな積雪は現在のところみられません。


〜〜〜〜〜〜

★【ストーンズ・スタイル:イベント情報】
▼「ギフト&プレゼント包装代金無料サービス」開催中
【ストーンズ・スタイル】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス
・期間:2013年12月26日(木)〜2014年02月17日(月)09:59迄

--------------
※「車趣味人御用達空間【ストーンズ】」は、少しずつ充実中ですっ
 http://www.stones.jp/enjoy_carlife/

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

◎トップページでは、820ピクセルの大画像で2014年1月7日の立山連峰を掲載しています
【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/

★【ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー】カタログ
ノイ・インテレッセ:ハイブリッドレザー・カタログ


--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
新潟県糸魚川市ヒスイ峡の明星山
↑↑↑この写真に、2014年02月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2014年02月のカレンダーで、背景の写真は、新潟県糸魚川市ヒスイ峡の明星山です。


2013年10月05日(Sat)▲ページの先頭へ
◆0.1%の可能性だって応募しなくちゃ生まれない(汗)
籤運が悪く・・・というよりまるっきり無いことを今までの長い人生で自覚させられているので、「抽選」と聞いただけで応募するのを諦めてしまう始末のオイラ(汗)

メルセデスのオーナー限定プレゼントなどで「ワイパー無料交換クーポン」とか「無料点検サービスクーポン」なんかを始めとして、なにかの機会に応募しているが、当たった試し無し(号泣)

ワイパーも寿命がきて固くなっているため、動かすたびにゴゴゴッというような嫌な音を立てているので代えたかったが・・・・・・まだ使っている(苦笑)


そんなアッシが購読しているメルセデスのメールマガジンで「メルセデス・ベンツ純正バッテリー無料交換クーポン」プレゼントが案内されていた。

----------------
 「My Mercedes 会員でキャンペーンに応募された方から抽選で20名様に「メルセデス・ベンツ純正バッテリー無料交換クーポン」をプレゼント。
 エンジンのかかりが悪い、パワーウィンドウの動きが遅い、このような場合はバッテリーの劣化が考えられます。ぜひこの機会に交換を!」
-----------------

「エンジンのかかりは、まだ悪かない」「パワーウィンドウの動きは、まだ遅かない」けどけどけどぉ、昨年の車検で、ディーラーじゃないけど車検を任せている自動車会社から「バッテリが弱くなっていますよ。交換したほうが・・・」という指摘を受けている。

「バリオルーフの開閉が、エンジンを掛けながらだったら問題なく出来るけど、エンジンが掛かってない状態の時に、少し離れたところからリモコンで出来なくなっている」とか他でも一、二心当たりがあり、自分でも「そろそろ交換時期だよね」と思い続けてはいるけど「エンジンの始動が良いんでね」で、交換を延ばし延ばしにしてきて一年半以上経っている。


ほんとうにエンジンの掛かりが悪くなってきたら交換しようと思っていた私の前にニンジンをぶら提げてくんだもんなぁ。イジワルだなぁ。どっかから見てるのかなぁ。

めっちゃ籤運が良く、夫婦でアメリカ(のどこだったか忘れた)を旅行してきたり、大型商品が当ったりしている友人に応募してもらおうかとも考えてしまうけど、友人はメルセデス会員じゃないし。この際、オーナーじゃなくてもなれるメルセデス会員になってもらおうかとも(笑)


その「メルセデス・ベンツ純正バッテリー無料交換クーポン」のキャンペーンタイトルを読み、最近の社会事情に合わせて言葉遊びをしてみた。

どこかの地域の駐車場の駐車料金は「一日500円」を謳いながら5日間停めると、駐車料金は2500円じゃなく、計算方法は忘れたけど「倍以上の料金となる」というニュースが報道されていた。最初の一日だけが500円で二日目からは料金の計算方法が違ってきて「倍以上の5000円以上」になるらしい。

また24時間800円ポッキリと提示してあっても停めた時から24時間じゃなく、途中で日にちが変われば新たな計算となってしまい「結局1600円になってしまう」という駐車場もあるらしい。


そんなニュースを読んで二、三日しか経っていないんで、「メルセデス・ベンツ純正バッテリー無料交換クーポン」の言葉に、

「バッテリーの交換手数料だけが無料になるクーポンだったりして」と、メルセデス・ベンツさんに悪いが穿ちすぎながら言葉で遊んでみたが、こんな遊びは気持ち良くない。

「応募しなくっちゃ、0.1%の可能性だって生まれてこない」という欲な声に背中といわず全身を突き倒されるように押されて、0.1%の籤運さえ持っていない私も応募してみようかなという気持ちになってきた。


〜〜〜〜〜〜

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、ノイ・インテレッセ:シャッテン・シリーズ<全7アイテム>です。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/
【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
白木峰山頂付近(富山市八尾町)
↑↑↑この写真に、2013年11月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年11月のカレンダーで、背景の写真は、長野県「白骨温泉」の温泉ではなく、湯川が流れる随通し(ついとおし)付近の渓流です。


2013年09月20日(Fri)▲ページの先頭へ
◆黄ばみ汚れ過ぎたR171のヘッドライトレンズのクリーニング&コーティングをする
「なんとかしなくちゃいけないナ」と常々キュートな胸を痛めていた。私の相棒のR171(SLK350)のヘッドライトレンズが、二年前あたりには黄ばみ凄く汚れてきていた。一度、ディーラーにオイル交換で持ち込んだとき「ヘッドライトレンズのクリーニング&コーティングは、いかがですか?」と勧められたこともあります。

「作業にどれくらいの時間を要するのですか?」と尋ねると、「丸一日。出来れば夕方に持ち込んでいただいて、翌日の夕方にお渡しできます」とのことだった。

「丸一日かぁ〜」オイル交換のように小一時間待っているだけで完了となるものなら持ち込みやすいが丸一日になると・・・ディーラーが近いとはいえ持ち込み難さというか面倒臭さが表立ってくる。そんなんで、そのサービスを紹介されてから、利用しないまま二年近く経過してしまった。


が、エアコンのコンプレッサーが故障してしまって交換となると、持ち込むのが面倒といってはいられない。エアコンのコンプレッサーの交換には、三時間くらい掛かるとのことだったので「それなら、ヘッドライトレンズのクリーニング&コーティングもしてください」とお願いした。但し、条件をつけて・・・。

汚れ過ぎたR171(ベンツSLK350)のヘッドライトレンズ

ヘッドライトレンズのクリーニング&コーティングは、基本的には外側だけの作業となるらしい。ヘッドライトレンズの内側に細かい水滴が付いている場合も多くみられるので、内側も汚れていることが考えられる。

いくら外側を綺麗にしたって内側が汚れていたら、クリーニング&コーティング効果は半減となってしまうので、コーティングをやった意味がなくなってしまう。


ヘッドライトは密閉されているとかで、内側のクリーニング&コーティングはできないらしい。密閉されているのに”細かい水滴が生じる”のは、何かの拍子に密閉状態が保てなくなったのだろうか。もし、どうしても内側の汚れが気になるんだったら交換となるらしい。

今まで、黄ばみ凄く汚れていた状態を長く続けてしまった私にとって、内側の汚れなんぞ屁でもない(笑)

付けた条件とは「ヘッドライトレンズの内側の汚れが酷く、外側のクリーニング&コーティングをやっても効果半減になるようだったら、クリーニング&コーティングはしなくても良いです。汚れたまんま乗るか、我慢できなくなったらヘッドライトを交換します」というものだった。


前日の夕方にクルマを持ち込めば、エアコンのコンプレッサーの交換、ヘッドライトレンズのクリーニング&コーティングも終えて、翌日の夕方に出来上がるとのことだった。コンプレッサーの部品が届いたというので、金曜日の夕方に持ち込んだ。

「お渡しは土曜日の夕方とお伝えしていましたが、できれば月曜日になりませんか?」という要請があった。なんでも、ヘッドライトレンズのクリーニング&コーティングの乾燥作業に出来るだけ時間を掛けたいとのことだった。

挟んだ日曜日に、エアコンが効きヘッドライトレンズが綺麗になったR171(SLK350)でのドライブが出来なくなったが、私は、快く承諾した。なぜなら、代車がおむすびコロリンと勝手に名付けた「スマート・フォーツークーペmhdパッション」だったからです。


土曜日に数キロだけ「スマート・フォーツークーペmhdパッション」で走ってみたけど、その楽しいのってなんのって、すぐには手放せない(笑)。代車だからといって、他人名義(ディーラー)のクルマをあまり乗りまわしたくない私にとって、乗らなくても楽しさが伝わってくるので、傍において置くだけでいいので、もうしばらく一緒にいたかったということもあります(笑)

そんで日曜日は、やはりほとんど出かけずスマート・フォーツークーペmhdパッションで片道4キロ程度の本屋へ行ってきただけだった、あはは。

クリーニング&コーティングを施工されたR171(SLK350)のヘッドライトレンズは、ピッカピかに輝いていた。



※「ぶらり北陸発」では、「汚れと黄ばみのR171のヘッドライトレンズのクリーニング&コーティングをする」と題して、03枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
http://www.stones.jp/r171_slk350/r171headlight1309.html


〜〜〜〜〜〜

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、多分「ムクゲ」のピンクの大きな大きな花です」です。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/
【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
白木峰山頂付近(富山市八尾町)
↑↑↑この写真に、2013年10月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年10月のカレンダーで、背景の写真は、白木峰山頂付近(富山市八尾町)です。


2013年08月13日(Tue)▲ページの先頭へ
◆今のところ原因不明。R171(SLK350)のエアコンが一足早くお盆休みか(笑)
とうとうお逝きにあそばせたかと、R171(SLK350)をディーラーに持っていった。昨日も今日も全然エアコンが効いてくれなくて「ガスが無くなっちまったのかな。今までだって、エアコンの回転にムラがあったようにも思えたので、ガスが無くなってしまっただけじゃないかもーーー」という懸念を持ってもいた。

以前というか大分前からその兆候はみられたが、いかんせんオープンにしていると「慌てなくてもいいか。地球を冷やすわけでもないんだから」と、チェックのためにディーラーへ持ち込むことを一日延ばしにしていた。

連日40度超え、昨日にいたっては41度という四国の四万十ほどでもないが、ここ数日、猛烈な暑さが富山にも襲ってきていて「まだ雨が降らないから、冷えなくてもそれほど気にならないけど・・・」と、雨が降った時を恐れていた。降ったら、ルーフを閉めてエアコンを掛けなくてはならなくなる、その時に冷えなくては困る。


明日から、ストーンズも夏期休暇に入るし、一日二日は何処かへ行きたい。出かける前にディーラーでガスを入れてくるかと、お盆休暇体制に入っていて、スタッフも当番だけという少なさだろうディーラーに「ガスをいれるだけだから・・・」と16時過ぎに持ち込んだ。

メルセデスベンツ富山で冷たいサービスはありがたい

サービスで出された、冷蔵庫から出してきたばかりです位の冷たぁ〜〜〜いオシボリが気持ち良いし、アイスコーヒーが喉を潤してくれる。カー雑誌を読みながら、エアコンのガスが充填されるのを待つ。

担当者がやってきて、チェックシートを見せながら「メモリーには、云々かんぬん・・・」という説明がなされた。メモリーが示すのは、今は異常じゃないけど過去に異常になった時もあるということを覚えていてくれる優れものだ。


「ガスは減っていないようだけど、ディーラーに持ち込まれたときには、コンプレッサーがオフになっていた。それで冷えなかったようだ」ということになった。昨日だって、全然冷えなかったことや、今までだって、冷えるときと冷えないときがあったなどを伝える。

「今は冷えるようになってはいるが、コンプレッサーが、どうしてオフになったかの原因ををテスターをかけて調べなくてはならないんで、時間が掛かる」ということになった。

スタッフが当番しかいない時に、時間がかかるテスターでのチェックをしてもらうのも迷惑を掛けるだけなんで、ディーラーが通常営業の体制になってから、あらためて持ち込むことにした。

今度持ち込むまでに、コンプレッサーがオフにならないことを祈ってディーラーを後にした。帰路は、送風口から冷たい空気が吹き出してきて、地球を冷やし始めていた。


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」のイメージ画像は、多分「ムクゲ」のピンクの大きな大きな花です」です。
http://www.style.stones.jp/


--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/
【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html
【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html
【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html
【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html
【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html
★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


--------------
【ぶらり北陸発】北陸を愉しむ、日本と遊ぶ
 http://www.stones.jp/

--------------

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
乗鞍高原「三本滝」(長野県)」
↑↑↑この写真に、2013年09月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年09月のカレンダーで、背景の写真は、乗鞍高原「三本滝」(長野県)です。


2013年05月03日(Fri)▲ページの先頭へ
◆仕事だってハレの日にしてくれるオープンのR171(メルセデスSLK350)
昨日のご注文商品で、あいにく当店に在庫が無くメーカーに在庫があったため、いつものように補充分と併せて発注した。

その場合に、メーカーは休み明けの配達日を指定してくれるので、これ又いつものように発送日の翌日つまり今日3日のターミナル止めで依頼する。配送業者の配達は、配達時間が遅い場合もあるため、待っているといつ公休出勤が終わるかわからない。ターミナル止めにしたほうが、時間の割り振りが明確にできる。

ターミナル止めにして、公休出勤をしても翌日に荷物を受け取ったほうが、お客様に一日でも早くお届けできる。


で、配送業者のターミナルへ荷物を受け取りにいくのに、荷物が積みやすいボルボv70にするか、ほとんど積めないR171(SLK350)にするかチョイ迷ったが、お天気も良いので「やっぱりR171(SLK350)をオープンにして行くべきでしょ」となった。

R171(メルセデスSLK350)のルーフを格納したトランク

が、オープンにするってことは、トランクにルーフが格納されるために、トランクの開口部が狭くなる。今日の荷物は大き目のもありトランクに入れられないだろうと思いながらターミナルに向った。


ルーフを格納したトランクの開口部は約17〜18センチしかない。ターミナルで荷物をみた途端「トランクに入んねぇや」と判断し、荷物を助手席に置いて帰ってきた。ちなみに荷物の高さを計って見ると24〜25センチあった。

助手席は、人を乗せるためのものではなく、ドライビングバッグやカメラを置いておくスペースだと思っているので、大事な荷物を乗せたって違和感はない、、、と思える。

大事な荷物はR171(メルセデスSLK350)の助手席に

荷物の受け取りのためのターミナルの往復とはいえ、オープンにしているために、日常業務がハレの日になった如く楽しさアップした。何年経っても、この楽しさに慣れることもなく、そのたびにワクワクしてくる気持ち良さは変わらない。

本日の発送業務を終えたら、お昼近くになるかと思う。それから、町のバーベキューに参加しよう、ってか、することになっている(笑)


--------------

★【いつも ありがとう】をつたえる
【父の日】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス:実施中
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【父の日】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス
・【期間:2013年05月01日(水)09:30 〜 2013年06月17日(月)16:59】


--------------

※「ストーンズ・スタイルのトップページ」では、気品が溢れ優雅なシャガが大きく咲いています
http://www.style.stones.jp/

--------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
剱岳と富山空港に着陸体勢の全日空機
↑↑↑この写真に、2013年06月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年06月のカレンダーで、背景の写真は、剱岳と富山空港に着陸体勢の全日空機です


2013年02月01日(Fri)▲ページの先頭へ
◆悩ましい4輪駆動とR171(ベンツSLK350)とSLRマクラーレン、そしてENGINE3月号
思う存分にクルマ生活を愉しんでいる特集がされていると、ついその雑誌を買ってしまうんです。他人のカーライフを覗き見させていただき、愉しさのお裾分けをいただき、今まで知らなかった愉しみ方を発見というか教えてもらえるかな、、、と。

でも、ENGINE3月号(エンジン)の特集は「”ジキルとハイド”な2台持ちの男たち」(サブタイトル:人はなぜまったく性格の違う複数のクルマに魅せられるのか)というものだったので、買うのをどうしようかともチラッと思った。なぜなら、2台持ちの特集ってよくある企画なんで、困ったときのナントカっぽい面もなきにしもあらずかなぁ〜と穿う面も(笑)


で、書店の店頭でページをパラパラ捲っていると、R171(ベンツSLK350)の写真が目に入ったので、即購入することを決定。他のカー雑誌、今野敏氏の最新の文庫本と一緒にレジを済ませていた。

ENGINE3月号

寝床で、ENGINE3月号(エンジン)を読み始める。

書店の店頭でパラパラした際にR171(SLK350)だと思った写真は、R171じゃなく兄貴分というか親父分のSLRマクラーレンだった、残念。R171とSLRマクラーレンのフロントエンドは、ほんとに良く似ている。同じシリーズかと思ってしまうくらいです。


SLRマクラーレンは、2004年から生産が開始されたメルセデスのフラッグシップカーで、スーパーチャージャー付き5.4L/V型8気筒SOHCエンジン(626ps/79.5kgm)のスペックを持ち、

我がR171(ベンツSLKクラス)は、2004年から生産開始されたライトウェイトスポーツカーというかロードスターで、SLK350で3.5L/V型6気筒DOHCエンジン(272ps/35.7kgm)で、SLK350の購入時にチョイ迷った末「日本に、この排気量は要らないだろう」としたSLK350の兄貴分のSLK55/AMGは、5.4L/V型8気筒SOHCエンジン(360ps/52.0kgm)のスペックとなっている。


スペックや価格的に大差ありすぎるSLRマクラーレンとR171だが、フロントエンドデザインが、どっちがどっちに似せたというわけでもないだろうが、やはりSLRマクラーレンにR171が似せたんだろうと思われます。大きいものに叶わないもの(笑)

R171(SLK350)の購入時には、SLRマクラーレンにフロントエンドが似ている、そっくりということは露知らず、他のベンツに共通するフロントエンドとは遥かに違う、走行中でも遠くから見てもベンツではなく車種であるR171だと認識でき、そして優雅、気品で選んだ次第で、SLRマクラーレンに似ていると知った時は、痛し痒し苦笑い「メルセデスのフラッグシップカーだから、許してやるか」とまで、思ったくらいです(笑)


そのSLRマクラーレンを所有している人は、他にスーパーカーを中心に合計9台を所有しておられるという。9台という台数と内容に驚きながらも「コンディションの維持が大変だろうなぁ〜」と思った。

私も今まで、(クマヨメが乗っているクルマは別にして)クルマの2台持ちを良くしていた。大型セダンと4輪駆動のワゴン、国産スポーツカーとかワンボックスとか、とか、いろいろな組み合わせで。

その時に、一番気を使ったのが、乗らないことによるバッテリー上がり、動かさないことによる各部分の痛みなどなどで、意識的に乗り回していた感があります。最近では、R171(SLK350)とプジョー206XTプレミアムとボルボV70(クマヨメ)かなぁ。

クルマを通勤に使っているのなら、それほどの大変さでもないんだけど、職住近接歩いて一分だから、わざわざ乗らなきゃいけないということになったりして。


そんななのに、またまた「もう一台欲しいなぁ。4輪駆動で小さいのを」となっています。R171で入れない狭く荒れ果てた林道を走ってみたいとか、スノーシューを履いてウィンターフィールドを徘徊してみたいとかの欲望が増大化してきているんです。

ただ、未だに実行せずグラグラしているのは、林道入口までR171で。林道は小さい4輪駆動で。という大馬鹿、常識外れなことを考えたり、林道をR171をオープンにして森林浴というかグリーンシャワーを浴びながら走るのが気持ち良いんだよなぁ〜、などなどをグダグダ考えたりしているからです。


そうこうしている内に、今春大学卒業のクマコが入社前にクルマを買うのが必須となっており、クマヨメの15年目に入ったボルボV70も、エンジンは良いんだけど各部にガタがきているんで、今年中に買い替えをしなきゃならない状況だし、、、

ってんで、R171(SLK350)に色褪せることなく魅了され続けているので、私の終の棲家、、、ちゃう終のクルマとして冥途まで持っていくことにしていて、オイラ個人の4輪駆動との二台持ちは、来年から再来年になりそうです。

それまでに、以前2台持ちしていた時のことを思い出し、ENGINE3月号(エンジン)の2台持ちの諸先輩達からいろいろ学び、もっと愉しいカーライフを続けていければなぁ〜と思っています。

4輪駆動の軽四トラックをカーキ色にするのも面白いかもなぁ〜とか、ダイハツ・ネイキッドもイイナァ〜とか、、、、、いろいろプランを・・・・・


----------------

★バレンタイン「気持ちが伝わる贈り物」キプリス、ブレイリオ、逸品のストーンズ・スタイルです
ストーンズ・スタイルでバレンタイン「気持ちが伝わる贈り物」


★【ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト&プレゼント包装無料サービス・実施中

----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
無数のイノシシの足跡が春を描く利賀川河畔の雪景色
↑↑↑この写真に、2013年03月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年03月のカレンダーで、背景の写真は、無数のイノシシの足跡が春を描く利賀川河畔の雪景色です


2013年01月05日(Sat)▲ページの先頭へ
◆木も池も凍る、R171(ベンツSLK350)も凍った1月5日
いやぁー、カキーンと冷えましたね。放射冷却現象絶好調ですねぇ。

寝惚け眼で窓の外を見ようとしても、いつのまにか擦りガラスまでにはなっていないが、それに近くなってました。結露というか窓の内側が凍ったんでしょう。その擦りガラスの向こうには、青空ぁあああーになってましたぁ


出勤準備を整え、毎朝の日課になっている手造り水漏れ池をチェック。当然、厚い氷が張っています。その氷を割り、少しだけ減っている分の水を補給してやる。

R171(SLK350)を見ると、やはりというか「あたりまえ〜」(体操はしない。面白くも何ともないもの)のように、内側が凍っていて白くなっている。

開錠してドアをそぉーっと開けようとすると、ドアゴムが凍りついていないようで、なんとか開くじゃありませんか。で、収まっているドアミラーも、ちゃんと開くんで改めて「へぇ〜」。自動なんで、もし凍りついていたらモーターが壊れるしかないと、よく思うのだが。


エンジンを掛けて、デフのスイッチを押してやる。噴出すエアは、まだ暖まっていないけど、それなりの効果を発揮してくれている。

正直、このR171(ベンツSLK350)のエアコンシステムには、よく考えられていて便利だと常々思っています。

R171(ベンツSLK350)のスイッチ類

国産、外車を問わず、今まで経験したクルマのエアコンシステムは、風量調節とエアの噴出し口を代えるくらいしか出来なく、フロントガラスの内側の曇りを取るために、エアの噴出し口をデフに合わせるしかなかった。・・・そうなると、足元が暖かくなりにくいということになってしまう。

が、このR171(SLK350)は、エアの噴出し口を代えるスイッチとデフのスイッチが別なので、足元を暖めながら、デフも起動できるようになっている。少しばかり音が大きくなるが、それは仕方が無い。

四つ並んでいるボタンの右から二つ目のボタンの外側を回転させてエアの噴出し口を代え、デフ専用のボタンは、内側のデフ・マークの部分になり、それを押してやればフロントガラスの内側に勢い良くエアが噴出されるので、すぐに曇りが取れる。ありがたい。


ちなみに、シートヒーターやシートの背もたれ上部にエアスカーフが付いているが、使わないことにしている。シートヒーターを使うほどレザーが冷たいと思うことは無く、またエアスカーフについては、私の座高が低いため、噴出される温風が首周りじゃなく後頭部になっちまうんで、ボーっとしてきてしまうからです(苦笑)

内側の氷をデフで融かす

さて、R171(ベンツSLK350)のフロントガラスの曇りも取れてきたようだ。

木が凍った

軒下辺りになる木は、屋根雪の雪解け水が当ったまま夜や朝に凍ったのか、氷に覆われていた。


----------------

★【ストーンズ・スタイル情報】

★【ご成人おめでとうございます】
【ストーンズ・スタイル】ご成人おめでとうございます


★【ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中
 http://www.style.stones.jp/gift/about_gift.html
【ストーンズ・スタイル】ギフト&プレゼント包装無料サービス・実施中


★「10,500円以上お買上げにつき、もれなくロディア(1冊)・プレゼント
 ・期間:2012年12月30日(日)〜2013年01月07日(月)
  http://www.style.stones.jp/
ロディアをもれなくプレゼント


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
上弦の月と剱岳・立山連峰・弥陀ヶ原
↑↑↑この写真に、2013年02月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年02月のカレンダーで、背景の写真は、上弦の月と剱岳・立山連峰・弥陀ヶ原(富山県)です。


2012年12月11日(Tue)▲ページの先頭へ
◆雪から掘り出すようなR171(ベンツSLK350)の12月10日の朝
夏タイヤで大変だったろうと思われる東海地方の降雪の9日前日に、ここ北陸は富山は射水市鷲塚は、富山市平野部より一週間ばかり遅れて初積雪となりました。


8日は、ウッスラとしてただけですが、9日の朝までに、10センチ弱の積雪があり、R171(ベンツSLK350)は、”いないいないばぁ〜”をしていました。

いないいないばぁ〜をしているR171(ベンツSLK350)

9日朝までの雪を、結果的にR171(SLK350)の簡易洗車のように、汚れと一緒に雪をぜぇ〜んぶ落とし、キレイキレイ状態にしておいたのですが、10日朝までの24時間くらいで、15センチ〜20センチ位の普通のシーズン的積雪になっていて、雪の重みで花が咲くように垂れたゴールドクレストの下で、R171(SLK350)は雪に埋もれていました、アハハ。

クルマの前の小高くなった雪は、除雪車が通った後の置き土産「雪の壁」です、雪塊なんで硬いんですぅ(泣)

雪の重みで垂れたゴールドクレストとR171(ベンツSLK350)

R171(SLK350)の助手席側のサイドには1998年ボルボV70を停めているんで、あまり雪が付いていませんが、運転席側に回ってみると、雪が垂れ下がっていました。積雪が15センチ〜20センチ位のなせる技です(苦笑)

R171(ベンツSLK350)の運転席側

クルマを動かす予定がなくても、出掛けにクルマの上の雪をすべて落としておきます。そうしないと、内側のガラス面が、結露というか細かい水滴で曇った状態になっちまうからです。そそんな風にならなくとも、落としておかないと気持ちが悪いという私の性分もありますが。

雪を落としたR171(ベンツSLK350)

R171(SLK350)の雪を落とし、ゴールドクレストに積もった雪の落とせる部分を落とし、お隣の赤い南天とかユズリハも、軽く落としてスッキリ小疲れして出社と相成りましたデス。


蛇足ですが、R171(SLK350)にあるまじきと思われかねない雪に覆われた状態の画像を、今まで載っけてきたからか、グーグルの画像検索にピックアップされている雪を被ったR171(SLK350)は、ほとんど私のデス(笑)

もっとも、福井県の龍双ヶ滝と一緒に撮ったのもありますけど・・・・・



※「ぶらり北陸発」では、「R171(ベンツSLK350)を雪の中から掘り出す(笑):2012.12.08-2012.12.10」と題して、14枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
 http://www.stones.jp/r171_slk350/snow121209.html


----------------

【あったかクリスマス】
▼「ギフト&プレゼント包装代金無料サービス実施中!!!

【ストーンズ・スタイル】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス

大切な人へ心を伝える贈り物

ストーンズ・スタイルが、心を込めてお手伝いさせていただきます。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山湾越しに観る新湊大橋と剱岳・立山連峰・弥陀ヶ原
↑↑↑この写真に、2013年01月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年01月のカレンダーで、背景の写真は、富山湾越しに観る新湊大橋と剱岳・立山連峰・弥陀ヶ原(富山県)です。


2012年12月04日(Tue)▲ページの先頭へ
◆映画のワンシーン並み?(笑)R171(MBslk350)と冬の並木
「もっとカッコイイ立山をっ」という飽くなき欲望に目覚め、立山連峰の頭に雲が掛かっているとはいえ、午前中より見えるようになってきた曇りの日曜日に、今まで立山を観たことがある場所以外で「眺望が良い場所」を求めて、ロケハン(ロケーション・ハンティング)に出てみました。


前日の土曜日は、昨日だったかのブログで書きましたように、ストーンズの会社がある小杉(射水市)では時雨れていたが、そのお隣の富山市では、3cm〜5cm位の積雪があったようで、ロケハンに出た日曜日の富山市は、路肩などに降雪の名残りが残っていました。

で、そのロケハンのことは、別の機会に書かせていただくとして、富山市及び近郊をアッチコッチ、ウロチョロしていたら、路地にカッコイイ場所を見っけぇーーーっ


この場所からは、方向も違い残念ながら立山連峰は見えることはありませんが、降雪で白い中に、ところどころ錆が浮き出たガードレールと並木、まだ降雪量が少ないために土の部分がラインになっていて、オープンカー、その上には、低い雲・・・・・すべてが相まって、

R171(メルセデスベンツslk350)と冬並木


 モノトーンの世界を創り上げ

 いいー味出しているかと自画自賛

 冬のソナタっていうか韓流ドラマっぽいイメージっていうかポエムのような・・・


、、、って言ったって、私は、冬のソナタどころか韓流ドラマの”は”の字も観たことがないから、あくまでも、韓流ドラマってこんなだろうなぁ、、、という勝手なイメージを、この写真に当てはめてみただけですが(笑)


なんにせよ、映画のワンシーンみたいだと思いません?・・・・・思ってくださぁ〜いっ

今度、この場所にカップルを連れてきて、それなりの雰囲気で撮影してみようかと思ってみたりして(爆)



※「ぶらり北陸発」では、「ドラマチックモノトーンの世界のR171(MBslk350)」と題して、1枚の大画像と似たようなグダグダ、そしてデータも書いています。
 http://www.stones.jp/r171_slk350/r171slk350_1212.html


----------------

【あったかクリスマス】
▼「ギフト&プレゼント包装代金無料サービス実施中!!!

【ストーンズ・スタイル】ギフト&プレゼント包装代金無料サービス

大切な人へ心を伝える贈り物

ストーンズ・スタイルが、心を込めてお手伝いさせていただきます。


----------------

【ストーンズ・スタイル】心にプレミアム・逸品専門店
 http://www.style.stones.jp/

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【グレンロイヤル】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/glenroyal/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html

★【ストーンズ楽天市場店
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/stones/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
富山湾越しに観る新湊大橋と剱岳・立山連峰・弥陀ヶ原
↑↑↑この写真に、2013年01月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2013年01月のカレンダーで、背景の写真は、富山湾越しに観る新湊大橋と剱岳・立山連峰・弥陀ヶ原(富山県)です。


2012年04月13日(Fri)▲ページの先頭へ
◆ENGINEのオープンエア賛歌と、ブリジストン・レグノ・エンブレムの広告にベンツSLKクラスが・・・
陽射しをいっぱぁーい引き連れて走りたくなるような良いお天気が多い昨今、5日だったかに、カー雑誌「ENGINE5月号」を買ってきた。

三代目SLKが発売され、二代目ベンツSLK350を含むSLKクラスが、カー雑誌の記事になることはほとんど無くなって久しいので、最近はほとんどカー雑誌を買うことは無くなっている。二代目SLKクラス以外のクルマの動向には関心が薄いし・・・。

ENGINE5月号

ENGINE5月号では、オープンカーの特集がされていて、本屋でパラパラパラしてから「こりゃ、読みたい」と感じたんで購入し、推理小説を読む合間に読んでみました。


当然、オープンカー賛辞でいろいろなオープンカーが取り上げられている。その中で、めっちゃ乗って見たいと思わされたのが、ルノー・ウインド・ゴルディーニだった。そりゃ、アバルトも可愛く早いし、BMWミニのロードスターも良さそうだが、ゴルディーニのスパルタンな威容に包まれて走ってみたい気持ちに駆り立てられてしまった。

ルノー・ウインド・ゴルディーニ、BMWミニ・ロードスター、アバルト

もっとも、上記三台の中でフルオープンはBMWミニ・ロードスターだけだが、ゴルディーニの威容を演出しているタルガトップだから、天井部分しか開かなくても気にはならないだろうと思う。


んで、何人もの自動車評論家などが、このオープン特集でオープンカー賛辞を書いているけど、その中の一文がどうにも気になった。

---------


「日本でオープンカーをオープンにして走っているのは、キャップを被った中年男子1〜2名と相場がきまっている。周囲の目は”あ、クルマ・マニアね」で終わりである。」

 確かに(笑)、雨や雪、槍も降っていなければ、短距離であろうとオープンで走っている私も、キャップではなくハンチングを被っている中年である(汗)そして、ハンチングは、後で縛っているロン毛が風で躍って運転の邪魔になるのを防ぐためという要素も強いので仕方がない。髪の毛が邪魔にさえならなければ、風に泳がせたいとも思うが、、、

「本人とて、乗せたくても乗ってくれる理解者が少ないから仕方なかろう」

 おいおい、そう決め付けなくたっていいじゃないか(笑)・・・綺麗なオネーサンなら仕方なく(ほんとか?)乗せるかも知れないけど、基本的に、助手席には人は乗せたくないという気持ちが私の場合は強い。

二人乗りは、一人で乗るものであり助手席は、バッグやカメラなどの荷物を置く場所と思っています。人を乗せてしまうと気を使ってしまう性質なんで、行きつ戻りつ勝手気侭なオープンドライブを愉しめなくなってしまうように思う、アハハ。


「家族で、子連れでオープンカー(四人乗り)に乗っていると、周囲の視線が猛烈に集まる。まだ日本では見られない、海外ドラマのような光景だからだろうか」

あはは”海外ドラマのような光景”って、思い込み過ぎか勘違いだべ。単に珍しいからだけだべ。ロードスター(2人乗り)なら街でよく見かけるけど、コンバーチブル(4人乗り)は、長い人生、日常ユースで見たのは、随分昔に富山でボルボのコンバーチブル、数年前に奥軽井沢だったかでBMWのコンバーチブル程度の2回くらいしかないほど普及していないから、コンバーチブルは珍し過ぎだべさ。

それに”海外ドラマのような光景”ってナンなのか良くわかんねぇし、古ささえ感じる思考に、昔ならいざ知らず今時、”海外ドラマ=子供や家族で乗っているコンバーチブル”ってこともないっしょ、アハハ。
---------

で、ユーザーの「走っていると雨が入ってこない」というのに、ウンウン頷きながら読み進める。でも、信号で停まった時には、雨が入ってくるんだよね。それも面白いけど・・・とも思いながら。


それにオープンに乗って気付いたことは、先日もオープンで走っていると「寒そう・・・」という声が聞こえてきたけど、冬のオープンは見ている分には寒そうに見えるかもしれないけど、乗っている分には露天風呂状態で暖かいんです。装備されているエアスカーフなんか使わなくとも。・・・エアスカーフの位置が高すぎて後頭部を暖めるんで使えないけど・・・

苦手なのは、夏の強く照り付ける陽射しですぅ。ジーンズの上から腿を陽射しが刺してくる、暑いを通り越して痛いんですぅ。でも、閉めない。晴れているので。だから、スキー三昧の時も使ったことがない日焼け止めクリームを顔などに塗るようになりました。


そして、ENGINE5月号を読んで国立へ走りたくなってしまいました。「倶楽部六六食房」のお店の前にならんだ五台のオープンカーがオーナーと一緒に、二ページ見開きで凄く楽しそうに写っているんです。それらの一風変わったオープンカー達を見に行きたくなってしまっているんです。


このENGINE5月号には、沢山のオープンカーが登場していますが、二代目SLKは見当たりません。昨年だったかから発売された三代目がいるから当然といえば当然ですが、一抹の寂しさを持ってしまいました。

が、その一抹の寂しさを吹き飛ばすような1ページの広告が、負け戦を一手で全てひっくり返して勝ったオセロの勝利者気分を与えてくれました。

ブリジストンタイヤ「レグノ・エンブレム」という広告に並んだ五台のクルマ。

ブリジストンタイヤ「レグノ・エンブレム」の広告

一番奥から「BMW、フェラーリ(多分)、ジャガー、二代目ベンツSLKクラス、ベンツEクラスあたりか」と並んでいます。

BMW、フェラーリ(多分)、ジャガー、二代目ベンツSLKクラス、ベンツEクラス

名前を上げた中に車種までハッキリわかるのは「二代目ベンツSLKクラス」だけ。私の知識不足かもしれませんが、他のクルマは、メーカー名だけで車種まではわからない。

このような一件も含めて、車種固有のアイデンティティにより、同じメーカーのクルマであっても、はっきり車種まで判別できるというのも、私が二代目ベンツSLKクラスが好きな大きな要因となっています。


これで、三代目SLKや初代SLKだったら、他のSLやセダン、クーペなどベンツのクルマとアイデンティティがほとんど似ているために、SLKクラスということすら判りにくいことだろうと思われます。

この広告にも後押しされるように、さらに、いつまでも乗って愉しみたい二代目SLKとなっています。


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2012年04月11日(Wed)▲ページの先頭へ
◆「WANTED」と大書した赤文字に釣られてメルセデスベンツのプレゼント企画に・・・
いくつか応募してきた。先日、久し振りにメルセデスベンツのオフィシャルサイトを覗くと大書された「WANTED」の赤い文字が眼に入ってきたが、クリックすることなくやり過ごした。

そして後日、新聞にメルセデスベンツの全面広告が掲載されており、オフィシャルサイトで見た「WANTED」の内容が書かれていたので「一応オイラもオーナーの末端にぶら下っているし、いくつか応募してみるか」と・・・。

オイラのslk350も、そろそろ車検が近くなっているので、購入店やディーラーからDMが届いているが、まだドコで車検を受けるかを決めていない。


「オーナーはもちろんのこと、クルマを愛するすべての方に嬉しいギフトをお届けします」のコピーの「WANTED」では、ベンツのオーナー対象のプレゼントや、オーナーじゃなくても応募できるプレゼントが用意されているようだ。

が、どちらにしても、ほとんどの場合は、オーナーで有る無しに関わらず、オフィシャルサイトで、メルセデス・ベンツ会員限定サービス「My Mercedes」会員登録をしなければならないのが多い。

そういえば昔、「なんか会員登録をした覚えがあるゾ」と思い出して、思いつくID(メールアドレス)やパスワードを入れるがログイン出来ない。登録をしてたボルボと勘違いしてたか、その後のサイトのリニューアルなどで「無効になっちまっているかだろうな」と考え、新規に登録し、応募の態勢を整える(笑)


まずオーナーでなくても誰でも応募できるプレゼントの一覧をみて、自分に合うかどうかを吟味


▼「F1グランプリ観戦付き「ドイツの旅」を抽選でプレゼント」(抽選)
 徹底的にくじ運は悪い私だが、くじ運の良い悪いをいう前に、自分のクルマで行けない所には興味は無い。これで、自分のクルマでアウトバーンを走らせてくれるというんだったら、応募し、お百度参りの願掛けをし、腕が伴えばアウトバーンでスピードオーバーで捕まってみたいんだが(私がボルボV70に乗っていた頃からの夢(笑)・・・・・というわけで、このプレゼントはパス、応募しない


▼「My Mercedes-Benz Magazine」プレゼント(全員)
 このオーナー専用誌メルセデスベンツマガジンは季刊らしいが、オイル交換などでディーラーへ行った時に、待ち時間などに読んでいて関心があった雑誌なので応募した。当ったって一年分とかじゃなく一冊だけだろうが、応募者全員に当るっていうし(笑)


▼「10万円新車購入サポートクーポン」キャンペーン(抽選)
 購入予定が無いんで応募はパス


▼「新型Bクラスオーナー体験」キャンペーン(抽選)
 むむむ、クマヨメが乗っているボルボV70も14年になるし、その後釜ということもチラッと頭を掠めたけど、今のボルボも音は五月蝿くなってきているけど棄てがたいしってんで応募はパス


▼「A,Bクラスの認定中古車をご成約の方に記念品をプレゼント」(抽選)
 購入予定が無いんで応募はパス。それにワイングラスを貰ったって、私にはワインがサッパリわからず苦手に近いんで・・・・・


んで次は「For Your Mercedes:オーナーのあなたへ」と称したオーナー対象のプレゼントへいく


▼「無償点検キャンペーン」(抽選)
 応募してから、点検内容をみると「ブレーキペダルの踏みしろ」「オイルの減り」とか「タイヤの磨耗」「ライト関係」とかとかの日常点検というか、車検の基本項目だけのようだった。経年劣化した各部品の交換時期などをリストアップしてもらえばいいのだろうが、多分別料金になるだろうなぁ〜


▼「更新地図ソフトプレゼントキャンペーン」(抽選)
 携帯やスマートフォンのカーナビのアプリのほうが最新地図に更新しやすいので「どうしようかな」とも思ったが、とりあえず応募してみた。純正カーナビに入っているのは、確か二年前くらいに購入したソフトだったように思う


▼「メルセデスベンツ車検/法定点検・ウェルカムキャンペーン2012」(抽選)
 キャンペーンじゃなく、私のSLK350の車検が近いのでDMがきてたけど、ドコで車検を受けようかと迷っている。現在、何の不都合もないので弄って欲しくないという気持ちが強いけど、ディーラーは、どうしても一手間二手間を加えてきそうで。

 それなら購入店で「ドコも弄らないで」と走る、停まる、照らすなどの基本項目だけを点検してもらって最低料金で車検を受け、その後に機会をみつけて、ディーラーで経年劣化などをみてもらう点検をしてもらおうかと思ったり・・・・・なので、応募はパス。


▼「特定リフレッシュメニューを割引価格でご提供」(抽選)
 対象アイテムというものを確認していないけど、応募はパスした。応募期間も長く設定されていたような気がしたんで、調子が悪いナと感じた時にチェックをして、対象アイテムであれば、泥縄式に応募するかも(笑)


で結局、くじ運が悪い私が応募したのは三件となった。

本は全員プレゼントだし、無償点検もディーラーへ足を運ばせるためのものだと思うから当りやすいかとも思うが、当っても使うかどうかはわからない。カーナビのソフトは「前述のように当ったら儲けもの。当らなくても携帯などがあるから不都合はない」程度のものなんで、


くじ運の強さを要求されるものは一件もない(爆)


これで、ヘッドライトの内側の汚れを綺麗にしてくれるサービスとか、好みのフロアマットにしてくれるとか、内装のカラーを変えてくれるサービスのプレゼントとか、テールライトというかリアランプを好みのものにしてくれるプレゼントとか・・・・・その類の楽しくなるようなプレゼント企画があったら、もっと真剣に応募するだろうな(笑)

もっとも、そんなプレゼント企画があったらイイナと思ってしまうのは私だけか、、、

私だけだろうなぁ(苦笑)


----------------

【キプリス】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/cypris/index.html

【ブレイリオ】製品一覧
 http://www.style.stones.jp/brelio/index.html

【ストーンズ・セレクション】
 http://www.style.stones.jp/stones_selection/index.html

【ワケ有りアウトレット】
 http://www.style.stones.jp/i_outlet/index.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【ストーンズ・スタイル】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・「キプリス、ブレイリオの皮革製品のストーンズ・スタイル」では、商品のお買上げ一回につき、一枚のストーンズオリジナルフォトをもれなくプレゼントをいたしております。
雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと光前寺参道の水仙
↑↑↑この写真に、2012年5月のカレンダーが入ります↑↑↑
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は2012年5月のカレンダーで、背景の写真は、雪をいただく駒ケ岳・中央アルプスと長野県・光前寺参道の水仙です


2011年06月15日(Wed)▲ページの先頭へ
◆有峰湖畔でガスカートリッジを・・・
とにかく緊急のミッションは、ガスカートリッジのガスを使い切ることだと、数ヶ月前から思い込み、今回の有峰林道ドライブにも自分に言い聞かせている。なにしろ、現在使っているガスカートリッジは、十数年前に購入したものだからです。

なんか古いガスだと気持ちがワルイ

有峰湖畔でベンツslk350とディキャンプ

十数年前、テントやキャンプギアを一揃い揃え、ついでにゴムボートも買ってアウトドアにいそしんでいたのは、数年間だけ。その内に、ボルボV70の車中泊になりテントをあまり使用しなくなったっていうか、テントを張るのが面倒になった。他の仲間も同じようだったが・・・

んで、オートキャンプといえば聞こえはいいが、傍目にはオートホームレス風に見えてたかもしれない。そのオートキャンプ仲間に料理が上手いのがいて、ソイツに料理を任せたり、スーパーで惣菜を買って済ませたりで、コッヘルやバーナーをはじめとするクッキングツールも使わなくなっていた(汗)


数ヶ月前にアウトドアギアを整理していた時に、ガスカートリッジを見つけ、振ってみるとチャワチャワ重い「相当入っていそうだが経年変化ってないんかな」と使い始めた。十数年経っていても大丈夫だった。

といっても、胸を張っていうことでもないが、アッシはまず料理をしない。出来ないっ。レシピなんて青春の彼方にすっ飛んでしまっているし、日帰りアウトドアでそんなん面倒。お湯を沸かすくらいしか出来ねぇ性分、、、って、居直りの極意(笑)

有峰林道で森林浴をしながらslk350と

草原で、森で、切り株に座って、マグを傾け、その場で淹れた湯気が立ち上るコーヒーを飲る・・・ことに憧れはしたって、一年中、アタシャ熱いのよりアイスコーヒーが大好きな、始末に負えないヤツ。

んなんで、最近のドライブや遊歩道歩きの昼食は、お湯を沸かしガスカートリッジを使い切るために、種類は変わっても菓子パンとカップ麺となってしまっています。


そして、有峰林道を走り、有峰森林文化村で遊び、有峰湖沿いの道路際にパーキングスペースを見つけ、小蝿のような小さな虫軍団にからかわれ纏わりつかれながら、ピザパンと一風堂のカップ麺でチョイ遅い昼食をとった。

有峰林道で森林浴をしながら昼食

これで、少しはガスが減っただろう(笑)

次回ドライブには、お湯だけで作ることができるもので、なにか気が利いた食べ物がないか、スーパーかアウトドアショップで物色してこようかと考えてもいます。

さて、小腹もくちたし、有峰湖に沿って岐阜県山之村に向かって走ろう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【6月19日父の日】ギフト包装無料サービス実施中
【6月19日父の日】ギフト包装無料サービス実施中


★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【素敵快適ドットコム】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・写真は、月毎に楽しく変わります。現在は7月のカレンダーで、背景の写真は、長野県軽井沢・竜返しの滝・湯川の渓流です。


2011年02月01日(Tue)▲ページの先頭へ
◆フルモデルチェンジのベンツSLK350とアイドリング・ストップ機能について
否応なく引きこもり巣篭もり状態になって、出かけたのは、ほとんど本屋さんだけの感じの30日日曜日の雪が降り続く日だったんですが、その本屋さんで買ったのは外国作家の文庫本上下と雑誌「エンジン3月号」でした。

数日前に日経新聞だったか読売新聞だったかに広告が載っており「同一ブランド車、新旧2台持ちの男たち」という特集に凄く興味をそそられてしまっていたからです。雑誌「エンジン3月号」は、内容次第で時々買う雑誌でもあります。

カー雑誌「ENGINE」3月号

ベンツSLKは、まだ歴史が浅いので新旧二台持ちをしても面白みは増えないような気がしますが、、、

他の人の、拘る人の「どんな風にカーライフを愉しんでいるのか」などなど、いろんなことに関心がありますので。「憧れとともに、オレだったら、、、」を膨らますことができ、そして会社の空いているスペースを、私専用のカフェガレージにしたいナ、、、とかも考えたりして面白かったデス。


その特集の他のページをチラチラ捲る。ENGINE新名物登場!「カーペディア」というのがあり、クルマのトピックを国別にまとめたというコーナーです。

そのドイツ篇では、ナ、ナント思いがけず、かねてより噂されていたメルセデス・ベンツSLKのフルモデルチェンジの写真が掲載されていたので嬉しくなっちまいました。

フルモデルチェンジしたメルセデスベンツSLK

「よりエコで、よりゴージャスに!」とありましたが、三代目ベンツSLKの写真を見て「大人しくなったなぁ」と少しばかりガッカリ。私が乗っている二代目SLKの尖がり感が消えています。全長も全幅も全高も大きくなったっていうから、デザインも含めて、なんかベンツSLに近づいたような感も、、、

ベンツのフラッグシップカーとして最近発売されたガルウィングのベンツSLSもクラシック感が溢れているように思えるし。


で記事を読んでいて「ベンツSLKよ、お前もかっ」と思わず叫びそうになったのが、ニューモデルの最大の特徴となっているというアイドリング・ストップ機能が付いているということでした。

ロードスターというかスポーツカーにアイドリング・ストップ機能はあまり似合わないと思っているんですが、ドイツでは法律だったかで義務付けられているそうですねぇ、そうなら仕方がないか。日本でも、10年以内に義務付けられるとか、、、


で、その「アイドリング・ストップ機能」については、あまり良く理解していないんです(汗)単純な話が、、、

「自動アイドリングストップ車は停車中、エアコン等の電装品も止まるのか?」というような疑問が、、、普通に考えて、エンジンが止まるとバッテリの充電もなくなりエアコンをはじめとする現代の電装品ゴチャゴチャ車では、すぐにバッテリ上がりに繋がってしまうんじゃないか、、、というような。


でチョイ調べると、このアイドリング・ストップ機能ではいろいろなシステムがあるようですね。

・アクセルを踏むなどの発進動作を検知してエンジンを再始動するというもの。

・エアコンの使用中など、エンジンに負荷がかかっているときは停止させないというもの。

・ベンツやBMWなどの欧州の高級車などに装備されているという「エアコンのスイッチの一つに"REST"スイッチがあり、これを押すことで、アイドリング・ストップ時には「送風だけ」なるという手動アイドリング・ストップ機能。ニューSLKに装備されるアイドリング・ストップ機能もこれかも知れないですねぇ。

 ベンツの他のシリーズに装備されているというブルー・エフィシエンシー仕様だというが、アタシャ、自分が乗るシリーズ以外の装備は、よくわかんないッス(汗)

・そして、エンジンキーの操作をしないでも、自動的にアイドリング・ストップになる機能。これもアイドリング時のエアコンは送風のみとなるようです。んで、バッテリの電圧が低くなったりアイドリング・ストップの時間が長くなるようだと、自動的にエンジンがかかるようになっているそうな。

・んで、ハイブリッド車においては、もともと多くのバッテリを積んでいるんですから、アイドリング・ストップ機能などもお手のもんでしょう。

、、、などとアイドリング・ストップ機能について勉強しましたが、、、三歩も歩けば「ナンダッケ?」になってしまうこと請け合いですぅ、まっ、乗員が多少我慢することになっても、とにかくバッテリがすぐに上がらないようになっているということだけは、、、


私にとって一番大事なクルマの外観つかカースタイリングが、SLKの場合も先述のように新しいほうが大人しくなり、前から見た場合に、他のベンツと区別できるかなぁ?と思った時に、現在の垂れ下がった鼻を持ち(F1ノーズとも呼ばれています)、遠方からでもSLKと即座に判別できる二代目SLK(R171)を大事に大事に乗り継いでいかなくては、、、と、改めて思わされましたデス。

現在の私にとってR171、は最高にお気に入りのカースタイリングとなっていますぅ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
【素敵快適ドットコム】ストーンズ:オリジナルフォト・カレンダーもれなくプレゼント
・写真は、月毎に楽しく変わります



★【素敵快適ドットコム】ギフト包装代金無料サービス中
http://www.sutekikaiteki.com/cs/gift/gift.html

【素敵快適ドットコム】ギフト包装代金無料サービス
 ご進学ご就職祝、バレンタイン、バースディプレゼント、などなど、笑顔一杯のシーンに、ギフト包装代金無料サービスをご利用ください。


2010年10月21日(Thu)▲ページの先頭へ
◆「物損事故示談内容確認書」が、保険会社から届く
事故の決着が、先日ようやく着いたようだ。

事故というのは、今までもブログで何回か触れていますように、8月11日、高知よさこい祭りに向かう途中の山陽自動車道の三木サービスエリアで、朝食を摂ってベンツSLK350に戻ろうとしたところ、隣に停められたクルマの思いっきり開けられた助手席側後席のドアが、SLK350に当たってしまい、SLK350の運転席側ドアにキズが付いてしまったことです。

付いたキズは少し凹んではいたが「そのクボミは修理しにくいため、そのままになり、後はコンパウンドを掛けて目立たなくする程度かな」と素人考えをし、クボミについては少し諦めていたところ、8月25日に持ち込んだディーラーのメルセデスベンツ富山(ヤナセ)の担当者から、

「塗装も取れているから、コンパウンドでは済まない。一旦、ドアを外して板金塗装・・・・・。だから、4〜5日を要するだろう」

という宣告を受けました。代車を用意してもらう都合上、8月25日になったんですが、それまでキズを付けたままアチコチへと、、、少しばかり恥ずかしい思いもいたしました。


んなわけで、原則月2回土曜日の会社休みだった8月28日には「SLK350がないんなら、普段クマヨメが乗っているボルボ旧V70で何処かへ行こう、ボルボ旧V70でしか行けないところへ行こう」と、リアにリクライニングチェアやデッキチェア、クーラーボックスなどなど、沢山のプチ家出セットを積んで、白水湖傍の大白川露天風呂へ行ってきた次第です。

そして、翌日日曜日の午前だったかと思いますが、ヤナセから「修理が仕上がっている」という電話があり、直ぐに引き取りに行ってきました。ヤナセでは「昨日(土曜日)も会社に仕上がっている旨の電話を何回かしたんだが、誰も出なかった」ということでした。

ヤナセでは、なんとか休み(日曜日)に乗りたいだろうからと急いでくれたようです、感謝。


ドアのキズは、何気で見ると全然わからなくなっています。が、そこにキズがあった修理したということを知っている私が、目を凝らしてよく見ると「光の当たり方にもよりますが、広い範囲でほんの少し色が違う感じ」がわかります。

「この程度はショーガナイ。キレイになったほうじゃないかな」と納得させている自分がいました。

とにかく、修理が終わったSLK350を引き取るときに、私が払うわけではないがベンツの修理代金金額に野次馬根性的に興味があり、修理代金の金額を知りたかったんですが、日曜日ゆえ、いつもの担当者じゃなく「わからない」ということでした。

そして、加害者が契約している損害保険会社からヤナセへ、修理代金の支払いが終わって、この件は終わったものとばかり思っていたんですが、、、、、


先日というか今週の初めに、相手方の保険会社から、

「ヤナセさんとの話し合いが長引き、今まで掛かりましたが、修理代金の話し合いがつきましたので、遅れましたが、連絡できるようになりました・・・」という旨の電話連絡をいただき、

「まだ終わってなかったんだァ」と思いながらも、

保険会社「この金額を、ヤナセさんにお支払いするということで、ご了承いただけますでしょうか?」

と了承を求められたのに対して、一瞬「?」となりながらも、空洞の多い頭の中で「なんのコッチャ」と思いを巡らしながら、

私「話し合いが長引いた、、、ということは、修理代金を値切られたわけですか?」と、笑いながら聞いて見ると、

保険会社「はい、値切って、ようやくコノ金額で折り合いがつきました(笑)」

とのこと。なんか微笑ましく感じたと同時に、


そうだよナァ、状況を知らない第三者が「相手の車に、開けたドアが当たった」と聞くと、

「相手のクルマに塗装を少し付けただけ、コンパウンドで済むんじゃないか?いくらベンツでも、大した修理金額にはならないだろう」

と思ってしまい、保険会社はヤナセから幾ら請求されたのかは知らないが、折り合いが着いた金額で10万円弱とのことなんで、先ほどの考えだと「ウソッだろ」と思ってしまい、値切り交渉に持ち込みますわね、普通


だが今回の事故は、単にドアを当てたということではなく、蹴飛ばしたような強い勢いで開いたドアが付けた凹みを伴うキズのため、ドアを外し板金塗装となっちまったんだろう。それなら、これくらいになるかも〜と思いますが、保険会社は事故当時の状況を知らないので仕方が無い。


でも「何で、支払いについて私に了承を求めてくるんだろう?」と、先述のように考えましたが、

(多分、修理代金をヤナセに払うだけでいいのか?アンタの慰謝料みたいもんは、要らないのか?)

というのが、言外にあるのかな?と思いましたが(アタシャ、そんなものは要りません。とにかくクルマが元通りに近くなりゃいいんです)との思いから、

「了承します」

と応えていました。


そして昨日10月20日、先方の保険会社から、一通の「物損事故 示談内容確認書」が届き、修理代金をヤナセに振り込む旨が明記されていました。

どんな内容であれ、このような物損事故というものに巻き込まれるのは初めてなので「被害者にも、こんなんが届くんだな」と思ってしまいました。普通に考えて、示談書なんだから届くのは当たり前でしょうが、、、保険会社としては、示談書を出さなきゃ決着させたことにならないんだナとも。

私が、処理が終わってしまったと思っていた、この事故の件は、発生してから二ヶ月余を要し、ようやく終了したんだなと思いましたデス。


2010年08月26日(Thu)▲ページの先頭へ
◆代わりにオペル・ヴィータがやってきた
「どんなんに、アタルかなぁ〜?」と、ヤナセ富山がお盆休み明けの18日に、修理依頼の電話をした後、代車にどんなクルマを用意していただけるのかを、少しばかり楽しみにしていました。

「Aタイプになるか、Eクラスにはならねぇだろうなぁ。でもセダンじゃなく、やっぱオープンのほうがいいけど、これもムリっぽいしぃ。それとも、国産車かも」などと。


8月11日、高知よさこい祭りに向かって、平日なのでETC深夜割引を利用するために未明から高速に乗り走り、山陽自動車道の三木サービスエリアで朝食を摂ってベンツSLK350に戻ろうとしたところ、隣に停められたクルマの思いっきり開けられた助手席側後席のドアが、SLK350に当たってしまい、SLK350の運転席側ドアにキズが付いてしまいました。その時のことは、ココで少し触れています。

SLK350の運転席側ドアに付いたキズ

駐車場でのドアの接触については、普通軽く縦のラインが付く程度で済むわけですが、この場合接触してきたドアに勢いがあったため、ラインではなく面になってキズが付き、そして少し凹んでしまいました。

ディーラーで用意していただく代車の関係で、修理持込みが昨日25日になり、午前中にメルセデスベンツ富山(ヤナセ)へ持ち込んだわけです。どんな代車になるか、少しばかりワクワクもしながら、、、

ディーラーのサービス受付カウンター

ベンツ軽井沢サービスステーションの開設の案内が

現在、クマヨメが乗っているボルボ旧V70を修理に持ち込んだ時の代車は、走行距離が20万キロ超えのボルボ850のセダンやエステートワゴンになる場合も多く、エンジンの快調さに愉しくなり、それにあやかろうと、ボルボ旧V70の目標を、走行距離20万キロにしたりしていますが、、、。

ちなみに、ボルボ850のモデルチェンジに近いマイナーチェンジ版がボルボ旧V70となります。


ベンツSLK350に付いたキズは「ほんの少しのクボミは修理しにくいため、そのままになり、後はコンパウンドを掛けて目立たなくする程度かな」と私は素人考えで、半ば諦めながら思っていましたが、

ヤナセのサービス部門の担当者がキズを診るなり「塗装も取れているから、コンパウンドでは済まない。一旦、ドアを外して板金塗装・・・・・。だから、4〜5日を要するだろう」という宣告を受けました。

オペル・ヴィータ

というわけで「はい、代車です」と目の前にあるのは、AタイプでもBタイプでもCクラス、、、とにかくベンツではなく、可愛い大きさの2005年式オペル・ヴィータでした。

ヤナセが、昔オペルを販売していた頃は、よく売れていたようですが、親会社のGMが直接日本で販売を始めた頃から売れなくなり、GMの経営不振もあり、オペルは日本から撤退し、確か今は、オペルのディーラーが日本に無かったかと思います。

オペル・ヴィータのメーターパネル

でも、当時のオペル・ヴィータは、輸入車としては国産車並みの価格の安さもあり、人気があったクルマでしたんで、オペル・ヴィータを運転して会社に帰ってから、アチコチをつぶさに見てみました。

オペル・ヴィータのリアから

外見は、あまり個性が感じられない万人向けデザイン、やはりファミリーカーという位置づけだからでしょう。このクルマの走行距離は76,000キロ位。エンジン音も、それなりの音になっています。

で、面白く思ったのは、運転席側と助手席側の前席は、パワーウィンドウですが、後席は手動つまりグルグル回して、ウィンドウを上げ下げするタイプになっていることでした。この思い切りが、コストを下げるコツかぁ〜と思ったりして(笑)

オペル・ヴィータのダッシュボードとドアウィンドウの手動ハンドル

ダッシュボード中央には、年月日の表示も。ボルボにしてもSLK350にしても「西暦まで表示してたかなぁ〜」と思うほど注意してみてなかったので、オペル・ヴィータで目の前に表示されていると「なんか凄い」と思ってしまいました。


「修理に4〜5日かぁ。今度の週末には間に合わないだろうなぁ。何処かへ行きたくても、このクルマというか代車ではねぇ」と、週末ドライブをほとんど諦めざるを得なくなってしまっています。

代車が、オペル・ヴィータだからってんじゃなく、これでベンツEクラスであってもSLK350であっても、とにかくディーラーのといえど、代車という他人のクルマで出かけたって楽しくなれないものですから。自分のクルマでドライブするから楽しいというのを、あらためて実感させられています。

今度の週末でクルマに乗るのは、多分、富山市内の「やまや」へ「熟撰」と「世界のハイボール」の買出しに行く程度になってしまうのでは、、、と(汗)

んっ、ちょい待てよ、クマヨメが乗っているボルボV70で、落石注意、クマ出没注意、SLK350では腹を擦ってしまう白山公園線の山の中の湖畔の露天風呂にでも行って来るという手も出てきたかぁ〜?(笑)


2010年07月16日(Fri)▲ページの先頭へ
◆目の前が真っ赤に・・・・・ベンツslk350
何が起こったのか?の思いが、「何でだっ」に変わっていった。slk350のスピードメーターとタコメーター(イギリス英語ではレブカウンター:回転計)の間にあるマルチファンクションディスプレイに、「タイヤイジョウ」だったか「タイヤクウキアツイジョウ」だったかの文字とともにタイヤの断面図が画面から飛び出さんばかりに大きく、そして真っ赤に表示されていた。

それは、10日(土)に、仕事を終えた後、私はMNPによる携帯電話の新規契約に、クマヨメは機種変更に、ドコモショップへ行った帰りだった。

タイヤについては、8日にスリップサインが出かかった後輪タイヤを新しいミシュランプライマシーHPに組み替えて貰っているので、ソコで何かが、、、と思い始めてくる。タイヤを交換しただけで、そのような表示が出るのだったら、昨年の4月下旬に四本とも新品に交換した時にも出るはずだが、そのような表示が出なかった。

そして、イジョウが表示されてから、どういうわけかハンドルが取られるような気が、、、(笑)そして寝て起きたらタイヤがペチャンコになっているような気にも(汗)


ちなみに、マルチファンクションディスプレイは、クルマがどの方向に向いているか、出発からの走行距離、燃費、などなど、クルマのいろいろな状況を表示してくれる。そのマルチファンクションディスプレイをいつまでも赤く表示しておくわけにいかないので、ハンドルに付いているボタンを操作し、通常の距離メーター表示にした。

故障があるときのマルチファンクションディスプレイ

その後は、赤い表示はされなくなったが、ボタンを操作してみると「コショウガ1」とともに「タイヤを点検しろ」と表示される。この表示を、消そうと思ったら、ハンドルの右側のボタンを操作し「ハイ」にすれば、表示が消せると思うのだが、

「タイヤにエア漏れが生じているのではないか?それだったら、簡単に表示を消すだけで良いわけがない。危ない」と、表示されるままにしておき、早いうちにディーラーで診てもらうことにした。

異常個所を表示するマルチファンクションディスプレイ

ディーラーへ持ち込んでも「このボタンを操作すれば良いですよ」で済みそうな感じを持っていたが、やはり表示された理由を知ったほうが良いと思ったので、13日(火)に、会社から5分位の場所にあるディーラーへ行く。

そして事情を話す。後輪タイヤを8日に、富山で変えた事。変えた8日じゃなく翌9日に赤い表示が出たこと。ボタン操作だけで消すのも気持ちが悪いので、そのまま持ち込んだ事、などなど。

ハンドルにあるマルチファンクションコントロールボタン

担当「あっ、それならボタンで消せますよ」と、いつもの担当者がいともアッサリ応えてくれる。手順は、私が思っていた通りだった。

私「何故、表示されたんですか?」

担当「タイヤ交換をして、そのままだと必ず表示されます」

私「昨年4月に四本交換した時に表示されなかったのは、、、?」

担当「タイヤ屋さんか販売店がタイヤ交換後に、すぐボタン操作をしたからでしょう」

ということで、タイヤそのものに何の異常もないことにホッとした。やっぱ、安心して走りたいですからぁ〜。でも、もっと安心するために空気圧をチェックしてもらおうかとも思ったが、これくらいのことで忙しい仕事の邪魔をするわけにもいかないので、喉の奥に。

というか、どっちみち来月中には、この一年余りで何回目かのオイル交換関係をしてもらう予定でいるので、その時に、ついでに空気圧のチェックもしてもらおうかと。ちなみに、使っているオイルでのオイル交換は15,000キロ毎といわれていますが、1万キロ前後でするようにしています。だから、今度したら三回目になるのかな。


ボルボのディーラーでもそうだがベンツでも、お客が帰るのを表まで出てきて見送ってくれる。ベンツの担当者も見送りに出ながら仕切りに後輪タイヤを見ておられたので「どうしたんですか?」と聞いてみた。

担「新しいミシュランのプライマシーHPは、どのようなトレッドなのかと」

私「ミシュランじゃなく、コンチネンタルが多いですか?」

担「いや、コンチネンタルというより最近はヨコハマが多いですね」

ヨコハマタイヤというと、昔々トラック運転手を2〜3年していたからか、その時のイメージが拭いきれなくて、トラックタイヤというイメージから抜け切れないでいるが、、、。そういえば、最近ポルシェでもヨコハマが採用されたとかのニュースがあったようなぁ・・・・・


とにかく、ボタン操作だけで終わったため、前々から汚れが気になっていたホイールためのベンツ純正ホイールクリーナーを買って帰ることにしました。

ブレーキダストで汚れた前輪

プジョー、ボルボ旧V70やベンツに限らず外車全般的に、国産車に比べブレーキダストが多く発生してしまいます。特に前輪に多く。

普通、洗車時に、そのブレーキダストを簡単に落とせるんですが、友人の「タイヤの見栄えを綺麗にしてやる」という親切心で、タイヤクリーナーをスプレーしてくれてから、どういうわけか、洗車時にちょっと拭くだけでは、ホイールに付いたブレーキダストが落ちにくくなったようなんです。ゴシゴシやるのも疲れるんで、ホイールクリーナーの力を借りようかと。

ベンツ純正ホイールクリーナー

昨日までは、断続的に雨が降っていたので、ホイールクリーナーの威力を試すことが出来ませんでしたが、今日はアッツーイお天気、明日も続くそうなので、今度の休日までには、ホイールを綺麗にすることが出来るでしょう。

ちなみに、SLK350は今、お腹が減ったとマルチファンクションディスプレイにガソリンスタンドの給油計量器の形を表示して飯をねだっています、、、、、ほんま、次から次と・・・(笑)


2010年07月09日(Fri)▲ページの先頭へ
◆ゴツゴツ地獄?から天国へ。ミシュラン・プライマシーHPをカルバンで
サルの集団に遭遇した今回の妙高高原苗名滝、笹ヶ峰高原、乙見湖、笹ヶ峰牧場ドライブ、そしてヒコサの滝情報仕入れの7月3日(土)は、お天気に恵まれ、最後を除き全てオープンエアで過ごせました。

帰りの上越自動車道から北陸自動車道に入ったあたりから、フロントガラスにポツポツ当たるものが。名立谷浜サービスエリアでルーフをクローズにしようかとも思ったが、雲の色を見て「頭に当たってないから、まだ大丈夫だぁ〜」

その心意気もむなしく雨脚が強くなりはじめ、蓮台寺パーキングエリアでクローズにした後も、雨脚が強くなってくる。そうなると、スリップサインが出始めた後輪タイヤが少しばかり心配になり、雨が筋で貯まっている轍を避けるように走行しました。

時々、轍を走るようにしてテストもしてみるが、やはり不安定な感じを受けました。ハイドロプレーニング現象まで起きていないかとも思うが、、、。起きてたかな?ちなみに、3日の富山県はお昼頃からずぅーっと雨が降っていたそうです。


んなわけで、翌4日の日曜日は、別に予定も立てていなかったため「そうだ、タイヤの見積りを貰ってこよう」

昨年4月下旬に四輪とも、ミシュランのパイロットプライマシーに変えたが、前輪はまだ半分以上とも思えるほどの溝が残っているので、交換するのは、スリップサインが出始めた駆動輪の後輪だけでいいと思った。そうなると自ずからタイヤを選べなくなり、結局、ミシュランのパイロットプライマシーの流れになるかと。

それで、昨年のタイヤ交換の時に、中古車屋さんが何処のタイヤ屋さんでやらせたのか、四本のタイヤ組み換えに一日かかってしまって「扁平タイヤゆえゴムが硬くて硬くて、どうやって組み替えすればいいのか?タイヤ屋が試行錯誤をしていた」と言いながら納車が遅れてしまったことが頭の中にあったので「タイヤは、慣れている基本ディーラーで」と思い込んでいました。


が、一応、ミシュランのパイロットプライマシーの値段だけでも知っておこうか、、、という気持ちでネット検索。どうもパイロットプライマシーが無くなって、プライマシーHPが後継モデルとなったらしいが、そのインターネットでの価格は、一本25,000円台から35,000円台までの幅があった。ちなみに、メーカー希望小売価格は、37,000円(税抜)のようである。

でも、タイヤをインターネットで購入すると、販売業者が近くならクルマを持ち込むということも有り得るが、基本的に、タイヤの組み換えをしてくれるタイヤ屋さんを地元で手配しなければならず、あいにく偏平タイヤの交換に慣れていると思われるタイヤ屋さんを存知上げていない。

私が知っているタイヤ屋さんのメインは、トラック専門に近いものだろうと思うので、昨年の二の舞になりそうな気配が濃厚で、それは避けたい気持ちが強かったのでインターネットでの購入は考えられなくなっていた。


それで、「富山県でのプライマシーHPは、どうなっているのか」と、予定を立てていなかった4日の暇潰しに動き出した。その時も「基本ディーラーで」というのが頭の中に残っている。が、ディーラーは、確認はしていないが、メーカー希望小売価格だと勝手に思い込んでいる。



記憶が薄れているが、昔に三菱デリカ・スペースギア2800ディーゼル(一代目1444)の冬タイヤを買ったカルバン富山本店に出向く。カルバンは、富山、石川両県に7〜8店の店舗を展開している。広い店内には、沢山のホイールやタイヤが積み上げられているが「どうせ、取り寄せだろう」と、直ぐにフロントへ行き、見積りを出してもらった。

ネットでの最低価格とメーカー希望小売価格の中間くらいの見積りだった。工賃、タイヤ廃棄料込みである。「富山では、こんなもんだろうな。頑張っているほうかな」と思い、いつのまにか、頭の中の「基本ディーラーで」が消えかかってきた(笑)

後日早々に返事することにして、カルバンを後にし、自宅に帰ろうとした時、閃いた。いつもは通らないが、帰り道の一つの途中に「タイヤが安いっ」と売り込んでいるカー用品大型店があるってことに。「じゃ、寄ってみるか」

そのカー用品大型店の宣伝により「タイヤは定価販売されないもの。しっかり値引きされる商品」というイメージ付けが、私にはされてしまってもいた。

そのカー用品大型店の小杉店で、今手元にいないプジョー206XTプレミアムの冬タイヤとして「ミシュランX-ICE」を購入したことがあり、安い価格を提示してもらった記憶があるし。


そのカー用品大型店で対応してくれたスタッフは「在庫があるかも知れない」ということで、ストック場へ連れていってくれた。「さすが大型店」と思わされたが、あいにく在庫がなく取り寄せになるということだった。そして「パイロットスポーツPS2のほうが、、、」と勧めてくれる。

確かに、私もパイロットスポーツPS2に関心があるが「まだシッカリ溝が残っている前輪を活かし、後輪だけを変えたい」などの関係から、パイロットプライマシーの流れを組むプライマシーHPにすることに決めていた。

それに、昨日8日に知ったことだが、パイロットスポーツPS2にするとなると、今まで履いていたサイズのタイヤが設定されていないため、インチアップをし4本ともホイール毎変えなくてはならなくなる、、、ということになるらしい。来年の今頃なら、前輪後輪同時にスリップサインが出てきそうで可能だが、今は、やはりモッタイナイ。


んで、プライマシーHPの見積りに入って、担当者の手元が書き出す数字に驚いた。メーカー希望小売価格のままだった。その他の経費も細かく加算されていく。

いつも「タイヤが安いっ」の売り込みは、店頭在庫があるタイヤだけで、取り寄せには適用されないのか、それとも担当者に、全然権限がないのか、、、そのどちらかだろうと思わされた。同じ価格なら、やはりディーラーで、、、ということになってしまう。





そして5日月曜日に、カルバン富山本店に発注し、昨日8日、新しいプライマシーHPに組み替えてもらった。平日の午後早いときだからか、お店も空いていた。ピットが貸切状態だった。30分くらいで作業が終了し、昨年の出来事に比べ拍子抜けしている私が居た(笑)



カルバン富山本店へSLK350を持っていくときは、スポーツタイプのクルマだからスパルタンと当たり前に感じていた道路の凸凹を細かく拾いゴツゴツとした乗り心地が、帰りは、天国のようにまろやかな、絨毯の上を走っているようなラグジュアリーな乗り心地に変化していた。





そのラグジュアリー・スポーツ的な乗り心地に「そういえば、昨年四本とも新タイヤにした時も、この乗り心地を味わっていたっけ」と、ようやく思い出している私がいた。

毎日、少しずつの乗り心地の変化を、その時々でスポーツタイプだからスパルタンと決め込み「こんなもんだ」で片付けてしまわないようにしようと、ミシュランのマスコットのビバンダム君を前に思い始める私もいた(汗)



▼DATA(今まで後輪に履いていたタイヤ)
・ミシュラン:パイロットプライマシー:245/40R17-91W・MO
・メルセデス承認タイプ
・期間:2009年4月下旬〜2010年7月上旬
・走行距離:26,000キロ弱(いつのまにか履いたなぁーって感じです、、、汗)


2010年06月30日(Wed)▲ページの先頭へ
◆ギョエーッ!スリップサインがミシュランパイロットプライマシーHPに
なんか、ここ数ヶ月乗り心地が、今まで以上にゴツゴツしてきたような感じをも持っていたが、いきなりじゃなくて慣らされるように少しずつだし、このベンツslk350の性格上スパルタンさが持ち前だから「こんなもんでしょ」と、それほど気にすることもなかった。

そして今月15日、名古屋で開催されたカマチャン会に参加するために、土砂降りの東海北陸自動車道を走行した時、私的安全スピードで、当然、轍に貯まった水の中をも走ることにもなるが、なにか「えっ、こんなだったっけ?」という違和感を感じたので、私的安全スピードから法的安全スピード+チョイに落として走行した。

そして今までの二週間には、やはり雨の日にも走行する時もあったが、高速道と違いスピードが遅い一般道であっても、なにかウェットではしっくりこない。テールが揺れる感じもある。

そういえば現在のタイヤであるミシュランのパイロットプライマシーHPを履いた昨年4月下旬には、タイヤのスペックを確認するために、敢えて水溜りなんかにも突っ込んでみたことはあったが、その時の安定性に比べたら、やはり違ってきている。


で、とりあえず走行距離を確認してみた。メーターは44,000キロ越えとなっていて、タイヤ装着時の19,000キロから25,000キロを走行していることになる。

前輪のミシュランパイロットプライマシーHP
<前輪は、まだしっかり溝が残っている>

「こりゃ、タイヤの磨耗か?」と駆動輪である後輪のタイヤの溝を確認すると、まだハッキリ溝は確認できるが、スリップサインが「こんにちは〜」と明るく陽気に能天気に出ているといってもいいくらいの状態で出かかっていることを知らされた。

スリップサインがでてきた後輪のミシュランパイロットプライマシーHP
<スリップサインが出てきた後輪(駆動輪)>

そういえば、昔々の11月下旬に、ニッサンフェアレディ280Z/Tバールーフに乗って、まだ積雪が少ない苗場プリンスホテルへ夏タイヤで行った帰りに雪が降り、高速道路上にも雪が積もった時、蜃気楼の街魚津市に差し掛かったところ、雪のため超低速で高速道路を走っていたにも関わらずフェアレディ280Zがいきなりスリップして遊園地の廻るコーヒーカップのようにスピンしてしまったことを思い出した。

スピンして停まった時のフェアレディ280Zの姿勢は、走行方向とは180度逆を向き、綺麗にガードレールに沿って停まっていた。ガードレールとフェアレディ280Zとの距離は、30センチくらいだったか、運が良いことにフェアレディ280Zは、ガードレールと何処とも接触していなかった。

今では笑い話で「それは、オレの腕っ・・・」とホザイテいるが、なんのこたぁーない、二車線はクルマが走行しているため圧雪でフラットになっていて滑るが、路肩はクルマが走らないため降ったまま状態ゆえ、それが抵抗となりガードレールと並行に停まりやすくなっていただけである。

とにかく、周りに走行しているクルマがなかったことで事故をも引き起こさずに済み、しばらくして来た後続のクルマをカッコワルイ姿勢でやり過ごし、クルマが来ないことを確認してヨーソロとゆっくりユーターンをして、亀にさえ追い越されるかのような低速で、一番近いサービスエリアまで駆け込んだ。

サービスエリアで、念のためにと積んでいたタイヤチェーンを後輪に取り付ける為だったが、その時に「ガーーーーン」と頭どころか全身を打ちのめされてしまった。

駆動輪である後輪がツルツルになっていたのである。

フェンダーから覗いている部分には溝がチャントまだ残っていたので「大丈夫でしょ」とお気楽に考えていたら、外から見えない部分がツルツルだったのである。「これじゃ、滑るワ」と自分自身も納得せざるを得なかった。

もし、念のためのタイヤチェーンを持っていっていなかったら、夜が明けるまで待っていただろう。日中なら雪が緩むので。


そんなことを思い出しながら、やっぱ走行状態にもよるが、走行距離17,000キロ前後からシッカリチェックをしなくちゃならないナと思い知らされ、SLK350の前輪はまだまだ大丈夫なので、後輪タイヤだけを来月7月あたりに新しいのに替えることにした。

この手のクルマによくあることだが、前輪(225/45R17)と後輪(245/40R17)のタイヤサイズが違うために、タイヤのローテーションは出来ないので、新品に替えるしかない。


多分、今度のタイヤも今までと同じミシュランのパイロットプライマシーHPにしようかと思っています。コンチネンタルや同じミシュランでもスポーツタイプのタイヤにも興味があるが、まだ半分以上の溝がシッカリ残っている前輪と、やはり同じブランドのほうがいいかと、わからないなりに思っています。乗り心地も欲しいし、、、

ミシュランのパイロットプライマシーHPは、メルセデス認証のタイヤでもあるし、私が昨年SLK350を購入したときの酷い状態の別ブランドタイヤを交換せざるを得なかった時に、ミシュランにしたのは、確かSLKの新車時に装着されているタイヤだということも聞いたことがあるんで、、、。


で今、そのミシュランのパイロットプライマシーHPを、ディーラーで買おうか、タイヤ専門店で買おうか、迷っています。

これくらいの扁平タイヤになるとゴムが硬すぎて、タイヤの組み換えなどのベテランのプロでも扁平タイヤに慣れていないとタイヤの組み換え作業が大変になり、組み替え作業中にタイヤにキズを付けられることもあるらしいので、一番安心できるのはディーラーということになるし、、、それとも、スポーツタイプのクルマが集まるようなタイヤ専門店のほうでも良いかなとも、、、

来月7月中、、、というか早めに結果を出し、安心して走行したいと思っています。

ちなみに、ついでにボルボ旧V70のタイヤもチェックしたが、完全な溝が深く残っていた。


2010年04月16日(Fri)▲ページの先頭へ
◆気のせい?少し精悍(・・・多分)、ベンツslk350のアンテナをショートに
いつも気になっていました。ベンツslk350の後部助手席側に付いているアンテナの長さを長く感じていて、それがまた、よくシナルので「ちょいと手を延ばしながら横を通り過ぎる子供たちの結構な遊び道具になってしまうんじゃないか?」「屋根雪が落ちてきて破損するんじゃないか?」はたまた「ドライブから帰ってきた後、ワカサギが釣れているんじゃないか?」「旗日には、ミニ国旗を掲揚しながら走る」「鯉のぼりもいいかも・・・」とかとか。

ベンツSLK350前期のアンテナ

それになんてたって、50センチ位の長さのもんをオッ立てて走っている様は、あまり精悍なもんじゃないでしょ的にも・・・。

で、最近はあまり覗いていないが、slk乗りが集まっているところの言葉を拾うと「何かのアンテナを代用した」が書かれていたりもしたが「結果、感度が悪くなった」ということなども併記されてたりして、躊躇っ。

確かに、運転中はラジオもカーステレオも付けずに、聞くとしても「道路情報」のみ。エンジンサウンドを聞きながら走るだけで愉しい私デスが、感度が悪くなると言われりゃぁ〜ね。

で「R230(ベンツSL)のショートアンテナが良いよ」の言葉に動かされ、それに取り替えるつもりでもいたが、ドライブの帰りに、ついヤナセ富山に寄ることを忘れてしまっていることが多かった。わざわざ行くのもネ?なので。


その内に、市販されているベンツ専門雑誌だったかで「R171後期のショートアンテナなら、より良いんじゃね」ということを知った。R171とは、ベンツSLK350のことで、私のは2005年だから前期モデル。マイナーチェンジをした2008年の6月頃から後期モデルとなります。モデル的には、当然、前期モデルが私は好き(笑)

ベンツSLK350のアンテナをショートアンテナに

同じSLK同志なら、取り替えた後の障害も生じないだろうということで、先日富山へサントリーリザーブの水割り缶の買出しの帰りにヤナセに寄って注文し、昨日15日に取り付けてもらった。

精悍っベンツSLK350のアンテナをショートアンテナに

今までの50センチ位から20〜22センチくらいになり精悍さを増したように、オヤバカ、贔屓目で思った。


ついでに、粗探しの帝王と呼ばれているクマヨメから指摘されていたナンバー灯の右側のレンズがヒビ?割れている?とにかく破損しているのも取り替えて貰ったら、透明感が薄れている左側のレンズが貧弱に見えてきた。部品は取り寄せなので、後日、左側も取り替えてもらうことにした。

ナンバー灯

もう一つおまけに、カーナビのデータが古いので、それも注文。それも取り寄せとのこと。昨年秋に更新版が発売されたもので、2008年12月までのデータってことです。次回発売されるのは、今年の夏〜秋らしいので、それまで待てない(笑)

来週あたり、カーナビのデータの更新版を入れた時に、現実より2年余り遅れて、ようやく「東海北陸自動車道が全線開通する」ことになります(笑)


なんだかんだでヤナセでの待ち時間の間に、店頭展示されている中古車をみていると、4年落ち、走行19000キロ位のファイアオパール(ワインレッドみたいな色)のSLK350が展示されていた。

で、プライスをみると認定中古車にしては「SLK350にしては、安い感じ」で、どちらかというとSLK200位の価格。プライスボードには「SLK200コンプレッサー」と書いてあったので、エンブレムとボードと、どっちがほんとなんだろう?「?????」が渦巻いたついでにトグロも巻いていた。一瞬「どっちも有り?」とも考えてしまった(笑)

担当者が「エンブレムチューンです」と、笑いながら説明してくれた。前の持ち主が、SLK200にSLK350のエンブレムを付けて愉しんでいたんだろう。そのエンブレムチューンのSLKを見ながら、そういえば、、、と、ベーシックモデルに最高グレードのエンブレムなどを付けて愉しんでいる友人を思い出していた。

そして、多少アッシのクルマも心配になり、ボンネットを開けてエンジンがSLK350のエンジンであるV6であることを確認し、ホッとしている私がいた(爆)SLK200のエンジンは、直4だから、、、、、

私のも購入時は、これからエンジンの調子があがる走行距離19,000キロ位だったが、それから一年、通勤にクルマは必要じゃない環境で、ほとんど出張または休日にしか乗れないのに、今、走行距離39,000キロを超えています(汗)


2010年02月17日(Wed)▲ページの先頭へ
◆チョロQとマウス「ベンツSLK」グッズ
何かの拍子に、たまたまベンツSLKのキーワードでググッてみる機会がありました。その時は、知りたい(だったかな)ことにヒットさせることは出来なかったのですが、グーグルで表示された中に「画像検索結果」というのがあったので、クリック。

グーグルの画像検索結果には、当然、ベンツSLKの新車、中古車、部品サイトなどなどが表示されましたが、その中に「ベンツSLK」が光った画像がぁ〜!

そのベンツSLKの光った画像はブログの中にあり、光ったSLKはマウスのようです。「いいなぁ〜、欲しいなぁ〜」と、ヨダレタラタラ垂涎モノですが、どうもベンツのノベルティのようで、持ち主のブログを読んでみると「六本木ヒルズで抽選に当たった」とか「何処かの営業所のオープンに行ったら貰えた」とかとかで、販売されているものではないようです。

4〜5個持っているという持ち主にメールをして、1個だけでも分けて貰おうかという思いにもなったりしますが、思っただけで、それ以上の勇気?が出ない小心者の私です。

で、そのノベルティを販売しているところがないかと探しましたら、一応何処かの会社で販売してたことはしてましたが、ショッピングカートではなく、メールで、、、なんで、遠慮してしまいました。

チョロQ・メルセデス-ベンツSLKノーマル単品

チョロQ・メルセデス-ベンツSLK

いろいろ画像検索結果を見続けていると、今度はチョロQっぽい画像が。早速、そのサイトに飛んでいって見てみると、ベンツSLKをデフォルメした「チョロQ・メルセデス-ベンツSLKエアロリミテッド セット」を、一応、唾つけて(笑)

私のは、エアロパーツは付けていないので「ノーマルのチョロQはないかいな」と、しつこく探すと、、、ありましたっ。現車と同じイリジュームシルバーなら最高だったのですが、そのカラーは無さそうで、さっき唾付けた「チョロQ・メルセデス-ベンツSLKエアロリミテッド セット」と一緒に買ったカラーは「ブラック」に。


数日後に配達されましたっ。

チョロQ・メルセデス-ベンツSLKの雄姿

年式は、私が乗っているのと同じ2005年のよう。そして、ルーフがトランク部分に収納される様は、現車と同じような感じで嬉しくなりましたが、「チョロQ・メルセデス-ベンツSLKエアロリミテッド セット」の取扱いに考えあぐねています。

チョロQ・メルセデス-ベンツSLKエアロリミテッド セット

見ての通り、円い缶に四台のベンツSLKが入っている。円い缶だから、チョロQが見えるように置くにも転がってしまうし、転がらないように歯止めをしても、ベンツSLKの屋根しか見ることができない。

チョロQ・メルセデス-ベンツSLKとリアスポイラー

また、缶を開けた時のフタは、缶底のほうに重ねようとしても大きさ的に無理なんで、フタの置き場所に困ってしまうんです。

チョロQ・メルセデス-ベンツSLKエアロリミテッド セットの4カラー勢揃い

とにかく飾るようになっていないんです(泣)

「プルバッグで遊ぶしかないのかな?」と思いながら、今、缶のフタをしたままテレビの近くに置いてあります。「フタが缶の裏に納まればなぁ〜」とか「せめてフタが透明だったらなぁ〜」と、あきらめきれない私がいます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★逸品革製品「キプリス」「ブレイリオ」「グレンロイヤル」なら【素敵快適ドットコム
◆ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中

ご進学、ご就職祝い

【素敵快適ドットコム】ギフト&プレゼント包装無料サービス

ロディア・メモブロックを、もれなくプレゼント


2010年01月14日(Thu)▲ページの先頭へ
◆美しさは儚き、雪化粧のベンツSLK350
あまり綺麗なんで、思わずslk350の周りを駆け巡り写真を撮っちゃいました。

「綺麗だよ〜、少し横向くともっと綺麗に、、、」「上を向いたスタイルもいいなぁ〜」「ちょっと足を伸ばしてごらん、、、」などなど、昔、このような撮影現場に何回か立ち会ったことがある、モデルをノせて撮影しているプロカメラマンのような美辞麗句は、全然言いませんでしたが(笑)

雪化粧をしたベンツSLK350

昨晩、仕事を終えて自宅に帰ってきたところ、駐車場に鎮座ましますslk350に、熟練職人が白くコーティングを施したように、いやまた、超一流パティシエが、シュガーパウダーを篩(ふるい)にかけながらslk350に均一にまぶしたように、、、ホタルが舞うように降る粉雪が1センチもあるかないかの厚さで、クルマに綺麗に着雪していました。まるで、ケーキのように。



これで、ローソクを38本付けると、クルマ好きのバースディケーキにもなっちまうような感じも、、、。あっ、38本という本数に深い意味はありません(爆)


このような状態のクルマの積雪は、あまり見たことがないような気がします。だいたい、どこか一部が剥がれ落ちているか、落ちようとしてヒビが入って割れているか、、、特に、傾斜したフロントノーズ(ボンネット)上か、サイド辺りが、、、。



パウダースノーだと、降ってきてクルマに触れてもサラサラ落ちていくだけで、こんな上手い具合にクルマにくっつかないかと思えます。ほんの少しの適度な湿気や気温などが創り上げた芸術品のような、、、芸術品とは、やっぱオーバーか。


さっき「このような状態のクルマの積雪は、あまり見たことがないような気がします」と書きましたが、厳密にいうと、見たことがあるかもしれないが、普通の少ない積雪として捉えてしまって綺麗に感じなかったのかもしれません。



今まで乗ってきた何台ものクルマや、現在、クマヨメが乗っているプジョー206XTプレミアムや、ボルボ旧V70・2.5Tのシルエットというかカーデザインが、ベンツSLK350のように、少ない着雪とうまくコラボ出来ず、印象に残っていなかったのかもしれません。

積雪したベンツSLK350

多分14日朝方から降り始めた粉雪が、まるで、薄いベールのような綺麗な綺麗な着雪の上に20センチ位の厚さで積もっているというか覆い被さっていて、普通の積雪に戻っていました(笑)


美しさは儚きけり

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★逸品革製品「キプリス」「ブレイリオ」「グレンロイヤル」なら【素敵快適ドットコム
◆ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中っ

ご進学、ご就職祝い

ハッピーバレンタインは、あなたが主役

【素敵快適ドットコム】ギフト&プレゼント包装無料サービス

ロディア・メモブロックを、もれなくプレゼント


2009年11月13日(Fri)▲ページの先頭へ
◆はい、パシャッ、紅葉の龍双ヶ滝とメルセデスベンツSLK350
「オマエも腕上げたなぁー」と、ウソでも褒めてやってくださいマセマセ。アタシャ、木に登るどころか天に昇りかねないッスからぁ(笑)

この画像を見ながら、今、なんかクルマのカタログかポスターの写真のような出来映えだなぁ〜と自画自賛中なんス(汗)もっとも、バックが良いから、誰でも撮れるんですが(汗)

福井池田市から美味しい蕎麦屋さんと御清水(おしょうず)つまり美味しい湧水というか伏流水の越前大野へ抜ける福井県県道34号線の日本の滝百選に選ばれている龍双ヶ滝とベンツSLK350(六代目1444)との記念写真です。

紅葉の龍双ヶ滝とメルセデスベンツSLK350

この龍双ヶ滝前は道路幅が狭いんで、当然駐停車禁止で、龍双ヶ滝見物は、その前後にある駐車場に入れることになっています。

私たちもクルマを駐車場に入れて充分に紅葉の龍双ヶ滝を堪能させていただきましたが、最後の最後に、なんとか二車線の道幅を確保していると思われる場所で、ほんの1〜2分停めさせていただき記念写真を撮りました。

そして、この後は、昨日の「紅葉ハンター」のブログに繋がっていきます。なお、この画像は、もう一回登場するかもかもです(笑)

----------------


◆【クリスマス】ギフト&プレゼント包装無料サービス実施中っ
【素敵快適ドットコム】ギフト&プレゼント包装無料サービス


2009年11月04日(Wed)▲ページの先頭へ
◆やっぱ、エンジン警告灯点灯の原因は外気温センサーの不良だった
ポツポツ小雨の3日祝日の寒い朝。布団から出たくないといっても、メルセデスベンツ富山(ヤナセ)に、slk350(六代目1444)のオイル交換に持ち込む時間を10時頃に予約していたので、それなりに起きる。

オイル交換と同時に、2日のブログに書きましたように、気になる箇所の点検もお願いした。

・エンジンオイル&エレメントの交換
・タイヤの空気圧のチェック
・ロングライフクーラントのチェック
・外気温センサーに以上が無いかどうかのチェック(異常があれば、エンジン警告灯の点灯と関係していると、私的に判断していますので)
・右折のハンドルを切っている時に、いつもではないがグギーというような音が左側前輪タイヤのほうからしてくる時があるので、その原因チェック

、、、などなどである。


結果、

・エンジンオイル&エレメントの交換
・タイヤの空気圧のチェック


の他の項目の、「ロングライフクーラントのチェック」では、比重も十分あり−40℃もオーケーとのこと。冬場に向かって、不凍液やロングライフクーラントのチェックは、いくら降雪が少なく暖冬になっている富山でも、まだまだ必須項目かと思っています。

・右折のハンドルを切っている時に、いつもではないがグギーというような音が左側前輪タイヤのほうからしてくる時があるので、その原因チェック

 では、その原因を聞きそびれた。多分、見つからなかったのかも(汗)

・外気温センサーに異常が無いかどうかのチェック
 では、外気温センサーのコードが外れて垂れ下がっていたとのこと。其の場合、エンジンなどが発生する熱をも測定してしまって異常な温度を表示する場合がある、、、ということだった。

そして「その不良がエンジン警告灯の点灯に影響しているのかどうかはわからない」という慎重な言い回しで説明を受けた。

が、私は、六代目1444の今まで三回のエンジン警告灯の点灯は、外気温センサーの異常と直結していると益々強く思っているし今回、修理してもらったので、もうエンジン警告灯の点灯はないだろうと確信している。もっとも、9月以降は、点灯していないが。

外気温センサーの異常の発見は、タマタマであった。

以前にも少し触れましたように、徳島の阿波踊りを観にいった際に、エンジン警告灯が点灯し「またか、走行にほとんど影響がないからいいか。いつか消えるやろ」と、普段どおりに走行していたが、日本の滝百選に選ばれている「雨乞の滝」を観にいく道すがら、何気に外気温をマルチファンクションディスプレイに表示させてみると「50℃」を超えていた。

ベンツslk350のマルチファンクションディスプレイ操作ボタン

そして、1〜2キロメートルの走行の間に、50℃超えから段々温度が下がっていき40℃前後になっていった場合もあった。

徳島が阿波踊りでいくら熱くなっているたって「50℃」を超えることはないだろと思い、その後、エンジン警告灯が点灯しているときの外気温の数値や、点灯していないときの外気温の数値などをチェックしていた。

ベンツslk350のメーターパネル

徳島からの帰りに、一旦消えてくれたが、8月末頃に、東京出張した時にエンジン警告灯が点灯し、その時も外気温表示の数値が異常に高くなっていた。が、東京からの帰りに消えてしまった。

そんなことから、エンジン警告灯点灯の原因の一つとして外気温センサーの不良もあるのではないか?と感じ、ヤナセに電話で「関連するのかどうか」を問い合わせてみたが、電話に出たサービスマンがタマタマ慣れない人のようで要領を得なかったこともある。

「あまり、走行に影響がないからいいか」と、オイル交換時にチェックしてもらおうと思っていた。

私的に、エンジン警告灯の点灯の原因がわかって良かった。

ちなみに、次回オイル交換の目安となる走行距離は、マルチファンクションディスプレイに表示されるように入力してくれた。15000キロから、カウントダウンとなるが、今回と同様10000キロ前後を走行した時点で持ち込もうと考えています。


2009年10月10日(Sat)▲ページの先頭へ
◆砂浜道路「千里浜なぎさドライブウェイ」を走る、戯れる(石川県)
いきなり思いつき、何十年ぶりに石川県千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイを走ってみた。千里浜は、UFOの来る街として町興しを図っている羽咋市にあり、世界でも珍しく海岸線を普通のクルマで走ることができる砂浜のドライブコースです。



昔々、ニッサンフェアレディ280Z・Tバールーフに乗っていた頃は、Tバーのガラスを外しセミオープンカー的に走ったこともあるが、その時「やはり、フルオープンで走りたい」と思ったものである。

それが、一応ベンツSLK350(六代目1444)で現実になった。
オープンカーは、街のネオンも似合うが、このような海岸とか田んぼの中の一本道、そして森の中など、自然の中を走るのが一番似合うのではないかと思わせる。



千里浜なぎさドライブウェイは、能登半島国定公園の中にあり、石川県羽咋郡宝達志水町今浜から羽咋市千里浜町に至る延長約8kmの観光道路であり、通行料は無料で、このように海岸線を普通の自動車で走ることができる砂浜は、千里浜を含めて世界に三ヶ所しかないと云われている。



あいにく今にも降ってきそうというか、時々ポツポツきたりもしていたが、昔から念願であったというか、忘れかかってた千里浜をオープンで走る。記念撮影もする(^ ^ゞ



波打ち際では、波と戯れる家族や貝などを拾っている人、釣りをする人などなど、それぞれに、クルマをズラーと並べて、砂浜を、千里浜を、千里浜なぎさドライブウェイを興じている。

今日の波は穏やかだが、この千里浜も侵食が激しいという。その原因として、いろいろ説が考えられているが、その一つに手取川ダムが出来たことにより、土砂が海岸まで供給されなくなったこともあるという。日本全国で海岸の浸食が発生しているが、ある意味、ダムが日本の国土を狭めているのではないかと。

難しいことがわからないアッシは、単純に、今、潮風と、寄せては返す波の音を聞きながらクルマを走らす爽快感の中に漂っています。

あっ、ドライブコースから少しばかり外れたところで記念撮影していたら、もう少しでスタック(潜る)しそうになりました。二、三回、前後に揺らして脱出できましたが、これで、周りの人に手伝ってもらうようなことになっていたら・・・カッコワリー(汗)



千里浜でひとしきりタムロしたあと、幹線道路に戻る三叉路の交差点の赤信号で停まっていたら、目の前を御神輿が通っていきました。

この地区がお祭りのようですが、この御神輿では、お神輿の先導役が歩いているのではなく、お坊さんのように神輿のような台の上に座り、時々後の御神輿のほうを振り返っては「コッチャコーイ」とでも言うように扇子を扇いでいる様子が、なんとも面白く感じましたぁ。(画像の右側)


本日10日土曜日晴れたり降ったり。富山へ出る用事があるので、ついでに、みずはた酒店で獺祭を買ってこようかと思っています。


2009年08月24日(Mon)▲ページの先頭へ
◆勝手ミーティング、三台のベンツSLK350が並んで・・・
21日(金)、22日(土)と東京出張でした。今回の出張は一日もかからないというか数時間で済みそうでしたので、「どこまで行っても1000円」というETC割引を利用するために、帰りを土曜日に引っ掛けました。

でも、土曜日に引っ掛けるってのは良し悪しですねぇ。確かに、高速料金が約9000円から1000円と安くはなりますが、その代わり土曜日の大渋滞を覚悟しなきゃなんないんですから。

あっ、そういえば東京に向かった21日(金)の高速代金は、確か無料になっているはずです。

平日の何かの割引で大泉ジャンクション手前の料金所では、約9000円のところ7千数百円と表示はされましたが、前日、登録している「ETCマイレージ事務局」から、1000ポイントになったので、8000円の自動還元をしたよ、、、の連絡をメールでいただいていましたので、往きの7千数百円はタダになったと。


んで、帰りの出掛けの日差しから、ベンツSLK350(六代目1444)をオープンにして走って首都高から関越自動車道に入ったのですが、どんどん暑くなってしまいました。ルーフを閉めたくとも、渋滞でクルマが完全に停止しているのなら閉められるのですが、時速5km前後とはいえ、一寸ズリで動いているんで閉められず。

そんな感じで、大泉ジャンクションを過ぎて関越自動車道の最初の料金所辺りを過ぎた頃に、ズゥーーーッとズゥーーーッと前方に小さく小さく、当然排気量はわかんないけど、ベンツSLKらしき姿が二台いるのを見つけ、「なんとか追いつきたいな」と思っても、なにしろ車線が多くても渋滞なんで全然近づけず。

途中、姿が見えなくなり、ズゥット先に行っちまったものと追いつくのを完全にあきらめかけたこともありましたが、あきらめたらソコで終わり(^ ^; 少しでも前へいけそうな車線を狙って車線変更を繰り返し、所沢インターチェンジを過ぎたところだったか、だいぶ川越インターチェンジに近づいた辺りだったかで、運良く追越し車線を走っているベンツSLK二台に追いつくことができました。

二台のベンツSLKは、どちらもベンツSLK350で「同じだぁ」と少しばかり嬉しく後に付く。同じ車種がミーティングのように、三台並んで走っているカッコウになった。



年式は、六代目1444は2005年だが、黒とネイビー(多分、洒落たカラー名で呼ばれているかと)の品川ナンバーの二台は多分2008年のマイナーチェンジ後だろうと思われ、この二台は、もともと、つるんで何処かへドライブってことになったのだろうとも思われる。

ルーフを開けているのは、ルーフを閉めたくても閉める機会が見つからなくてそのままきた六代目1444だけ。二台の品川ナンバーからみたら「このクソ暑いのにルーフを開けて、、、」と苦笑していることは、容易に想像できた。逆の立場なら、自分だってそう思うもん、アハハ。

六代目1444の燃料計が残り少なくなっているのは気付いていた。いつもなら往路の三芳パーキングエリアで燃料を入れるのだが、今回帰りに長野の山道を走るつもりでいたので、ギリギリまで粘ろうと復路の高坂サービスエリアで燃料を入れる予定でいた。

その高坂サービスエリアが近づいてきた。自分だけの、三台で走るベンツSLK350のにわか勝手ミーティングも終わりも近づいてきたのを意味していた。車線を変え、二台のベンツSLK350をゆっくり追い越し、そして三車線の一番左側の走行車線に入り、別れを告げ高坂サービスエリアに入った(^ ^ゞ



●キプリス、ブレイリオ、グレンロイヤルの素敵快適ドットコムでは、現在「アンビル:6.1ozヘビーウェイト無地半袖Tシャツ(ホワイト)」プレゼントを開催中
【素敵快適ドットコム】アンビル:6.1ozヘビーウェイト無地半袖Tシャツ・プレゼント


2009年06月23日(Tue)▲ページの先頭へ
◆二ヶ所弄って、ベンツSLK350をドレスアップ
今、目の前のアクセサリーカタログを見ています。ベンツSLKクラスのものだが、2008年6月にマイナーチェンジをした後のモデルのカタログなので、マイナーチェンジ前の2005年のベンツSLK350(六代目1444)では、設定されているものと設定されていないものがあるようですが、マイナーチェンジ前のアクセサリーカタログは入手不可能ということだった。

私はエンジンとかサスとかタイヤなどは、わからないことや乗り心地などもありノーマル派なんですが、小粋に感じるアクセサリーは付けてみたいと思っていますんで、とりあえず二ヶ所ばかりさりげなくドレスアップをいたしました。


・ドアプロテクターを付けた


 ドアエッジモールは、カースタイリングを壊してしまうような感じがあり、どの車種でも好きじゃないが、このドアプロテクターは、流れるようなボディーラインに合わせてデザインされているのでカッコヨクなるかなと付けてみたんですが、SLKのロゴが入っていないほうが、、とか、カラーがクロムならもっと精悍になったのでは、、、と感じています。



 ボディーカラーがイリジュームシルバーだから、現状のカラーでもさりげなくていいんですが。

・クロムトリムパッケージを付けた


 ベンツのマークのスリーポインテッド・スターの両側のフィン?は、当然ボディーカラーと同色だったのですが、それに光沢があるクロムのカバーを付けたものです。



 ボディーカラーがイリジュームシルバーだから、あまり目立たない感じかもしれませんが、そのさりげなさが秘めたる精悍さを表しているようで「付けて良かったっ」と強く感じています。ここのディーラーのメカニックでも「初めて付けた」ということですが、「おぉおおおっーーー」という感じで評判は良かったですぅ


上記二ヶ所を変えただけでも、世界に一台みたいな感じ(笑)で、どちらもディーラーである「ヤナセ」で施工していただきました。


カタログに掲載されている他のアクセサリーの多くは、私好みではないので付けるつもりもないが、今「どうしようか」と迷っているものもあります。


・シガーライターLED
 シガーライターソケットに差し込んで充電できる小型のLEDライト。充電中は薄いブルーに光ります。

※シガーライターソケットの有効利用には良いかも知れないと思うが、ライトの使用機会を考えると、先日BE-PALの付録に付いていた電池タイプのLEDライトのほうが使い回しが利いていいかも、、、とも思えるし。


・ドアロックピン
 シルバーの輝きがSLKクラスの美しい車内にさりげないアクセントを生みます。

※現在はブラックで、ドアなどの内装と同じ色で「これはこれで良いかも」とも思うが、シルバーも捨てがたい気持ちがぁ、、、。


・ラバーマット
 靴に付着した雪が溶けた場合でも、水がフロアに流れ込まないように周囲に縁取りをしたゴム製のマット。

※写真で見た感じが、周囲の縁取りの盛り上がり方が少なく、市販のウィンター用マットのほうが機能的かも、、、とも。


・携帯電話接続ケーブル
 この専用ケーブルによりハンズフリー機能の通話が可能ということですが、、、

・リアバックセンサー
 夜間、会社の駐車場に停まっているご近所のハイブリッドカー「プリウス」には、リアバックセンサーが付いていて「便利だよ」と言っておられるので気持ちが動くが、果たしてSLKに必要かどうか、、、などを考えると思案中


、、、などなどです。

迷っているものを除けば、ドアプロテクターとクロムトリムパッケージで、ドレスアップは終了した感もありますが(アセ)

後は、インテリアをオリジナルで弄ってみようか、、、という気持ちになったりもしますが、、、弄れる箇所も少なさそうだし、ゆっくり考えてミヨ


2009年06月18日(Thu)▲ページの先頭へ
◆オイル交換でシューンッ、そしてメルセデスベンツのサービスネットワーク(マップ)
古くは、夏は立山、シーズン中は岐阜県流葉や長野の戸隠などのスキー場や富山県内のスキー場と、一年中スキー三昧をしていた頃に乗っていたスキー用4WD車レオーネ(←なんか懐かしい響きでしょ)や、同時に持っていたクラウン、そしてセリカとか、オープン気分を少しは味わえたニッサン・フェアレディ280Z・Tバールーフなどなどの頃は、オイル交換は不要なものと考えていました。

「これだけ技術が進歩しているのに、まだオイル交換が必要だなんて、自動車業界の策略だぁ〜」と、オイルの注ぎ足しで済ませていた。それでも、エンジントラブルは、生じなかった。



が、何時の頃からか「金属と金属が高速で接しているんだ。少しでも滑らかにしてやんなきゃ、綺麗な状態で保ってやんなきゃ・・・」などと、改心している自分がいた。

初代1444などは、ガソリンスタンドなどでオイル交換をしてもらっていたが、私にとって初めての外国車となったボルボ旧V70(四代目1444)以降は、ディーラーでオイル交換をし、当然純正オイルを使用ている。ボルボ旧V70の場合は、約10,000km毎の交換だ。


使用するオイルには、いろいろな意見がある。多くは、安いオイルを使用し頻繁にオイル交換をしたほうがいいというのと、高いオイルを使用したほうが、、、、とかとか。

その中に「ディーラーでの純正オイルは高いだけ、市販のオイルで頻繁に、、、」というのもありますが、私においてオイルは「やはり純正オイルでしょ」と思っています。

いくつかのオイルからポンと適当に選んだのを「純正オイル」にしているのならともかく、自動車メーカーだって、そのエンジンに最適なオイルは?と、各方面にわたり過酷なテストを繰り返して作ったのを純正オイルとしていると思うからです。

エンジンの性能も含めて、エンジンを構成する素材に適合してないと、やっぱヤバイでしょ、、、て感じで。




んで、外車も多く扱っている中古車販売店でオイル交換をしてから納車されたベンツSLK350(六代目1444)も、約一ヶ月余りで、オイル交換の目安となっている5,000km以上を走破したんで、オイル交換をしなくちゃ、、、と、販売店ではなくディーラーでしてもらうことにしました。

ディーラーからも「ベンツ車は、このような設定になっています」と教えられていた、スタートの加速時などの息継ぎ感というか少し重い感じの加速を少しばかり感じていたのが、オイル交換後には、ほとんど無くなり、気のせいかスムーズな加速になったような気がしています。

もともとのベンツの設定がどのようなものだったのかは知りませんが、それまでのオイルにより、小さいとはいえ息継ぎ感を助長してたような気もしてきています。

高速での加速も「いつのまにか出てた」から「シューンッと出てた」になったような(笑)

オイルを指定しないで、お任せで販売店でしていれば、5,000km毎のオイル交換となりますが、ディーラーでのオイル交換では、15,000km毎の範囲内の交換とのことでした。、、、となると、一般的に「高い」といわれているディーラーでのオイル交換は、オイル交換の都度、車を持っていかなければならない煩わしさを伴う回数減、純正オイルという安心さなどなどから、私は「ディーラーでのオイル交換は安い」とさえ思えてきます。


オイル交換をしてもらった時に、ヤナセに注文していた「サービスマップ」というか全国サービス工場のリストですが、先日届いたということで、会社に置いてあるボルボ旧V70(四代目1444)で、取りにいってきました。

先日の「エンジン警告灯」の点灯の際、メルセデスベンツ松本の社名や電話番号の変更等で、ルセデスベンツ松本への電話連絡が取れず不安な思いを味わったのと、富山に帰ってチェックしてもらっても、そのエンジン警告灯の点灯原因が不明のままで「次に点灯したり、どこか調子悪くなるまで様子見をしましょう」ということもあり、最新の全国サービス工場のリストが必要だと思いましたんで。

クルマってもんは、何処でどうなるかわかんないってとこありますしね。だからJAFにも入っています。



サービスマップは「サービスネットワークのご案内」と名前を変え、サービス工場毎の簡易マップがなくなり、住所と電話番号だけのリストになり、98ページから23ページにページも減っていました。

ディーラーの方に言わせると、社名や電話番号などはほとんど変わっていないけど、長野が一番変わった地域とか。ちょうど壺に入ったその場所で、エンジン警告灯点灯トラブルが起きたってところのようです(汗)



クマヨメが「ウッソー」と驚いてしまうほど安くは無い価格でしたが、「いくらでもいい」はオーバーですが「安心料として許せる」そんな気持ちになってしまうサービスリストでした。

先日も、フロントガラスこそ割れなくて助かったが、高速で「飛び石」にやられ、肝を冷やしたりしています。

飛び石といえば、六代目1444と同じ色で金沢ナンバーのベンツSLK350が、飛び石でやられたフロントガラスの交換で富山ヤナセに入庫していました。同じモデルに遭遇すると、やっぱ嬉しいもんですねぇ(笑)


1 2    全37件



新着エントリ


カレンダ
2017年3月
     
30 31  

アーカイブ
2006年 (315)
3月 (21)
4月 (37)
5月 (34)
6月 (40)
7月 (39)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (34)
11月 (36)
12月 (24)
2007年 (315)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (29)
4月 (7)
5月 (20)
6月 (34)
7月 (34)
8月 (31)
9月 (35)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (18)
2008年 (335)
1月 (15)
2月 (20)
3月 (28)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (29)
7月 (36)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (27)
2009年 (333)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (25)
6月 (30)
7月 (27)
8月 (28)
9月 (31)
10月 (35)
11月 (35)
12月 (31)
2010年 (284)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (22)
4月 (15)
5月 (21)
6月 (23)
7月 (24)
8月 (20)
9月 (26)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2011年 (285)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (19)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (266)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (24)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (20)
8月 (22)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (21)
12月 (25)
2013年 (269)
1月 (20)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (24)
6月 (19)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (22)
2014年 (203)
1月 (17)
2月 (19)
3月 (14)
4月 (16)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (15)
9月 (18)
10月 (18)
11月 (18)
12月 (18)
2015年 (196)
1月 (16)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (11)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (21)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (22)
2016年 (289)
1月 (20)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (25)
9月 (23)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (24)
2017年 (62)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (20)

アクセスカウンタ
今日:4,670
昨日:3,842
累計:7,692,731